新しいレシピ

バーガーキング/ティムホートンズア​​イズポパイの購入

バーガーキング/ティムホートンズア​​イズポパイの購入


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Restaurant Brands Internationalは、国際的なファーストフードの合併となるフライドチキンチェーンの購入を検討しています。

この買収により、Yumに匹敵するファーストフードのコングロマリットが効果的に作成されます。ブランド。

ルイジアナビスケットホッパーの準備はできていますか?バーガーキングの親会社であるカナダの会社は、ポパイズのファーストフードフライドチキンチェーンを購入するために交渉中です。買収は公式ではありませんが、Restaurant Brands Internationalは、合併に真摯な関心を示しています。 ロイターによると。この契約により、2014年にバーガーキングとカナダのコーヒー、ファストカジュアルブランドのティムホートンズが合併して設立された同社にとって、より国際的なリーチが生まれます。

両社はまだ買収価格について合意していない。 PopeyesもRestaurantBrand Internationalも、この取引についてこれ以上コメントしていません。しかし、ニュースがリークされたため、市場は影響を受けました。今週、ポパイズの株価は14%上昇しましたが、レストランブランズは比較的控えめな4%上昇しました。

合併により、バーガーキングのハンバーガーとフライドポテトとポパイズチキンとビスケットを組み合わせた新しいメニューアイテムが生まれることを願っています。ティムホートンズの紹介は、バーガーキングをこすり落としたようでした。 新しい堅牢なコーヒーブレンドをデビューさせました この年。


ポパイズの最近のセールは、有名シェフのファンを怖がらせています

フライドチキンチェーンは、新しい企業の所有者が愛するレシピを変更するのではないかと心配している食通のお気に入りです。

アレックスヴァンビューレン

サラ・ロジャース/デイリー・ビーストによる写真イラスト

「私はファーストフードを食べません」とケイジャンニューオーリンズのシェフ、アイザックトゥープスは言います。それは「アスタリスク、ポパイズ」を除いてです。

NS 最高のシェフ ファイナリストでジェームズビアード賞の候補者は、ポパイズルイジアナキッチンでのフライドチキンに対する彼の恥ずかしがらない愛を恥じていません。どうして?おそらく、彼は、「それにははるかに多くの愛情がある」からだと考えています。

Toupsだけではありません。ポパイズは、チェーンの超クリプトチキンの弱点を公に宣言した現世代の有名シェフにとって、クリプトナイトのファーストフードかもしれません。モモフクのシェフ、デビッド・チャンは大ファンです。アンソニー・ボーディンもそうです。

それは純粋に合理的な愛ではなく、境界的な執着であると主張することができます。 「ボジャングルの方がいいと言う人もいます」と、ローリーのシェフ、アシュリー・クリステンセンが東海岸の鶏肉店に愛情を注いでいることを考えて、Toupsに言及するのは間違いです。

「それらの人々は間違っている」とToupsは驚いた。 「それらの人々はクソ間違っています、そしてそれは話の終わりです。」

しばらくして、彼は少し空気を抜いて、「ボジャングルを食べたことがない」と認めます。

私は別の痛い点を持ち出します。バーガーキングとティムホートンズを所有する大企業であるレストランブランズインターナショナルは、数週間前にポパイズを18億ドルで購入し、無数のスリーピースチキンボックスを購入しました。物事が変わるかもしれないというちょっとしたパニック。

これは学術的な議論ではありません。 Toupsはレストランチェーンの常連客です。彼と彼の妻は、家庭料理で子供たちを育てています。彼らは2つのレストラン、Toups’MeateryとToups Southから持ち帰り、そしてもちろん、毎月のポパイズのごちそうを強化しています。

「私はいつもマッシュポテトと一緒に3枚の濃いスパイシーな肉を手に入れます」と彼は言います。 「私の妻はサヤインゲンで黒くなったストリップを手に入れ、私の子供たちはチキンテンダーの大きな山を手に入れます。」

彼は、マッシュポテトはグレービーソースとフライドチキンの皮のパチパチという音を混ぜて食べるのが一番だと教えてくれました。ビスケットの最も良い部分はクラストであり、そこにすべてのバターフレーバーが潜んでいると彼は教えてくれました。そして、「マルディグラのマスタードを山積みせずに家に帰ったら…アイザック・トゥープスはポパイズに戻ってきます」と付け加えています。

心配する。 「マルディグラマスタード?」私はこの調味料について聞いたことがありません。私はいくつかの秘密のメニュー外のアイテムを逃しましたか?? ポパイズは、ブルックリンのダウンタウンにある家賃が安定しているスタジオに20代から30代の8年間住んでいたとき、結局のところ私の質素な食事の主食でした。私は遅く帰宅して、鶏の胸肉を1つ(ナイーブな愚か者、白身の肉を選び、マイルドまたはスパイシーも指定しなかった)とビスケットを手に取りました。それは私のアパートと特定の二日酔いへの解毒剤から徒歩2分でした。近くにあり、お酒を吸収する力に感謝しましたが、食べ物は本当に良かったですか?それとも、バラ色の深夜の思い出だったのでしょうか。

それで、何年も経ちましたが、私は戻ってポパイズをしなければなりませんでした 正しく 当然、マルディグラマスタードを添えて。買収のニュースが報じられてから数日後の20度の夜、ボーイフレンドと私はブルックリンのバスに乗り込み、2マイル離れたポパイズに戸別訪問しました。バスは交通渋滞で行き詰まった。私のボーイフレンドは彼の多くの層の下からフライドチキンについて悲しげにつぶやき始めました。私たちは貪欲で凍りつくように転がりました。スパイシーなダークチキン4枚に加えて、マッシュポテトとカウンターの後ろにあるすべてのソース。また、その5ドルのエビフライの箱。

「私は自分のビスケットを手に入れますか?」私のボーイフレンドは驚いて尋ねました。彼はフロリダ出身で、ポパイズのシェアを持っています。 (はい、親愛なる。)

鶏肉の箱は、数分以内に青いプラスチック製のカフェテリアトレイに落とされました。ビスケットは熱くて豪華でした。マルディグラのマスタードは、マヨネーズとマスタードのスパイシーなミックスで、とても美味しいです。鶏肉は熱くてジューシーでした。Toupsは、ポパイズがCVap(制御蒸気技術)チキンゲームの最初のゲームの1つであると考えていますが、確かではありません。肌は私が覚えているほど良かったです。小さなパチパチ音、塩辛くて超カリカリ。バターミルクソース(ランチドレッシングのリフ)とスパイシーなマルディグラマスタードの間で鳥を分けることは、行く方法を証明しました。マッシュポテトはまだ化学薬品のような味がしますが、フライドチキンの皮が少し役立ちます。エビはエビだったので、すぐに消えました。

正直なところ、それはまさにそうです 楽しい ポパイズルイジアナキッチンで、私は考え始めました。これらのオレンジ色の壁!ニューオーリンズを彷彿とさせる奇抜なトランペット音楽!でも、鶏肉が足りなかったのかもしれません。それぞれ2個で十分でしたか?別のスリーピースボックス?別の4ピース?それは正気ですか?

「たぶん、起き上がって少し歩こうとすべきだろう」と私は提案した。私のボーイフレンドは同意し、私たちは重ねました。私のコートは突然私の腹の周りで少しきつくなりました。

「たぶん、できるだけ早くここから出るべきだ」と私は言った。

「たわごと、男」私たちが入ったときに私のボーイフレンドは言った woomph 北極圏の空気の。 「今、私はポパイを再発見したことに少し腹を立てています。」

Toupsは、Restaurants Brands Internationalがブランドのレシピを変更するかどうかを心配していますが、買収が完了するまで(おそらく今年の春)、それが実際に行われるかどうかを確認する必要があります。

別れを告げるとき、私は彼に彼のお気に入りの非ポパイズフライドチキンは何ですかと尋ねます。彼は長くはかからない。彼はニューオーリンズの頑固なウィリーメイのスコッチハウスに名前を付けました。彼らのフライドチキンは「死ぬために」と彼は言います。

しかし、それはポパイよりも優れていますか?

"コメント無し。終わらせられない戦いを始めることは決してありません、そして私はそのたわごとを始めていません。」


ポパイズの最近のセールは、有名シェフのファンを怖がらせています

フライドチキンチェーンは、新しい企業の所有者が愛するレシピを変更するのではないかと心配している食通のお気に入りです。

アレックスヴァンビューレン

サラ・ロジャース/デイリー・ビーストによる写真イラスト

「私はファーストフードを食べません」とケイジャンニューオーリンズのシェフ、アイザックトゥープスは言います。それは「アスタリスク、ポパイズ」を除いてです。

NS 最高のシェフ ファイナリストでジェームズビアード賞の候補者は、ポパイズルイジアナキッチンでのフライドチキンに対する彼の恥ずかしがらない愛を恥じていません。どうして?おそらく、彼は、「それにははるかに多くの愛情がある」からだと考えています。

Toupsだけではありません。ポパイズは、チェーンの超クリプトチキンの弱点を公に宣言した現世代の有名シェフにとって、クリプトナイトのファーストフードかもしれません。モモフクのシェフ、デビッド・チャンは大ファンです。アンソニー・ボーディンもそうです。

それは純粋に合理的な愛ではなく、境界的な執着であると主張することができます。 「ボジャングルの方がいいと言う人もいます」と、ローリーのシェフ、アシュリー・クリステンセンが東海岸の鶏肉店に愛情を注いでいることを考えて、Toupsに言及するのは間違いです。

「それらの人々は間違っている」とToupsは驚いた。 「それらの人々はクソ間違っています、そしてそれは話の終わりです。」

しばらくして、彼は少し空気を抜いて、「ボジャングルを食べたことがない」と認めます。

私は別の痛い点を持ち出します。バーガーキングとティムホートンズを所有する大企業であるレストランブランズインターナショナルは、数週間前にポパイズを18億ドルで購入し、無数のスリーピースチキンボックスを購入しました。物事が変わるかもしれないというちょっとしたパニック。

これは学術的な議論ではありません。 Toupsはレストランチェーンの常連客です。彼と彼の妻は、家庭料理で子供たちを育てています。彼らは2つのレストラン、Toups’MeateryとToups Southから持ち帰り、そしてもちろん、毎月のポパイズのごちそうを強化しています。

「私はいつもマッシュポテトと一緒に3枚の濃いスパイシーな肉を手に入れます」と彼は言います。 「私の妻はサヤインゲンで黒くなったストリップを手に入れ、私の子供たちはチキンテンダーの大きな山を手に入れます。」

彼は、マッシュポテトはグレービーソースとフライドチキンの皮のパチパチという音を混ぜて食べるのが一番だと教えてくれました。ビスケットの最も良い部分はクラストであり、そこにすべてのバターフレーバーが潜んでいると彼は教えてくれました。そして、「マルディグラのマスタードを山積みせずに家に帰ったら…アイザック・トゥープスはポパイズに戻ってきます」と付け加えています。

心配する。 「マルディグラマスタード?」私はこの調味料について聞いたことがありません。私はいくつかの秘密のメニュー外のアイテムを逃しましたか?? ポパイズは、ブルックリンのダウンタウンにある家賃が安定しているスタジオに20代から30代の8年間住んでいたとき、結局のところ私の質素な食事の主食でした。私は遅く帰宅して、鶏の胸肉を1つ(ナイーブな愚か者、白身の肉を選び、マイルドまたはスパイシーも指定しなかった)とビスケットを手に取りました。それは私のアパートと特定の二日酔いへの解毒剤から徒歩2分でした。近くにあり、お酒を吸収する力に感謝しましたが、食べ物は本当に良かったですか?それとも、バラ色の深夜の思い出だったのでしょうか。

それで、何年も経ちましたが、私は戻ってポパイズをしなければなりませんでした 正しく 当然、マルディグラマスタードを添えて。買収のニュースが報じられてから数日後の20度の夜、ボーイフレンドと私はブルックリンのバスに乗り込み、2マイル離れたポパイズに戸別訪問しました。バスは交通渋滞で行き詰まった。私のボーイフレンドは彼の多くの層の下からフライドチキンについて悲しげにつぶやき始めました。私たちは貪欲で凍りつくように転がりました。スパイシーなダークチキン4枚に加えて、マッシュポテトとカウンターの後ろにあるすべてのソース。また、その5ドルのエビフライの箱。

「私は自分のビスケットを手に入れますか?」私のボーイフレンドは驚いて尋ねました。彼はフロリダ出身で、ポパイズのシェアを持っています。 (はい、親愛なる。)

鶏肉の箱は、数分以内に青いプラスチック製のカフェテリアトレイに落とされました。ビスケットは熱くて豪華でした。マルディグラのマスタードは、マヨネーズとマスタードのスパイシーなミックスで、とても美味しいです。鶏肉は熱くてジューシーでした。Toupsは、ポパイズがCVap(制御蒸気技術)チキンゲームの最初のゲームの1つであると考えていますが、確かではありません。肌は私が覚えているほど良かったです。小さなパチパチ音、塩辛くて超カリカリ。バターミルクソース(ランチドレッシングのリフ)とスパイシーなマルディグラマスタードの間で鳥を分けることは、行く方法を証明しました。マッシュポテトはまだ化学薬品のような味がしますが、フライドチキンの皮が少し役立ちます。エビはエビだったので、すぐに消えました。

正直なところ、それはまさにそうです 楽しい ポパイズルイジアナキッチンで、私は考え始めました。これらのオレンジ色の壁!ニューオーリンズを彷彿とさせる奇抜なトランペット音楽!でも、鶏肉が足りなかったのかもしれません。それぞれ2個で十分でしたか?別のスリーピースボックス?別の4ピース?それは正気ですか?

「たぶん、起き上がって少し歩こうとすべきだろう」と私は提案した。私のボーイフレンドは同意し、私たちは重ねました。私のコートは突然私の腹の周りで少しきつくなりました。

「たぶん、できるだけ早くここから出るべきだ」と私は言った。

「たわごと、男」私たちが入ったときに私のボーイフレンドは言った woomph 北極圏の空気の。 「今、私はポパイを再発見したことに少し腹を立てています。」

Toupsは、Restaurants Brands Internationalがブランドのレシピを変更するかどうかを心配していますが、買収が完了するまで(おそらく今年の春)、それが実際に行われるかどうかを確認する必要があります。

別れを告げるとき、私は彼に彼のお気に入りの非ポパイズフライドチキンは何ですかと尋ねます。彼は長くはかからない。彼はニューオーリンズの頑固なウィリーメイのスコッチハウスに名前を付けました。彼らのフライドチキンは「死ぬために」と彼は言います。

しかし、それはポパイよりも優れていますか?

"コメント無し。終わらせられない戦いを始めることは決してありません、そして私はそのたわごとを始めていません。」


ポパイズの最近のセールは、有名シェフのファンを怖がらせています

フライドチキンチェーンは、新しい企業の所有者が愛するレシピを変更するのではないかと心配している食通のお気に入りです。

アレックスヴァンビューレン

サラ・ロジャース/デイリー・ビーストによる写真イラスト

「私はファーストフードを食べません」とケイジャンニューオーリンズのシェフ、アイザックトゥープスは言います。それは「アスタリスク、ポパイズ」を除いてです。

NS 最高のシェフ ファイナリストでジェームズビアード賞の候補者は、ポパイズルイジアナキッチンでのフライドチキンに対する彼の恥ずかしがらない愛を恥じていません。どうして?おそらく、彼は、「それにははるかに多くの愛情がある」からだと考えています。

Toupsだけではありません。ポパイズは、チェーンの超クリプトチキンの弱点を公に宣言した現世代の有名シェフにとって、クリプトナイトのファーストフードかもしれません。モモフクのシェフ、デビッド・チャンは大ファンです。アンソニー・ボーディンもそうです。

それは純粋に合理的な愛ではなく、境界的な執着であると主張することができます。 「ボジャングルの方がいいと言う人もいます」と、ローリーのシェフ、アシュリー・クリステンセンが東海岸の鶏肉店に愛情を注いでいることを考えて、Toupsに言及するのは間違いです。

「それらの人々は間違っている」とToupsは驚いた。 「それらの人々はクソ間違っています、そしてそれは話の終わりです。」

しばらくして、彼は少し空気を抜いて、「ボジャングルを食べたことがない」と認めます。

私は別の痛い点を持ち出します。バーガーキングとティムホートンズを所有する大企業であるレストランブランズインターナショナルは、数週間前にポパイズを18億ドルで購入し、無数のスリーピースチキンボックスを購入しました。物事が変わるかもしれないというちょっとしたパニック。

これは学術的な議論ではありません。 Toupsはレストランチェーンの常連客です。彼と彼の妻は、家庭料理で子供たちを育てています。彼らは2つのレストラン、Toups’MeateryとToups Southから持ち帰り、そしてもちろん、毎月のポパイズのごちそうを強化しています。

「私はいつもマッシュポテトと一緒に3枚の濃いスパイシーな肉を手に入れます」と彼は言います。 「私の妻はサヤインゲンで黒くなったストリップを手に入れ、私の子供たちはチキンテンダーの大きな山を手に入れます。」

彼は、マッシュポテトはグレービーソースとフライドチキンの皮のパチパチという音を混ぜて食べるのが一番だと教えてくれました。ビスケットの最も良い部分はクラストであり、そこにすべてのバターフレーバーが潜んでいると彼は教えてくれました。そして、「マルディグラのマスタードを山積みせずに家に帰ったら…アイザック・トゥープスはポパイズに戻ってきます」と付け加えています。

心配する。 「マルディグラマスタード?」私はこの調味料について聞いたことがありません。私はいくつかの秘密のメニュー外のアイテムを逃しましたか?? ポパイズは、ブルックリンのダウンタウンにある家賃が安定しているスタジオに20代から30代の8年間住んでいたとき、結局のところ私の質素な食事の主食でした。私は遅く帰宅して、鶏の胸肉を1つ(ナイーブな愚か者、白身の肉を選び、マイルドまたはスパイシーも指定しなかった)とビスケットを手に取りました。それは私のアパートと特定の二日酔いへの解毒剤から徒歩2分でした。近くにあり、お酒を吸収する力に感謝しましたが、食べ物は本当に良かったですか?それとも、バラ色の深夜の思い出だったのでしょうか。

それで、何年も経ちましたが、私は戻ってポパイズをしなければなりませんでした 正しく 当然、マルディグラマスタードを添えて。買収のニュースが報じられてから数日後の20度の夜、ボーイフレンドと私はブルックリンのバスに乗り込み、2マイル離れたポパイズに戸別訪問しました。バスは交通渋滞で行き詰まった。私のボーイフレンドは彼の多くの層の下からフライドチキンについて悲しげにつぶやき始めました。私たちは貪欲で凍りつくように転がりました。スパイシーなダークチキン4枚に加えて、マッシュポテトとカウンターの後ろにあるすべてのソース。また、その5ドルのエビフライの箱。

「私は自分のビスケットを手に入れますか?」私のボーイフレンドは驚いて尋ねました。彼はフロリダ出身で、ポパイズのシェアを持っています。 (はい、親愛なる。)

鶏肉の箱は、数分以内に青いプラスチック製のカフェテリアトレイに落とされました。ビスケットは熱くて豪華でした。マルディグラのマスタードは、マヨネーズとマスタードのスパイシーなミックスで、とても美味しいです。鶏肉は熱くてジューシーでした。Toupsは、ポパイズがCVap(制御蒸気技術)チキンゲームの最初のゲームの1つであると考えていますが、確かではありません。肌は私が覚えているほど良かったです。小さなパチパチ音、塩辛くて超カリカリ。バターミルクソース(ランチドレッシングのリフ)とスパイシーなマルディグラマスタードの間で鳥を分けることは、行く方法を証明しました。マッシュポテトはまだ化学薬品のような味がしますが、フライドチキンの皮が少し役立ちます。エビはエビだったので、すぐに消えました。

正直なところ、それはまさにそうです 楽しい ポパイズルイジアナキッチンで、私は考え始めました。これらのオレンジ色の壁!ニューオーリンズを彷彿とさせる奇抜なトランペット音楽!でも、鶏肉が足りなかったのかもしれません。それぞれ2個で十分でしたか?別のスリーピースボックス?別の4ピース?それは正気ですか?

「たぶん、起き上がって少し歩こうとすべきだろう」と私は提案した。私のボーイフレンドは同意し、私たちは重ねました。私のコートは突然私の腹の周りで少しきつくなりました。

「たぶん、できるだけ早くここから出るべきだ」と私は言った。

「たわごと、男」私たちが入ったときに私のボーイフレンドは言った woomph 北極圏の空気の。 「今、私はポパイを再発見したことに少し腹を立てています。」

Toupsは、Restaurants Brands Internationalがブランドのレシピを変更するかどうかを心配していますが、買収が完了するまで(おそらく今年の春)、それが実際に行われるかどうかを確認する必要があります。

別れを告げるとき、私は彼に彼のお気に入りの非ポパイズフライドチキンは何ですかと尋ねます。彼は長くはかからない。彼はニューオーリンズの頑固なウィリーメイのスコッチハウスに名前を付けました。彼らのフライドチキンは「死ぬために」と彼は言います。

しかし、それはポパイよりも優れていますか?

"コメント無し。終わらせられない戦いを始めることは決してありません、そして私はそのたわごとを始めていません。」


ポパイズの最近のセールは、有名シェフのファンを怖がらせています

フライドチキンチェーンは、新しい企業の所有者が愛するレシピを変更するのではないかと心配している食通のお気に入りです。

アレックスヴァンビューレン

サラ・ロジャース/デイリー・ビーストによる写真イラスト

「私はファーストフードを食べません」とケイジャンニューオーリンズのシェフ、アイザックトゥープスは言います。それは「アスタリスク、ポパイズ」を除いてです。

NS 最高のシェフ ファイナリストでジェームズビアード賞の候補者は、ポパイズルイジアナキッチンでのフライドチキンに対する彼の恥ずかしがらない愛を恥じていません。どうして?おそらく、彼は、「それにははるかに多くの愛情がある」からだと考えています。

Toupsだけではありません。ポパイズは、チェーンの超クリプトチキンの弱点を公に宣言した現世代の有名シェフにとって、クリプトナイトのファーストフードかもしれません。モモフクのシェフ、デビッド・チャンは大ファンです。アンソニー・ボーディンもそうです。

それは純粋に合理的な愛ではなく、境界的な執着であると主張することができます。 「ボジャングルの方がいいと言う人もいます」と、ローリーのシェフ、アシュリー・クリステンセンが東海岸の鶏肉店に愛情を注いでいることを考えて、Toupsに言及するのは間違いです。

「それらの人々は間違っている」とToupsは驚いた。 「それらの人々はクソ間違っています、そしてそれは話の終わりです。」

しばらくして、彼は少し空気を抜いて、「ボジャングルを食べたことがない」と認めます。

私は別の痛い点を持ち出します。バーガーキングとティムホートンズを所有する大企業であるレストランブランズインターナショナルは、数週間前にポパイズを18億ドルで購入し、無数のスリーピースチキンボックスを購入しました。物事が変わるかもしれないというちょっとしたパニック。

これは学術的な議論ではありません。 Toupsはレストランチェーンの常連客です。彼と彼の妻は、家庭料理で子供たちを育てています。彼らは2つのレストラン、Toups’MeateryとToups Southから持ち帰り、そしてもちろん、毎月のポパイズのごちそうを強化しています。

「私はいつもマッシュポテトと一緒に3枚の濃いスパイシーな肉を手に入れます」と彼は言います。 「私の妻はサヤインゲンで黒くなったストリップを手に入れ、私の子供たちはチキンテンダーの大きな山を手に入れます。」

彼は、マッシュポテトはグレービーソースとフライドチキンの皮のパチパチという音を混ぜて食べるのが一番だと教えてくれました。ビスケットの最も良い部分はクラストであり、そこにすべてのバターフレーバーが潜んでいると彼は教えてくれました。そして、「マルディグラのマスタードを山積みせずに家に帰ったら…アイザック・トゥープスはポパイズに戻ってきます」と付け加えています。

心配する。 「マルディグラマスタード?」私はこの調味料について聞いたことがありません。私はいくつかの秘密のメニュー外のアイテムを逃しましたか?? ポパイズは、ブルックリンのダウンタウンにある家賃が安定しているスタジオに20代から30代の8年間住んでいたとき、結局のところ私の質素な食事の主食でした。私は遅く帰宅して、鶏の胸肉を1つ(ナイーブな愚か者、白身の肉を選び、マイルドまたはスパイシーも指定しなかった)とビスケットを手に取りました。それは私のアパートと特定の二日酔いへの解毒剤から徒歩2分でした。近くにあり、お酒を吸収する力に感謝しましたが、食べ物は本当に良かったですか?それとも、バラ色の深夜の思い出だったのでしょうか。

それで、何年も経ちましたが、私は戻ってポパイズをしなければなりませんでした 正しく 当然、マルディグラマスタードを添えて。買収のニュースが報じられてから数日後の20度の夜、ボーイフレンドと私はブルックリンのバスに乗り込み、2マイル離れたポパイズに戸別訪問しました。バスは交通渋滞で行き詰まった。私のボーイフレンドは彼の多くの層の下からフライドチキンについて悲しげにつぶやき始めました。私たちは貪欲で凍りつくように転がりました。スパイシーなダークチキン4枚に加えて、マッシュポテトとカウンターの後ろにあるすべてのソース。また、その5ドルのエビフライの箱。

「私は自分のビスケットを手に入れますか?」私のボーイフレンドは驚いて尋ねました。彼はフロリダ出身で、ポパイズのシェアを持っています。 (はい、親愛なる。)

鶏肉の箱は、数分以内に青いプラスチック製のカフェテリアトレイに落とされました。ビスケットは熱くて豪華でした。マルディグラのマスタードは、マヨネーズとマスタードのスパイシーなミックスで、とても美味しいです。鶏肉は熱くてジューシーでした。Toupsは、ポパイズがCVap(制御蒸気技術)チキンゲームの最初のゲームの1つであると考えていますが、確かではありません。肌は私が覚えているほど良かったです。小さなパチパチ音、塩辛くて超カリカリ。バターミルクソース(ランチドレッシングのリフ)とスパイシーなマルディグラマスタードの間で鳥を分けることは、行く方法を証明しました。マッシュポテトはまだ化学薬品のような味がしますが、フライドチキンの皮が少し役立ちます。エビはエビだったので、すぐに消えました。

正直なところ、それはまさにそうです 楽しい ポパイズルイジアナキッチンで、私は考え始めました。これらのオレンジ色の壁!ニューオーリンズを彷彿とさせる奇抜なトランペット音楽!でも、鶏肉が足りなかったのかもしれません。それぞれ2個で十分でしたか?別のスリーピースボックス?別の4ピース?それは正気ですか?

「たぶん、起き上がって少し歩こうとすべきだろう」と私は提案した。私のボーイフレンドは同意し、私たちは重ねました。私のコートは突然私の腹の周りで少しきつくなりました。

「たぶん、できるだけ早くここから出るべきだ」と私は言った。

「たわごと、男」私たちが入ったときに私のボーイフレンドは言った woomph 北極圏の空気の。 「今、私はポパイを再発見したことに少し腹を立てています。」

Toupsは、Restaurants Brands Internationalがブランドのレシピを変更するかどうかを心配していますが、買収が完了するまで(おそらく今年の春)、それが実際に行われるかどうかを確認する必要があります。

別れを告げるとき、私は彼に彼のお気に入りの非ポパイズフライドチキンは何ですかと尋ねます。彼は長くはかからない。彼はニューオーリンズの頑固なウィリーメイのスコッチハウスに名前を付けました。彼らのフライドチキンは「死ぬために」と彼は言います。

しかし、それはポパイよりも優れていますか?

"コメント無し。終わらせられない戦いを始めることは決してありません、そして私はそのたわごとを始めていません。」


ポパイズの最近のセールは、有名シェフのファンを怖がらせています

フライドチキンチェーンは、新しい企業の所有者が愛するレシピを変更するのではないかと心配している食通のお気に入りです。

アレックスヴァンビューレン

サラ・ロジャース/デイリー・ビーストによる写真イラスト

「私はファーストフードを食べません」とケイジャンニューオーリンズのシェフ、アイザックトゥープスは言います。それは「アスタリスク、ポパイズ」を除いてです。

NS 最高のシェフ ファイナリストでジェームズビアード賞の候補者は、ポパイズルイジアナキッチンでのフライドチキンに対する彼の恥ずかしがらない愛を恥じていません。どうして?おそらく、彼は、「それにははるかに多くの愛情がある」からだと考えています。

Toupsだけではありません。ポパイズは、チェーンの超クリプトチキンの弱点を公に宣言した現世代の有名シェフにとって、クリプトナイトのファーストフードかもしれません。モモフクのシェフ、デビッド・チャンは大ファンです。アンソニー・ボーディンもそうです。

それは純粋に合理的な愛ではなく、境界的な執着であると主張することができます。 「ボジャングルの方がいいと言う人もいます」と、ローリーのシェフ、アシュリー・クリステンセンが東海岸の鶏肉店に愛情を注いでいることを考えて、Toupsに言及するのは間違いです。

「それらの人々は間違っている」とToupsは驚いた。 「それらの人々はクソ間違っています、そしてそれは話の終わりです。」

しばらくして、彼は少し空気を抜いて、「ボジャングルを食べたことがない」と認めます。

私は別の痛い点を持ち出します。バーガーキングとティムホートンズを所有する大企業であるレストランブランズインターナショナルは、数週間前にポパイズを18億ドルで購入し、無数のスリーピースチキンボックスを購入しました。物事が変わるかもしれないというちょっとしたパニック。

これは学術的な議論ではありません。 Toupsはレストランチェーンの常連客です。彼と彼の妻は、家庭料理で子供たちを育てています。彼らは2つのレストラン、Toups’MeateryとToups Southから持ち帰り、そしてもちろん、毎月のポパイズのごちそうを強化しています。

「私はいつもマッシュポテトと一緒に3枚の濃いスパイシーな肉を手に入れます」と彼は言います。 「私の妻はサヤインゲンで黒くなったストリップを手に入れ、私の子供たちはチキンテンダーの大きな山を手に入れます。」

彼は、マッシュポテトはグレービーソースとフライドチキンの皮のパチパチという音を混ぜて食べるのが一番だと教えてくれました。ビスケットの最も良い部分はクラストであり、そこにすべてのバターフレーバーが潜んでいると彼は教えてくれました。そして、「マルディグラのマスタードを山積みせずに家に帰ったら…アイザック・トゥープスはポパイズに戻ってきます」と付け加えています。

心配する。 「マルディグラマスタード?」私はこの調味料について聞いたことがありません。私はいくつかの秘密のメニュー外のアイテムを逃しましたか?? ポパイズは、ブルックリンのダウンタウンにある家賃が安定しているスタジオに20代から30代の8年間住んでいたとき、結局のところ私の質素な食事の主食でした。私は遅く帰宅して、鶏の胸肉を1つ(ナイーブな愚か者、白身の肉を選び、マイルドまたはスパイシーも指定しなかった)とビスケットを手に取りました。それは私のアパートと特定の二日酔いへの解毒剤から徒歩2分でした。近くにあり、お酒を吸収する力に感謝しましたが、食べ物は本当に良かったですか?それとも、バラ色の深夜の思い出だったのでしょうか。

それで、何年も経ちましたが、私は戻ってポパイズをしなければなりませんでした 正しく 当然、マルディグラマスタードを添えて。買収のニュースが報じられてから数日後の20度の夜、ボーイフレンドと私はブルックリンのバスに乗り込み、2マイル離れたポパイズに戸別訪問しました。バスは交通渋滞で行き詰まった。私のボーイフレンドは彼の多くの層の下からフライドチキンについて悲しげにつぶやき始めました。私たちは貪欲で凍りつくように転がりました。スパイシーなダークチキン4枚に加えて、マッシュポテトとカウンターの後ろにあるすべてのソース。また、その5ドルのエビフライの箱。

「私は自分のビスケットを手に入れますか?」私のボーイフレンドは驚いて尋ねました。彼はフロリダ出身で、ポパイズのシェアを持っています。 (はい、親愛なる。)

鶏肉の箱は、数分以内に青いプラスチック製のカフェテリアトレイに落とされました。ビスケットは熱くて豪華でした。マルディグラのマスタードは、マヨネーズとマスタードのスパイシーなミックスで、とても美味しいです。鶏肉は熱くてジューシーでした。Toupsは、ポパイズがCVap(制御蒸気技術)チキンゲームの最初のゲームの1つであると考えていますが、確かではありません。肌は私が覚えているほど良かったです。小さなパチパチ音、塩辛くて超カリカリ。バターミルクソース(ランチドレッシングのリフ)とスパイシーなマルディグラマスタードの間で鳥を分けることは、行く方法を証明しました。マッシュポテトはまだ化学薬品のような味がしますが、フライドチキンの皮が少し役立ちます。エビはエビだったので、すぐに消えました。

正直なところ、それはまさにそうです 楽しい ポパイズルイジアナキッチンで、私は考え始めました。これらのオレンジ色の壁!ニューオーリンズを彷彿とさせる奇抜なトランペット音楽!でも、鶏肉が足りなかったのかもしれません。それぞれ2個で十分でしたか?別のスリーピースボックス?別の4ピース?それは正気ですか?

「たぶん、起き上がって少し歩こうとすべきだろう」と私は提案した。私のボーイフレンドは同意し、私たちは重ねました。私のコートは突然私の腹の周りで少しきつくなりました。

「たぶん、できるだけ早くここから出るべきだ」と私は言った。

「たわごと、男」私たちが入ったときに私のボーイフレンドは言った woomph 北極圏の空気の。 「今、私はポパイを再発見したことに少し腹を立てています。」

Toupsは、Restaurants Brands Internationalがブランドのレシピを変更するかどうかを心配していますが、買収が完了するまで(おそらく今年の春)、それが実際に行われるかどうかを確認する必要があります。

別れを告げるとき、私は彼に彼のお気に入りの非ポパイズフライドチキンは何ですかと尋ねます。彼は長くはかからない。彼はニューオーリンズの頑固なウィリーメイのスコッチハウスに名前を付けました。彼らのフライドチキンは「死ぬために」と彼は言います。

しかし、それはポパイよりも優れていますか?

"コメント無し。終わらせられない戦いを始めることは決してありません、そして私はそのたわごとを始めていません。」


ポパイズの最近のセールは、有名シェフのファンを怖がらせています

フライドチキンチェーンは、新しい企業の所有者が愛するレシピを変更するのではないかと心配している食通のお気に入りです。

Alex Van Buren

Photo Illustration by Sarah Rogers/The Daily Beast

“I do not eat fast food,” says Cajun New Orleans chef Isaac Toups. That is except for “asterisk, Popeyes.”

NS 最高のシェフ finalist and James Beard Award nominee is unashamed of his unabashed love for the fried chicken at Popeyes Louisiana Kitchen.どうして? Perhaps, he muses, it’s because “there’s so much more lovin’ to it.”

Toups isn’t alone. Popeyes may be the kryptonite fast food for the current generation of celebrity chefs who have publicly declared their weakness for the chain’s super crispy chicken. Momofuku chef David Chang is a huge fan. So is Anthony Bourdain.

One could argue that it is not a purely rational love and is a borderline obsession. “Some people would say Bojangles’ is better,” I make the mistake of mentioning to Toups, thinking of Raleigh chef Ashley Christensen’s affection for the East Coast chicken establishment.

“Those people are wrong,” blurts Toups, alarmed. “Those people are fucking wrong, and that’s the end of the story.”

Moments later, he admits, slightly deflated, “I’ve never eaten Bojangles’.”

I bring up another sore point. Restaurant Brands International, the massive corporation that owns Burger King and Tim Hortons, just purchased Popeyes a couple weeks ago—for a cool $1.8 billion, which would buy myriad three-piece chicken boxes—and Toups is among the Popeyes faithful that are in a bit of a panic that things might change.

This isn’t some academic debate. Toups is a regular customer of the restaurant chain. He and his wife are raising their children on home-cooked meals, what they bring home from their two restaurants—Toups’ Meatery and Toups South—and, of course, a fortifying monthly Popeyes feast.

“I always get a three-piece of dark spicy meat with mashed potatoes,” he says. “My wife gets blackened strips with green beans, and my children get a big pile of chicken tenders.”

He instructs me that the mashed potatoes are best eaten laced with gravy and crackling bits of fried chicken skin stirred in. He informs me that the best part of the biscuit is the crust, which is where all the butter flavor lurks. And, he adds, “If I return home without a pile of Mardi Gras mustard… Isaac Toups is going back to Popeyes.”

Now I’m getting concerned. “Mardi Gras mustard?” I have never heard of this condiment. Have I been missing some secret off-the-menu item? Popeyes was after all a staple of my frugal diet when I lived in a rent-stabilized studio in downtown Brooklyn for eight hard-living years of my twenties and thirties. I’d roll home late and pick up one chicken breast—a naïve fool, I went for white meat, and didn’t even specify mild or spicy—and a biscuit. It was a two-minute walk from my apartment and the antidote to certain hangovers. I was grateful for its proximity and its powers to soak up alcohol but was the food actually good? Or was it just my rose-colored late-night memories?

So, although it’d been years, I had to return and do Popeyes correctly with, naturally, Mardi Gras mustard. On a 20-degree night a few days after the acquisition news broke, my boyfriend and I boarded a Brooklyn bus that went door-to-door to a Popeyes 2 miles away. The bus stalled in traffic. My boyfriend began to murmur sadly about fried chicken from beneath his many layers. We rolled in ravenous and freezing. Four pieces of dark chicken, spicy, please, plus mashed potatoes and every single sauce they had behind the counter. Also, that $5 box of fried shrimp.

“Will I get my own biscuit?” my boyfriend asked, alarmed. He’s from Florida, and has had his share of Popeyes. (Yes, dear.)

The boxes of chicken were plunked down on our blue plastic cafeteria tray within minutes. The biscuits were hot and plush. Mardi Gras mustard, it turns out, is a spicy mix of mayo and mustard, and damn good. The chicken was hot and juicy—Toups thinks Popeyes was among the first to CVap (controlled vapor technology) chicken game, although he’s not sure—and the skin was as good as I remembered: tiny crackles, salty and super-crisp. Divvying up our bird between the buttermilk sauce (a riff on ranch dressing) and the spicy Mardi Gras mustard proved the way to go. The mashed potatoes still taste like chemicals, but the bits of fried chicken skin help. The shrimp were shrimp, and thus disappeared quickly.

Honestly it’s just so pleasant at Popeyes Louisiana Kitchen, I began to think. These orange walls! That wacky trumpet music that reminds me of New Orleans! But maybe we hadn’t gotten enough chicken. Was two pieces each sufficient? Another three-piece box? Another four-piece? Is that insane?

“Maybe we should just get up and try to walk for a second,” I proposed. My boyfriend agreed and we layered up. My coat was suddenly a bit tighter around my belly.

“Maybe we should just get out of here as fast as we can,” I said.

“Shit, man,” my boyfriend said as we walked into a woomph of arctic air. “Now I’m kind of upset that I’ve rediscovered Popeyes.”

Toups, for his part, is worried about whether Restaurants Brands International will change the brand’s recipes, but we will have to wait until the takeover is complete—likely this spring—to see if that actually happens.

In parting, I ask him what is his favorite non-Popeyes fried chicken. It doesn’t take him long. He names New Orleans’ stalwart Willie Mae’s Scotch House. Their fried chicken is, he says, “to die for.”

But is it better than Popeyes?

“No comment. You never start a fight you can’t finish, and I ain’t starting that shit.”


Popeyes’ Recent Sale Is Scaring Its Celebrity Chef Fans

The fried chicken chain is a favorite of foodies who are worried its new corporate owner may change its beloved recipes.

Alex Van Buren

Photo Illustration by Sarah Rogers/The Daily Beast

“I do not eat fast food,” says Cajun New Orleans chef Isaac Toups. That is except for “asterisk, Popeyes.”

NS 最高のシェフ finalist and James Beard Award nominee is unashamed of his unabashed love for the fried chicken at Popeyes Louisiana Kitchen.どうして? Perhaps, he muses, it’s because “there’s so much more lovin’ to it.”

Toups isn’t alone. Popeyes may be the kryptonite fast food for the current generation of celebrity chefs who have publicly declared their weakness for the chain’s super crispy chicken. Momofuku chef David Chang is a huge fan. So is Anthony Bourdain.

One could argue that it is not a purely rational love and is a borderline obsession. “Some people would say Bojangles’ is better,” I make the mistake of mentioning to Toups, thinking of Raleigh chef Ashley Christensen’s affection for the East Coast chicken establishment.

“Those people are wrong,” blurts Toups, alarmed. “Those people are fucking wrong, and that’s the end of the story.”

Moments later, he admits, slightly deflated, “I’ve never eaten Bojangles’.”

I bring up another sore point. Restaurant Brands International, the massive corporation that owns Burger King and Tim Hortons, just purchased Popeyes a couple weeks ago—for a cool $1.8 billion, which would buy myriad three-piece chicken boxes—and Toups is among the Popeyes faithful that are in a bit of a panic that things might change.

This isn’t some academic debate. Toups is a regular customer of the restaurant chain. He and his wife are raising their children on home-cooked meals, what they bring home from their two restaurants—Toups’ Meatery and Toups South—and, of course, a fortifying monthly Popeyes feast.

“I always get a three-piece of dark spicy meat with mashed potatoes,” he says. “My wife gets blackened strips with green beans, and my children get a big pile of chicken tenders.”

He instructs me that the mashed potatoes are best eaten laced with gravy and crackling bits of fried chicken skin stirred in. He informs me that the best part of the biscuit is the crust, which is where all the butter flavor lurks. And, he adds, “If I return home without a pile of Mardi Gras mustard… Isaac Toups is going back to Popeyes.”

Now I’m getting concerned. “Mardi Gras mustard?” I have never heard of this condiment. Have I been missing some secret off-the-menu item? Popeyes was after all a staple of my frugal diet when I lived in a rent-stabilized studio in downtown Brooklyn for eight hard-living years of my twenties and thirties. I’d roll home late and pick up one chicken breast—a naïve fool, I went for white meat, and didn’t even specify mild or spicy—and a biscuit. It was a two-minute walk from my apartment and the antidote to certain hangovers. I was grateful for its proximity and its powers to soak up alcohol but was the food actually good? Or was it just my rose-colored late-night memories?

So, although it’d been years, I had to return and do Popeyes correctly with, naturally, Mardi Gras mustard. On a 20-degree night a few days after the acquisition news broke, my boyfriend and I boarded a Brooklyn bus that went door-to-door to a Popeyes 2 miles away. The bus stalled in traffic. My boyfriend began to murmur sadly about fried chicken from beneath his many layers. We rolled in ravenous and freezing. Four pieces of dark chicken, spicy, please, plus mashed potatoes and every single sauce they had behind the counter. Also, that $5 box of fried shrimp.

“Will I get my own biscuit?” my boyfriend asked, alarmed. He’s from Florida, and has had his share of Popeyes. (Yes, dear.)

The boxes of chicken were plunked down on our blue plastic cafeteria tray within minutes. The biscuits were hot and plush. Mardi Gras mustard, it turns out, is a spicy mix of mayo and mustard, and damn good. The chicken was hot and juicy—Toups thinks Popeyes was among the first to CVap (controlled vapor technology) chicken game, although he’s not sure—and the skin was as good as I remembered: tiny crackles, salty and super-crisp. Divvying up our bird between the buttermilk sauce (a riff on ranch dressing) and the spicy Mardi Gras mustard proved the way to go. The mashed potatoes still taste like chemicals, but the bits of fried chicken skin help. The shrimp were shrimp, and thus disappeared quickly.

Honestly it’s just so pleasant at Popeyes Louisiana Kitchen, I began to think. These orange walls! That wacky trumpet music that reminds me of New Orleans! But maybe we hadn’t gotten enough chicken. Was two pieces each sufficient? Another three-piece box? Another four-piece? Is that insane?

“Maybe we should just get up and try to walk for a second,” I proposed. My boyfriend agreed and we layered up. My coat was suddenly a bit tighter around my belly.

“Maybe we should just get out of here as fast as we can,” I said.

“Shit, man,” my boyfriend said as we walked into a woomph of arctic air. “Now I’m kind of upset that I’ve rediscovered Popeyes.”

Toups, for his part, is worried about whether Restaurants Brands International will change the brand’s recipes, but we will have to wait until the takeover is complete—likely this spring—to see if that actually happens.

In parting, I ask him what is his favorite non-Popeyes fried chicken. It doesn’t take him long. He names New Orleans’ stalwart Willie Mae’s Scotch House. Their fried chicken is, he says, “to die for.”

But is it better than Popeyes?

“No comment. You never start a fight you can’t finish, and I ain’t starting that shit.”


Popeyes’ Recent Sale Is Scaring Its Celebrity Chef Fans

The fried chicken chain is a favorite of foodies who are worried its new corporate owner may change its beloved recipes.

Alex Van Buren

Photo Illustration by Sarah Rogers/The Daily Beast

“I do not eat fast food,” says Cajun New Orleans chef Isaac Toups. That is except for “asterisk, Popeyes.”

NS 最高のシェフ finalist and James Beard Award nominee is unashamed of his unabashed love for the fried chicken at Popeyes Louisiana Kitchen.どうして? Perhaps, he muses, it’s because “there’s so much more lovin’ to it.”

Toups isn’t alone. Popeyes may be the kryptonite fast food for the current generation of celebrity chefs who have publicly declared their weakness for the chain’s super crispy chicken. Momofuku chef David Chang is a huge fan. So is Anthony Bourdain.

One could argue that it is not a purely rational love and is a borderline obsession. “Some people would say Bojangles’ is better,” I make the mistake of mentioning to Toups, thinking of Raleigh chef Ashley Christensen’s affection for the East Coast chicken establishment.

“Those people are wrong,” blurts Toups, alarmed. “Those people are fucking wrong, and that’s the end of the story.”

Moments later, he admits, slightly deflated, “I’ve never eaten Bojangles’.”

I bring up another sore point. Restaurant Brands International, the massive corporation that owns Burger King and Tim Hortons, just purchased Popeyes a couple weeks ago—for a cool $1.8 billion, which would buy myriad three-piece chicken boxes—and Toups is among the Popeyes faithful that are in a bit of a panic that things might change.

This isn’t some academic debate. Toups is a regular customer of the restaurant chain. He and his wife are raising their children on home-cooked meals, what they bring home from their two restaurants—Toups’ Meatery and Toups South—and, of course, a fortifying monthly Popeyes feast.

“I always get a three-piece of dark spicy meat with mashed potatoes,” he says. “My wife gets blackened strips with green beans, and my children get a big pile of chicken tenders.”

He instructs me that the mashed potatoes are best eaten laced with gravy and crackling bits of fried chicken skin stirred in. He informs me that the best part of the biscuit is the crust, which is where all the butter flavor lurks. And, he adds, “If I return home without a pile of Mardi Gras mustard… Isaac Toups is going back to Popeyes.”

Now I’m getting concerned. “Mardi Gras mustard?” I have never heard of this condiment. Have I been missing some secret off-the-menu item? Popeyes was after all a staple of my frugal diet when I lived in a rent-stabilized studio in downtown Brooklyn for eight hard-living years of my twenties and thirties. I’d roll home late and pick up one chicken breast—a naïve fool, I went for white meat, and didn’t even specify mild or spicy—and a biscuit. It was a two-minute walk from my apartment and the antidote to certain hangovers. I was grateful for its proximity and its powers to soak up alcohol but was the food actually good? Or was it just my rose-colored late-night memories?

So, although it’d been years, I had to return and do Popeyes correctly with, naturally, Mardi Gras mustard. On a 20-degree night a few days after the acquisition news broke, my boyfriend and I boarded a Brooklyn bus that went door-to-door to a Popeyes 2 miles away. The bus stalled in traffic. My boyfriend began to murmur sadly about fried chicken from beneath his many layers. We rolled in ravenous and freezing. Four pieces of dark chicken, spicy, please, plus mashed potatoes and every single sauce they had behind the counter. Also, that $5 box of fried shrimp.

“Will I get my own biscuit?” my boyfriend asked, alarmed. He’s from Florida, and has had his share of Popeyes. (Yes, dear.)

The boxes of chicken were plunked down on our blue plastic cafeteria tray within minutes. The biscuits were hot and plush. Mardi Gras mustard, it turns out, is a spicy mix of mayo and mustard, and damn good. The chicken was hot and juicy—Toups thinks Popeyes was among the first to CVap (controlled vapor technology) chicken game, although he’s not sure—and the skin was as good as I remembered: tiny crackles, salty and super-crisp. Divvying up our bird between the buttermilk sauce (a riff on ranch dressing) and the spicy Mardi Gras mustard proved the way to go. The mashed potatoes still taste like chemicals, but the bits of fried chicken skin help. The shrimp were shrimp, and thus disappeared quickly.

Honestly it’s just so pleasant at Popeyes Louisiana Kitchen, I began to think. These orange walls! That wacky trumpet music that reminds me of New Orleans! But maybe we hadn’t gotten enough chicken. Was two pieces each sufficient? Another three-piece box? Another four-piece? Is that insane?

“Maybe we should just get up and try to walk for a second,” I proposed. My boyfriend agreed and we layered up. My coat was suddenly a bit tighter around my belly.

“Maybe we should just get out of here as fast as we can,” I said.

“Shit, man,” my boyfriend said as we walked into a woomph of arctic air. “Now I’m kind of upset that I’ve rediscovered Popeyes.”

Toups, for his part, is worried about whether Restaurants Brands International will change the brand’s recipes, but we will have to wait until the takeover is complete—likely this spring—to see if that actually happens.

In parting, I ask him what is his favorite non-Popeyes fried chicken. It doesn’t take him long. He names New Orleans’ stalwart Willie Mae’s Scotch House. Their fried chicken is, he says, “to die for.”

But is it better than Popeyes?

“No comment. You never start a fight you can’t finish, and I ain’t starting that shit.”


Popeyes’ Recent Sale Is Scaring Its Celebrity Chef Fans

The fried chicken chain is a favorite of foodies who are worried its new corporate owner may change its beloved recipes.

Alex Van Buren

Photo Illustration by Sarah Rogers/The Daily Beast

“I do not eat fast food,” says Cajun New Orleans chef Isaac Toups. That is except for “asterisk, Popeyes.”

NS 最高のシェフ finalist and James Beard Award nominee is unashamed of his unabashed love for the fried chicken at Popeyes Louisiana Kitchen.どうして? Perhaps, he muses, it’s because “there’s so much more lovin’ to it.”

Toups isn’t alone. Popeyes may be the kryptonite fast food for the current generation of celebrity chefs who have publicly declared their weakness for the chain’s super crispy chicken. Momofuku chef David Chang is a huge fan. So is Anthony Bourdain.

One could argue that it is not a purely rational love and is a borderline obsession. “Some people would say Bojangles’ is better,” I make the mistake of mentioning to Toups, thinking of Raleigh chef Ashley Christensen’s affection for the East Coast chicken establishment.

“Those people are wrong,” blurts Toups, alarmed. “Those people are fucking wrong, and that’s the end of the story.”

Moments later, he admits, slightly deflated, “I’ve never eaten Bojangles’.”

I bring up another sore point. Restaurant Brands International, the massive corporation that owns Burger King and Tim Hortons, just purchased Popeyes a couple weeks ago—for a cool $1.8 billion, which would buy myriad three-piece chicken boxes—and Toups is among the Popeyes faithful that are in a bit of a panic that things might change.

This isn’t some academic debate. Toups is a regular customer of the restaurant chain. He and his wife are raising their children on home-cooked meals, what they bring home from their two restaurants—Toups’ Meatery and Toups South—and, of course, a fortifying monthly Popeyes feast.

“I always get a three-piece of dark spicy meat with mashed potatoes,” he says. “My wife gets blackened strips with green beans, and my children get a big pile of chicken tenders.”

He instructs me that the mashed potatoes are best eaten laced with gravy and crackling bits of fried chicken skin stirred in. He informs me that the best part of the biscuit is the crust, which is where all the butter flavor lurks. And, he adds, “If I return home without a pile of Mardi Gras mustard… Isaac Toups is going back to Popeyes.”

Now I’m getting concerned. “Mardi Gras mustard?” I have never heard of this condiment. Have I been missing some secret off-the-menu item? Popeyes was after all a staple of my frugal diet when I lived in a rent-stabilized studio in downtown Brooklyn for eight hard-living years of my twenties and thirties. I’d roll home late and pick up one chicken breast—a naïve fool, I went for white meat, and didn’t even specify mild or spicy—and a biscuit. It was a two-minute walk from my apartment and the antidote to certain hangovers. I was grateful for its proximity and its powers to soak up alcohol but was the food actually good? Or was it just my rose-colored late-night memories?

So, although it’d been years, I had to return and do Popeyes correctly with, naturally, Mardi Gras mustard. On a 20-degree night a few days after the acquisition news broke, my boyfriend and I boarded a Brooklyn bus that went door-to-door to a Popeyes 2 miles away. The bus stalled in traffic. My boyfriend began to murmur sadly about fried chicken from beneath his many layers. We rolled in ravenous and freezing. Four pieces of dark chicken, spicy, please, plus mashed potatoes and every single sauce they had behind the counter. Also, that $5 box of fried shrimp.

“Will I get my own biscuit?” my boyfriend asked, alarmed. He’s from Florida, and has had his share of Popeyes. (Yes, dear.)

The boxes of chicken were plunked down on our blue plastic cafeteria tray within minutes. The biscuits were hot and plush. Mardi Gras mustard, it turns out, is a spicy mix of mayo and mustard, and damn good. The chicken was hot and juicy—Toups thinks Popeyes was among the first to CVap (controlled vapor technology) chicken game, although he’s not sure—and the skin was as good as I remembered: tiny crackles, salty and super-crisp. Divvying up our bird between the buttermilk sauce (a riff on ranch dressing) and the spicy Mardi Gras mustard proved the way to go. The mashed potatoes still taste like chemicals, but the bits of fried chicken skin help. The shrimp were shrimp, and thus disappeared quickly.

Honestly it’s just so pleasant at Popeyes Louisiana Kitchen, I began to think. These orange walls! That wacky trumpet music that reminds me of New Orleans! But maybe we hadn’t gotten enough chicken. Was two pieces each sufficient? Another three-piece box? Another four-piece? Is that insane?

“Maybe we should just get up and try to walk for a second,” I proposed. My boyfriend agreed and we layered up. My coat was suddenly a bit tighter around my belly.

“Maybe we should just get out of here as fast as we can,” I said.

“Shit, man,” my boyfriend said as we walked into a woomph of arctic air. “Now I’m kind of upset that I’ve rediscovered Popeyes.”

Toups, for his part, is worried about whether Restaurants Brands International will change the brand’s recipes, but we will have to wait until the takeover is complete—likely this spring—to see if that actually happens.

In parting, I ask him what is his favorite non-Popeyes fried chicken. It doesn’t take him long. He names New Orleans’ stalwart Willie Mae’s Scotch House. Their fried chicken is, he says, “to die for.”

But is it better than Popeyes?

“No comment. You never start a fight you can’t finish, and I ain’t starting that shit.”


Popeyes’ Recent Sale Is Scaring Its Celebrity Chef Fans

The fried chicken chain is a favorite of foodies who are worried its new corporate owner may change its beloved recipes.

Alex Van Buren

Photo Illustration by Sarah Rogers/The Daily Beast

“I do not eat fast food,” says Cajun New Orleans chef Isaac Toups. That is except for “asterisk, Popeyes.”

NS 最高のシェフ finalist and James Beard Award nominee is unashamed of his unabashed love for the fried chicken at Popeyes Louisiana Kitchen.どうして? Perhaps, he muses, it’s because “there’s so much more lovin’ to it.”

Toups isn’t alone. Popeyes may be the kryptonite fast food for the current generation of celebrity chefs who have publicly declared their weakness for the chain’s super crispy chicken. Momofuku chef David Chang is a huge fan. So is Anthony Bourdain.

One could argue that it is not a purely rational love and is a borderline obsession. “Some people would say Bojangles’ is better,” I make the mistake of mentioning to Toups, thinking of Raleigh chef Ashley Christensen’s affection for the East Coast chicken establishment.

“Those people are wrong,” blurts Toups, alarmed. “Those people are fucking wrong, and that’s the end of the story.”

Moments later, he admits, slightly deflated, “I’ve never eaten Bojangles’.”

I bring up another sore point. Restaurant Brands International, the massive corporation that owns Burger King and Tim Hortons, just purchased Popeyes a couple weeks ago—for a cool $1.8 billion, which would buy myriad three-piece chicken boxes—and Toups is among the Popeyes faithful that are in a bit of a panic that things might change.

This isn’t some academic debate. Toups is a regular customer of the restaurant chain. He and his wife are raising their children on home-cooked meals, what they bring home from their two restaurants—Toups’ Meatery and Toups South—and, of course, a fortifying monthly Popeyes feast.

“I always get a three-piece of dark spicy meat with mashed potatoes,” he says. “My wife gets blackened strips with green beans, and my children get a big pile of chicken tenders.”

He instructs me that the mashed potatoes are best eaten laced with gravy and crackling bits of fried chicken skin stirred in. He informs me that the best part of the biscuit is the crust, which is where all the butter flavor lurks. And, he adds, “If I return home without a pile of Mardi Gras mustard… Isaac Toups is going back to Popeyes.”

Now I’m getting concerned. “Mardi Gras mustard?” I have never heard of this condiment. Have I been missing some secret off-the-menu item? Popeyes was after all a staple of my frugal diet when I lived in a rent-stabilized studio in downtown Brooklyn for eight hard-living years of my twenties and thirties. I’d roll home late and pick up one chicken breast—a naïve fool, I went for white meat, and didn’t even specify mild or spicy—and a biscuit. It was a two-minute walk from my apartment and the antidote to certain hangovers. I was grateful for its proximity and its powers to soak up alcohol but was the food actually good? Or was it just my rose-colored late-night memories?

So, although it’d been years, I had to return and do Popeyes correctly with, naturally, Mardi Gras mustard. On a 20-degree night a few days after the acquisition news broke, my boyfriend and I boarded a Brooklyn bus that went door-to-door to a Popeyes 2 miles away. The bus stalled in traffic. My boyfriend began to murmur sadly about fried chicken from beneath his many layers. We rolled in ravenous and freezing. Four pieces of dark chicken, spicy, please, plus mashed potatoes and every single sauce they had behind the counter. Also, that $5 box of fried shrimp.

“Will I get my own biscuit?” my boyfriend asked, alarmed. He’s from Florida, and has had his share of Popeyes. (Yes, dear.)

The boxes of chicken were plunked down on our blue plastic cafeteria tray within minutes. The biscuits were hot and plush. Mardi Gras mustard, it turns out, is a spicy mix of mayo and mustard, and damn good. The chicken was hot and juicy—Toups thinks Popeyes was among the first to CVap (controlled vapor technology) chicken game, although he’s not sure—and the skin was as good as I remembered: tiny crackles, salty and super-crisp. Divvying up our bird between the buttermilk sauce (a riff on ranch dressing) and the spicy Mardi Gras mustard proved the way to go. The mashed potatoes still taste like chemicals, but the bits of fried chicken skin help. The shrimp were shrimp, and thus disappeared quickly.

Honestly it’s just so pleasant at Popeyes Louisiana Kitchen, I began to think. These orange walls! That wacky trumpet music that reminds me of New Orleans! But maybe we hadn’t gotten enough chicken. Was two pieces each sufficient? Another three-piece box? Another four-piece? Is that insane?

“Maybe we should just get up and try to walk for a second,” I proposed. My boyfriend agreed and we layered up. My coat was suddenly a bit tighter around my belly.

“Maybe we should just get out of here as fast as we can,” I said.

“Shit, man,” my boyfriend said as we walked into a woomph of arctic air. “Now I’m kind of upset that I’ve rediscovered Popeyes.”

Toups, for his part, is worried about whether Restaurants Brands International will change the brand’s recipes, but we will have to wait until the takeover is complete—likely this spring—to see if that actually happens.

In parting, I ask him what is his favorite non-Popeyes fried chicken. It doesn’t take him long. He names New Orleans’ stalwart Willie Mae’s Scotch House. Their fried chicken is, he says, “to die for.”

But is it better than Popeyes?

“No comment. You never start a fight you can’t finish, and I ain’t starting that shit.”



コメント:

  1. Bolaji

    このブログはどのくらい発売されましたか?

  2. Huldiberaht

    エンディングはかっこいい!!!!!!!!!!!!!!!!!

  3. Saturnin

    とても良い文

  4. Lynford

    テーマに関する多くの記事があなたを興味深いものにするサイトに来ることをお勧めします。



メッセージを書く