新しいレシピ

アーチーの王室ルラード

アーチーの王室ルラード


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アーチーの王室ルラード

イチゴ&クリーム

イチゴ&クリーム

サーブ12

1時間の調理と冷却

難易度

一食当たりの栄養
  • カロリー455 23%

  • 脂質30.3g 43%

  • 飽和17.6g 88%

  • 砂糖42.3g 47%

  • 塩0.3g 5%

  • タンパク質5.8g 12%

  • 炭水化物63.5g 24%

  • ファイバー1.8g-

成人の参考摂取量

材料

  • イチゴ400 g
  • 6つの大きな放し飼いの卵
  • 金色の砂糖200 g、さらに大さじ1
  • 大さじ1バニラエキス
  • レモン1個
  • 小麦粉150 g
  • 品質のいちごジャム150 g
  • エルダーフラワーコーディアル大さじ3
  • バニラポッド1個
  • 600 mlダブルクリーム
  • 大さじ1の粉砂糖と粉をまぶすための追加
  • 7 g凍結乾燥イチゴ
  • フレッシュミントの小枝3

方法

  1. 6個のイチゴを皮と細かくスライスします。 35x40cmのベーキングトレイを耐油紙で裏打ちしてから、イチゴをトレイ全体に6つの等間隔に並べます。トレイを冷たいオーブンに入れ、180°C / 350°F /ガスに加熱します4。
  2. オーブンの温度が上がったら(私のオーブンには約15分かかりますが、目を離さないでください)、イチゴのトレイを外します。少し乾燥させても、鮮やかで赤くなります。
  3. その間、大きなミキシングボウルに卵を割って、砂糖とバニラエキスを加え、少なくとも5分間、または青みがかって体積が3倍になるまで泡立てます。
  4. レモンの皮の上で細かくすりおろし、小麦粉をふるいにかけ、滑らかになるまで折ります。焼きたてのイチゴの上に混合物を注ぎ、それを均一に滑らかにします。ワークトップのトレイを数回たたいて気泡を取り除き、オーブンで15分間、または軽く金色になるまで焼きます。
  5. スポンジをオーブンから取り出し、自信を持って、耐油紙で裏打ちされた別のトレイに入れます。元の耐油紙を慎重に剥がして、縞模様のイチゴパターンを表示します。
  6. 別の耐油紙を作業面に置き、大さじ1のグラニュー糖をまぶします。スポンジを裏返し、イチゴを下向きにします。
  7. 耐油紙を使用して、スポンジをしっかりと巻き、完全に冷ましておきます。
  8. 残りのイチゴを外皮で細かく刻み、数個を飾り用に予約し、ジャムとニワトコの花を入れたボウルに入れます。すべてを良いミックスにして、マセレートに任せます。
  9. バニラポッドを半分にして、種をきれいな混合ボウルにかき取ります。クリームと粉砂糖を加え、泡立て器で泡立てます。スターノズル付きの大きな絞り袋に移します。
  10. フードプロセッサーで凍結乾燥したイチゴを超微細な粉にブリッツします。
  11. 冷やしたスポンジを注意深く広げ、浸軟したイチゴとニワトコの混合物で全体に広げます。クリームの大部分をパイプで覆い(装飾用に少し取っておきます)、スポンジをゆっくりと巻き戻します。両端をトリミングして温め、サービングボードに移します。
  12. 残りのクリーム、イチゴ、ミントの葉でルラードを飾り、次にイチゴの粉を振りかけます。おいしい!


ビデオを見る: The Royal Wedding Ceremony at Westminster Abbey (七月 2022).


コメント:

  1. Juk

    彼らは間違っていると思います。話し合う必要があります。 PMで私に手紙を書いて、話してください。

  2. Elwald

    おめでとうございます、あなたの考えはとても良いです

  3. Agamemnon

    あなたは間違いを犯しています。 PMで私にメールしてください、私たちは話し合います。

  4. Levi

    あなたは間違っていると思います。私はそれを証明することができます。 PMで私にメールしてください、私たちは話し合います。

  5. Mezimuro

    自信を持って言った、それから私の意見は明らかです。このトピックを開発したくありませんでした。



メッセージを書く