新しいレシピ

北京レストランがレディーガガのミートドレスをメニューに追加

北京レストランがレディーガガのミートドレスをメニューに追加


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

北京のホットポットレストランでは、レディーガガの人形に掛けられた肉を提供しています

北京の鍋料理店では、レディー・ガガが着ていたような生肉で作られた小さなドレスのように、人形に覆われた生のマトンの料理を提供しています。

レディー・ガガはキャリアの中で多くの奇妙なものを身に着けてきましたが、彼女の最も象徴的な衣装はおそらく、彼女の体の上に配置された生肉のストリップで作られた完全なアンサンブル(帽子、ドレス、ハンドバッグなど)を身に着けていたときでしたドレスの形。それは2010年に起こったのですが、それは人々がまだそれについて話しているほどの影響を与え、ある北京のレストランが実際にそれをメニューアイテムに変えました。

ロケットニュース24によると、北京の鍋料理店は、人形に掛けてボールガウンの形にした生のスライスしたマトンの料理を提供することにしました。

北京在住のエリス・リボンは、精巧な生肉のガウンを着た人形の写真をツイートしました。

レディー・ガガの#ミートドレスをまったく新しい極限に引き上げる中国の鍋料理店#becauseChina pic.twitter.com/jN0bL32T7w

—エリスリボン(@iheartbeijing)2016年8月21日

アイデアは、顧客が人形のドレスを1つずつ取り外し、鍋で各ストリップを調理し、最終的には完全な腹と裸の人形になってしまうというものです。誰もがこれが素晴らしいアイデアだと思ったわけではありません。

Shanghaiistについて、Weiboのコメンテーターは、光景全体にかなりうんざりしていて、人形がどれくらいの頻度で掃除されているのか、そしてなぜ彼らが大きな肉のプレートを食べたいだけなのにそのような厄介な仕掛けに悩まされなければならなかったのか疑問に思っています。

「どうしてこんな馬鹿なトリックなしで肉を食べられないの?」ある人は言った。別の人は、人形のストリップを一片ずつ脱ぐのは奇妙で厄介で、永遠にかかるので、単に人形全体を鍋に投げ込むことを提案しました。


北京レストランがレディーガガのミートドレスをメニューに追加-レシピ

彼女のバイオ写真にベーコンの口ひげを生やしている人のために、私はこれらのシンプル、グッド、そしておいしいページで肉についての貴重なことをほとんど書いていません。スカッシュ、アスパラガス、ニンニクの花茎、ルバーブ、ブルーベリー、リンゴ、トマト(ああ、甘いトマト)についての私の急降下とワックスの詩は、私が確かに弱い肉食動物であるとあなたに信じさせるかもしれません。季節ごとに食べることと、ここSimple、Good、Tastyで毎日賞賛されている無数の利点が、果物や野菜の消費を増やすという追加の特典をどのようにもたらしているかを示しています。ファーマーズマーケットで最も熟していて新鮮なものに注意を払うことは必然的に私の車輪を回し、それらの美しい食べ物を調理して食べる方法を見つけるように私を刺激します。

肉が美しくないということではありません。実際、誰もが私の後に繰り返します:肉は美しいです!あるいは、人道的に育てられれば、持続可能な方法で育てられることもあります。私はアルゼンチン人なので、おいしいステーキへの愛情が私のDNAに刻まれています。牧草で育てられた牛肉の味は、笑いに満ちた壮大な赤ワインに浸したバーベキューと、トングを振るう叔父と塩辛いグリル肉のそびえ立つ大皿のプルーストの思い出を引き起こします。私にとって、肉は快適な食べ物です。それは祝福的で、治癒的で、そして深く満足しています。最近息子のカエルが亡くなったとき、息子がすすり泣きながら抱きしめた後、思いもよらなかったので、夕食に作ろうと思っていたパスタの箱を片付け、店に行ってステーキを買ってグリルに投げました。 。ひざのけいれん反応は、家族に哺乳類を食べさせて両生類の死を悼むことだったと、後で自分自身に思いました。私はそれをアルゼンチン人であることの狂気にまでチョークで書くことができるだけです。

肉は私にとって非常に多くの異なるレベルで何かを意味するので:文化的、感情的、美味しく、私の肉が謎の肉ではないことが重要です。それがどこから来たのか、どのように育てられたのか、そしてどのように処理されたのかを知る必要があります。美味しくするだけでは十分ではありません。それはしなければならない なれ 良い。だから私は食べる量を減らすためにもっとお金を払っていますが、そうあるべきです。

今年の私の最も幸せな発見は、キングフィールドファーマーズマーケットにあるブラウチャーのサンシャインハーベストファームブースでした。ブラウチャーズは、化学物質を含まない100%牧草で飼育された牛肉と子羊、牧草で育てられた鶏肉と卵を育てています(スタートリビューンのリックネルソンと同様に、私は彼らの卵が大好きです)。率直に言って、私は夢中になっているので、毎週、私はブラウチャーにスカートステーキがあるかどうか尋ねます。 (レディーガガの肉のドレスの後で、スカートステーキという用語が同じになることは決してないことはわかっていますが、そうでない場合は、ぜひ試してみてください。)スカートステーキは横隔膜の筋肉で、長くて平らです。少しタフではありますが、非常に風味豊かなので、すばやくホットグリルをして穀物全体をスライスするのが最適です。ブラウチャーのスカートステーキは、風味がとてもおいしいのでマリネは必要ありませんが、チミチュリですか?チミチュリとタンゴをしたくない牛肉に出会ったことがないので、秘密のレシピを2つ紹介します。

1つ目は、伝統的な緑のチミチュリです。これは、ハーブ園で大切な生活を送るためにぶら下がっているパセリを使い切るのに適した方法です。フレッシュでピリッとした味わいで、草で育てられた牛肉の力強くクリーンな味わいにぴったりのハーブです。

2番目のレシピは赤いチミチュリです。これは、牛肉がメニューにあるかどうかに関係なく、ほとんどの場合、私の冷蔵庫で見つけることができます。燃えるような酢で、牛肉のコクを完璧にカットし、煙とチャーを引き出します。卵やスープにも入れています。そして、グリルドチーズサンドイッチを一度浸して、美味しさに気を失ったのかもしれません。多分。肉っぽい、卵のような、安っぽい、またはクリーミーなものなら、これがあなたのソースです。

Que lo disfruten con salud!楽しみ!

チミチュリヴェルデ (アルゼンチンのグリーンソース)-ノーマン・ヴァン・アケンによるニューワールドキッチンからの適応

1/2カップのミンチイタリアンパセリ(半分のコリアンダーを使用できます)

スペインのシェリービネガー大さじ2

カイエンペッパー小さじ1

挽きたての黒コショウ小さじ1

小さじ1杯のトーストして挽いたクミンシード

すべての材料を組み合わせてよく混ぜます。冷蔵、これは最大1ヶ月間保持されます。

Van Akenはまた、サンドイッチやサラダ用にチミチュリの一部をマヨネーズに混ぜることを提案しています。これは、赤または緑のチミチュリと関係があると思います。

チミチュリロホ (アルゼンチンのレッドソース)– Norman VanAkenによるNewWorldKitchenからの抜粋

½カップのスペインのシェリービネガーまたは赤ワインビネガー

ホットパプリカ大さじ1½*

カイエンペッパー小さじ2

挽きたての黒コショウ小さじ1

小さじ1杯のトーストして挽いたクミンシード

ローリエ1枚、半分に折れる

すべての材料を組み合わせてよく混ぜます。冷蔵、これは最大1ヶ月間保持されます。

*初めて作ったときは、ホットパプリカがなかったので、甘いパプリカ大さじ3/4とスペインのピメントン大さじ3/4を使いました。とても美味しかったので、元のレシピに戻ることはありませんでした。


北京レストランがレディーガガのミートドレスをメニューに追加-レシピ

彼女のバイオ写真にベーコンの口ひげを生やしている人のために、私はこれらのシンプル、グッド、そしておいしいページで肉についての貴重なことをほとんど書いていません。スカッシュ、アスパラガス、ニンニクの花茎、ルバーブ、ブルーベリー、リンゴ、トマト(ああ、甘いトマト)についての私の急降下とワックスの詩は、私が確かに弱い肉食動物であるとあなたに信じさせるかもしれません。季節ごとに食べることと、ここSimple、Good、Tastyで毎日賞賛されている無数の利点が、果物や野菜の消費を増やすという追加の特典をどのようにもたらしているかを示しています。ファーマーズマーケットで最も熟していて新鮮なものに注意を払うことは必然的に私の車輪を回し、それらの美しい食べ物を調理して食べる方法を見つけるように私を刺激します。

肉が美しくないということではありません。実際、誰もが私の後に繰り返します:肉は美しいです!あるいは、人道的に育てられれば、持続可能な方法で育てられることもあります。私はアルゼンチン人なので、おいしいステーキへの愛情が私のDNAに刻まれています。牧草で育てられた牛肉の味は、笑いに満ちた壮大な赤ワインに浸したバーベキューと、トングを振るう叔父と塩辛いグリル肉のそびえ立つ大皿のプルーストの思い出を引き起こします。私にとって、肉は快適な食べ物です。それは祝福的で、治癒的で、そして深く満足しています。最近息子のカエルが亡くなったとき、息子がすすり泣きながら抱きしめた後、思いもよらなかったので、夕食に作ろうと思っていたパスタの箱を片付け、店に行ってステーキを買ってグリルに投げました。 。ひざのけいれん反応は、家族に哺乳類を食べさせて両生類の死を悼むことだったと、後で自分自身に思いました。私はそれをアルゼンチン人であることの狂気にまでチョークで書くことができるだけです。

肉は私にとって非常に多くの異なるレベルで何かを意味するので:文化的、感情的、美味しく、私の肉が謎の肉ではないことが重要です。それがどこから来たのか、どのように育てられたのか、そしてどのように処理されたのかを知る必要があります。美味しくするだけでは十分ではありません。それはしなければならない なれ 良い。だから私は食べる量を減らすためにもっとお金を払っていますが、そうあるべきです。

今年の私の最も幸せな発見は、キングフィールドファーマーズマーケットにあるブラウチャーのサンシャインハーベストファームブースでした。ブラウチャーズは、化学物質を含まない100%牧草で飼育された牛肉と子羊、牧草で育てられた鶏肉と卵を育てています(スタートリビューンのリックネルソンと同様に、私は彼らの卵が大好きです)。率直に言って、私は夢中になっているので、毎週、私はブラウチャーにスカートステーキがあるかどうか尋ねます。 (レディーガガの肉のドレスの後で、スカートステーキという用語が同じになることは決してないことはわかっていますが、そうでない場合は、ぜひ試してみてください。)スカートステーキは横隔膜の筋肉で、長くて平らです。少しタフではありますが、非常に風味豊かなので、すばやくホットグリルをして穀物をスライスするのが最適です。ブラウチャーのスカートステーキは、風味がとてもおいしいのでマリネは必要ありませんが、チミチュリですか?チミチュリとタンゴをしたくない牛肉に出会ったことがないので、秘密のレシピを2つ紹介します。

1つ目は、伝統的な緑のチミチュリです。これは、ハーブ園で大切な生活を送るためにぶら下がっているパセリを使い切るのに適した方法です。フレッシュでピリッとした味わいで、草で育てられた牛肉の力強くクリーンな味わいにぴったりのハーブです。

2番目のレシピは赤いチミチュリです。これは、牛肉がメニューにあるかどうかに関係なく、ほとんどの場合、私の冷蔵庫で見つけることができます。燃えるような酢で、牛肉のコクを完璧にカットし、煙とチャーを引き出します。卵やスープにもつけています。そして、グリルドチーズサンドイッチを一度浸して、美味しさに気を失ったのかもしれません。多分。肉っぽい、卵のような、安っぽい、またはクリーミーなものなら、これがあなたのソースです。

Que lo disfruten con salud!楽しみ!

チミチュリヴェルデ (アルゼンチンのグリーンソース)-ノーマン・ヴァン・アケンによるニューワールドキッチンからの適応

1/2カップのミンチイタリアンパセリ(半分のコリアンダーを使用できます)

スペインのシェリービネガー大さじ2

カイエンペッパー小さじ1

挽きたての黒コショウ小さじ1

小さじ1杯のトーストして挽いたクミンシード

すべての材料を組み合わせてよく混ぜます。冷蔵、これは最大1ヶ月間保持されます。

Van Akenはまた、サンドイッチやサラダ用にチミチュリの一部をマヨネーズに混ぜることを提案しています。これは、赤または緑のチミチュリと関係があると思います。

チミチュリロホ (アルゼンチンのレッドソース)– Norman VanAkenによるNewWorldKitchenからの抜粋

½カップのスペインのシェリービネガーまたは赤ワインビネガー

大さじ1½のホットパプリカ*

カイエンペッパー小さじ2

挽きたての黒コショウ小さじ1

小さじ1杯のトーストして挽いたクミンシード

ローリエ1枚、半分に折れる

すべての材料を組み合わせてよく混ぜます。冷蔵、これは最大1ヶ月間保持されます。

*初めて作ったときは、ホットパプリカがなかったので、甘いパプリカ大さじ3/4とスペインのピメントン大さじ3/4を使いました。とても美味しかったので、元のレシピに戻ることはありませんでした。


北京レストランがレディーガガのミートドレスをメニューに追加-レシピ

彼女のバイオ写真にベーコンの口ひげを生やしている人のために、私はこれらのシンプル、グッド、そしておいしいページで肉についての貴重なことをほとんど書いていません。スカッシュ、アスパラガス、ニンニクの花茎、ルバーブ、ブルーベリー、リンゴ、トマト(ああ、甘いトマト)についての私の急降下とワックスの詩は、私が確かに弱い肉食動物であるとあなたに信じさせるかもしれません。季節ごとに食べることと、ここSimple、Good、Tastyで毎日賞賛されている無数の利点が、果物や野菜の消費を増やすという追加の特典をどのようにもたらしているかを示しています。ファーマーズマーケットで最も熟していて新鮮なものに注意を払うことは必然的に私の車輪を回し、それらの美しい食べ物を調理して食べる方法を見つけるように私を刺激します。

肉が美しくないということではありません。実際、誰もが私の後に繰り返します:肉は美しいです!あるいは、人道的に育てられれば、持続可能な方法で育てられることもあります。私はアルゼンチン人なので、おいしいステーキへの愛情が私のDNAに刻まれています。牧草で育てられた牛肉の味は、笑いに満ちた壮大な赤ワインに浸したバーベキューと、トングを振るう叔父と塩辛いグリル肉のそびえ立つ大皿のプルーストの思い出を引き起こします。私にとって、肉は快適な食べ物です。それは祝福的で、治癒的で、そして深く満足しています。最近息子のカエルが亡くなったとき、息子がすすり泣きながら抱きしめた後、思いもよらなかったので、夕食に作ろうと思っていたパスタの箱を片付け、店に行ってステーキを買ってグリルに投げました。 。ひざのけいれん反応は、家族に哺乳類を食べさせて両生類の死を悼むことだったと、後で自分自身に思いました。私はそれをアルゼンチン人であることの狂気にまでチョークで書くことができるだけです。

肉は私にとって非常に多くの異なるレベルで何かを意味するので:文化的、感情的、美味しく、私の肉が謎の肉ではないことが重要です。それがどこから来たのか、どのように育てられたのか、そしてどのように処理されたのかを知る必要があります。美味しくするだけでは十分ではありません。それはしなければならない なれ 良い。だから私は食べる量を減らすためにもっとお金を払っていますが、そうあるべきです。

今年の私の最も幸せな発見は、キングフィールドファーマーズマーケットにあるブラウチャーのサンシャインハーベストファームブースでした。ブラウチャーズは、化学物質を含まない100%牧草で飼育された牛肉と子羊、牧草で育てられた鶏肉と卵を育てています(スタートリビューンのリックネルソンと同様に、私は彼らの卵が大好きです)。率直に言って、私は夢中になっているので、毎週、私はブラウチャーにスカートステーキがあるかどうか尋ねます。 (レディーガガの肉のドレスの後で、スカートステーキという用語が同じになることは決してないことはわかっていますが、そうでない場合は、ぜひ試してみてください。)スカートステーキは横隔膜の筋肉で、長くて平らです。少しタフではありますが、非常に風味豊かなので、すばやくホットグリルをして穀物全体をスライスするのが最適です。ブラウチャーのスカートステーキは、風味がとてもおいしいのでマリネは必要ありませんが、チミチュリですか?チミチュリとタンゴをしたくない牛肉に出会ったことがないので、秘密のレシピを2つ紹介します。

1つ目は、伝統的な緑のチミチュリです。これは、ハーブ園で大切な生活を送るためにぶら下がっているパセリを使い切るのに適した方法です。フレッシュでピリッとした味わいで、草で育てられた牛肉の力強くクリーンな味わいにぴったりのハーブです。

2番目のレシピは赤いチミチュリです。これは、牛肉がメニューにあるかどうかに関係なく、ほとんどの場合、私の冷蔵庫で見つけることができます。燃えるような酢で、牛肉のコクを完璧にカットし、煙とチャーを引き出します。卵やスープにもつけています。そして、グリルドチーズサンドイッチを一度浸して、美味しさに気を失ったのかもしれません。多分。肉っぽい、卵のような、安っぽい、またはクリーミーなものなら、これがあなたのソースです。

Que lo disfruten con salud!楽しみ!

チミチュリヴェルデ (アルゼンチンのグリーンソース)-ノーマン・ヴァン・アケンによるニューワールドキッチンからの適応

1/2カップのミンチイタリアンパセリ(半分のコリアンダーを使用できます)

スペインのシェリービネガー大さじ2

カイエンペッパー小さじ1

挽きたての黒コショウ小さじ1

小さじ1杯のトーストして挽いたクミンシード

すべての材料を組み合わせてよく混ぜます。冷蔵、これは最大1ヶ月間保持されます。

Van Akenはまた、サンドイッチやサラダ用にチミチュリの一部をマヨネーズに混ぜることを提案しています。これは、赤または緑のチミチュリと関係があると思います。

チミチュリロホ (アルゼンチンのレッドソース)– Norman VanAkenによるNewWorldKitchenからの抜粋

½カップのスペインのシェリービネガーまたは赤ワインビネガー

大さじ1½のホットパプリカ*

カイエンペッパー小さじ2

挽きたての黒コショウ小さじ1

小さじ1杯のトーストして挽いたクミンシード

ローリエ1枚、半分に折れる

すべての材料を組み合わせてよく混ぜます。冷蔵、これは最大1ヶ月間保持されます。

*初めて作ったときは、ホットパプリカがなかったので、甘いパプリカ大さじ3/4とスペインのピメントン大さじ3/4を使いました。とても美味しかったので、元のレシピに戻ることはありませんでした。


北京レストランがレディーガガのミートドレスをメニューに追加-レシピ

彼女のバイオ写真にベーコンの口ひげを生やしている人のために、私はこれらのシンプル、グッド、そしておいしいページで肉についての貴重なことをほとんど書いていません。スカッシュ、アスパラガス、ニンニクの花茎、ルバーブ、ブルーベリー、リンゴ、トマト(ああ、甘いトマト)についての私の急降下とワックスの詩は、私が確かに弱い肉食動物であるとあなたに信じさせるかもしれません。季節ごとに食べることと、ここSimple、Good、Tastyで毎日賞賛されている無数の利点が、果物や野菜の消費を増やすという追加の特典をどのようにもたらしているかを示しています。ファーマーズマーケットで最も熟していて新鮮なものに注意を払うことは必然的に私の車輪を回し、それらの美しい食べ物を調理して食べる方法を見つけるように私を刺激します。

肉が美しくないということではありません。実際、誰もが私の後に繰り返します:肉は美しいです!あるいは、人道的に育てられれば、持続可能な方法で育てられることもあります。私はアルゼンチン人なので、おいしいステーキへの愛情が私のDNAに刻まれています。牧草で育てられた牛肉の味は、笑いに満ちた壮大な赤ワインに浸したバーベキューと、トングを振るう叔父と塩辛いグリル肉のそびえ立つ大皿のプルーストの思い出を引き起こします。私にとって、肉は快適な食べ物です。それは祝福的で、治癒的で、そして深く満足しています。最近息子のカエルが亡くなったとき、息子がすすり泣きながら抱きしめた後、思いもよらなかったので、夕食に作ろうと思っていたパスタの箱を片付け、店に行ってステーキを買ってグリルに投げました。 。ひざのけいれん反応は、家族に哺乳類を食べさせて両生類の死を悼むことだったと、後で自分自身に思いました。私はそれをアルゼンチン人であることの狂気にまでチョークで書くことができるだけです。

肉は私にとって非常に多くの異なるレベルで何かを意味するので:文化的、感情的、美味しく、私の肉が謎の肉ではないことが重要です。それがどこから来たのか、どのように育てられたのか、そしてどのように処理されたのかを知る必要があります。美味しくするだけでは十分ではありません。それはしなければならない なれ 良い。だから私は食べる量を減らすためにもっとお金を払っていますが、そうあるべきです。

今年の私の最も幸せな発見は、キングフィールドファーマーズマーケットにあるブラウチャーのサンシャインハーベストファームブースでした。ブラウチャーズは、化学物質を含まない100%牧草で飼育された牛肉と子羊、牧草で育てられた鶏肉と卵を育てています(スタートリビューンのリックネルソンと同様に、私は彼らの卵が大好きです)。率直に言って、私は夢中になっているので、毎週、私はブラウチャーにスカートステーキがあるかどうか尋ねます。 (レディーガガの肉のドレスの後で、スカートステーキという用語が同じになることは決してないことはわかっていますが、そうでない場合は、ぜひ試してみてください。)スカートステーキは横隔膜の筋肉で、長くて平らです。少しタフではありますが、非常に風味豊かなので、すばやくホットグリルをして穀物全体をスライスするのが最適です。ブラウチャーのスカートステーキは、風味がとてもおいしいのでマリネは必要ありませんが、チミチュリですか?チミチュリとタンゴをしたくない牛肉に出会ったことがないので、秘密のレシピを2つ紹介します。

1つ目は、伝統的な緑のチミチュリです。これは、ハーブ園で大切な生活を送るためにぶら下がっているパセリを使い切るのに適した方法です。フレッシュでピリッとした味わいで、草で育てられた牛肉の力強くクリーンな味わいにぴったりのハーブです。

2番目のレシピは赤いチミチュリです。これは、牛肉がメニューにあるかどうかに関係なく、ほとんどの場合、私の冷蔵庫で見つけることができます。燃えるような酢で、牛肉のコクを完璧にカットし、煙とチャーを引き出します。卵やスープにもつけています。そして、グリルドチーズサンドイッチを一度浸して、美味しさに気を失ったのかもしれません。多分。肉っぽい、卵のような、安っぽい、またはクリーミーなものなら、これがあなたのソースです。

Que lo disfruten con salud!楽しみ!

チミチュリヴェルデ (アルゼンチンのグリーンソース)-ノーマン・ヴァン・アケンによるニューワールドキッチンからの適応

1/2カップのミンチイタリアンパセリ(半分のコリアンダーを使用できます)

スペインのシェリービネガー大さじ2

カイエンペッパー小さじ1

挽きたての黒コショウ小さじ1

小さじ1杯のトーストして挽いたクミンシード

すべての材料を組み合わせてよく混ぜます。冷蔵、これは最大1ヶ月間保持されます。

Van Akenはまた、サンドイッチやサラダ用にチミチュリの一部をマヨネーズに混ぜることを提案しています。これは、赤または緑のチミチュリと関係があると思います。

チミチュリロホ (アルゼンチンのレッドソース)– Norman VanAkenによるNewWorldKitchenからの抜粋

½カップのスペインのシェリービネガーまたは赤ワインビネガー

ホットパプリカ大さじ1½*

カイエンペッパー小さじ2

挽きたての黒コショウ小さじ1

小さじ1杯のトーストして挽いたクミンシード

ローリエ1枚、半分に折れる

すべての材料を組み合わせてよく混ぜます。冷蔵、これは最大1ヶ月間保持されます。

*初めて作ったときは、ホットパプリカがなかったので、甘いパプリカ大さじ3/4とスペインのピメントン大さじ3/4を使いました。とても美味しかったので、元のレシピに戻ることはありませんでした。


北京レストランがレディーガガのミートドレスをメニューに追加-レシピ

彼女のバイオ写真にベーコンの口ひげを生やしている人のために、私はこれらのシンプル、グッド、そしておいしいページで肉についての貴重なことをほとんど書いていません。スカッシュ、アスパラガス、ニンニクの花茎、ルバーブ、ブルーベリー、リンゴ、トマト(ああ、甘いトマト)についての私の急降下とワックスの詩は、私が確かに弱い肉食動物であるとあなたに信じさせるかもしれません。季節ごとに食べることと、ここSimple、Good、Tastyで毎日賞賛されている無数の利点が、果物や野菜の消費を増やすという追加の特典をどのようにもたらしているかを示しています。ファーマーズマーケットで最も熟していて新鮮なものに注意を払うことは必然的に私の車輪を回し、それらの美しい食べ物を調理して食べる方法を見つけるように私を刺激します。

肉が美しくないということではありません。実際、誰もが私の後に繰り返します:肉は美しいです!あるいは、人道的に育てられれば、持続可能な方法で育てられることもあります。私はアルゼンチン人なので、おいしいステーキへの愛情が私のDNAに刻まれています。牧草で育てられた牛肉の味は、笑いに満ちた壮大な赤ワインに浸したバーベキューと、トングを振るう叔父と塩辛いグリル肉のそびえ立つ大皿のプルーストの思い出を引き起こします。私にとって、肉は快適な食べ物です。それは祝福的で、治癒的で、そして深く満足しています。最近息子のカエルが亡くなったとき、息子がすすり泣きながら抱きしめた後、思いもよらなかったので、夕食に作ろうと思っていたパスタの箱を片付け、店に行ってステーキを買ってグリルに投げました。 。ひざのけいれん反応は、家族に哺乳類を食べさせて両生類の死を悼むことだったと、後で自分自身に思いました。私はそれをアルゼンチン人であることの狂気にまでチョークで書くことができるだけです。

肉は私にとって非常に多くの異なるレベルで何かを意味するので:文化的、感情的、美味しく、私の肉が謎の肉ではないことが重要です。それがどこから来たのか、どのように育てられたのか、そしてどのように処理されたのかを知る必要があります。美味しくするだけでは十分ではありません。それはしなければならない なれ 良い。だから私は食べる量を減らすためにもっとお金を払っていますが、そうあるべきです。

今年の私の最も幸せな発見は、キングフィールドファーマーズマーケットにあるブラウチャーのサンシャインハーベストファームブースでした。ブラウチャーズは、化学物質を含まない100%牧草で飼育された牛肉と子羊、牧草で育てられた鶏肉と卵を育てています(スタートリビューンのリックネルソンと同様に、私は彼らの卵が大好きです)。率直に言って、私は夢中になっているので、毎週、私はブラウチャーにスカートステーキがあるかどうか尋ねます。 (レディーガガの肉のドレスの後で、スカートステーキという用語が同じになることは決してないことはわかっていますが、そうでない場合は、ぜひ試してみてください。)スカートステーキは横隔膜の筋肉で、長くて平らです。少しタフではありますが、非常に風味豊かなので、すばやくホットグリルをして穀物全体をスライスするのが最適です。ブラウチャーのスカートステーキは、風味がとてもおいしいのでマリネは必要ありませんが、チミチュリですか?チミチュリとタンゴをしたくない牛肉に出会ったことがないので、秘密のレシピを2つ紹介します。

1つ目は、伝統的な緑のチミチュリです。これは、ハーブ園で大切な生活を送るためにぶら下がっているパセリを使い切るのに適した方法です。フレッシュでピリッとした味わいで、草で育てられた牛肉の力強くクリーンな味わいにぴったりのハーブです。

2番目のレシピは赤いチミチュリです。これは、牛肉がメニューにあるかどうかに関係なく、ほとんどの場合、私の冷蔵庫で見つけることができます。燃えるような酢で、牛肉のコクを完璧にカットし、煙とチャーを引き出します。卵やスープにもつけています。そして、グリルドチーズサンドイッチを一度浸して、美味しさに気を失ったのかもしれません。多分。肉っぽい、卵のような、安っぽい、またはクリーミーなものなら、これがあなたのソースです。

Que lo disfruten con salud!楽しみ!

チミチュリヴェルデ (アルゼンチンのグリーンソース)-ノーマン・ヴァン・アケンによるニューワールドキッチンからの適応

1/2カップのミンチイタリアンパセリ(半分のコリアンダーを使用できます)

スペインのシェリービネガー大さじ2

カイエンペッパー小さじ1

挽きたての黒コショウ小さじ1

小さじ1杯のトーストして挽いたクミンシード

すべての材料を組み合わせてよく混ぜます。冷蔵、これは最大1ヶ月間保持されます。

Van Akenはまた、サンドイッチやサラダ用にチミチュリの一部をマヨネーズに混ぜることを提案しています。これは、赤または緑のチミチュリと関係があると思います。

チミチュリロホ (アルゼンチンのレッドソース)– Norman VanAkenによるNewWorldKitchenからの抜粋

½カップのスペインのシェリービネガーまたは赤ワインビネガー

ホットパプリカ大さじ1½*

カイエンペッパー小さじ2

挽きたての黒コショウ小さじ1

小さじ1杯のトーストして挽いたクミンシード

ローリエ1枚、半分に折れる

すべての材料を組み合わせてよく混ぜます。冷蔵、これは最大1ヶ月間保持されます。

*初めて作ったときは、ホットパプリカがなかったので、甘いパプリカ大さじ3/4とスペインのピメントン大さじ3/4を使いました。とても美味しかったので、元のレシピに戻ることはありませんでした。


北京レストランがレディーガガのミートドレスをメニューに追加-レシピ

彼女のバイオ写真にベーコンの口ひげを生やしている人のために、私はこれらのシンプル、グッド、そしておいしいページで肉についての貴重なことをほとんど書いていません。スカッシュ、アスパラガス、ニンニクの花茎、ルバーブ、ブルーベリー、リンゴ、トマト(ああ、甘いトマト)についての私の急降下とワックスの詩は、私が確かに弱い肉食動物であるとあなたに信じさせるかもしれません。季節ごとに食べることと、ここSimple、Good、Tastyで毎日賞賛されている無数の利点が、果物や野菜の消費を増やすという追加の特典をどのようにもたらしているかを示しています。ファーマーズマーケットで最も熟していて新鮮なものに注意を払うことは必然的に私の車輪を回し、それらの美しい食べ物を調理して食べる方法を見つけるように私を刺激します。

肉が美しくないということではありません。実際、誰もが私の後に繰り返します:肉は美しいです!あるいは、人道的に育てられれば、持続可能な方法で育てられることもあります。私はアルゼンチン人なので、おいしいステーキへの愛情が私のDNAに刻まれています。牧草で育てられた牛肉の味は、笑いに満ちた壮大な赤ワインに浸したバーベキューと、トングを振るう叔父と塩辛いグリル肉のそびえ立つ大皿のプルーストの思い出を引き起こします。私にとって、肉は快適な食べ物です。それは祝福的で、治癒的で、そして深く満足しています。最近息子のカエルが亡くなったとき、息子がすすり泣きながら抱きしめた後、思いもよらなかったので、夕食に作ろうと思っていたパスタの箱を片付け、店に行ってステーキを買ってグリルに投げました。 。ひざのけいれん反応は、家族に哺乳類を食べさせて両生類の死を悼むことだったと、後で自分自身に思いました。私はそれをアルゼンチン人であることの狂気にまでチョークで書くことができるだけです。

肉は私にとって非常に多くの異なるレベルで何かを意味するので:文化的、感情的、美味しく、私の肉が謎の肉ではないことが重要です。それがどこから来たのか、どのように育てられたのか、そしてどのように処理されたのかを知る必要があります。美味しくするだけでは十分ではありません。それはしなければならない なれ 良い。だから私は食べる量を減らすためにもっとお金を払っていますが、そうあるべきです。

今年の私の最も幸せな発見は、キングフィールドファーマーズマーケットにあるブラウチャーのサンシャインハーベストファームブースでした。ブラウチャーズは、化学物質を含まない100%牧草で飼育された牛肉と子羊、牧草で育てられた鶏肉と卵を育てています(スタートリビューンのリックネルソンと同様に、私は彼らの卵が大好きです)。率直に言って、私は夢中になっているので、毎週、私はブラウチャーにスカートステーキがあるかどうか尋ねます。 (レディーガガの肉のドレスの後で、スカートステーキという用語が同じになることは決してないことはわかっていますが、そうでない場合は、ぜひ試してみてください。)スカートステーキは横隔膜の筋肉で、長くて平らです。少しタフではありますが、非常に風味豊かなので、すばやくホットグリルをして穀物全体をスライスするのが最適です。ブラウチャーのスカートステーキは、風味がとてもおいしいのでマリネは必要ありませんが、チミチュリですか?チミチュリとタンゴをしたくない牛肉に出会ったことがないので、秘密のレシピを2つ紹介します。

1つ目は、伝統的な緑のチミチュリです。これは、ハーブ園で大切な生活を送るためにぶら下がっているパセリを使い切るのに適した方法です。フレッシュでピリッとした味わいで、草で育てられた牛肉の力強くクリーンな味わいにぴったりのハーブです。

2番目のレシピは赤いチミチュリです。これは、牛肉がメニューにあるかどうかに関係なく、ほとんどの場合、私の冷蔵庫で見つけることができます。燃えるような酢で、牛肉のコクを完璧にカットし、煙とチャーを引き出します。卵やスープにもつけています。そして、グリルドチーズサンドイッチを一度浸して、美味しさに気を失ったのかもしれません。多分。肉っぽい、卵のような、安っぽい、またはクリーミーなものなら、これがあなたのソースです。

Que lo disfruten con salud!楽しみ!

チミチュリヴェルデ (アルゼンチンのグリーンソース)-ノーマン・ヴァン・アケンによるニューワールドキッチンからの適応

1/2カップのミンチイタリアンパセリ(半分のコリアンダーを使用できます)

スペインのシェリービネガー大さじ2

カイエンペッパー小さじ1

挽きたての黒コショウ小さじ1

1 teaspoon toasted and ground cumin seeds

Combine all of the ingredients and mix well. Refrigerated, this will keep for up to 1 month.

Van Aken also suggests mixing some of the chimichurri into mayonnaise for sandwiches or salads. I think this would be a great thing to do with either the red or the green chimichurri.

Chimichurri Rojo (Argentine Red Sauce) – Adapted from New World Kitchen by Norman Van Aken

½ cup Spanish sherry vinegar or red wine vinegar

1 ½ tablespoons hot paprika*

2 teaspoons cayenne pepper

1 teaspoon freshly ground black pepper

1 teaspoon toasted and ground cumin seeds

1 bay leaf, broken in half

Combine all of the ingredients and mix well. Refrigerated, this keeps for up to 1 month.

*The first time I made this, I didn’t have hot paprika so I used ¾ tablespoon of sweet paprika and ¾ tablespoon of Spanish pimenton. It was so tasty, I never went back to the original recipe.


Beijing Restaurant Puts Lady Gaga’s Meat Dress on the Menu - Recipes

For someone with a bacon mustache in her bio picture, I realize I have written precious little about meat here in these Simple, Good, and Tasty pages. My swooning and waxing poetic about squash, asparagus, garlic scapes, rhubarb, blueberries, apples and tomatoes (oh, sweet tomatoes) may lead you to believe that I am a feeble carnivore indeed. It just goes to show how eating with the seasons, along with myriad benefits lauded every day here at Simple, Good, and Tasty, has the added perk of increasing one's consumption of fruits and vegetables. To pay attention to what is most ripe and fresh at the farmers market inevitably gets my wheels turning and inspires me to figure out ways to cook and eat those beautiful foods.

Which is not to say that meat isn’t beautiful. In fact, everyone repeat after me: MEAT IS BEAUTIFUL! Or it can be, if raised in a humane, sustainable way. I’m Argentine, so the love of a good steak is etched in my DNA. The taste of grass fed beef triggers Proustian memories of epic red wine soaked barbecues filled with laughter and uncles wielding tongs and towering platters of salty, grilled meat. To me, meat is comfort food. It is celebratory, curative, and deeply satiating. When my son’s frog died recently, I held him while he sobbed, and then, without thinking, I put away the box of pasta I had been planning on making for dinner and drove to the store to buy some great steaks to throw on the grill. How very odd, I thought to myself later, that my knee jerk reaction had been to mourn the death of an amphibian by feeding my family a mammal. I can only chalk it up to the madness of being Argentine.

Since meat means something to me on so many different levels: culturally, emotionally, deliciously, it is important that my meat not be mystery meat. I need to know where it came from, how it was raised, and how it was processed. It’s not enough for it to taste good. It has to なれ 良い。 And so I pay more to eat less, but that’s as it should be.

My happiest discovery this year has been the Braucher’s Sunshine Harvest Farm booth at the Kingfield Farmers Market. The Brauchers raise chemical free 100% grass fed beef and lamb and pasture raised chicken and eggs (I love their eggs, as does Rick Nelson of the Star Tribune). Every week I ask the Brauchers if they have any skirt steak, because, frankly, I’m obsessed. (I know the term skirt steak will never be the same after Lady Gaga’s dress of meat, but do yourself a favor and give one a try if you haven’t.) The skirt steak is the diaphragm muscle – long and flat. It is extremely flavorful, if slightly tough, so it does best with a quick hot grill and slicing across the grain. The Braucher’s skirt steak doesn’t need a marinade because the flavor is so beefilicious, but a chimichurri? Well, I never met a piece of beef that didn’t want to tango with a chimichurri, so I’m going to share two of my secret recipes with you.

The first is for a traditional green chimichurri – this would be a good way to use up that parsley that’s hanging on for dear life in your herb garden. It’s fresh and zingy and the herbiness is a perfect pairing for the strong clean taste of grass fed beef.

The second recipe is for a red chimichurri, which you can pretty much always count on finding in my fridge regardless of whether beef is on the menu or not. It is fiery and vinegary and perfectly cuts through the richness of beef, bringing out the smoke and the char. I also find myself putting it on eggs and in soups. And maybe I dipped a grilled cheese sandwich in it once and fainted from the deliciousness.多分。 For anything meaty, eggy, cheesy, or creamy, this is your sauce.

Que lo disfruten con salud!楽しみ!

Chimichurri Verde (Argentine Green Sauce) - Adapted from New World Kitchen by Norman Van Aken

½ cup minced Italian parsley (you can use half cilantro)

2 tablespoons Spanish sherry vinegar

1 teaspoon cayenne pepper

1 teaspoon freshly ground black pepper

1 teaspoon toasted and ground cumin seeds

Combine all of the ingredients and mix well. Refrigerated, this will keep for up to 1 month.

Van Aken also suggests mixing some of the chimichurri into mayonnaise for sandwiches or salads. I think this would be a great thing to do with either the red or the green chimichurri.

Chimichurri Rojo (Argentine Red Sauce) – Adapted from New World Kitchen by Norman Van Aken

½ cup Spanish sherry vinegar or red wine vinegar

1 ½ tablespoons hot paprika*

2 teaspoons cayenne pepper

1 teaspoon freshly ground black pepper

1 teaspoon toasted and ground cumin seeds

1 bay leaf, broken in half

Combine all of the ingredients and mix well. Refrigerated, this keeps for up to 1 month.

*The first time I made this, I didn’t have hot paprika so I used ¾ tablespoon of sweet paprika and ¾ tablespoon of Spanish pimenton. It was so tasty, I never went back to the original recipe.


Beijing Restaurant Puts Lady Gaga’s Meat Dress on the Menu - Recipes

For someone with a bacon mustache in her bio picture, I realize I have written precious little about meat here in these Simple, Good, and Tasty pages. My swooning and waxing poetic about squash, asparagus, garlic scapes, rhubarb, blueberries, apples and tomatoes (oh, sweet tomatoes) may lead you to believe that I am a feeble carnivore indeed. It just goes to show how eating with the seasons, along with myriad benefits lauded every day here at Simple, Good, and Tasty, has the added perk of increasing one's consumption of fruits and vegetables. To pay attention to what is most ripe and fresh at the farmers market inevitably gets my wheels turning and inspires me to figure out ways to cook and eat those beautiful foods.

Which is not to say that meat isn’t beautiful. In fact, everyone repeat after me: MEAT IS BEAUTIFUL! Or it can be, if raised in a humane, sustainable way. I’m Argentine, so the love of a good steak is etched in my DNA. The taste of grass fed beef triggers Proustian memories of epic red wine soaked barbecues filled with laughter and uncles wielding tongs and towering platters of salty, grilled meat. To me, meat is comfort food. It is celebratory, curative, and deeply satiating. When my son’s frog died recently, I held him while he sobbed, and then, without thinking, I put away the box of pasta I had been planning on making for dinner and drove to the store to buy some great steaks to throw on the grill. How very odd, I thought to myself later, that my knee jerk reaction had been to mourn the death of an amphibian by feeding my family a mammal. I can only chalk it up to the madness of being Argentine.

Since meat means something to me on so many different levels: culturally, emotionally, deliciously, it is important that my meat not be mystery meat. I need to know where it came from, how it was raised, and how it was processed. It’s not enough for it to taste good. It has to なれ 良い。 And so I pay more to eat less, but that’s as it should be.

My happiest discovery this year has been the Braucher’s Sunshine Harvest Farm booth at the Kingfield Farmers Market. The Brauchers raise chemical free 100% grass fed beef and lamb and pasture raised chicken and eggs (I love their eggs, as does Rick Nelson of the Star Tribune). Every week I ask the Brauchers if they have any skirt steak, because, frankly, I’m obsessed. (I know the term skirt steak will never be the same after Lady Gaga’s dress of meat, but do yourself a favor and give one a try if you haven’t.) The skirt steak is the diaphragm muscle – long and flat. It is extremely flavorful, if slightly tough, so it does best with a quick hot grill and slicing across the grain. The Braucher’s skirt steak doesn’t need a marinade because the flavor is so beefilicious, but a chimichurri? Well, I never met a piece of beef that didn’t want to tango with a chimichurri, so I’m going to share two of my secret recipes with you.

The first is for a traditional green chimichurri – this would be a good way to use up that parsley that’s hanging on for dear life in your herb garden. It’s fresh and zingy and the herbiness is a perfect pairing for the strong clean taste of grass fed beef.

The second recipe is for a red chimichurri, which you can pretty much always count on finding in my fridge regardless of whether beef is on the menu or not. It is fiery and vinegary and perfectly cuts through the richness of beef, bringing out the smoke and the char. I also find myself putting it on eggs and in soups. And maybe I dipped a grilled cheese sandwich in it once and fainted from the deliciousness.多分。 For anything meaty, eggy, cheesy, or creamy, this is your sauce.

Que lo disfruten con salud!楽しみ!

Chimichurri Verde (Argentine Green Sauce) - Adapted from New World Kitchen by Norman Van Aken

½ cup minced Italian parsley (you can use half cilantro)

2 tablespoons Spanish sherry vinegar

1 teaspoon cayenne pepper

1 teaspoon freshly ground black pepper

1 teaspoon toasted and ground cumin seeds

Combine all of the ingredients and mix well. Refrigerated, this will keep for up to 1 month.

Van Aken also suggests mixing some of the chimichurri into mayonnaise for sandwiches or salads. I think this would be a great thing to do with either the red or the green chimichurri.

Chimichurri Rojo (Argentine Red Sauce) – Adapted from New World Kitchen by Norman Van Aken

½ cup Spanish sherry vinegar or red wine vinegar

1 ½ tablespoons hot paprika*

2 teaspoons cayenne pepper

1 teaspoon freshly ground black pepper

1 teaspoon toasted and ground cumin seeds

1 bay leaf, broken in half

Combine all of the ingredients and mix well. Refrigerated, this keeps for up to 1 month.

*The first time I made this, I didn’t have hot paprika so I used ¾ tablespoon of sweet paprika and ¾ tablespoon of Spanish pimenton. It was so tasty, I never went back to the original recipe.


Beijing Restaurant Puts Lady Gaga’s Meat Dress on the Menu - Recipes

For someone with a bacon mustache in her bio picture, I realize I have written precious little about meat here in these Simple, Good, and Tasty pages. My swooning and waxing poetic about squash, asparagus, garlic scapes, rhubarb, blueberries, apples and tomatoes (oh, sweet tomatoes) may lead you to believe that I am a feeble carnivore indeed. It just goes to show how eating with the seasons, along with myriad benefits lauded every day here at Simple, Good, and Tasty, has the added perk of increasing one's consumption of fruits and vegetables. To pay attention to what is most ripe and fresh at the farmers market inevitably gets my wheels turning and inspires me to figure out ways to cook and eat those beautiful foods.

Which is not to say that meat isn’t beautiful. In fact, everyone repeat after me: MEAT IS BEAUTIFUL! Or it can be, if raised in a humane, sustainable way. I’m Argentine, so the love of a good steak is etched in my DNA. The taste of grass fed beef triggers Proustian memories of epic red wine soaked barbecues filled with laughter and uncles wielding tongs and towering platters of salty, grilled meat. To me, meat is comfort food. It is celebratory, curative, and deeply satiating. When my son’s frog died recently, I held him while he sobbed, and then, without thinking, I put away the box of pasta I had been planning on making for dinner and drove to the store to buy some great steaks to throw on the grill. How very odd, I thought to myself later, that my knee jerk reaction had been to mourn the death of an amphibian by feeding my family a mammal. I can only chalk it up to the madness of being Argentine.

Since meat means something to me on so many different levels: culturally, emotionally, deliciously, it is important that my meat not be mystery meat. I need to know where it came from, how it was raised, and how it was processed. It’s not enough for it to taste good. It has to なれ 良い。 And so I pay more to eat less, but that’s as it should be.

My happiest discovery this year has been the Braucher’s Sunshine Harvest Farm booth at the Kingfield Farmers Market. The Brauchers raise chemical free 100% grass fed beef and lamb and pasture raised chicken and eggs (I love their eggs, as does Rick Nelson of the Star Tribune). Every week I ask the Brauchers if they have any skirt steak, because, frankly, I’m obsessed. (I know the term skirt steak will never be the same after Lady Gaga’s dress of meat, but do yourself a favor and give one a try if you haven’t.) The skirt steak is the diaphragm muscle – long and flat. It is extremely flavorful, if slightly tough, so it does best with a quick hot grill and slicing across the grain. The Braucher’s skirt steak doesn’t need a marinade because the flavor is so beefilicious, but a chimichurri? Well, I never met a piece of beef that didn’t want to tango with a chimichurri, so I’m going to share two of my secret recipes with you.

The first is for a traditional green chimichurri – this would be a good way to use up that parsley that’s hanging on for dear life in your herb garden. It’s fresh and zingy and the herbiness is a perfect pairing for the strong clean taste of grass fed beef.

The second recipe is for a red chimichurri, which you can pretty much always count on finding in my fridge regardless of whether beef is on the menu or not. It is fiery and vinegary and perfectly cuts through the richness of beef, bringing out the smoke and the char. I also find myself putting it on eggs and in soups. And maybe I dipped a grilled cheese sandwich in it once and fainted from the deliciousness.多分。 For anything meaty, eggy, cheesy, or creamy, this is your sauce.

Que lo disfruten con salud!楽しみ!

Chimichurri Verde (Argentine Green Sauce) - Adapted from New World Kitchen by Norman Van Aken

½ cup minced Italian parsley (you can use half cilantro)

2 tablespoons Spanish sherry vinegar

1 teaspoon cayenne pepper

1 teaspoon freshly ground black pepper

1 teaspoon toasted and ground cumin seeds

Combine all of the ingredients and mix well. Refrigerated, this will keep for up to 1 month.

Van Aken also suggests mixing some of the chimichurri into mayonnaise for sandwiches or salads. I think this would be a great thing to do with either the red or the green chimichurri.

Chimichurri Rojo (Argentine Red Sauce) – Adapted from New World Kitchen by Norman Van Aken

½ cup Spanish sherry vinegar or red wine vinegar

1 ½ tablespoons hot paprika*

2 teaspoons cayenne pepper

1 teaspoon freshly ground black pepper

1 teaspoon toasted and ground cumin seeds

1 bay leaf, broken in half

Combine all of the ingredients and mix well. Refrigerated, this keeps for up to 1 month.

*The first time I made this, I didn’t have hot paprika so I used ¾ tablespoon of sweet paprika and ¾ tablespoon of Spanish pimenton. It was so tasty, I never went back to the original recipe.


Beijing Restaurant Puts Lady Gaga’s Meat Dress on the Menu - Recipes

For someone with a bacon mustache in her bio picture, I realize I have written precious little about meat here in these Simple, Good, and Tasty pages. My swooning and waxing poetic about squash, asparagus, garlic scapes, rhubarb, blueberries, apples and tomatoes (oh, sweet tomatoes) may lead you to believe that I am a feeble carnivore indeed. It just goes to show how eating with the seasons, along with myriad benefits lauded every day here at Simple, Good, and Tasty, has the added perk of increasing one's consumption of fruits and vegetables. To pay attention to what is most ripe and fresh at the farmers market inevitably gets my wheels turning and inspires me to figure out ways to cook and eat those beautiful foods.

Which is not to say that meat isn’t beautiful. In fact, everyone repeat after me: MEAT IS BEAUTIFUL! Or it can be, if raised in a humane, sustainable way. I’m Argentine, so the love of a good steak is etched in my DNA. The taste of grass fed beef triggers Proustian memories of epic red wine soaked barbecues filled with laughter and uncles wielding tongs and towering platters of salty, grilled meat. To me, meat is comfort food. It is celebratory, curative, and deeply satiating. When my son’s frog died recently, I held him while he sobbed, and then, without thinking, I put away the box of pasta I had been planning on making for dinner and drove to the store to buy some great steaks to throw on the grill. How very odd, I thought to myself later, that my knee jerk reaction had been to mourn the death of an amphibian by feeding my family a mammal. I can only chalk it up to the madness of being Argentine.

Since meat means something to me on so many different levels: culturally, emotionally, deliciously, it is important that my meat not be mystery meat. I need to know where it came from, how it was raised, and how it was processed. It’s not enough for it to taste good. It has to なれ 良い。 And so I pay more to eat less, but that’s as it should be.

My happiest discovery this year has been the Braucher’s Sunshine Harvest Farm booth at the Kingfield Farmers Market. The Brauchers raise chemical free 100% grass fed beef and lamb and pasture raised chicken and eggs (I love their eggs, as does Rick Nelson of the Star Tribune). Every week I ask the Brauchers if they have any skirt steak, because, frankly, I’m obsessed. (I know the term skirt steak will never be the same after Lady Gaga’s dress of meat, but do yourself a favor and give one a try if you haven’t.) The skirt steak is the diaphragm muscle – long and flat. It is extremely flavorful, if slightly tough, so it does best with a quick hot grill and slicing across the grain. The Braucher’s skirt steak doesn’t need a marinade because the flavor is so beefilicious, but a chimichurri? Well, I never met a piece of beef that didn’t want to tango with a chimichurri, so I’m going to share two of my secret recipes with you.

The first is for a traditional green chimichurri – this would be a good way to use up that parsley that’s hanging on for dear life in your herb garden. It’s fresh and zingy and the herbiness is a perfect pairing for the strong clean taste of grass fed beef.

The second recipe is for a red chimichurri, which you can pretty much always count on finding in my fridge regardless of whether beef is on the menu or not. It is fiery and vinegary and perfectly cuts through the richness of beef, bringing out the smoke and the char. I also find myself putting it on eggs and in soups. And maybe I dipped a grilled cheese sandwich in it once and fainted from the deliciousness.多分。 For anything meaty, eggy, cheesy, or creamy, this is your sauce.

Que lo disfruten con salud!楽しみ!

Chimichurri Verde (Argentine Green Sauce) - Adapted from New World Kitchen by Norman Van Aken

½ cup minced Italian parsley (you can use half cilantro)

2 tablespoons Spanish sherry vinegar

1 teaspoon cayenne pepper

1 teaspoon freshly ground black pepper

1 teaspoon toasted and ground cumin seeds

Combine all of the ingredients and mix well. Refrigerated, this will keep for up to 1 month.

Van Aken also suggests mixing some of the chimichurri into mayonnaise for sandwiches or salads. I think this would be a great thing to do with either the red or the green chimichurri.

Chimichurri Rojo (Argentine Red Sauce) – Adapted from New World Kitchen by Norman Van Aken

½ cup Spanish sherry vinegar or red wine vinegar

1 ½ tablespoons hot paprika*

2 teaspoons cayenne pepper

1 teaspoon freshly ground black pepper

1 teaspoon toasted and ground cumin seeds

1 bay leaf, broken in half

Combine all of the ingredients and mix well. Refrigerated, this keeps for up to 1 month.

*The first time I made this, I didn’t have hot paprika so I used ¾ tablespoon of sweet paprika and ¾ tablespoon of Spanish pimenton. It was so tasty, I never went back to the original recipe.


ビデオを見る: SMAPSMAP レディーガガ 12月12日 (12月 2022).