新しいレシピ

ホンジュラスのピコボニートのロッジでの滞在

ホンジュラスのピコボニートのロッジでの滞在


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

最近のホンジュラスへの旅行で、3つの非常に重要なことを学びました。

まず、シロアリは黒コショウのような味がします。これは、ジャングルでよく見かける巨大なシロアリの巣の1つに指を刺した後に私が見つけた驚くべき発見です。私が学んだ2番目の有用な情報は、カメラでジャガーを捕まえたい場合は、カルバン・クラインの「強迫観念」でぼろきれを浸すことです。香りが足りないようです。

そして最後に、あなたが聞くすべての旅行警告を常に信じることはできません。米国国務省は最近、ホンジュラスについて安全上の警告を発し、犯罪と暴力は国全体で深刻な問題であると主張しました。さらに、私が飛んでいた都市は、世界で最も暴力的な都市としてランク付けされていると彼らは言いました。

私が言えるのは「ホグウォッシュ」だけです。私は、これまで以上に安全だと感じたり、親切で優しい人に会ったり、これほど平和な旅をしたことはありません。実際、私が滞在したピコボニートのロッジを、北部の気候にある5つ星の物件と比較しました。ジャングルの真ん中にあり、幹線道路から約2マイルのところにあり、唯一の「脅威」は、サンショクキムネオオハシの巣を見ることに夢中になっている、またはハチクイモドキの尾の振り子の揺れに夢中になっていることです。誤って木にぶつかった。

同じ名前の国立公園に隣接するピコボニートは、2人の米国の起業家によって始められました。ナショナルジオグラフィックによって、世界のトップエコロッジの1つとして選ばれ、世界のスモールラグジュアリーホテルに属しています。スポーツイラストレイテッドは、水着の問題の1つを無料で撮影しなかったとだけ言っておきましょう。

ピコボニートのロッジ

ゼネラルマネージャーのガブリエルカンボンはフランス人で、シャンゼリゼ通りのフーケの元シェフです。ピコボニートに入る前は、パルミラワンアンドオンリーで飲食を監督していました。言い換えれば、ここの食べ物は壮観です。何度も自分をつまむ必要がありました。これは夢ですか、それとも私は本当にこの熱帯雨林の真ん中にいて、コーヒーとチリのテンダーロインのメダリオンを食べながら、鳥やアカメアマガエルにセレナーデされていますか?ラタトゥイユとサヤインゲンのソテーを添えた子羊のあばら肉のパンローストが、オセロット、アグーチ、ホエザルの軍隊のすぐそばで提供されるメニューにあるというのは本当ですか?

ホンジュラスのカリブ海沿岸の水泳とシュノーケリングの距離内にあるこの人里離れたロッジには、食べ物だけでも訪れる価値がありますが、22のキャビンが常に予約されている最大の魅力は、母なる自然そのものです。ニュージャージーからの難民であるヘッドナチュラリストのジェームズアダムスは、13年前にホンジュラスを初めて訪れたときと同じように、写真を撮る鳥、捕まえたヘビ、観察した蝶に興奮しています。

彼の熱意は伝染します。 「ホンジュラスにはコスタリカが持っているすべてのものがあります。実際にはそれ以上です。しかし、観光業のマーケティング予算は事実上存在しません」と彼は言います。

もちろん、彼は養子縁組国を宣伝するために自分の役割を果たしています。彼は定期的にオーデュボンや北米の他のバードウォッチンググループと話します。彼は、ピコボニートの蝶園(青いモルフォを含む40種以上の熱帯蝶を繁殖させる)、その蛇紋岩、およびイグアナの家の建設を推進しました。私がそこにいたとき、彼と彼のバイリンガルガイドの乗組員が最近掘ったカエルの池で交尾するようになったアカメアマガエルに興奮していました。

ピコボニートのロッジ

また、ロッジには、100フィートの峡谷を通って滝や自然の水泳場まで曲がりくねった何マイルものプライベートトレイル、ジャングルの林冠を見下ろす4階建ての展望台のトリオ、保護されたマングローブでの急流下りやサファリなどの冒険もあります。

ラセイバからわずか15分の場所にあるロッジアットピコボニートには22のキャビンがあり、すべて約400平方フィートにプライベートデッキ、ハンモック、天井ファン、無料Wi-Fi、天然木とアーチ型の天井があります。

詳細については、ロッジアットピコボニートにお問い合わせください。


ザロッジアットピコボニート


ザロッジアットピコボニート

1人または2人用のキャビンあたりの宿泊料金:

キャビン料金は1名様と2名様でのご利用に基づいており、2名様分の朝食、ロッジのバタフライファームと蛇紋岩のツアー、ループトレイルへのアクセスが含まれています。

キャビンを共有する場合、11歳以下の子供は無料です。

*価格には税金(19%)とチップ(10%)は含まれていません。最大収容人数制限の対象となるキャビン。
*料金は米ドルで表示されており、1泊1名または2名での宿泊に基づいています。
*ホリデーシーズンには最低滞在要件があります。

ホンジュラスで唯一の豪華なエコロッジでおくつろぎください。熱帯雨林の静かな美しさとブティックホテルの豊かな快適さが出会う場所です。

ナショナルジオグラフィックによって世界のトップ50エコロッジの1つとしてランク付けされているロッジアットピコボニートは、素朴なエレガンスの縮図です。手入れの行き届いたジャングルに囲まれたこの場所は、快適さを犠牲にすることなく自然に親しむことができるユニークで美しい場所です。

栄光ある孤立感
緑豊かな熱帯雨林に囲まれた22の高級キャビンの1つに落ち着きます。籐の家具やフローリングからポーチの魅力的なハンモックまで、これらの宿泊施設は驚くほど豪華です。しかし、どこか遠く離れた特別な場所にいるという輝かしい気持ちは、ケーブルテレビやワイヤレスインターネットによって損なわれることはありません。ここではどちらも見つかりません。

ぬいぐるみの四柱式ベッドに沈んで、サル、セミ、熱帯の鳥の鳴き声を聞きながらくつろぎましょう。プライベートベランダに足を踏み入れ、地元のホンジュラスのオーガニックコーヒーを飲みながら自然の美しさを満喫してください。

手付かずの熱帯雨林に囲まれています
ロッジアットピコボニートは、周辺の国立公園を探索するのに最も壮観な場所の1つです。とどろく川や見事な滝を通り過ぎていく何マイルもの曲がりくねった小道をたどってください。クモザル、バク、ジャガーなど、420種以上の鳥や野生生物に注意してください。

プールでさわやかなひとときを過ごした後は、熟練したシェフが新鮮なシーフードや地元産のハーブや野菜を使った料理を作るItzamaレストランでメソアメリカ料理をお楽しみください。

この素晴らしい物件の詳細については、こちらをご覧ください お問い合わせ 無料の旅行相談のために。


&iexclBienvenido a tuエスケープパーフェクト!

Ubicado a los pies del Parque Nacional Pico Bonito、The Lodge and Spa at Pico Bonito combina a la perfecci&oacuten la naturaleza y la comodidad delujo。 El hotel ecol&oacutegico de lujo ubicado en la costa caribe&ntildea de Honduras cerca de La Ceiba es miembro de Small Luxury Hotels of theWorldTM。 El Lodge ofrece la aventura del aire libre、la belleza de la selva Tropical y el servicio personalizado y el lujo de un hotelboutique。 Ubicado en la costa caribe&ntildea de Honduras、aproximadamente a 15 minutos del Aeropuerto Internacional La Ceiba、The Lodge se encuentra al pie de las magn&iacuteficas laderas cubiertas de bosques lluviosos del Parque Nacional PicoBonito。


ピコボニートのロッジは閉店していますか?

ロッジアットピコボニートのダイニングルーム

答えは断固としてノーです!ロッジアットピコボニートは営業しており、閉鎖する予定はありません。では、ロッジアットピコボニートの閉鎖についてのこの噂はどこから来たのでしょうか?管理レベルでいくつかの管理上の変更がありましたが。これは、ホンジュラスのパートナーが米国の投資家を買収したためです。このロッジは当初、ピコボニート国立公園を保護することを目的としたパートナーシップの下に置かれるようになりました。パートナーは、観光を目標を達成するためのツールとして最適であると考えました。そして確かに、ロッジアットピコボニートはホンジュラスの最高のエコロッジとしてすぐに称賛を獲得しました。すぐにホンジュラスで急成長しているバードウォッチング観光産業の中心地になりました。[themify_hrborder_width =&#82211&#8243 width =&#82211&#8243 color =&#8221light-gray&#8221]

山火事のように広まったもう一つの噂は、ホンジュラスの大統領、フアン・オルランド・エルナンデスが外国人投資家を買収したというものです。この噂は、ヘルナンデス大統領が最近ロッジを訪れ、ホンジュラスの所有者と会ったという事実から来ています。事実、いいえ、大統領はロッジに投資していませんでした。ホンジュラスのパートナーは、最初に不動産に投資したパートナーとまったく同じです。新しいマネージャーのホセ・エンリケ・グラウナードは最近、現在のスタッフに会うためにピコ・ボニートのロッジに私たちを招待しました。

グラウグナード氏自身は、ほぼ20年前に開業して以来、ロッジの幹部を務めています。それで、事実上、私はすでに彼と彼のスタッフのほとんどを知っていました。ロッジを所有するホンジュラスのビジネスグループは、観光に取り組んでいます。彼らは、テラのテラマーリゾートやテグシガルパのホテルホンジュラスマヤなど、他の施設を所有しています。

ピコボニートのロッジでのこれらの変更はより良いものですか?

ロッジアットピコボニート内の手入れの行き届いたトレイル

ほんの数時間だったとしても、ロッジに戻るのは素晴らしかったです。確かに、ロッジアットピコボニートの閉鎖が差し迫っているように見えました。いつものように、物件はオープンで見栄えが良いと報告できます。スタッフはフレンドリーで、何か変化があればもっといいと言わざるを得ません!一つには、ロッジはホンジュラス人とホンジュラスに住む合法的な外国人居住者のために優れたパッケージを提供してきました。これは、ホンジュラスに住む外国人の場合、ロッジを訪れて、スパなどを最大限に体験する余裕があることを意味します。 Lodge at Pico BonitoのWebページとFacebookページを監視して、ローシーズンのプロモーションに合わせておくことをお勧めします。[themify_hrborder_width =&#82211&#8243 width =&#82211&#8243 color =& #8221ライトグレー&#8221]

/>ロッジアットピコボニートで毎週目撃されるホワイトボード

鳥、爬虫類、哺乳類などの野生生物はまだここにいます。彼らはどこにも行かず、いつものようにここで保護されています。ロビーの小さなホワイトボードには、近くで目撃されたさまざまな動物の手書きのメモがあります。これには、ピコボニート国立公園だけでなく、近くのクエロイサラド野生生物保護区の人々も含まれます。ロビーの向こう側には、コパンを表す小さな彫刻もあります。これは事実上、ホンジュラスの革新的な観光関連ビジネスに与えられる最高の評価であるコパン賞です。ロッジアットピコボニートは、ホンジュラスの観光業界のユニークなロッジであり、リーダーであり続けています。近い将来、ロッジアットピコボニートがいつでもドアを閉める予定がないことは確かに慰めです!


あなたが滞在しなければならないホンジュラスのトップ10ロッジ!

それに直面しよう。ホンジュラスは人里離れた場所にあります。ほとんどの旅行者は、ホンジュラスは旅行に安全ではないと感じているため、それを避けています。訪問する人は、それが世界の他のどこよりも安全であることに気づきます。しかし、彼らはまた、それが美しく、手付かずで、そして何よりも、観光客に圧倒されていないことを発見しました。したがって、ホンジュラスを訪れることにした場合は、ホンジュラスで滞在しなければならないロッジのトップ10を見つける必要があります。これは必ずしも簡単ではないため、ホンジュラスのロッジのリストをまとめました。見逃してはなりません。全国を旅しながら。

これらのロッジを選択するための私たちの基準は簡単です。小さく、真の「場所感覚」を持ち、オーナーやマネージャーに甘やかされる物件を探しています。目的地ごとに1つだけを選択していますが、それは、同じ目的地のホンジュラスに、私たちの基準を満たし、優れたオプションである他のロッジがないことを意味するものではありません。

コパン・ルイナス

コパンルイナスのハシエンダサンルーカスは、ホンジュラスのユニークな小さなホテルの1つです。

ハシエンダサンルーカス ホンジュラスのトップ10ロッジの1つです。ここで間違いはありません!本物の、しかし静かな雰囲気の質素な部屋。広大な庭園でリラックスし、コパン渓谷の景色をお楽しみください。目の前のジャングルに隠されているのは、壮大なコパン考古学公園です!近くの木で休みたいと思う野生のコンゴウインコから予期せぬ訪問を受けるかもしれないことに注意してください!食べ物はこの世のものではありません。何よりも、それは多くの伝統的な料理がまだ地元のマヤの人々の主な定番であることが含まれています。これは、1世紀以上同じ家族に属しているプロパティです。ホセ・アダンと彼の妻、ノーマはあなたのホストであり、彼らはあなたがくつろげるように邪魔をしません。[themify_hr color =&#8221light-gray&#8221 width =&#82211&#8243 border_width =&#82211&# 8243]

グラシアス

グラシアスのホテルGuancascos

グラシアスはホンジュラスで人気の目的地になりました。歴史のある魅力的な植民地時代の町です。ホンジュラスの田舎の生活を垣間見るのに最適な場所です。また、人気のある温泉を訪れたり、ホンジュラスで最も高い場所であるセラケの頂上までハイキングしたりすることもできます。グラシアスでドアを開けた最初のロッジの1つは ホテルグアンカスコス。これはホンジュラスの私のトップ10ロッジの1つです!派手ではありませんが、気持ちいいです。町の隣の山側、ほぼダウンタウンとサンクリストバル砦の間にあります。カフェ–レストランでは、山で育ったコーヒーや冷たいビールを楽しみながら、町の最高の景色を眺めることができます。何よりも、オランダのオーナーであるフロニーは地元の素晴らしい情報源です。彼女は通常オンプレミスで素晴らしいホストです![themify_hrcolor =&#8221light-gray&#8221 width =&#82211&#8243 border_width =&#82211&#8243]

カングレハル川

La Villa de Soledad B&ampBの敷地

ラセイバのすぐ南には、カングレハル川があります。それは多くの活動を提供する素晴らしい目的地です。これはホンジュラスの冒険と自然の中心地です。この地域にはいくつかの代替ロッジがありますが、私のお気に入りは間違いなくLa Villa deSoledadです。このスペイン風のハシエンダには、ピコボニート国立公園を見下ろす4つの個室があります。ハンモックは館内全域に寛大に設置されており、ジャングルでのハイキングやカングレハル川でのラフティングの後にリラックスするのに理想的です。自然の中でリラックスするためにホンジュラスでユニークなロッジを探しているなら、これはおそらくあなたの最善の策です!ちなみに、最新のロンリープラネットホンジュラスガイドには ラヴィラデソレダッドホンジュラスに滞在するのに最高の場所の1つとして!ホンジュラスでトップ10のロッジの1つを探していて、ジャングル体験を探しているなら、La Villa de Soledadがぴったりです!

ラカンパ

ホテルカミノレンカラカンパ

ホンジュラス西部の高地にあるこの小さな田舎の村は、中央アメリカで最も美しい村の1つです。コミュニティは素朴な粘土セラミックを生産し、女性はカラフルなドレスを着ています。古い植民地時代の教会は、そのすぐ後ろにある巨大な崖と明るく対照的で、シュールな環境を作り出しています。ここでは、ホンジュラス、おそらく中央アメリカで最も極端なジップラインも見つけることができます。最近まで、この地域に滞在するホテルはなく、グラシアスに一晩滞在しなければなりませんでした。しかし、新しい カミノレンカ ラカンパホテルはそのすべてを変えました。下の峡谷の景色を望むユニークな環境で、マルチレベルのスイミングプールと快適な客室があり、ホンジュラスでトップ10のロッジの1つです。田舎のホンジュラスを体験する場所を探しているなら、これは絶対に必要です![themify_hr color =&#8221light-gray&#8221 width =&#82211&#8243 border_width =&#82211&#8243]

ウティラ

ジェイドシーホース/ナイトランドキャビンの敷地は夢の実現です!

NS ナイトランドキャビン 翡翠のシーホースであなたを感動させる御馳走です。このユニークなロッジはビーチではなく、ベイ諸島のウティラの町の中にあります。これはホンジュラスで最も折衷的で独創的で芸術的なロッジでなければなりません!各部屋は異なり、独自の魅力とテーマがあります。客室は曲がりくねった小道のある素敵なトロピカルガーデン内にあります。このプロパティはユニークで楽しいです。部屋の中と庭の両方で細部を発見するのに何時間も費やすことができます。 Treetanic Barは、とても楽しいツリーハウスバーです。これはホンジュラスで滞在しなければならないトップ10のロッジの1つです![themify_hrcolor =&#8221light-gray&#8221 width =&#82211&#8243 border_width =&#82211&#8243]

ロアタン

イバガリの部屋

ビーチにある小さな親密なロッジ。 いばがり あなたが恋に落ちるブティックプロパティです。技術的にはウェストベイにありますが、有名なウェストベイビーチではなく、近くのイクスバランクホテルと共有する小さな入り江にあります。これにより、リラックスするのに最適なプライベートビーチが確保されます。客室はすべて個別に指定されており、プール、バー、レストランなどの共用エリアは壮観です。非の打ちどころのないサービスを提供する高級ビーチロッジが必要な場合は、ここを検討してください。ホンジュラスで訪れるべきロッジトップ10の1つであるイバガリでビーチと静けさをお楽しみください![themify_hrcolor =&#8221light-gray&#8221 width =&#82211&#8243 border_width =&#82211&#8243]

キャンプベイロッジ

はい、目的地ごとに1つのロッジのみを選択すると言いましたが、これはロアタンで2番目のロッジです。真実は、イーストエンドはロアタンのウエストエンドとは非常に異なっているので、私はそれらを異なる目的地と考えています。 キャンプベイロッジ ロアタンの最東端にあります。美しい白い砂浜にあり、モラット、バルバレッタ、グアナハの姉妹島の景色を眺めることができます。キャンプベイロッジはビーチにあり、のどかなビーチでの休暇に最適な環境を提供しています。施設には、ヨガポーチ、快適な客室、フルサービスのレストランがあります。敷地内でのアクティビティには、シュノーケル、ダイビング、​​カイトボーディングなどがあります。人ごみから離れた親密なビーチロッジをお探しの場合は、キャンプベイロッジがすぐそばにあります![themify_hrcolor =&#8221light-gray&#8221 width =&#82211&#8243 border_width =&#82211&#8243]

ラセイバ

ザロッジアットピコボニートのレストランポーチからのリラックスした景色

NS ピコボニートのロッジ ホンジュラスで最も有名なエコロッジの1つです。それは約20年前から存在しており、当然のことながら大きな評判を得ています。素晴らしい客室と快適な公共エリアに加えて、ロッジはピコボニート国立公園への素晴らしいトレイルを提供しています。展望台はバードウォッチングに最適です。ロッジアットピコボニートでは、施設内だけでなく、クエロイサラドなどの他の保護地域へのガイド付きツアーを提供しています。これはホンジュラス内の世界のスモールラグジュアリーホテルの唯一のメンバーであり、財産の宝石です。ホンジュラスのトップ10ロッジの1つであるこの素敵なロッジに滞在することを強くお勧めします![themify_hrcolor =&#8221light-gray&#8221 width =&#82211&#8243 border_width =&#82211&#8243]

ヨホア湖

ヨホア湖のD&ampDBreweryLodgeの広々とした客室

NS D&ampD醸造所ロッジ エルナランホでは、ヨホア湖はあなたが訪問しなければならないそれらの場所の1つです。目的地になり、ヨホア湖とその周辺でおそらく最も人気のあるロッジになりました。最初は、それは削除され、すべてから遠く離れているように見えるかもしれませんが、あなたはいくつかの世界クラスのアトラクションの徒歩圏内にあります。ここからコーヒー農園、カヤック、バードウォッチングを楽しめます。さらに、経営陣は、PANACAM国立公園を含む近くのアトラクションへのさまざまなツアーを提供しています。プロパティは、いくつかの小さなキャビンで最も素敵な、さまざまな部屋を備えています。ここで提供される素晴らしい料理、そして何よりも、そこで作られて醸造されたビールを利用して楽しんでください! D&ampD Breweryロッジでの全体的な経験により、ホンジュラスでトップ10のロッジの1つになっています。[themify_hrcolor =&#8221light-gray&#8221 width =&#82211&#8243 border_width =&#82211&#8243]

サンペドロスラ

アートはホテルカサデルアルボルガレリアスデルヴァッレのいたるところにあります。

サンペドロスラはホンジュラスへの最も重要な玄関口です。この都市の空港は、ホンジュラスの首都であるにもかかわらず、テグシガルパの空港よりも交通量が多いです!サンペドロスラは、訪問者にとって混沌としている可能性のあるにぎやかな大都市です。それでも、ヨホア湖、オモア、テラ、さらにはコパンルイナスなど、近くのさまざまな目的地を発見するのに最適な拠点です。そのため、多くの旅行者は、市内で夜を過ごすホテルを見つける必要があります。町で最も魅力的なホテルは、町の住宅街にある小さなロッジです。私はについて話している ホテルカサデルアルボル、自宅にいるように感じ、通常は敷地内にいるオーナーであるドリタとドナルドに甘やかされています。細部へのこだわりと卓越したサービスにより、カサデルアルボルはホンジュラスで滞在すべきロッジのトップ10の1つです。[themify_hrcolor =&#8221light-gray&#8221 width =&#82211&#8243 border_width =&#82211& #8243]


バー&グリル

家族、パートナー、または一人でリラックスした休暇を過ごしたい場合は、料理をする必要はありません。リオビスタバーアンドグリルに来て、あなたが望むように私たちはあなたのために素晴らしい料理を準備します。グリル料理とベジタリアン料理のほか、ティピコホンジュラス料理。谷で最高のハンバーガーとピザ、素晴らしいUSDAステーキ、チキン、魚、エビ、ポークチョップなどをお楽しみください。フルーツジュースやソフトドリンクがお好きな方には、豊富な品揃えをご用意しております。世界的に有名なカクテルと国産および輸入ビール。忙しい一日の後にリラックスし、インフィニティプールで泳ぎ、お好みのドリンクをお楽しみください。

私たちのツアー

ホンジュラスのピコボニートのロッジでの滞在-レシピ

互換性(レイアウト、メディア配置、オーディオ)のために、当社のデジタルトリップリストは Safari、Chrome、またはFirefox.

ツアーの説明、旅程、過去の旅行リスト、日程、料金などについては、ツアーページをご覧ください。

1ページのメディアのみを含む印刷可能なPDF形式のこのトリップリストを参照してください。


ピコボニートのロッジの素敵な敷地。 (ガイドジョンクーンズによる写真)

私たちは皆、ホンジュラスのロッジアットピコボニートで素晴らしい新年を過ごしました。クエロ・イ・サラド河口での電車やボートでの旅行から始めて、滞在中はさまざまな生息地をカバーしました。狭軌鉄道で出発するのを待っていると、ムナフムクドリ、ワライハヤブサ、マングローブカッコウ、そして最初のアオマユハチクイモドキが見られました。ボートトリップでは、ヒロハシサギ、鮮やかな色のハイクビモリクイ、一握りのカワセミ、高騰するハイガシラトビ、マントホエザルの群れを詳しく調べました。彼らは発声し始めました。ロッジに戻ると、タワーからメキシコルリカザリの素晴らしい景色を眺めることができました。夕食時の大晦日のお祝いには、地元のガリフナの伝統舞踊家たちに楽しまれました。

2013年元日は、午前中にロッジの敷地と隣接するトレイルをバードウォッチングしているのを発見しました。カギハシタイランチョウは、森に入る前に私たちを楽しませてくれました。いくつかの混群の群れが私たちを忙しくさせた後、私たちは森の真上に見えるようになったミドリヒロハチクイモドキに焦点を合わせました。また、トレイルに沿ってTody Motmotを見つけてから、素晴らしいランチに戻りました。その日の午後、私たちは新しい場所をチェックすることにしました。そこでは、驚くほど多くの鳥が訪れるハチドリの餌箱がたくさん見つかりました。 100種以上のハチドリのうち、オビオヒゲハチドリ、セイガイハチドリ、および多くの大型ムラサキケンバネハチドリを含む10種を集計しました。ハマーの超カフェイン作用に追いつくのは大変でした。栗色のキツツキとキヌバネドリがここで興奮を増しました。

翌朝早朝に出発し、沿岸山脈の雨蔭にあるアグアン渓谷に向かいました。ホンジュラスの唯一の固有鳥を保護するために設立された保護区に到着すると、奇妙なサボテンとユーフォルビアのとげの森に足を踏み入れ、すぐに非常に地元の種であるホンジュラスエメラルドの素晴らしい外観で報われました。ハチドリの中で最も美しいものの1つではありませんが、それが必要とする奇妙な植生はそれを非常にユニークにします。私たちは短い散歩中に4-5人の個人を見ました。巣を作るシロハラミソサギとホオジロズグロブユムシクイは、この地域の他の特産品でした。私たちはロッジに戻る前に近くの家で素晴らしい昼食をとりました。

私たちの最後の丸一日は、私たちがテラの町の近くのランセティージャ植物園に向かっているのを見つけました。私たちは、Olivaceous Piculets、Black-crowned Tityras、Black-cowled Orioles、そしてここの越冬地にいる勇気づけられる数の北米移民がいる庭園への入り口の道に沿って忙しかった。私たちはビーチで素晴らしいシーフードランチを楽しんだ後、ロッジに戻って別の散歩をしました。

ホンジュラスの人々は、私が南北アメリカで出会った中で最も友好的な人々の一人であることがわかりました。ロッジのスタッフは私たちの面倒を見てくれて、私たちがずっと快適であることを確認しました。皆様と一緒に旅行できて光栄でした。次回も楽しみにしています。

このリストのキー
次のキーの1つは、必要に応じて個々の種の括弧内に表示される場合があります。


ピコボニートのホンジュラスエコロッジ:危険なほど美しい!

ロッジアットピコボニートは、動物愛好家にとってホンジュラスの天国です。ホンジュラスのジャングルと国境の山々の真ん中に位置し、地元の人々は「神の山々の名前」と呼んでいます。

ロッジアットピコボニートには、100フィートの峡谷を通って滝や自然の水泳場まで曲がりくねった何マイルものプライベートトレイルもあります。 4階建ての展望台のトリオで、訪問者はジャングルの林冠を見渡すことができます。ロッジでは、急流下りからマングローブを通るサファリまで、さまざまな冒険が楽しめます。

それらの米国国務省の警告については?私が言えるのは、ホンジュラスが本当に危険なほど美しいということだけです。私はこれまで以上に安全だと感じたり、親切で優しい人々に会ったり、これほど平和な旅行をしたことはありません。実際、私はピコボニートのロッジを北部の気候にある5つ星の物件と比較しました。同じ名前の国立公園に隣接し、幹線道路から約2マイルのところにあり、唯一の本当の「脅威」は、サンショクキムネオオハシの巣を見ることに夢中になっている、または振り子の揺れに夢中になっている誤って木にぶつかったモトモットテール!

ザロッジアットピコボニートは、ナショナルジオグラフィックによって、世界のトップエコロッジの1つに選ばれ、スモールラグジュアリーホテルズオブザワールドに属しています。そして、まあ、背景が美しくないので、スポーツイラストレイテッドがここで世界で最もゴージャスな女性を撮影しなかったとだけ言っておきましょう。実際、ピコボニートはその純粋さと息をのむような両方で素晴らしいです。

ジャングルビューの部屋&#8211ピコボニートロッジ

ロッジで最も人気のある小旅行は、「信じられないほどの滝」への5時間のトレッキングです。

ハイキングでは、27万エーカー以上の未踏の熱帯雨林がある中央アメリカで最も手付かずのジャングルの1つであるピコボニート国立公園に行くことができます。ピコボニートを取り巻く7つの異なる生態系には、420種以上の鳥のほか、ジャガー、バク、鹿、プーマ、白い顔のサル、クモザルが生息しています。

信じられないほどの滝&#8230

ハイキングの究極の目的地は、信じられないほどの滝です。これは、100フィート近く下がって、巨大で魅力的な水泳場に入る壮大な2滴の滝です。

滝では、さわやかなひと泳ぎを探しているゲストは、岩を駆け上がって、2つの滴の間のプールで泳ぐことができます。信じられないほどの滝へのこのガイド付き熱帯雨林ハイキングは、1人あたりわずか30ドルです!

有機の地元産の食べ物だけでも、私が今までに味わった中で最高の味のパイナップルとスイカと一緒に旅行する価値があります!この人里離れたロッジは、ホンジュラスのカリブ海沿岸の水泳とシュノーケリングの距離内にあります。場所は施設の最大の魅力であり、その理由はあなたがどこを見ても信じられないほどの自然の野生生物です!訪問者は、青いコチンガ、バジリスクのトカゲ(水の上を走り、地元の人々はそれらをイエスのトカゲと呼びます)、ホエザル、トゥーカン、ワニ、アメリカササゴイ、紫色の睡蓮の畑を知っています。言い換えれば、母なる自然そのものです。

観光客がめったに経験しない、ロッジアットピコボニートは、ホンジュラスの田舎へのユニークで教育的な遠足、田舎の村ツアーを開発しました!ゲストには、ラセイバに本拠を置くアデランテ財団のメンバーが同行します。ホンジュラスは西半球で2番目に貧しい国であり、アデランテ財団は貧しい村人、主に女性に「マイクロクレジット」ローンを提供しています。このプログラムは、これまでにないクレジットへのアクセスを可能にするだけでなく、女性とその家族を貧困から救うための教育を提供します。村人たちはそのお金を使って自分たちの事業を始めます。時間が経つにつれて、多くの人が貧困から抜け出すために働きます。

アデランテの女性起業家と一緒にホンジュラスの日にやりがいを!

ゲストは&#8220Assembly&#8221に参加します。ここでは、30人の&#8211 50人のAdelante借り手が集まり、新しいビジネススキル、重要な健康または栄養情報を学びます。多くの場合、旅行者は企業の1つに立ち寄って、借り手の話を彼らの苦労と機会の人生について話し合う機会があります。

彼らの勇気と暖かさは刺激的であり、あなたは貧困を克服することができるという楽観的な気持ちで立ち去ります。

Lodge at Pico Bonitoの22のキャビンには、約400平方フィートの広さがあり、専用デッキ、ハンモック、天井ファン、無料Wi-Fi、天然木とアーチ型の天井があります。詳細については、ロッジアットピコボニート、AP710、ラセイバ、CP31101、ホンジュラス、中央アメリカ、www.picobonito.comにお問い合わせください。

パンテーラなどの多くの組織が、ホンジュラスの美しい野生生物の支援を支援しています。 3月1日、パンテーラのCEO兼ジャガーの専門家であるアランラビノウィッツ博士とホンジュラス国立森林保護地域野生生物保護開発研究所(ICF)の大臣であるホセトリニダードスアゾブルネスが覚書に署名しました( MOU)全国ジャガー保護計画を開始し、ホンジュラスでジャガーを保護し、中央アメリカの中心部にあるジャガー回廊を確保するためのより強力な取り組みを開始します。パンテーラの科学者たちは最近、ホンジュラスがジャガー回廊の重要なリンクとして機能していることを確認しました。ジャガー回廊は、メキシコからアルゼンチンまでのジャガーの個体群を結び付けて保護し、遺伝的多様性と将来の生存を確保しようとしています。

式典で、ホンジュラスでのパンテーラのジャガー保護プロジェクトの2週間のツアーの後、ラビノウィッツ博士は次のように述べています。彼らの信じられないほどの自然遺産を保護します。」この歴史的なイベントの参加者には、ホンジュラスの副大統領ビクター・ヒューゴ・バルニカの事務所の代表者、および国連、世界銀行、USAID、PROCORREDOR、CATIE、およびProyectoECOSISTEMASの代表者が含まれていました。

この新しいパートナーシップを通じて、パンテーラとホンジュラス政府は、ジャガー回廊とその周辺の土地の開発を戦略的に形成し、農業分野での野生生物の地下道の使用や森林保護など、国の経済成長と回廊の接続性の両方に利益をもたらします。油ヤシのプランテーションのような開発。

国には愛らしい野良犬がたくさんいますが、残念ながら国の公式の動物救助組織はありません。 Helping Hands for Hounds of Honduras (HHHH) is working to help rescue dogs on the streets of of Tegucigalpa – the capital Honduras!

Don’t be afraid to visit one of the most dangerously beautiful places on earth to see animals in the wild!


Our specialists have been expertly crafting award-winning tailor-made holidays to Latin America for 40 years. We would be delighted to create a truly personalised trip which perfectly matches your wishes and requirements.

Hannah Donaldson - Travel Expert

Having spent part of her childhood in Colombia and worked in Brazil and Costa Rica, Hannah's ties to Latin America run deep. Hannah is a much valued Travel Expert in our Tailor-made Holidays and Group Tours sales team.


The ultimate guide to Honduras: 10 days itinerary

Slightly spontaneously we decided to hit Honduras during our trip last November and December. We had heard about the superb diving possibilities around the Bay Islands, which was enough reason to take the plunge and to include the country in the Latin American itinerary.

I really loved our time in Honduras. The trip was way more relaxed than I expected it to be plus the things to do over there are just super diverse. Jungle adventures, marine life, friendly locals, Mayan culture, abundant wildlife, gorgeous beaches this country has it all and its citizens really deserve a better future.

Guidebooks won’t do for up-to-date info about Honduras. Personally I looked for bits and pieces online, talked to a lot of other backpackers and expats in Honduras and that’s how I created this itinerary. So I’m gonna smash it online now just to make things a little easier for you!

安全性

First things first. I realize that Honduras doesn’t exactly have an immaculate reputation. Diving and crime probably those two words used to be my first association when thinking of Honduras. Figures will show you Honduras is one of Central America’s most dangerous countries after all. And yet, we noticed very little of all of that. Except for the diving superb indeed.

I wouldn’t recommend this country to your niece though. You know the one that is about to start her first backpack journey (I’m only thinking about my own self in here when I was 19), but if you think you’ve passed the ‘rookie-phase’, I’d say go for it. Just plan a tad in advance and have a plan B ready. That never hurts anyway. In La Ceiba I even needed a plan C, when I found out that the hotel I planned to go to (in case I’d miss the boat, which I did) didn’t exist anymore. Suddenly I was dropped at sunset in a city that I didn’t know at all. Not the best situation to start first day in Honduras with.

But anyway, all of these spots below are very well reachable. If you don’t deviate from the main important stops in the country and stick to the transportation I recommend you to go with (next paragraph) I think you’ll be good.

  • Copán is super safe. So safe that we in fact were able to walk over there at night. We can’t even do that in Costa Rica.
  • ラセイバ was totally different, it felt kind of sketchy and I wasn’t too pleased to stay over there. I was forced to though, since I missed the ferry ride to Roatán, but I wouldn’t recommend this city personally. Especially the suburbs can be dangerous. If you have to stay there book a hotel downtown.
  • それにかんする San Pedro Sula (at some point known the city was also known as the world’s capital of crime) I can only say the bus station is safe. I drove through the city twice and it seemed quite okay, but obviously that doesn’t say enough. I personally wouldn’t stay there.
  • Roatán felt super safe to me

Of course my experiences aren’t a blueprint. This is just how I perceived things, but they might give you an impression nonetheless.

輸送

With regard to safety this paragraph might help you out as well.

I personally arrived in Honduras after a very long shuttle drive from Río Dulce in Guatemala to La Ceiba in Honduras. I organised this via Rooney Shuttle Service。 Although I wasn’t too pleased about the speed of the ride (I waited for hours that day, both during the early morning pick-up and later on the day when they were switching shuttles), in general I would recommend this shuttle service as it felt safe to me. And that’s something pleasant too, when in Honduras. Better late than sorry.

から La Ceiba to Copán we again arranged the drive via Rooney. We had a super nice driver this time and he telling us all about his previous life in the States and the situation in Honduras. Perhaps this conversation was one of the best insights we got during our stay in Honduras.

それにかんする Roatán: you’re able to reach the island either via boat or via plane. From La Ceiba I took the ferry ($33,- USD, it goes twice a day check the schedule in here) to Roatán.

NS ferry ride to the island was very choppy. Two staff members were handing out plastic bags and after I couple of minutes I realised what they were for…

My husband on the other hand arrived by 飛行機。 From Central America you can fly from both El Salvador and San Pedro Sula to the island. And if you come from the east from both the USA and Canada you might even be able to fly directly to the island. What a luxury!

Regarding leaving Honduras: we both took a flight from Guatemala City. But note that getting there from Copán took us 7 hours (instead of the 5 we were told). Another option we were considering was the airport of San Pedro Sula.

Overview itinerary:

5 days on the island of Roatán for a chilled stay + beach bumming + excellent diving + great food

2 days in Omega Lodge along Río Cangrejal の中に Pico Bonito park for adrenaline adventures + jungle vibes

3 days in Copán Ruinas for Mayan culture + spa relaxation + chocolate indulgement

3 days on the island of Utila for an extra change to see that whaleshark

3 days along the Lago de Yojoa in the D&D Brewery for kayaking + hiking + cave dwelling

Itinerary in detail:

5 days: Roatán

Excellent diving & stunning sunsets – the island of Roatán in front of the coast of Honduras was a winner for sure in my book.

Roatán isn’t the only island you can visit from La Ceiba. Utila, GuanajaCayos Cochinos attract visitors too. All four of them are basically like the quintessential tropical dream.

Since we only had a couple of days we knew we couldn’t see them all and we had to make a choice which one we would visit. Both Guanaja and Cayos Cochinos are difficult to reach. These islands don’t have regular shuttle services. I’m aware that because of this, staying at one of these islands can be very attractive. But you also have to bring in a LOT of dough, not only to reach the islands but also to stay there, plus you’re very dependent on the efforts of others.

So our choice was narrowed down to Roatán and Utila.

Utila is known as a party island, attracting a lot of early twenty backpackers. This has to do with the fact that Utila is also the cheapest island to stay at. Roatán attracts a far more midrange crowd than Utila, and unfortunately has less budget options. The island’s accommodation mostly comes in the form of luxury resort packages, but there are some good budget options and even better we’ve found them for you!

Both Roatán and Utila are known as superb diving destinations. It was the main reason why we wanted to visit these islands, plus doing a fair share or ‘hammocking’. Because I really wanted to chill and not being disturbed by late night vomiting vibes, ánd because one of us had to fly to the Bay Islands and Roatán has the best airport, we decided visit Roatán first and see if we would later make it to Utila as well. But we liked Roatán and its laid-back vibe so much that we decided to stay over there for the rest of the time!

Where to stay on Roatán?

Nearly all backpackers that visit Roatán find their temporary home in ウエストエンド, where most of the budget options are found.

If you’re looking for a private budget cabin then I’d absolutely recommend Hotel Chillies。 Note that I’m not getting paid or anything to write this down. I just really liked the property, especially its location directly along the shores and its lovely jungle garden ↓

I you want to book a dorm spot, room or cabin as well in here, try to contact Michele (the owner of Hotel Chillies) directly via Facebook. We stayed for four nights in here and paid $36,- USD per night for a private cabin with a warm shower.

The cabin had a lovely porch with a hammock, a lot of (humming)birds that kept us company during the day and during the night we were surprised by a cute (and very noisy) armadillo!

The only thing I disliked about the cabin was the bathroom: it didn’t have a door! Just a curtain. Not the best idea if you’re looking for a romantic getaway…

What to do on Roatán?

2 days: Rafting + jungle adventures @ Río Cangrejal near Pico Bonito

After our ultimate chill-out-beach-bum-hammock-style kind of stay on the island of Roatán, we were absolutely ready for some adventure time on Honduras mainland.

Luckily for us, quite close to La Ceiba there’s this giant and slightly under-appreciated national park of Pico Bonito (meaning in English: ‘pretty little point’). It takes an hour on a bumpy road to get from La Ceiba to this wilderness, which is home to loads of monkeys, birds, reptiles and even some jaguars.

Pico Bonito, Omega Lodge, La Ceiba, Honduras Pico Bonito, Omega Lodge, La Ceiba, Honduras Pico Bonito, Omega Lodge, La Ceiba, Honduras

While being on Roatán we were advised by several expats to stay at the Omega Lodge, an eco-lodge located along the Río Cangrejal in between both Pico Bonito and the park of Nombre de Dios (“Name of god”).

The lodge is run by a couple from Germany, Udo and Sylvia, who already came to the area some 25 years ago. Udo was a member of the national German rafting team and always on the lookout for great rapids. He found his ultimate river paradise in Honduras and decided not only to offer whitewash rafting tours in the area, but also to built a lodge from scratch to hosts his rafting visitors. And the couple has been expanding their property with cabins ever since.

Fresh food, a lush environment, awesome canopying and rafting, some jungle trails and playful dogs this place had it all in my opinion! Our stay in here was absolutely superb and a nice addition to our days on the beach. Read more about our rafting adventure and stay at Omega Lodge!

Pico Bonito, Omega Lodge, La Ceiba, Honduras Pico Bonito, Omega Lodge, La Ceiba, Honduras Pico Bonito, Omega Lodge, La Ceiba, Honduras

Note that from La Ceiba it takes a full day to reach the next location from La Ceiba.

3 days: Copán Ruinas

Meet the cosiest town of Honduras: Copán! We stayed there for a couple of days on our way from La Ceiba in Honduras to Antigua in Guatemala and I have to say it’s difficult not to fall in love with the cobblestoned streets of Copán. The nearby crumbling Mayan ruins dot the outskirts of the city and clearly point to the cultural past as well.

The vibe in Copán is entirely different compared to the rest of Honduras (or at least, the parts that I’ve seen). Copán feels much more Guatemalan and considering that is almost next to the border Guatemalan-Honduran border that ain’t a surprise. It’s basically like they have cut of a little part out of Antigua and put it on a hill in a lush mountainous environment.

Most folks come here just to see the famous Maya ruins, but there’s a lot of other fun stuff to do in Copán. If you want to see and do all of the things below, try to linger a little longer at least three days I’d say. Otherwise two would be the bare minimum. Or one if you just want to see the ruins and get out after that.

Where to stay in Copán?

There are quite some downtown budget options. We checked out Hotel Via Via (for just $10,- USD per private room with private bathroom!!), which looked great. However, since it’s located next to the only club in town I wouldn’t advise you to go there in the weekend. Even earplugs won’t help you in here.

We stayed at the nearby Iguana Azul (private room for $19,- USD, shared bathroom. Dorms are available as well), which was basic but very decent and had a laid-back backpackers vibe. The great thing about this hotel is the next doors breakfast area, which is set in a very laid-back and lush garden. ↓

Extend that itinerary!

If I had another 6 days I would have stayed 3 more days on the island of Utila (or perhaps more days on Roatán since I loved it so much…) just to include even more dives.

Another location I would absolutely would have visited is the Lago de Yojoa! I heard a lot of nice stories from other backpackers about this lake and especially about the ho(s)tel B&B Brewery. Apparently the lake is great for hiking, to do a coffee tour, a bit of kayaking and cave-dwelling. I’m sure a stay over here would make a trip to Honduras even more diverse!


GoingPlacesNearAndFar's Blog

Family Holiday Jungle Safari Offered by The Lodge at Pico Bonito, Eco-Lodge in Honduras

Spot Vibrant Toucans, Sleek Jaguars, and Elusive Hummingbirds

Let your kids discover their inner explorer on an exciting and educational family adventure through the pristine Honduran rainforest this holiday season. For the first time ever, the highly-acclaimed Lodge at Pico Bonito, perched at the base of Pico Bonito National Park, will be offering a Family Holiday Jungle Safari complete with a guided-scavenger hunt that is sure to provide your children with jungle book thrills.

Uncover spellbinding rock formations, marvel at jaw-dropping waterfalls and catch glimpses of elusive jaguars, keel-billed toucans, vibrant contingas and endangered emerald hummingbirds on the ultimate bonding vacation.

From guided night hikes to exhilarating white water rafting, your children will revel in the natural wonders of the unexplored rainforest with the added excitement of an inspiring, learning competition.

Family Holiday Jungle Safari

From November 1, 2012 through January 5, 2013, The Lodge at Pico Bonito will offer the groundbreaking Family Holiday Jungle Safari – a six-day, five-night package and naturalist scavenger hunt with a grand prize the entire family can enjoy.

• Scavenger Hunt – During daily hikes led by expert instructors, your entire family will learn about everything from the native birds and endangered species to flora and fauna and geological rock formations. Following the hikes, you will embark on a scavenger hunt with your “Pico Bonito Scavenger Hunt” booklet in hand – checking off various bird species, reptiles, flora and fauna that your guide confirms you spot.

At the completion of the offering period, The Lodge at Pico Bonito will award the family with the most confirmed sightings 20% off a stay at the property between April 1 and December 20, 2013.

• Family Picnic at the Unbelievable Falls –Savor sightings of pumas, jaguars, spider monkeys and over 420 species of birds on an educational trek culminating at a spectacular double-drop waterfall. Take a refreshing dip in the sites irresistible swimming hole before enjoying a family picnic at the base of the unforgettable natural wonder.

• Early Morning Trip to the Observation Tower – Awaken with the jungle and experience a cacophony of sounds as hundreds of exotic bird species herald the start of a new day. On your guided hike you will discover Pico Bonito’s secret spots that make the property a paradise for birders. The journey culminates in a trip to the property’s three multi-story observation towers where your family can take in the jungles astounding scenery from above.

• Night Hike to Spot Reptiles – Search for nocturnal reptiles and amphibians guided by flashlight and the experienced eyes of your guide on an excursion that is sure to bring your children’s adventure fantasies to life.

• Whitewater Rafting – Enjoy a day of family bonding as you paddle away on an exhilarating whitewater rafting trip down the Rio Cangrejal, a world-class whitewater destination.



コメント:

  1. Mylnburne

    私はあなたが正しくないと思います。私は確信しています。私はあなたに話し合うことを勧めます。

  2. Agiefan

    this is what children under 16 should see

  3. Wise

    ブログのトピックを変更する時が来たようです。著者は多才な人です。

  4. Triptolemus

    重要な答え:)

  5. Mulrajas

    申し訳ありませんが、それは干渉しました...私は最近ここにいます。しかし、このテーマは私に非常に近いです。私は答えを手伝うことができます。 PMに書いてください。



メッセージを書く