新しいレシピ

新しいレポートによると、子供のフルーツジュースには「レベルに関する」重金属が含まれています

新しいレポートによると、子供のフルーツジュースには「レベルに関する」重金属が含まれています


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

さらに、どのフルーツジュースが子供に安全に与えられるか。

私たちが紹介する各製品は、編集チームによって個別に選択およびレビューされています。含まれているリンクを使用して購入すると、手数料が発生する場合があります。

小売専門家のチームによってまとめられた最近のレポート 消費者レポート 多くの人気のある子供用フルーツジュースには、ヒ素、カドミウム、鉛などの驚くべき量の重金属が含まれていることがわかりました。レポートに記載されているように、これらのジュースを長期間または大量に摂取することは、子供と大人の両方にとって危険であるだけではありません。

消費者レポート ブドウ、洋ナシ、リンゴ、フルーツブレンドなどの複数の品種を含む、米国全土の店舗で販売されている45を超えるジュースのサンプルを収集しました。彼らは、サンプルの半分以上で重金属のレベルが上昇していることを発見しました。サンプルには、ジューシージュース、オネストキッズ、ミニッツメイド、ウェルチ、ホールフーズの365エブリデイバリューなどの人気商品が含まれていました。

健康が今何を意味するかについて最新情報を入手してください。

より素晴らしい記事と美味しくて健康的なレシピのために私たちの毎日のニュースレターにサインアップしてください。

報告書によると、これらの金属は多くの食品や飲料に自然に含まれており、フルーツジュースの重金属レベルは2011年の以前のテスト以降低下しています。しかし、このテストで見つかったレベルの上昇は依然として医療専門家に関係しています。ジェームズディッカーソン、 消費者レポート、 これらの飲み物を少量でも定期的に摂取すると、深刻な健康リスクを引き起こす可能性があると述べました。

「場合によっては、1日4オンス(または半分のカップ)を飲むだけで懸念を引き起こすことができます」と彼は言いました。

American Academy of PediatricsCouncilの議長であるJenniferLowry、M.D。は、ConsumerReportsの長いレポートに加担しました。彼女は、子供たちの75%近くが1日に少なくとも1サービングのジュースを楽しんでいると言いました。これは、これらの金属元素が発達に影響を与えるのに十分です。ジュースを飲む大人の方も気になります。

「重金属は、神経学的問題から癌に至るまで、子供と大人にさまざまな病気を引き起こす可能性のあるものです。私たちは確かに、業界がこれらの存在を減らすためにより良い仕事をし続けることを確実にしたいです。私たちが購入する製品。」

あなたが今読むべきより多くの健康ニュース:

報告書によると、テストしたジュースのうち7つは、毎日半カップ以上飲む子供に害を及ぼす可能性がありますが、9つの製品は、毎日1杯以上飲む子供にリスクをもたらす可能性があります。これらの結果にはジュースボックスも含まれていました。グレープジュースとジュースブレンドは、すべての製品の中で最も高濃度の重金属を含んでいました。大変興味深いことに、 有機ジュースはそれ以上の性能を発揮しませんでした 非有機的なオプションよりもこれらのテストで。

CRレポートでは、飲料業界のジュースブランドが、果物の調達方法や飲料の処理方法やパッケージ方法を変更することで、重金属への曝露をどのように減らすことができるかについて詳しく説明しています。しかし、テストされたものの中でどのフルーツジュースが最適であったかについてのガイダンスもあり、CRは、以下で強調する各カテゴリのトップピックを共有しました。

アマゾンの写真提供。

1)365エブリデイバリューオーガニック100%アップルジュース

2)アップル&イブ100%アップルジュース

アマゾンの写真提供。

3)ゴヤペアネクター

アマゾンの写真提供。

Goyaのボトル入り製品は、代替フルーツジュースのCRのトップピックの1つとして紹介されました。

4)オーシャンスプレークラン-アップルとオーシャンスプレークラン-グレープ

アマゾンの写真提供。

5)カプリソーネ100%アップルジュースボックス

6)ジューシージュース100%オーガニックアップルジュース

アマゾンの写真提供。

フル64オンスのボトルで約3ドルかかりますが、このリンゴジュースの品種には砂糖は含まれていません。

7)オネストキッズオーガニックジュースドリンク、グッドネスグレープネス

アマゾンの写真提供。

8)ミニッツメイド100%ジュース、アップルホワイトグレープ

アマゾンの写真提供。


いくつかのフルーツジュースで重金属が発見されており、それが懸念の原因となっています

砂糖の量が多すぎるため、両親はフルーツドリンクがどれほど不健康であるかをもう少し意識するようになりましたが、今では他に心配すべきことがあります。新しいレポートによると、重金属は多くの人気のあるフルーツジュースで発見されています。見つかったレベルは両方の子供に影響を与える可能性があります 大人なので、これはみんなの悩みの種です。

組織の雑誌の記事によると、非営利の消費者調査および擁護団体であるコンシューマーレポートは、リンゴ、ナシ、ブドウ、フルーツのコンボを含む、米国全体で販売されている45の人気のあるフルーツジュースをテストしました。によって報告されたように、それは2011年に同様のテストを実行しました 今日、および調査結果は多少改善されましたが、まだやるべきことがたくさんあります。

彼らは結局、21のジュースが専門家の間で懸念を引き起こすのに十分な少なくとも1つの重金属を持っていることを発見しました。 USAトゥデイ 報告されており、それには子供向けに販売されている飲み物が含まれていました。

「私たちのテストは、カドミウム、鉛、水銀、および無機ヒ素(健康に最も有害なタイプ)に焦点を当てました。これらは最大のリスクのいくつかをもたらすためです。以前の調査では、これらは飲食物に一般的であることが示唆されています。」 消費者レポート.

子供たちは特にこれらの重金属の影響の危険にさらされています 消費者レポート。影響を与えるのにそれほど時間はかかりません。コンシューマーレポートのチーフサイエンティフィックオフィサー、ジェームズディッカーソンは語った 消費者レポート 毎日この種の重金属を含むジュースをわずか4オンス飲むだけで心配することができます。

テストされた各ジュースには、彼らが探していた重金属の少なくとも1つの「測定可能なレベル」がありました。 消費者レポート。ただし、テストしたすべてのジュースのうち、RW Knudsen Organic Just Concord Grape Juice、365 Daily Value(Whole Foods)Organic 100%など、毎日少なくとも0.5カップ飲んだ子供に実際に悪影響を与える可能性のある7つのジュースがありました。ジュース、ウェルチの100%グレープジュース、コンコードグレープ。

テストされたジュースのブランドの1つであるトレーダージョーズは語った 消費者レポート、「当社の製品の安全性と品質を確保するために必要なあらゆる措置を講じる準備ができているため、お客様の調査結果を調査します。」

コンシューマーレポートには、そのWebサイトでテストされた製品の完全なリストが含まれていました。しかし、一般的に、グループは、親が子供が飲んでいるジュースの量を減らすことを検討することを推奨しました。それは子供たちに人気のある頼りになる飲み物かもしれませんが、それは彼らにとってそれほど良くないかもしれません。

たとえば、米国小児科学会は現在、両親は1歳未満の子供にどの種類のフルーツジュースも与えてはならないと言っています。 USAトゥデイ 別の記事で報告されました。 AAPの声明の共同執筆を手伝ったメルビン・B・ヘイマン博士は、次のように述べています。 USAトゥデイ、&​​quot親はフルーツジュースを健康的であると感じるかもしれませんが、それは新鮮な果物の良い代替品ではなく、より多くの砂糖とカロリーを詰め込んでいます。年長の子供には適度に少量でも問題ありませんが、絶対に不要です。」

その声明の中で、AAPは、フルーツジュースを1〜3歳の幼児には毎日半分のカップに制限することを推奨しています。4〜6歳の子供には、半分のカップを4分​​の3に制限する必要があります。カップは毎日オンスです。そして最後に、7歳から18歳の子供には、1日あたり8オンス、つまり1杯程度の制限が必要です。

さて、あなたは重金属がフルーツジュースにどのように入るのか疑問に思うかもしれません。 CBSニュースによると、重金属などは空気、水、土壌に自然に存在するため、食品に含まれる可能性があります。ただし、特定の製造およびパッケージングプロセスでは、食品や飲料に重金属が含まれる可能性もあります。

これが食品医薬品局の出番です。消費者レポートの調査結果は、FDAがリンゴジュースに許可されるヒ素のレベルに新しい制限を設定してから約6年後になりますが、その「新しい」制限は実際にはまだ確定されていません。その報告書によると、コンシューマー・レポートの食品政策イニシアチブのディレクターは、「FDAができるだけ早く制限を確定することを奨励します」と述べました。

あなたやあなたの子供がジュースを大量に飲む人である場合は、消費者レポートのリストを調べて、ジュースがどのようにテストされたかを確認してください。特に健康に深刻な影響を与える可能性がある場合は、あなたとあなたの子供が定期的に食べている可能性のある食品に何が含まれているのかを知ることは価値があります。


CDCによると、多くの親が赤ちゃんに固形食を与えるのが早すぎます。

議会の調査官は、米国の大手ベビーフードメーカー7社に内部文書とテスト結果の提供を求めました。

Nurture、Beech-Nut、Hain、Gerberの4社がリクエストに応えました。ウォルマート、キャンベル、スプラウトオーガニックフーズの3つは協力せず、調査員は自分たちが何を覆い隠しているのかについて「非常に心配」していると報告書は述べています。

調査によると、社内の基準では危険なほど高レベルの有毒重金属が許可されており、製造業者はそれらのレベルを超える食品を販売することがよくあります。

関連している

健康とウェルネス一部のベビーライスシリアルの無機ヒ素レベルが高すぎるとFDAは述べています

また、政府がボトル入り飲料水で許可している金属のレベルを「覆い隠し」ます。これには、ヒ素レベルの最大91倍、鉛レベルの最大177倍、カドミウムレベルの最大69倍、水銀レベルの最大5倍が含まれます。 。

報告書は、米国食品医薬品局に、離乳食に許可される有毒な重金属の最大レベルを設定し、完成品の強制的なテストを要求するよう求めました。


キッズ&#8217フルーツジュースのほぼ半数に鉛、ヒ素、その他が含まれています:レポート

フルーツジュースは健康的な選択肢のように思えるかもしれませんが、含まれる砂糖の量について「健康的な」選択肢として批判に直面しています。今からの新しいレポート 消費者レポート は、キッズジュースに含まれる重金属の「レベルに関して」を発見しました。

消費者レポート 最近、全国で販売されている45の人気のあるジュースブランドをテストし、子供向けに特別にブランド化されたジュースを含め、テストしたブランドのほぼ半分で、ヒ素、カドミウム、鉛のレベルが上昇し、潜在的に有害であることがわかりました。テストされたすべての製品には、カドミウム、無機ヒ素、鉛、水銀などの重金属の少なくとも1つの測定可能なレベルが含まれていました。

45のジュースのうち21は、カドミウム、無機ヒ素、および/または鉛のレベルに関するものでした。それらの21のうち、7つは1日あたり4オンス(1/2カップ)以上を飲む子供に害を及ぼす可能性があり、別の9つのブランドは1日あたり8オンス(1カップ)以上を飲む子供にリスクをもたらします。それらの製品のうち5つは、ジュースボックスまたはポーチに梱包されていました。

報告書はまた、ブドウジュースとジュースのブレンドが最も高い平均重金属レベルを持ち、有機ジュースは従来のものよりも低いレベルの金属を持っていなかったことを発見しました。

「これらの金属への早期の曝露は、それらの生涯の軌道に影響を与える可能性があります」と、米国小児科学会の環境衛生評議会の議長であるジェニファー・ローリー医学博士は述べています。 「彼らの人生の最初の年に起こっている非常に多くの開発があります。」

では、子供を安全に保つために親は何ができるでしょうか?フルーツジュース中の重金属への曝露を最小限に抑える最善の方法は、フルーツジュースの消費量を減らすことです。米国小児科学会(AAP)は、虫歯や肥満を発症するリスクに寄与する可能性のある糖度のため、ジュースの摂取を制限することをすでに推奨しています。 AAPの推奨事項は、1歳まではジュースを飲まないこと、1歳以上の子供にはレベルを制限することです。最終的には、購入した製品を調べて、家族にとって何が最善かを判断するのは親の責任です。

あなたは完全に見ることができます 消費者レポート ここでテストされたジュースのチャート。


どのフルーツジュースがあなたの子供にとって安全ですか?

コンシューマーレポートからの新しいテストは、最も人気のあるジュースブランドのいくつかの重金属のレベルに関することを示しています。

あなたがあなたの子供に提供しているフルーツジュースが何らかの重金属を含んでいる可能性が高いかもしれません。コンシューマーレポートが実施した新しいテストでは、有害な可能性のあるレベルの重金属が含まれているフルーツジュース製品を見つけました。調査結果は、毎日子供たちにジュースを提供している多くの親にとって少し憂慮すべきです。

コンシューマーレポートは、リンゴ、ブドウ、フルーツブレンドなど、さまざまな人気のフルーツジュースをテストしました。 45の異なるブランドをテストした後、研究者は、テストしたジュースの半分以上にヒ素、カドミウム、鉛のレベルが上昇していることを発見しました。これらのジュースの多くは、特に子供向けに販売されていました。

コンシューマーレポートによる最近の世論調査によると、3歳以下の子供を持つ親の80%以上が時々子供用ジュースを提供しています。ジュースを1日2回以上飲むことに慣れている子供もいます。幼児は特に重金属の有害な影響に対して脆弱であるため、報告書は懸念しています。

では、Consumer Reportsのテストで正確に何が見つかりましたか?彼らは45のジュースを見ました。ブランドには、365エブリデイ(Whole Foodsジェネリックブランド)、Apple&amp Eve、Capri Sun、WalmartのGreat Value、Gerber、Honest Kids、TargetのMarket Pantry、Minute Maid、Nature's Own、Ocean Spray、Trader Joe's、Welch'sなどがあります。テストされた各製品には、カドミウム、無機ヒ素、鉛、または水銀の重金属の少なくとも1つの測定可能なレベルがありましたが、47%は、研究者が3つのカドミウムの1つの「懸念」レベルであると見なしたものでした。ヒ素、または鉛。消費者レポートによると、重金属のレベルに関係する21のジュースのうち7つは、1日に4オンス以上飲む子供に害を及ぼす可能性がありますが、そのうちの9つは、子供が8オンスまたはもっと。4オンス以上で潜在的なリスクがあるジュース:1.トレーダージョーのフレッシュプレスアップルジュース、100%ジュース2。 365エブリデイバリュー(ホールフーズ)オーガニック100%ジュース、コンコードグレープ3。 R.W. Knudsen Organic Just Concord Grape Juice8オンス以上で潜在的なリスクがあるジュース:1.ゴールドエンブレム(CVS)100%アップルジュース2。グレートバリュー(ウォルマート)100%ジュース、Apple3。トレーダージョーのオーガニックアップルジュース

リスト全体については、チャート全体を確認してください。

テストされたさまざまなフレーバーの中で、グレープジュースとジュースブレンドの重金属の平均が最も高かった。また、ラベリングにオーガニックが含まれているからといって、必ずしもそれが改善されるとは限りません。この場合、有機ジュースはテストされた他のジュースよりも良くも悪くもありませんでした。親や小児科医は、幼児の発達に悪影響を与えることが知られているため、重金属について心配しています。子供が重金属にさらされた期間と期間によっては、IQスコアに影響を与え、行動上の問題や2型糖尿病などの他の健康上の問題を引き起こす可能性があります。重金属によるリスクは慢性的な曝露に起因するため、曝露を減らすことが重要です。子供と大人の両方で。両親、あなたはいつでもあなたの子供のジュースの消費を制限することができます。米国小児科学会は、飲料に含まれる糖度が高いため、虫歯や肥満などの独自の健康問題の原因となる可能性があるため、ジュースを制限することを推奨しています。

ただし、ジュースがあなたの家のメニューにある場合は、消費者レポートテストでうまくいったいくつかの代替選択肢があります:365エブリデイバリュー(ホールフーズ)オーガニックアップルジュース、100%ジュースアップル&イブ100%ジュース、アップルジュース1ビッグウィン(ライトエイド)100%ジュース、アップルジュース


まず、「重金属」とは正確には何ですか?

重金属は、地球の地殻全体に見られる天然に存在する元素です。空気、土壌、水にはすべてこれらの金属が含まれており、私たちが歩く地面や飲む水に含まれています。 5つの特定の要素- ヒ素、カドミウム、クロム、鉛、水銀 &mdashは毒性が高く、公衆衛生上の大きな懸念事項である優先金属の1つにランクされています。高レベルでは、それらは人体に有害で有毒である可能性があります。 「乳児の重金属曝露は、発達中の脳に損傷を与える可能性があり、IQの低下、認知障害、行動の問題などの神経発達への影響をもたらします」と述べています。 ロバートコールズ、MD、カリフォルニア大学サンディエゴヘルスの小児科医。

しかし、鉄や亜鉛などのいくつかの重金属は、私たちの体が機能するために不可欠です。 銅、鉄、マグネシウム、セレン、亜鉛などの金属は必須栄養素と見なされています これらの微量栄養素の不適切な摂取は、欠乏症の合併症を引き起こし、病気につながる可能性があります。 「亜鉛は、免疫機能、成長、発達、創傷治癒、細胞産生に関与する必須ミネラルです。亜鉛の欠乏は、子供や青年の成長を阻害する可能性があります」と述べています。 ミーガンマイヤー博士、国際食品情報評議会のサイエンスコミュニケーションディレクター。 彼女はまた、鉄が体内の酸素を移動させるのに重要な役割を果たしていることを指摘します。これは、鉄が朝食用シリアルや乳児用調製粉乳などの食品に意図的に添加されて栄養を強化する理由です。


コンシューマーレポートの調査では、乳幼児向け食品に含まれる重金属の「レベル」が明らかになっています

(ワシントンD.C. – 2018年8月16日)Consumer Reportsが本日発表した新しいレポートは、乳幼児向け食品に含まれる鉛、カドミウム、無機ヒ素の「レベルに関する」ことを示しています。ウォッチドッグ組織は、全国的に配布されている50のパッケージ化された乳幼児向け食品をテストし、すべての製品で3つの重金属のうち少なくとも1つが測定可能なレベルであり、製品の約2/3で「気になる」と見なしたレベルを見つけました。このレポートは、乳幼児向け食品中の重金属に関する環境防衛基金(EDF)の以前の調査結果に基づいており、子供をよりよく保護するために食品医薬品局(FDA)および食品メーカーからの緊急の行動の必要性を指摘しています。

「単一の食品中の重金属への曝露の影響は子供に影響を与えないかもしれませんが、懸念されるのは、食事中のすべての食品からの低レベルのカドミウム、無機ヒ素、および鉛への曝露の累積的な影響です」とトムは言いました。ネルトナー、EDFヘルスの化学物質ポリシーディレクター。 「子供たちが学び、繁栄する能力を保護することは、私たちが食物を含むすべての供給源からの重金属への曝露を減らすことを要求します。」

この調査のために、Consumer Reportsは、2018年春に入手可能な50の乳幼児向け食品の3つのサンプルを全国のさまざまな小売業者から購入し、カドミウム、鉛、水銀、および無機ヒ素について製品をテストしました。食べ物には、シリアル、スナック、メインディッシュ、果物と野菜が含まれていました。テストからの重要なポイントは次のとおりです。

  • 50の製品のそれぞれに、測定可能なレベルのカドミウム、鉛、および/またはヒ素が含まれていました。
  • 製品の約2/3には、ConsumerReportsによって「気になる」と見なされるレベルの重金属が少なくとも1つ含まれていました。
  • 有機食品は、これらの汚染物質ではなく農薬に焦点を合わせているため、従来の食品と同じように重金属を含む可能性がありました。
  • 重金属のレベルが低いかまったくない製品は、製造業者がより安全な食品を実現できることを示しています。

「乳幼児向けに販売されている食品は、より高い水準に保つ必要があります」と、EDFの食品科学顧問であるマリセルマフィーニは述べています。 「コンシューマーレポートは、離乳食にこれらの重金属の測定可能なレベルがないという目標を求めており、FDAは進歩を促進するために積極的な増分目標を設定する必要があると述べました。」

EDFは以前、乳幼児向け食品に含まれる鉛やその他の重金属の問題について報告しています。 2017年6月に、Lead in Food:A Hidden HealthThreatをリリースしました。レポートは、2003年から2013年にFDAによって収集および分析されたデータを調査し、他の食品の14%と比較して、ベビーフードサンプルの20%で鉛が検出されたことを発見しました。フルーツジュース、根菜、歯が生えるビスケットを含む8種類の離乳食は、サンプルの40%以上で検出可能な鉛を含んでいました。

2017年12月、EDFは、2014年から2016年までの鉛のFDAテストデータを含むレポートの更新を提供しました。フルーツジュース(コンシューマーレポートではテストされなかったカテゴリ)には朗報ですが、スナックと根野菜の検出率は頑固に高いことが示唆されました。コンシューマーレポートは、FDAおよびベビーフードメーカーからのより大きな努力の必要性を再確認しています。

FDAは、可能な限り重金属のレベルを下げることを約束することでこの問題に重要な措置を講じていますが、食品、特に子供向け食品のカドミウム、鉛、無機ヒ素のレベルを下げるために具体的な行動を取る必要があります。必要な行動を加速するために、EDFは、FDAがその基準を更新し、フルーツジュース中の鉛の国際基準が不十分であることを明確にすることを推奨しています。離乳食メーカーは、すべての汚染源を特定して削減するために、サプライチェーン全体で重金属をテストする必要があります。

健康的な食事には、安全で栄養価の高い食品が必要です。 EDFは、Consumer Reportsの新しい調査がこの問題に注目を集め、食品メーカーとFDAに、食品供給における重金属のレベルを下げるためにさらに多くのことを行うよう促すことを望んでいます。


Web限定

ジュースは、テディベア、クレヨン、毛布とほぼ同じくらい幼児期に遍在しています。で 消費者レポート (CR)米国の3,000人の親を対象にした調査では、3歳以下の子供の親の80%が少なくとも時々子供にフルーツジュースを提供し、それらの親の74%が少なくとも1日1回子供にジュースを提供しています。

したがって、1月下旬にCRレポートが発表されて以来、メディアが話題になっているのも不思議ではありません。テスト済み。これらの調査結果は親にとって間違いなく恐ろしいものですが、RDは、結果を状況に合わせて、子供たちの健康と安全を維持するための実用的な手順を提供する責任を主導するのに役立ちます。

CR&rsquosの調査結果
CR ヒ素、カドミウム、水銀、鉛について、24のブランドから45の人気のあるフルーツジュースをテストしました。これらの重金属は、乳幼児向け食品、米および米製品、タンパク質粉末などの食品および飲料、および環境でかなり一般的であるためです。報告書は、特定のレベルで、これらの重金属は子供たちを知能指数の低下、ADHD、2型糖尿病、癌などの行動上の問題のリスクにさらす可能性があると主張しています。

CR ニューヨークとニュージャージー地域の販売およびマーケティングデータに基づいて、どのジュースブランドをサンプリングするか、およびどのブランドが全国的に入手可能かを決定しました。サンプルは全国で購入され、一部はオンラインで購入されました。

テストでは、&ldquoに関するレベル&rdquoは、米国環境保護庁が無機ヒ素と水銀について、カリフォルニア州の環境健康ハザード評価局が鉛について、欧州食品安全機関がカドミウムについて設定した健康に基づく曝露限界によって定義されました。

以下はその一部です CR&rsquosの調査結果:

•テストしたすべてのジュースには、ヒ素、カドミウム、鉛、または水銀が含まれていました。
•テストされた45のジュースのうち21(47%)には、ヒ素、カドミウム、および/または鉛のレベルが含まれていました。
•懸念されるレベルの21種類のジュースのうち7種類は、1日4オンス以上を飲んだ子供にリスクをもたらす可能性があり、9種類は1日8オンスで有害である可能性があります。
•グレープジュースとジュースブレンドには、最高レベルの重金属が含まれていました。
•懸念されるレベルのジュースのうち5つは、4〜6.75オンスの箱またはポーチで販売されており、1日に複数の箱またはポーチで子供にリスクをもたらします。
•オーガニックジュースや子供向けとして販売されているものの重金属レベルは、従来のジュースや大人向けに販売されているものとは異なりませんでした。

CR その結果は&ldquoは市場のスポットチェックであり、特定のブランドについて決定的な結論を引き出すために使用されるべきではないことに注意してください。&rdquo

クライアントへの推奨事項
&ldquoJuiceは、親にとって本当に憂慮すべきものです。 &ldquoそのような食べ物の恐怖がある場合、栄養士は信頼できる声である必要があります。&rdquoでは、RDは、これらの発見について恐れている、または無力であると感じている親をどのように助けることができますか?

手始めに、RDは、すべての農産物に重金属が含まれていることをクライアントに知らせることが不可欠です。植物が土壌から水分を取り込むと、土壌に自然に存在する重金属も吸収されます。一部の土壌は、産業や農業による汚染のためにより多くの重金属を含んでいますが、レベルが通常懸念されるほど高いことはまれであり、どの果物や野菜を食べるかを変えることは、曝露を減らす簡単な方法です。さらに、Maplesは、FDAが食品の重金属を年に数回テストしており、特にジュースなど、子供によく与えられる製品に焦点を当てていると指摘しています。 &ldquo私たちは世界で最も安全な食料の1つを持っています&rdquoと彼女は言います。

しかし、このメッセージを伝えることは必ずしも簡単ではありません。メイプルズは、食べ物が怖いときは人々の懸念は高いが、信頼は低く、メッセージを受け取る能力が低下していると言います。彼女は、推奨事項を明確、シンプル、そして実用的なものに保つことを強調しています。

RDは、親に次のことを行うように勧めることができます。

•提供されるジュースの種類を混ぜ合わせます。 たとえば、親は常に子供にリンゴジュースまたはジュースブレンドを与える必要があります」とMaples氏は言います。定期的に品種を切り替えることで、子供が1種類のジュースに含まれる重金属にさらされるのを制限する必要があります。

•ポーションサイズを変更します。 Maplesは、アメリカ人のための食事療法ガイドラインでは、子供の1日の果物カロリーの半分以下がジュースから来ることを推奨しており、このガイドラインは米国小児科学会(AAP)によってサポートされていると指摘しています。フェニックスに本拠を置く、子供と学校の栄養を専門とするアカデミーのスポークスマンであるウェズリーデルブリッジ(RDN)は、ジュースを甘いおやつ、「時には食べ物」と見なし、息子に週に1回程度摂取させています。 &ldquoJuiceは本当に甘いので、子供たちは時間の経過とともにその甘い味に慣れ、それをどんどん欲しがるでしょう&rdquoと彼は言います。

•果物の摂取はジュースだけに頼らないでください。 CR&rsquosレポート&ldquoは栄養士に「はい、果物が必要ですが、ジュースに頼る必要はありません」と言う機会を与えます、とMaplesは言います。彼女は、RDは、ピーナッツバターに浸したスライスフルーツを提供したり、ピーナッツバターサンドイッチにレーズンを追加したりするなど、親が果物を食事やスナックに組み込むのに役立つと言います。

デルブリッジは、ジュースが親にとって便利である可能性があることを認識していますが、ミルクと水の小さな容器や、リンゴやブドウなどのスライス済みの袋入りの果物など、より栄養価の高い、および/または低カロリーのオプションは、同じようにすばやく簡単に投入できると言いますドアを出る途中でランチバッグまたはグラブ。

メープルは重要な警告を提供します:&ldquo私たちは彼らがいる場所で人々に会わなければなりません。人々が果物を食べていない場合は、リンゴ全体のように、決して手に入れようとしない果物よりもジュースの方が適していると彼女は言います。

•鉛の吸収を最小限に抑えるための戦略を使用します。 ジュースの摂取量を減らすことが選択肢ではない場合、または一晩で行うことができる場合、RDは、親が子供たちの鉛吸収を減らすための措置を講じる権限を与える必要があります。メープルズ氏によると、牛乳、ヨーグルト、緑の葉野菜などの食品に含まれるカルシウムは、吸収を求めて鉛と競合します。彼女は、空腹の子供はより多くの鉛を吸収する可能性が高いので、親は彼らに定期的な健康的なスナックを与えることを忘れないでくださいと言います。

メープルはまた、予防策として適切な鉄摂取量を指摘しています。鉛と鉄は小腸の同じ輸送タンパク質に付​​着し、血流、脳、体全体に沈着します。鉄の消費量が少なすぎると、そのタンパク質の活性が上昇し、鉄の摂取が十分である場合よりも多くの鉛を吸収します。 RDは、赤身の赤身の肉、鉄分を強化した穀物食品、ドライフルーツ、豆やレンズ豆などの鉄分を含む食品を推奨し、これらの食品をトマト、柑橘系の果物、最大の鉄吸収のためのコショウ。

結論
DelbridgeとMaplesは、それにもかかわらず、 CR&rsquosの調査結果、RDは全体像を念頭に置き、患者にカウンセリングする際のポジティブな点に焦点を当てる必要があります。

&ldquoIt&rsquosは、時間の経過に伴う[ジュース]の量が多すぎることをレポートで明確にしていないため、真のリスクについて結論を出すのは困難です。彼は、ジュースを&ldquogood&rdquoまたは&ldquobad&rdquoとして特定しようとするよりも、&ldquoalternatives&rdquo(より栄養価の高い飲料や果物全体の消費など)に焦点を当てていると考えています。

メープルズは、全体像では、 CR&rsquosレポート&rsquotは、RDが果物全体の消費の利点についてすでに知っていることを変更しません。また、AAP、アカデミー、およびFDAからの子供向けジュースの摂取を制限することに関する推奨事項を損なうものでもありません。 Maplesは、クライアントにカウンセリングを行う際に、RDがこれらの信頼できるサードパーティの情報源を引用することを推奨しています。

&ldquoこれは、栄養士が一斉に話し合い、果物全体の消費を促進する機会です&rdquo、とメイプルズ氏は言います。 RDは、「この食べ物が怖いにもかかわらず、本当に重要なのは、人々が果物や野菜を増やすことです」と彼女は言います。 &ldquoどんな研究を見ても、果物や野菜をもっと食べる人は健康になることを示しています。&rdquo


消費者レポートはフルーツジュースに重金属を発見しました

1月30日(UPI)-水曜日に発表されたレポートによると、消費者レポートによるテストは、砂糖の不健康なレベルに加えて、ヒ素と鉛のレベルに関することを明らかにしています。

CRは、テストした45のブランド名のリンゴ、ブドウ、洋ナシのジュースの半分に高レベルの金属が含まれていると述べ、親が子供に飲む飲み物を少なくする必要があることを示唆しています。

コンシューマー・レポートのチーフサイエンティフィックオフィサー、ジェームズ・ディッカーソン氏はニュースリリースで、「場合によっては、1日4オンス(または半カップ)を飲むだけで十分に懸念を表明できる」と述べた。

CRによると、重金属は子供のIQレベルを低下させ、行動上の問題、癌、2型糖尿病のリスクにさらす可能性があります。

「これらの金属への早期の曝露は、それらの生涯の軌道に影響を与える可能性があります」と、米国小児科学会の環境衛生評議会の議長であるジェニファー・ローリーは述べています。 「彼らの人生の最初の年に起こっている非常に多くの開発があります。」

鉛はまた、生殖の問題に加えて、膀胱癌、肺癌、皮膚癌などの成人の問題を引き起こす可能性があります。

調査によると、3歳以下の子供の70%以上がフルーツジュースを飲んでいます。

このニュースは、子供たちがミルクや他の飲み物よりもジュース飲料を好むことを研究が示しているが、別の研究は水が子供たちに最も好まれる飲み物であることを示した。

FDAがジュースについて設定した鉛ガイドラインは50ppbで、ボトル入り飲料水の量の10倍です。

「一部の食品は他の食品よりも有毒な重金属を含む可能性が高く、家族の食事でこれらの食品を最小限に抑えることが重要です」とCRの栄養士であるエイミーキーティングは述べています。 「これは、子供に健康的で多様なホールフーズの食事を提供するもう1つの理由です。」


ポリティコ

鉛、ヒ素、カドミウムは一般的に離乳食に含まれていますが、家族が自分で作るために使用する多くの成分にも含まれています。

議会の報告によると、4つの主要なベビーフードブランド(ブナナッツ、ガーバー、アースベストオーガニック、ハッピーベイビー)は、自社の内部テストで、ほとんどの健康専門家が乳児にとって安全であると考えるレベルよりもはるかに高いレベルのヒ素、鉛、カドミウムを含む製品を販売しました。 。 |マリオタマ/ゲッティイメージズ

When Congress released a report this month finding that popular baby foods contain worrisome levels of toxic heavy metals, the reaction was swift.

Scary headlines blared from the New York Times to the Daily Mail, lawsuits were filed within days and throngs of parents, already beleaguered from the stresses of the pandemic, took to social media with the fire of a thousand suns. “You knowingly sell food that hurt babies for profit,” one mom wrote on a baby food company’s Instagram page. “You are MONSTERS.”

But the intense blowback against baby food makers obscured an even larger problem, watchdogs say: Heavy metal contamination is relatively common across the food supply, so infants aren’t the only children vulnerable to possible health effects, and the federal government is doing next to nothing to reduce their exposure.

The Food and Drug Administration has yet to take any action, despite having spent three years quietly exploring the issue of toxic contaminants in food during the Trump administration.

“This is not a baby food problem. This is a food problem,” said Tom Neltner, chemicals policy director at the Environmental Defense Fund, which has lobbied for more regulation of heavy metals.

The congressional report, released earlier this month by a House Oversight Committee panel, found that four major baby food brands — Beech-Nut, Gerber, Earth’s Best Organic and HappyBABY — sold products that their own internal testing showed contained arsenic, lead and cadmium at levels far higher than what most health experts consider safe for infants.

In the days following the report, each of the baby food companies sought to reassure parents that their products are safe and that they follow very high standards for sourcing ingredients, but it’s done little to lessen the blowback.

Though in some cases the companies knew their ingredients contained elevated levels of heavy metals, the baby food makers at the center of the investigation weren’t violating any rules because the FDA has not set standards for most heavy metals in baby food.

The FDA, which has historically focused most of its attention on foodborne pathogens like Salmonella and Listeria, in 2017 launched a working group to look at heavy metals and other contaminants in food, cosmetics and supplements to little fanfare — a move that was partly a reaction to an EPA study from earlier that year that found food was a surprisingly significant source of lead exposure for young children.

A chart that was buried in supplementary material in the study showed that about half of blood lead exposure for most children between the ages of 1 and 6 comes from food. The next biggest contributors: soil and dust (including from lead-based paint), air and water.

Significant problem

It’s an important revelation because lead exposure remains a significant public health problem in the United States. One study estimated that preventing all lead exposure in just the babies born in the year 2018, for example, would deliver $80 billion in societal benefits, in large part due to the increased earnings potential of children with higher IQs and fewer behavioral and health problems.

About two million children, or nearly 10 percent of all young kids, are estimated to consume more lead than the FDA’s current limit each day, according to the government’s own estimates.

Lead is among the best-known and best-studied neurotoxins, but arsenic, cadmium, and mercury are also routinely found in foods at low levels. As scientists have begun to better understand the health risks from long-term, low-level exposure, and labs have grown better at detecting contaminants at very low levels, more attention has turned to the food supply.

The issue has been on the FDA’s radar, but there have been no changes to any food standards.

Now, with the fresh public outrage over baby food, the Biden administration faces pressure to act, even as it is still without a nominee for FDA commissioner.

The agency, in a statement to POLITICO, said it is reviewing the congressional subcommittee’s baby food report.

“The FDA takes exposure to toxic elements in the food supply extremely seriously, especially when it comes to protecting the health and safety of the youngest and most vulnerable in the population,” an FDA spokesperson said in an email, noting that heavy metals are found throughout the environment. “Because they cannot be completely removed, our goal is to reduce exposure to toxic elements in foods to the greatest extent feasible and we have been actively working on this issue using a risk-based approach to prioritize and target the agency’s efforts.”

The FDA did not respond to the criticism that it’s been slow to act on the issue, but did acknowledge “that there is more work to be done.”

The reality is that concerning levels of lead, arsenic, mercury and cadmium can routinely be found in many foods, including rice, sweet potatoes, carrots, juices and spices. The contamination is happening throughout the food supply — not just in baby food — which means that parents cannot avoid heavy metals simply by making their own food.

Crops pull up heavy metals from soil, where some of the metals are naturally occurring but much of the contamination stems from more than a century of pollution, from car exhaust to coal emissions and agricultural chemicals.

Emissions spread heavy metal particles through the air where they eventually settle into soil and water. In the early 20th century, it was common for farmers to use pesticides made with lead and arsenic, especially to grow cotton in the south. Heavy metals don’t degrade, which means crops grown decades later can absorb old contaminants through their roots.

“Parents can’t solve this problem by shopping in the produce aisle and not the baby food aisle,” said Jane Houlihan, research director at Healthy Babies Bright Futures, a nonprofit focused on reducing babies’ exposure to toxic chemicals. “FDA has to take action.”

Small amounts

The good news is that the general population’s exposure to heavy metals has been going down over time, particularly after the government started phasing out leaded gasoline, paints and food cans in the 1970s, which led to a steep drop off in blood levels of lead in children. The bad news is that scientists have only recently come to better understand just how damaging heavy metals can be, particularly for babies and young children, even at very, very low levels.

Even exceedingly small amounts of these neurotoxins can impede a child’s IQ, hinder brain development, lead to behavioral problems, increase cancer risk, and raise the chances of many other diseases. The Centers for Disease Control and Prevention, for example, maintains there’s no known safe blood level of lead in children.

“What’s come into clearer view is that this is an urgent public health problem,” Houlihan said.

Right now, parents and other caretakers are essentially at the mercy of whatever standards baby food companies decide to set for themselves — and the extent to which they actually conduct their own tests and hold themselves to those internal standards.

Exactly how low the limit should be for heavy metals in baby food is a matter of debate, but public health advocates contend it should be as low as possible — and there is broad agreement that the few standards FDA currently has are not strict enough to protect babies and young children.

Back in 2013, FDA proposed a voluntary limit for inorganic arsenic in apple juice at 10 parts per billion and the agency has still not finalized the guidance more than seven years later.

Consumer Reports has since pushed for a limit of 3 ppb for all juices, arguing that the agency’s initial guidance — which companies tend to take seriously — was a step in the right direction, but didn’t do enough to mitigate the risk of developmental problems posed by arsenic exposure.

In 2016, the FDA, responding to outside pressure from Consumer Reports and others, set a voluntary limit for inorganic arsenic in infant rice cereal at 100 ppb, but the agency set this level based on cancer risks and what was feasible for the industry at the time, not neurological development risks, which have been shown at much lower levels. Public health advocates have urged the agency to lower this limit.

The agency has also been criticized for lax oversight. Independent tests have shown infant rice cereal makers sometimes sell products that exceed the standard with no repercussions.

Developmental harm

There are no federal standards for lead in baby food, but the FDA has set a 5 ppb lead standard for bottled water, 50 ppb for juice and 100 ppb for candy. By comparison, the American Academy of Pediatrics recommends a 1 ppb limit for school drinking fountains — a threshold that consumer advocates would like to see applied to juice, too.

Cadmium has received far less attention compared to other toxic metals like arsenic and lead, but it’s also prevalent in the food supply. FDA has no standards on cadmium in any foods. Consumer Reports has urged the agency to set a limit of 1 ppb for cadmium in fruit juice.

But heavy metals have prompted the greatest concern by far when found in baby food because infants and young children are the most vulnerable to developmental harm. In 2017, the Environmental Defense Fund analyzed FDA’s own routine testing of the food supply and found there were measurable lead levels in 20 percent of baby products tested.

The same year, a Colorado-based nonprofit called the Clean Label Project tested some 500 of the country’s best-selling baby foods — one the largest samples to date — and found that nearly 40 percent contained at least trace levels of one heavy metal and 25 percent contained all four, though overall the levels were relatively low.

The following year, Consumer Reports tested 50 popular baby food products and found two thirds contained “worrisome levels” of at least one heavy metal. They reported that 15 of the products tested would pose health risks to children if regularly consumed. Products containing rice and sweet potatoes were particularly likely to test positive. Organic products were just as likely to be contaminated as conventional products.

The House Oversight subcommittee got the idea to look into baby food after another report in 2019 by Healthy Babies Bright Futures, a nonprofit, tested nearly 170 products and found heavy metals present in 95 percent of their samples. Most foods had relatively low levels, but there were product categories that showed higher levels, including lead in carrots and sweet potatoes and particularly arsenic in rice. Four of the seven infant rice cereals tested exceeded FDA’s voluntary limits for inorganic arsenic. The group is urging FDA to set standards for baby food, arguing that repeated exposure at very low levels adds up and poses health risks.

The congressional report this month was based on data that companies voluntarily turned over to the subcommittee. The report reveals that many of the ingredients and products that were tested by companies themselves contained heavy metals at levels that exceed even generous voluntary limits and even some companies’ own internal limits.

“Our worst fears were confirmed,” a senior Democratic committee aide told POLITICO.

It’s difficult to draw broad conclusions about the baby food supply from the report, since it’s not clear how often companies are testing or how much of their own data they turned over to the committee, but the data that were released show numerous examples of significant levels of heavy metals getting through the supply chain and onto store shelves.

For instance, HappyBABY, an organic baby food brand, sold products that tested positive for lead at levels as high as 641 ppb and arsenic as high as 180 ppb, nearly twice FDA’s limit for rice cereal. Nearly 20 percent of the company’s finished products contained over 10 ppb of lead, according to the committee.

In a statement to POLITICO, the company said the data presented in the report was based on “a small portion” of its portfolio and is “not representative generally of our entire range of products at-shelf today.”

“We are disappointed at the many inaccuracies, select data usage and tone bias in this report,” the company said in an email. “We can say with the utmost confidence that all Happy Family Organics products are safe for babies and toddlers to enjoy, and we are proud to have best-in-class testing protocols in our industry.”

Beech-Nut, which markets itself as a “real food” brand, used nearly 90 different ingredients that had tested positive for lead at more than 15 parts per billion, including cinnamon that had been shown to be as high as 886 parts per billion.

Beech-Nut Nutrition said the company is currently reviewing the congressional report and will continue to support setting “science-based standards that food suppliers can implement across our industry.”

“We want to reassure parents that Beech-Nut products are safe and nutritious,” the company said.

Industry standards

Most of the companies targeted by the subcommittee’s investigation, including Gerber and Hain Celestial, which makes Earth’s Best Organic, are part of a group called the Baby Food Council, a partnership with Cornell University and the Environmental Defense Fund to set industry standards for baby food. Three other leading companies didn’t turn over testing data to the committee.

Nonetheless, the findings of the congressional report sparked concern bordering on panic by many parents and other caretakers, especially a year into a pandemic that’s upended schools, jobs, childcare and family support for millions of families.

Emily Oster, a popular economist and author on parenting issues, wrote that she was inundated with so many emails from parents that she moved her weekly newsletter up a few days to help answer questions. (She concluded that more rigorous government standards make sense and parents might consider cutting back on rice products, but should otherwise try not to worry about this too much.)

Moms flooded the social media pages of baby food brands with blistering anger. Some said they’d been in tears over the news, thinking they’d harmed their children. Several demanded to see testing results, threatened to sue, or said they were planning to take their children to the doctor to have their blood tested for heavy metals. Others said they were tossing out all their store bought food and boycotting the companies in the report.

“I have spent this last year home schooling and trying to figure [out] child care,” wrote one mom of three to Beech-Nut on the company’s Instagram page, who said her youngest had been born right at the start of the pandemic. “I have been worried sick that family would get sick. Now I learn I have something completely new to worry about.”

Every expert POLITICO interviewed for this story said it was unfortunate that parents might think they need to avoid all pre-made foods, particularly at such a stressful time.

The fact is that making baby food from scratch would probably not meaningfully reduce a child’s exposure to heavy metals. Digging deeper into the congressional report, it’s clear that many common ingredients can be contaminated and a caretaker has no way of knowing whether the sweet potatoes, kale and cinnamon in their own kitchen are any less contaminated than what baby food companies are sourcing.

The more fundamental issue, advocates say, is that there aren’t standards in place to pressure the supply chain to reduce exposure as much as possible.

“FDA has failed. They failed to set standards for baby food that companies have to meet. And they’ve failed to help, busy, sleep-deprived parents make better choices,” said Scott Faber, senior vice president of government affairs at the Environmental Working Group.

“The idea that new parents are going to navigate this is insane,” he added. “We’re not all nutritionists and toxicologists.”

The House subcommittee that sparked the firestorm earlier this month is planning to do more oversight on baby food, a senior Democratic committee aide told POLITICO. It makes sense to first focus on babies and small children because they are the most vulnerable to the developmental harm from heavy metals, the aide said.

“If you fail to address it here, there will be no broader action,” the aide said.

The subcommittee is working on a bill that would require FDA to come up with standards for heavy metals in baby foods and put in place testing requirements, among other things. Even if such a bill becomes law, it would likely take FDA several years to set such standards, if the agency’s past timelines are any indication.

“We don’t want to wait for that,” the committee aide said.

House Democrats are optimistic that the Biden administration will be open to working on this issue. One hopeful sign: Biden’s pick to lead the Department of Health and Human Services, which sits atop FDA, is Xavier Becerra, the former attorney of California who in 2018 sued two toddler milk companies over allegations they sold products with elevated levels of lead. Becerra’s office also recently went after seafood companies for selling products contaminated with lead and cadmium.

Becerra’s crackdown on seafood processors reflects a recognition that toxic-metal contamination affects more than just baby food.

Practical steps

While parents await action from the FDA, there are some practical steps they can take to protect their children from elevated levels of metal contaminants, health and consumer advocates say: Avoid or limit rice products for infants and young children. Oatmeal infant cereal or other grain cereals, for example, can contain far less arsenic. Brown rice tends to contain higher levels of arsenic than white rice.

Rice puff and teether snacks appear to sometimes test at concerningly high levels of arsenic. Until more is known, it may make sense to swap in other snacks to cut back on potential exposure.

Parents can also cut back on juice, since apple and grape juice commonly contain low levels of arsenic and lead, and instead choose water or milk. Certain vegetables like carrots and sweet potatoes, while healthy options overall, have been shown to contain more heavy metals than others, so serving a wide variety of vegetables is a good idea.

Pediatricians across the country, all of a sudden hounded by questions about heavy metal exposure, have tried to strike a balance for worried parents: Don’t panic. Focus on variety. The American Academy of Pediatrics released tips for parents, suggesting that they can also have their home water tested for heavy metals — in addition to making slight shifts in the diet — but ultimately: “Stronger rules and regulations for testing and limiting the amount of heavy metals in foods for babies and toddlers are most important.”

Phil Landrigan, a pediatrician and children’s health researcher at Boston College who played a crucial role in the government crackdown on lead decades ago, agrees that FDA action is urgently needed.

Ultimately, this is not a problem that should fall to caregivers to navigate, especially when low levels of these toxins have sweeping health consequences for future generations, he explained.

“Parents have done nothing wrong,” he said. “They’ve been hoodwinked by these companies and failed by their government.”


ビデオを見る: פרופ רפי קרסו עם מרב מור אופיר: הסגולות הרפואיות של הרימון והתמר (七月 2022).


コメント:

  1. Blayney

    あなたは正しくありません。ポジションを守ることができます。午後に私に手紙を書いてください、私たちは話します。

  2. Yankel

    おめでとうございます、あなたは素晴らしい考えを持っています。

  3. Marg

    申し訳ありませんが、私の意見では、間違いがあります。 PMで私に書いて、それについて話し合ってください。

  4. Behrend

    興味のあるテーマに関する膨大な情報が掲載されているサイトにアクセスすることをお勧めします。

  5. Lane

    間違いがあると思います。これについて議論してみましょう。 PMで私に書いてください。

  6. Cabal

    信じられない。不可能のようです。

  7. Boarte

    the response)))



メッセージを書く