新しいレシピ

オバマ大統領とトランプ大統領の異なる食生活

オバマ大統領とトランプ大統領の異なる食生活


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1月、バラク・オバマ大統領の下での過去8年間は時として不安定でしたが、彼が好きか後継者を支持するかどうかにかかわらず、彼の任期はようやく終わり、トランプ大統領の時代が正式に始まりました。

オバマ大統領とトランプのスライドショーのさまざまな食生活については、ここをクリックしてください

イデオロギー的には、これら2人の大統領はこれ以上の違いはありませんが、彼らの相違点は政治的信念にとどまらず、食事の好みに引き継がれています。アフォーダブルケア法、ヘルシーハンガーフリーキッズ法、ホワイトハウスガーデンを通じて、オバマと元ファーストレディミシェルはアメリカ人に彼らの食事にもっと注意を払うように勧めました。オバマ氏は、ホワイトハウスの庭で採れたさまざまな野菜(または、彼は以前はそうだった)を、果物、ナッツ、サーモン、そしてたまにチーズバーガーと一緒に食べます。彼の最後の身体によると、オバマは身長6フィート、体重175ポンド、そして全体的に優れた健康状態にあります。

しかし、トランプの食事は、一般のアメリカ人の食事の仕方をより反映しています。彼はファーストフード、特にマクドナルド、KFC、ウェンディーズへの愛情を誇らしげに表現しています。なぜなら、これらの食品は汚染物質から安全であることが保証されているからです。 (彼はチポトレについてひときわ沈黙している。)トランプはまた、カロリーと炭水化物に奇妙な執着を持っている。彼はピザからチーズやその他のトッピングをこすり落とし、食べて生地を無視することで知られています(彼のニューヨークは非常に珍しいです)。彼はダイエットコークをたくさん飲みます。彼の主治医からの手紙は、トランプが太りすぎと肥満の境界にあることを示していますが、それにもかかわらず、彼の医師は「彼はこれまで大統領に選出された中で最も健康な人になるでしょう」と述べました。

オバマ大統領とトランプ大統領の食生活を比較すると、次のようになります。


トランプ対ホワイトハウスの食事。オバマは2つの劇的に異なる味を示しています

彼らの一般的な口調と態度の違いから、彼らの好ましい政治政策まで、ドナルド・トランプとバラク・オバマは2人の劇的に異なる大統領です。多くの意味で、これらの違いは肉眼で完全に明らかです。しかし、トランプ対オバマのホワイトハウスの食事のような他の内訳は、2人の男性が実際にどれほど似ていないかについてのより微妙な分析を提供します。

2018年12月のレポートによると ニューヨークタイムズ、ホワイトハウスはトランプの在任期間中、料理の分野で大きな変化を遂げました—そして1つ以上の方法で。そもそも、大統領自身の食事の好みが報告されているだけです。オバマは外食を楽しんでいましたが、トランプは明らかにワシントンD.C.の公共施設で食事をすることはめったにありません。

代わりに、トランプはホワイトハウスで食事をすることを好みます、 ニューヨークタイムズ さらなるメモ、そして彼の食事の好みはオバマのものから遠くなることができませんでした。ホワイトハウスのキッチンは、オバマ氏の目の前で芽キャベツとシャクシューカ(卵ベースのモロッコ料理)を調理していましたが、現在の大統領のためにミートローフとアイスクリームを大量生産しています。

トランプ氏が大統領に選出されて以来、その味覚は何度も注目を集めています。大統領としての最初の食事のために、彼は特にケチャップと一緒に過度に調理されたステーキを食べました。 ワシントンポスト、そして過去にファーストフードに対する彼の好みについてオープンになっています。

実際、2017年11月1日 ポリティコ マクドナルドのチーズを使ったクォーターパウンダーへのトランプの愛情を詳しく報告します。具体的には、ピクルスや余分なケチャップはありません。彼は食事をとても愛していた、と出版物は報じた。ホワイトハウスのキッチンは彼が望むようにそれを作ることができなかったので、彼は時々それを手に入れるために補佐官を送った。オバマ氏はチーズバーガーと時折のファーストフードの食事を愛していると記録されていますが、インタビューで彼の好きな食べ物はブロッコリーであると主張しています。

就任以来、トランプの好みがまったく変わったかどうかは完全には明らかではありません。 2018年3月のブルームバーグのレポートによると、POTUSは、2018年1月の大統領の肉体労働の後、食事を根本的に変えたとのことです。ホワイトハウスが2019年1月にクレムソンフットボールチームを歓迎したとき、彼らのNCAAチャンピオンシップの勝利を祝いました。

具体的には、 ニューヨーカー、 宴会のスモーガスボードには、マクドナルド、ウェンディーズ、バーガーキングなどの食事が含まれていました。ホワイトハウスでファーストフードを皿に積んでいる若いアスリートの写真はすぐに口コミで広まりました。トランプ氏は後に、当時の政府閉鎖のため、夕食代を自分で支払ったとツイートした。

しかし、トランプとオバマの食事の好みの比較は、彼らが個人的にホワイトハウスで食事をしてゲストに提供することを選択することだけではありません。それはまた、行政がどのように食糧を使ってコミュニティを統一し、他の文化との隔たりを埋めるかにも関係しています。 ニューヨークタイムズ オバマのホワイトハウスはしばしば地元のシェフを特集しましたが、トランプ政権はもはやその努力を優先していないと報告しています。

ポカマドレとタコバンバのレストランを所有し、オバマとジョージW.ブッシュの両方のためにホワイトハウスで料理をしていた地元のシェフ、ビクターアルビスは次のように述べています。 ニューヨークタイムズ 2018年、「私は[トランプ]政権の誰のためにも料理をしていません。それは人々にとって二極化する時期であり、食べ物や飲み物でいっぱいのテーブルはそれらの違いを脇に置く場所です。これは誰にとっても純損失だったと思います。」

トランプの下での新しい料理スタイルは、全国の学校給食プログラムにも広がり始めています。によると ワシントンポスト、米国農務省は、2018年12月に、塩分を増やし、全粒穀物を減らした学校給食メニューを展開する意向を発表しました。

ソニー・パーデュー長官は、 ワシントンポスト、 「子供たちが提供されているものを食べていない場合、彼らは恩恵を受けておらず、食べ物は無駄になっています。」

その後、2020年1月、米国農務省は、学校が昼食と朝食に必要な量の野菜と果物を削減し、同時に生徒にピザ、ハンバーガー、フライドポテトを販売する権利を拡大することを許可する別の規則を提案しました。代わりは。あたり ワシントンポスト、 これらの新しい提案は、学校が毎日必要な野菜としてジャガイモを提供できるようにするなど、他の変更も可能にします。これらの提案された規則の変更は、1月23日に連邦官報に提出され、60日間一般にコメントできるように公開されます。

ホワイトハウスで現在トップの役割を果たしている人物に関係なく、大統領のシェフは過去に、仕事は通常かなり多様であると言っていました。 2006年から2014年までホワイトハウスのレストランオーナーで元パティシエのビル・ヨセスは、ハフィントンポストに、「ホテルのシェフ、プライベートシェフ、レストランのシェフが一体となったようなものです」と語っています。

彼は次のように説明しました。「あなたは私的な家族のために朝食、昼食、夕食を作っています。 5〜6コースの高級ダイニングのテイスティングメニューを行っている場合もあれば、ホテルの宴会シェフのように多くの人が訪れている場合もあります。」

ヨッセはトランプのために料理をしませんでしたが、彼はホワイトハウスでの甘い歯の渇望を満たすためにオバマが何を食べるのが好きだったかについてのインサイダー情報を少し共有しました。 「オバマはあらゆる種類のパイを愛していた」と彼はハフィントンポストに語った。 「夏のフルーツパイ、バナナクリームパイ、ボストンクリームパイ、それが彼らの大好きなものです。」


トランプ対ホワイトハウスの食事。オバマは2つの劇的に異なる味を示しています

彼らの一般的な口調と態度の違いから、彼らの好ましい政治政策まで、ドナルド・トランプとバラク・オバマは2人の劇的に異なる大統領です。多くの意味で、これらの違いは肉眼で完全に明らかです。しかし、トランプ対オバマのホワイトハウスの食事のような他の内訳は、2人の男性が実際にどれほど似ていないかについてのより微妙な分析を提供します。

2018年12月のレポートによると ニューヨークタイムズ、ホワイトハウスはトランプの在任期間中、料理の分野で大きな変化を遂げました—そして1つ以上の方法で。そもそも、大統領自身の食事の好みが報告されているだけです。オバマは外食を楽しんでいましたが、トランプは明らかにワシントンD.C.の公共施設で食事をすることはめったにありません。

代わりに、トランプはホワイトハウスで食事をすることを好みます、 ニューヨークタイムズ さらなるメモ、そして彼の食事の好みはオバマのものから遠くなることができませんでした。ホワイトハウスのキッチンは、オバマ氏の目の前で芽キャベツとシャクシューカ(卵ベースのモロッコ料理)を調理していましたが、現在の大統領のためにミートローフとアイスクリームを大量生産しています。

トランプ氏が大統領に選出されて以来、その味覚は何度も注目を集めています。大統領としての最初の食事のために、彼は特にケチャップと一緒に過度に調理されたステーキを食べました。 ワシントンポスト、そして過去にファーストフードに対する彼の好みについてオープンになっています。

実際、2017年11月1日 ポリティコ マクドナルドのチーズを使ったクォーターパウンダーへのトランプの愛情を詳しく報告します。具体的には、ピクルスや余分なケチャップはありません。彼は食事をとても愛していた、と出版物は報じた。ホワイトハウスのキッチンは彼が望むようにそれを作ることができなかったので、彼は時々それを手に入れるために補佐官を送った。オバマ氏はチーズバーガーと時折のファーストフードの食事を愛していると記録されていますが、インタビューで彼の好きな食べ物はブロッコリーであると主張しています。

就任以来、トランプの好みがまったく変わったかどうかは完全には明らかではありません。 2018年3月のブルームバーグのレポートによると、POTUSは、2018年1月の大統領の肉体労働の後、食事を根本的に変えたとのことです。ホワイトハウスが2019年1月にクレムソンフットボールチームを歓迎したとき、彼らのNCAAチャンピオンシップの勝利を祝いました。

具体的には、 ニューヨーカー、 宴会のスモーガスボードには、マクドナルド、ウェンディーズ、バーガーキングなどの食事が含まれていました。ホワイトハウスでファーストフードを皿に積んでいる若いアスリートの写真はすぐに口コミで広まりました。トランプ氏は後に、当時の政府閉鎖のため、夕食代を自分で支払ったとツイートした。

しかし、トランプとオバマの食事の好みの比較は、彼らが個人的にホワイトハウスで食事をしてゲストに提供することを選択することだけではありません。それはまた、行政がどのように食糧を使ってコミュニティを統一し、他の文化との隔たりを埋めるかにも関係しています。 ニューヨークタイムズ オバマのホワイトハウスはしばしば地元のシェフを特集しましたが、トランプ政権はもはやその努力を優先していないと報告しています。

ポカマドレとタコバンバのレストランを所有し、オバマとジョージW.ブッシュの両方のためにホワイトハウスで料理をしていた地元のシェフ、ビクターアルビスは次のように述べています。 ニューヨークタイムズ 2018年、「私は[トランプ]政権の誰のためにも料理をしていません。それは人々にとって二極化する時期であり、食べ物や飲み物でいっぱいのテーブルはそれらの違いを脇に置く場所です。これは誰にとっても純損失だったと思います。」

トランプの下での新しい料理スタイルは、全国の学校給食プログラムにも広がり始めています。によると ワシントンポスト、米国農務省は、2018年12月に、塩分を増やし、全粒穀物を減らした学校給食メニューを展開する意向を発表しました。

ソニー・パーデュー長官は、 ワシントンポスト、 「子供たちが提供されているものを食べていない場合、彼らは恩恵を受けておらず、食べ物は無駄になっています。」

その後、2020年1月、米国農務省は、学校が昼食と朝食に必要な量の野菜と果物を削減し、同時に生徒にピザ、ハンバーガー、フライドポテトを販売する権利を拡大することを許可する別の規則を提案しました。代わりは。あたり ワシントンポスト、 これらの新しい提案は、学校が毎日必要な野菜としてジャガイモを提供できるようにするなど、他の変更も可能にします。これらの提案された規則の変更は、1月23日に連邦官報に提出され、60日間一般にコメントできるように公開されます。

ホワイトハウスで現在トップの役割を果たしている人物に関係なく、大統領のシェフは過去に、仕事は通常かなり多様であると言っていました。 2006年から2014年までホワイトハウスのレストランオーナーで元パティシエのビル・ヨセスは、ハフィントンポストに次のように述べています。「ホテルのシェフ、プライベートシェフ、レストランのシェフが一体となったようなものです。」

彼は次のように説明しました。「あなたは私的な家族のために朝食、昼食、夕食を作っています。 5〜6コースの高級ダイニングのテイスティングメニューを行っている場合もあれば、ホテルの宴会シェフのように多くの人が訪れている場合もあります。」

ヨッセはトランプのために料理をしませんでしたが、彼はホワイトハウスでの甘い歯の渇望を満たすためにオバマが何を食べるのが好きだったかについてのインサイダー情報を少し共有しました。 「オバマはあらゆる種類のパイを愛していた」と彼はハフィントンポストに語った。 「夏のフルーツパイ、バナナクリームパイ、ボストンクリームパイ、それが彼らの大好きなものです。」


トランプ対ホワイトハウスの食事。オバマは2つの劇的に異なる味を示しています

彼らの一般的な口調と態度の違いから、彼らの好ましい政治政策まで、ドナルド・トランプとバラク・オバマは2人の劇的に異なる大統領です。多くの意味で、これらの違いは肉眼で完全に明らかです。しかし、トランプ対オバマのホワイトハウスの食事のような他の内訳は、2人の男性が実際にどれほど似ていないかについてのより微妙な分析を提供します。

2018年12月のレポートによると ニューヨークタイムズ、ホワイトハウスはトランプの在任期間中、料理の分野で大きな変化を遂げました—そして1つ以上の方法で。そもそも、大統領自身の食事の好みが報告されているだけです。オバマは外食を楽しんでいましたが、トランプは明らかにワシントンD.C.の公共施設で食事をすることはめったにありません。

代わりに、トランプはホワイトハウスで食事をすることを好みます、 ニューヨークタイムズ さらなるメモ、そして彼の食事の好みはオバマのものから遠くなることができませんでした。ホワイトハウスのキッチンは、オバマ氏の目の前で芽キャベツとシャクシューカ(卵ベースのモロッコ料理)を調理していましたが、現在の大統領のためにミートローフとアイスクリームを大量生産しています。

トランプ氏が大統領に選出されて以来、その味覚は何度も注目を集めています。大統領としての最初の食事のために、彼は特にケチャップと一緒に過度に調理されたステーキを食べました。 ワシントンポスト、そして過去にファーストフードに対する彼の好みについてオープンになっています。

実際、2017年11月1日 ポリティコ マクドナルドのチーズを使ったクォーターパウンダーへのトランプの愛情を詳しく報告します。具体的には、ピクルスや余分なケチャップはありません。彼は食事をとても愛していた、と出版物は報じた。ホワイトハウスのキッチンは彼が望むようにそれを作ることができなかったので、彼は時々それを手に入れるために補佐官を送った。オバマ氏はチーズバーガーと時折のファーストフードの食事を愛していると記録されていますが、インタビューで彼の好きな食べ物はブロッコリーであると主張しています。

就任以来、トランプの好みがまったく変わったかどうかは完全には明らかではありません。 2018年3月のブルームバーグのレポートによると、POTUSは、2018年1月の大統領の肉体労働の後、食事を根本的に変えたとのことです。ホワイトハウスが2019年1月にクレムソンフットボールチームを歓迎したとき、彼らのNCAAチャンピオンシップの勝利を祝いました。

具体的には、 ニューヨーカー、 宴会のスモーガスボードには、マクドナルド、ウェンディーズ、バーガーキングなどの食事が含まれていました。ホワイトハウスでファーストフードを皿に積んでいる若いアスリートの写真はすぐに口コミで広まりました。トランプ氏は後に、当時の政府閉鎖のため、夕食代を自分で支払ったとツイートした。

しかし、トランプとオバマの食事の好みの比較は、彼らが個人的にホワイトハウスで食事をしてゲストに提供することを選択することだけではありません。それはまた、行政がどのように食糧を使ってコミュニティを統一し、他の文化との隔たりを埋めるかにも関係しています。 ニューヨークタイムズ オバマのホワイトハウスはしばしば地元のシェフを特集しましたが、トランプ政権はもはやその努力を優先していないと報告しています。

ポカマドレとタコバンバのレストランを所有し、オバマとジョージW.ブッシュの両方のためにホワイトハウスで料理をしていた地元のシェフ、ビクターアルビスは次のように述べています。 ニューヨークタイムズ 2018年、「私は[トランプ]政権の誰のためにも料理をしていません。それは人々にとって二極化する時期であり、食べ物や飲み物でいっぱいのテーブルはそれらの違いを脇に置く場所です。これは誰にとっても純損失だったと思います。」

トランプの下での新しい料理スタイルは、全国の学校給食プログラムにも広がり始めています。によると ワシントンポスト、米国農務省は、2018年12月に、塩分を増やし、全粒穀物を減らした学校給食メニューを展開する意向を発表しました。

ソニー・パーデュー長官は、 ワシントンポスト、 「子供たちが提供されているものを食べていない場合、彼らは恩恵を受けておらず、食べ物は無駄になっています。」

その後、2020年1月、米国農務省は、学校が昼食と朝食に必要な量の野菜と果物を削減し、同時に生徒にピザ、ハンバーガー、フライドポテトを販売する権利を拡大することを許可する別の規則を提案しました。代わりは。あたり ワシントンポスト、 これらの新しい提案は、学校が毎日必要な野菜としてジャガイモを提供できるようにするなど、他の変更も可能にします。これらの提案された規則の変更は、1月23日に連邦官報に提出され、60日間一般にコメントできるように公開されます。

ホワイトハウスで現在トップの役割を果たしている人物に関係なく、大統領のシェフは過去に、仕事は通常かなり多様であると言っていました。 2006年から2014年までホワイトハウスのレストランオーナーで元パティシエのビル・ヨセスは、ハフィントンポストに次のように述べています。「ホテルのシェフ、プライベートシェフ、レストランのシェフが一体となったようなものです。」

彼は次のように説明しました。「あなたは私的な家族のために朝食、昼食、夕食を作っています。 5〜6コースの高級ダイニングのテイスティングメニューを行っている場合もあれば、ホテルの宴会シェフのように多くの人が訪れている場合もあります。」

ヨッセはトランプのために料理をしませんでしたが、彼はホワイトハウスでの甘い歯の渇望を満たすためにオバマが何を食べるのが好きだったかについてのインサイダー情報を少し共有しました。 「オバマはあらゆる種類のパイを愛していた」と彼はハフィントンポストに語った。 「夏のフルーツパイ、バナナクリームパイ、ボストンクリームパイ、それが彼らの大好きなものです。」


トランプ対ホワイトハウスの食事。オバマは2つの劇的に異なる味を示しています

彼らの一般的な口調と態度の違いから、彼らの好ましい政治政策まで、ドナルド・トランプとバラク・オバマは2人の劇的に異なる大統領です。多くの意味で、これらの違いは肉眼で完全に明らかです。しかし、トランプ対オバマのホワイトハウスの食事のような他の内訳は、2人の男性が実際にどれほど似ていないかについてのより微妙な分析を提供します。

2018年12月のレポートによると ニューヨークタイムズ、ホワイトハウスはトランプの在任期間中、料理の分野で大きな変化を遂げました—そして1つ以上の方法で。そもそも、大統領自身の食事の好みが報告されているだけです。オバマは外食を楽しんでいましたが、トランプは明らかにワシントンD.C.の公共施設で食事をすることはめったにありません。

代わりに、トランプはホワイトハウスで食事をすることを好みます、 ニューヨークタイムズ さらなるメモ、そして彼の食事の好みはオバマのものから遠くなることができませんでした。ホワイトハウスのキッチンは、オバマ氏の目の前で芽キャベツとシャクシューカ(卵ベースのモロッコ料理)を調理していましたが、現在の大統領のためにミートローフとアイスクリームを大量生産しています。

トランプ氏が大統領に選出されて以来、その味覚は何度も注目を集めています。大統領としての最初の食事のために、彼は特にケチャップと一緒に過度に調理されたステーキを食べました。 ワシントンポスト、そして過去にファーストフードに対する彼の好みについてオープンになっています。

実際、2017年11月1日 ポリティコ マクドナルドのチーズを使ったクォーターパウンダーへのトランプの愛情を詳しく報告します。具体的には、ピクルスや余分なケチャップはありません。彼は食事をとても愛していた、と出版物は報じた。ホワイトハウスのキッチンは彼が望むようにそれを作ることができなかったので、彼は時々それを手に入れるために補佐官を送った。オバマ氏はチーズバーガーと時折のファーストフードの食事を愛していると記録されていますが、インタビューで彼の好きな食べ物はブロッコリーであると主張しています。

就任以来、トランプの好みがまったく変わったかどうかは完全には明らかではありません。 2018年3月のブルームバーグのレポートによると、POTUSは、2018年1月の大統領の肉体労働の後、食事を根本的に変えたとのことです。ホワイトハウスが2019年1月にクレムソンフットボールチームを歓迎したとき、彼らのNCAAチャンピオンシップの勝利を祝いました。

具体的には、 ニューヨーカー、 宴会のスモーガスボードには、マクドナルド、ウェンディーズ、バーガーキングなどの食事が含まれていました。ホワイトハウスでファーストフードを皿に積んでいる若いアスリートの写真はすぐに口コミで広まりました。トランプ氏は後に、当時の政府閉鎖のため、夕食代を自分で支払ったとツイートした。

しかし、トランプとオバマの食事の好みの比較は、彼らが個人的にホワイトハウスで食事をしてゲストに提供することを選択することだけではありません。それはまた、行政がどのように食糧を使ってコミュニティを統一し、他の文化との隔たりを埋めるかにも関係しています。 ニューヨークタイムズ オバマのホワイトハウスはしばしば地元のシェフを特集しましたが、トランプ政権はもはやその努力を優先していないと報告しています。

ポカマドレとタコバンバのレストランを所有し、オバマとジョージW.ブッシュの両方のためにホワイトハウスで料理をしていた地元のシェフ、ビクターアルビスは次のように述べています。 ニューヨークタイムズ 2018年、「私は[トランプ]政権の誰のためにも料理をしていません。それは人々にとって二極化する時期であり、食べ物や飲み物でいっぱいのテーブルはそれらの違いを脇に置く場所です。これは誰にとっても純損失だったと思います。」

トランプの下での新しい料理スタイルは、全国の学校給食プログラムにも広がり始めています。によると ワシントンポスト、米国農務省は、2018年12月に、塩分を増やし、全粒穀物を減らした学校給食メニューを展開する意向を発表しました。

ソニー・パーデュー長官は、 ワシントンポスト、 「子供たちが提供されているものを食べていない場合、彼らは恩恵を受けておらず、食べ物は無駄になっています。」

その後、2020年1月、米国農務省は、学校が昼食と朝食に必要な量の野菜と果物を削減し、同時に生徒にピザ、ハンバーガー、フライドポテトを販売する権利を拡大することを許可する別の規則を提案しました。代わりは。あたり ワシントンポスト、 これらの新しい提案は、学校が毎日必要な野菜としてジャガイモを提供できるようにするなど、他の変更も可能にします。これらの提案された規則の変更は、1月23日に連邦官報に提出され、60日間一般にコメントできるように公開されます。

ホワイトハウスで現在トップの役割を果たしている人物に関係なく、大統領のシェフは過去に、仕事は通常かなり多様であると言っていました。 2006年から2014年までホワイトハウスのレストランオーナーで元パティシエのビル・ヨセスは、ハフィントンポストに次のように述べています。「ホテルのシェフ、プライベートシェフ、レストランのシェフが一体となったようなものです。」

彼は次のように説明しました。「あなたは私的な家族のために朝食、昼食、夕食を作っています。 5〜6コースの高級ダイニングのテイスティングメニューを行っている場合もあれば、ホテルの宴会シェフのように多くの人が訪れている場合もあります。」

ヨッセはトランプのために料理をしませんでしたが、彼はホワイトハウスでの甘い歯の渇望を満たすためにオバマが何を食べるのが好きだったかについてのインサイダー情報を少し共有しました。 「オバマはあらゆる種類のパイを愛していた」と彼はハフィントンポストに語った。 「夏のフルーツパイ、バナナクリームパイ、ボストンクリームパイ、それが彼らの大好きなものです。」


トランプ対ホワイトハウスの食事。オバマは2つの劇的に異なる味を示しています

彼らの一般的な口調と態度の違いから、彼らの好ましい政治政策まで、ドナルド・トランプとバラク・オバマは2人の劇的に異なる大統領です。多くの意味で、これらの違いは肉眼で完全に明らかです。しかし、トランプ対オバマのホワイトハウスの食事のような他の内訳は、2人の男性が実際にどれほど似ていないかについてのより微妙な分析を提供します。

2018年12月のレポートによると ニューヨークタイムズ、ホワイトハウスはトランプの在任期間中、料理の分野で大きな変化を遂げました—そして1つ以上の方法で。そもそも、大統領自身の食事の好みが報告されているだけです。オバマは外食を楽しんでいましたが、トランプは明らかにワシントンD.C.の公共施設で食事をすることはめったにありません。

代わりに、トランプはホワイトハウスで食事をすることを好みます、 ニューヨークタイムズ さらなるメモ、そして彼の食事の好みはオバマのものから遠くなることができませんでした。ホワイトハウスのキッチンは、オバマ氏の目の前で芽キャベツとシャクシューカ(卵ベースのモロッコ料理)を調理していましたが、現在の大統領のためにミートローフとアイスクリームを大量生産しています。

トランプ氏が大統領に選出されて以来、その味覚は何度も注目を集めています。大統領としての最初の食事のために、彼は特にケチャップと一緒に過度に調理されたステーキを食べました。 ワシントンポスト、そして過去にファーストフードに対する彼の好みについてオープンになっています。

実際、2017年11月1日 ポリティコ マクドナルドのチーズを使ったクォーターパウンダーへのトランプの愛情を詳しく報告します。具体的には、ピクルスや余分なケチャップはありません。彼は食事をとても愛していた、と出版物は報じた。ホワイトハウスのキッチンは彼が望むようにそれを作ることができなかったので、彼は時々それを手に入れるために補佐官を送った。オバマ氏はチーズバーガーと時折のファーストフードの食事を愛していると記録されていますが、インタビューで彼の好きな食べ物はブロッコリーであると主張しています。

就任以来、トランプの好みがまったく変わったかどうかは完全には明らかではありません。 2018年3月のブルームバーグのレポートによると、POTUSは、2018年1月の大統領の肉体労働の後、食事を根本的に変えたとのことです。ホワイトハウスが2019年1月にクレムソンフットボールチームを歓迎したとき、彼らのNCAAチャンピオンシップの勝利を祝いました。

具体的には、 ニューヨーカー、 宴会のスモーガスボードには、マクドナルド、ウェンディーズ、バーガーキングなどの食事が含まれていました。ホワイトハウスでファーストフードを皿に積んでいる若いアスリートの写真はすぐに口コミで広まりました。トランプ氏は後に、当時の政府閉鎖のため、夕食代を自分で支払ったとツイートした。

しかし、トランプとオバマの食事の好みの比較は、彼らが個人的にホワイトハウスで食事をしてゲストに提供することを選択することだけではありません。それはまた、行政がどのように食糧を使ってコミュニティを統一し、他の文化との隔たりを埋めるかにも関係しています。 ニューヨークタイムズ オバマのホワイトハウスはしばしば地元のシェフを特集しましたが、トランプ政権はもはやその努力を優先していないと報告しています。

ポカマドレとタコバンバのレストランを所有し、オバマとジョージW.ブッシュの両方のためにホワイトハウスで料理をしていた地元のシェフ、ビクターアルビスは次のように述べています。 ニューヨークタイムズ 2018年、「私は[トランプ]政権の誰のためにも料理をしていません。それは人々にとって二極化する時期であり、食べ物や飲み物でいっぱいのテーブルはそれらの違いを脇に置く場所です。これは誰にとっても純損失だったと思います。」

トランプの下での新しい料理スタイルは、全国の学校給食プログラムにも広がり始めています。によると ワシントンポスト、米国農務省は、2018年12月に、塩分を増やし、全粒穀物を減らした学校給食メニューを展開する意向を発表しました。

ソニー・パーデュー長官は、 ワシントンポスト、 「子供たちが提供されているものを食べていない場合、彼らは恩恵を受けておらず、食べ物は無駄になっています。」

その後、2020年1月、米国農務省は、学校が昼食と朝食に必要な量の野菜と果物を削減し、同時に生徒にピザ、ハンバーガー、フライドポテトを販売する権利を拡大することを許可する別の規則を提案しました。代わりは。あたり ワシントンポスト、 これらの新しい提案は、学校が毎日必要な野菜としてジャガイモを提供できるようにするなど、他の変更も可能にします。これらの提案された規則の変更は、1月23日に連邦官報に提出され、60日間一般にコメントできるように公開されます。

ホワイトハウスで現在トップの役割を果たしている人物に関係なく、大統領のシェフは過去に、仕事は通常かなり多様であると言っていました。 2006年から2014年までホワイトハウスのレストランオーナーで元パティシエのビル・ヨセスは、ハフィントンポストに次のように述べています。「ホテルのシェフ、プライベートシェフ、レストランのシェフが一体となったようなものです。」

彼は次のように説明しました。「あなたは私的な家族のために朝食、昼食、夕食を作っています。 5〜6コースの高級ダイニングのテイスティングメニューを行っている場合もあれば、ホテルの宴会シェフのように多くの人が訪れている場合もあります。」

ヨッセはトランプのために料理をしませんでしたが、彼はホワイトハウスでの甘い歯の渇望を満たすためにオバマが何を食べるのが好きだったかについてのインサイダー情報を少し共有しました。 「オバマはあらゆる種類のパイを愛していた」と彼はハフィントンポストに語った。 「夏のフルーツパイ、バナナクリームパイ、ボストンクリームパイ、それが彼らの大好きなものです。」


トランプ対ホワイトハウスの食事。オバマは2つの劇的に異なる味を示しています

彼らの一般的な口調と態度の違いから、彼らの好ましい政治政策まで、ドナルド・トランプとバラク・オバマは2人の劇的に異なる大統領です。多くの意味で、これらの違いは肉眼で完全に明らかです。しかし、トランプ対オバマのホワイトハウスの食事のような他の内訳は、2人の男性が実際にどれほど似ていないかについてのより微妙な分析を提供します。

2018年12月のレポートによると ニューヨークタイムズ、ホワイトハウスはトランプの在任期間中、料理の分野で大きな変化を遂げました—そして1つ以上の方法で。そもそも、大統領自身の食事の好みが報告されているだけです。オバマは外食を楽しんでいましたが、トランプは明らかにワシントンD.C.の公共施設で食事をすることはめったにありません。

代わりに、トランプはホワイトハウスで食事をすることを好みます、 ニューヨークタイムズ さらなるメモ、そして彼の食事の好みはオバマのものから遠くなることができませんでした。ホワイトハウスのキッチンは、オバマ氏の目の前で芽キャベツとシャクシューカ(卵ベースのモロッコ料理)を調理していましたが、現在の大統領のためにミートローフとアイスクリームを大量生産しています。

トランプ氏が大統領に選出されて以来、その味覚は何度も注目を集めています。大統領としての最初の食事のために、彼は特にケチャップと一緒に過度に調理されたステーキを食べました。 ワシントンポスト, and has been open about his penchant for fast food in the past.

In fact, one November 2017 ポリティコ report detailed Trump's love of a quarter-pounder with cheese from McDonald's — specifically, with no pickles and extra ketchup. He loved the meal so much, the publication reported, that he occasionally sent an aide to go get it, because the White House kitchen couldn't make it quite like he wanted it. While Obama has a documented love of cheeseburgers and the occasional fast food meal, he has maintained in interviews that his favorite food is broccoli.

It's not entirely clear whether Trump's tastes have changed at all since taking office. A March 2018 Bloomberg report claimed that POTUS did radically alter his diet after his presidential physical in January 2018. One thing is clear, though: Trump still holds a special place in his heart for fast food, since he requested a dinner banquet full of it when the White House welcomed the Clemson football team in January 2019, to celebrate their NCAA championship win.

Specifically, per The New Yorker, the banquet smorgasbord included meals from McDonald's, Wendy's, Burger King, and more. Photos of the young athletes piling their plates with fast food at the White House quickly went viral. Trump would later tweet that he paid for the dinner himself, because of the government shutdown at the time.

The comparison between Trump and Obama's dietary preferences isn't just about what they personally choose to eat and offer guests at the White House, though. It also has to do with how the administrations use food to unify communities and bridge the divide with other cultures. ニューヨークタイムズ reports that while Obama's White House often featured local chefs, the Trump administration no longer prioritizes that effort.

Victor Albisu, a local chef who owns the Poca Madre and Taco Bamba restaurants and who used to cook at the White House for both Obama and George W. Bush, said to ニューヨークタイムズ in 2018, “I have not cooked for anybody in the [Trump] administration. It’s a polarizing time for people, and a table full of food and drinks is the place to put aside those differences. I think this has been a net loss for everyone.”

The new culinary style under Trump has even begun to spread out to school lunch programs across the country.によると ワシントンポスト, the U.S. Agriculture Department announced its intentions to roll out school lunch menus packed with more salt and less whole grain in December 2018.

Secretary Sonny Perdue said of the proposed change to The Washington Post, “If kids are not eating what is being served, they are not benefiting, and food is being wasted."

Then, in January 2020, the U.S. Agriculture Department proposed another round of rules, which would allow schools to cut the required amount of veggies and fruits for lunches and breakfasts, and to simultaneously expand their right to sell pizza, burgers, and fries to students instead. Per The Washington Post, these new proposals would also allow other changes, including allowing schools to offer a potato as the required vegetable every single day. These proposed rule changes were submitted to the Federal Register on Jan. 23, and will be open for comment to the public for 60 days.

Regardless of the person currently occupying the top role in the White House, presidential chefs have said in the past that the job is usually quite varied. Bill Yosses, a restaurant owner and former pastry chef at the White House from 2006-2014, said to The Huffington Post, “It’s like being a hotel chef, a private chef and a restaurant chef all in one."

He explained, "You’re cooking breakfast, lunch and dinner for a private family. You could be doing a fine dining tasting menu with 5-6 courses, or you might have so many people coming through it’s like being a banquet chef in a hotel.”

Though Yosses did not cook for Trump, he did share a little bit of insider info on what the Obamas loved to eat to satisfy sweet tooth cravings during their time in the White House. “The Obamas loved pie of every kind,” he told The Huffington Post. “Fruit pie in the summer, banana cream pie, Boston cream pie, that’s what they loved."


White House Meals Under Trump Vs. Obama Show Two Dramatically Different Tastes

From the differences in their general tone and demeanor, to their preferred political policies, Donald Trump and Barack Obama are two dramatically different presidents. In many senses, these differences are totally apparent to the naked eye. But other breakdowns, like the White House meals for Trump vs. Obama, offer a more subtle analysis into how unalike the two men really are.

According a December 2018 report by ニューヨークタイムズ, the White House has undergone significant change in the culinary sphere under Trump's tenure — and in more ways than one. To begin with, there are just the reported eating preferences of the president, himself: while Obama used to enjoy eating out, Trump apparently rarely dines in public D.C. establishments.

Instead, Trump prefers to eat in at the White House, ニューヨークタイムズ further notes, and his meal preferences couldn't be further from Obama's. While the White House kitchen cooked up Brussels sprouts and shakshuka (an egg-based Moroccan dish) under Obama's eye, according to the outlet, it now churns out meatloaf and ice cream for the current president.

Trump's tastebuds have drawn attention again and again since he was elected president. He notably ate an over-cooked steak with ketchup for his first meal as president, according to ワシントンポスト, and has been open about his penchant for fast food in the past.

In fact, one November 2017 ポリティコ report detailed Trump's love of a quarter-pounder with cheese from McDonald's — specifically, with no pickles and extra ketchup. He loved the meal so much, the publication reported, that he occasionally sent an aide to go get it, because the White House kitchen couldn't make it quite like he wanted it. While Obama has a documented love of cheeseburgers and the occasional fast food meal, he has maintained in interviews that his favorite food is broccoli.

It's not entirely clear whether Trump's tastes have changed at all since taking office. A March 2018 Bloomberg report claimed that POTUS did radically alter his diet after his presidential physical in January 2018. One thing is clear, though: Trump still holds a special place in his heart for fast food, since he requested a dinner banquet full of it when the White House welcomed the Clemson football team in January 2019, to celebrate their NCAA championship win.

Specifically, per The New Yorker, the banquet smorgasbord included meals from McDonald's, Wendy's, Burger King, and more. Photos of the young athletes piling their plates with fast food at the White House quickly went viral. Trump would later tweet that he paid for the dinner himself, because of the government shutdown at the time.

The comparison between Trump and Obama's dietary preferences isn't just about what they personally choose to eat and offer guests at the White House, though. It also has to do with how the administrations use food to unify communities and bridge the divide with other cultures. ニューヨークタイムズ reports that while Obama's White House often featured local chefs, the Trump administration no longer prioritizes that effort.

Victor Albisu, a local chef who owns the Poca Madre and Taco Bamba restaurants and who used to cook at the White House for both Obama and George W. Bush, said to ニューヨークタイムズ in 2018, “I have not cooked for anybody in the [Trump] administration. It’s a polarizing time for people, and a table full of food and drinks is the place to put aside those differences. I think this has been a net loss for everyone.”

The new culinary style under Trump has even begun to spread out to school lunch programs across the country.によると ワシントンポスト, the U.S. Agriculture Department announced its intentions to roll out school lunch menus packed with more salt and less whole grain in December 2018.

Secretary Sonny Perdue said of the proposed change to The Washington Post, “If kids are not eating what is being served, they are not benefiting, and food is being wasted."

Then, in January 2020, the U.S. Agriculture Department proposed another round of rules, which would allow schools to cut the required amount of veggies and fruits for lunches and breakfasts, and to simultaneously expand their right to sell pizza, burgers, and fries to students instead. Per The Washington Post, these new proposals would also allow other changes, including allowing schools to offer a potato as the required vegetable every single day. These proposed rule changes were submitted to the Federal Register on Jan. 23, and will be open for comment to the public for 60 days.

Regardless of the person currently occupying the top role in the White House, presidential chefs have said in the past that the job is usually quite varied. Bill Yosses, a restaurant owner and former pastry chef at the White House from 2006-2014, said to The Huffington Post, “It’s like being a hotel chef, a private chef and a restaurant chef all in one."

He explained, "You’re cooking breakfast, lunch and dinner for a private family. You could be doing a fine dining tasting menu with 5-6 courses, or you might have so many people coming through it’s like being a banquet chef in a hotel.”

Though Yosses did not cook for Trump, he did share a little bit of insider info on what the Obamas loved to eat to satisfy sweet tooth cravings during their time in the White House. “The Obamas loved pie of every kind,” he told The Huffington Post. “Fruit pie in the summer, banana cream pie, Boston cream pie, that’s what they loved."


White House Meals Under Trump Vs. Obama Show Two Dramatically Different Tastes

From the differences in their general tone and demeanor, to their preferred political policies, Donald Trump and Barack Obama are two dramatically different presidents. In many senses, these differences are totally apparent to the naked eye. But other breakdowns, like the White House meals for Trump vs. Obama, offer a more subtle analysis into how unalike the two men really are.

According a December 2018 report by ニューヨークタイムズ, the White House has undergone significant change in the culinary sphere under Trump's tenure — and in more ways than one. To begin with, there are just the reported eating preferences of the president, himself: while Obama used to enjoy eating out, Trump apparently rarely dines in public D.C. establishments.

Instead, Trump prefers to eat in at the White House, ニューヨークタイムズ further notes, and his meal preferences couldn't be further from Obama's. While the White House kitchen cooked up Brussels sprouts and shakshuka (an egg-based Moroccan dish) under Obama's eye, according to the outlet, it now churns out meatloaf and ice cream for the current president.

Trump's tastebuds have drawn attention again and again since he was elected president. He notably ate an over-cooked steak with ketchup for his first meal as president, according to ワシントンポスト, and has been open about his penchant for fast food in the past.

In fact, one November 2017 ポリティコ report detailed Trump's love of a quarter-pounder with cheese from McDonald's — specifically, with no pickles and extra ketchup. He loved the meal so much, the publication reported, that he occasionally sent an aide to go get it, because the White House kitchen couldn't make it quite like he wanted it. While Obama has a documented love of cheeseburgers and the occasional fast food meal, he has maintained in interviews that his favorite food is broccoli.

It's not entirely clear whether Trump's tastes have changed at all since taking office. A March 2018 Bloomberg report claimed that POTUS did radically alter his diet after his presidential physical in January 2018. One thing is clear, though: Trump still holds a special place in his heart for fast food, since he requested a dinner banquet full of it when the White House welcomed the Clemson football team in January 2019, to celebrate their NCAA championship win.

Specifically, per The New Yorker, the banquet smorgasbord included meals from McDonald's, Wendy's, Burger King, and more. Photos of the young athletes piling their plates with fast food at the White House quickly went viral. Trump would later tweet that he paid for the dinner himself, because of the government shutdown at the time.

The comparison between Trump and Obama's dietary preferences isn't just about what they personally choose to eat and offer guests at the White House, though. It also has to do with how the administrations use food to unify communities and bridge the divide with other cultures. ニューヨークタイムズ reports that while Obama's White House often featured local chefs, the Trump administration no longer prioritizes that effort.

Victor Albisu, a local chef who owns the Poca Madre and Taco Bamba restaurants and who used to cook at the White House for both Obama and George W. Bush, said to ニューヨークタイムズ in 2018, “I have not cooked for anybody in the [Trump] administration. It’s a polarizing time for people, and a table full of food and drinks is the place to put aside those differences. I think this has been a net loss for everyone.”

The new culinary style under Trump has even begun to spread out to school lunch programs across the country.によると ワシントンポスト, the U.S. Agriculture Department announced its intentions to roll out school lunch menus packed with more salt and less whole grain in December 2018.

Secretary Sonny Perdue said of the proposed change to The Washington Post, “If kids are not eating what is being served, they are not benefiting, and food is being wasted."

Then, in January 2020, the U.S. Agriculture Department proposed another round of rules, which would allow schools to cut the required amount of veggies and fruits for lunches and breakfasts, and to simultaneously expand their right to sell pizza, burgers, and fries to students instead. Per The Washington Post, these new proposals would also allow other changes, including allowing schools to offer a potato as the required vegetable every single day. These proposed rule changes were submitted to the Federal Register on Jan. 23, and will be open for comment to the public for 60 days.

Regardless of the person currently occupying the top role in the White House, presidential chefs have said in the past that the job is usually quite varied. Bill Yosses, a restaurant owner and former pastry chef at the White House from 2006-2014, said to The Huffington Post, “It’s like being a hotel chef, a private chef and a restaurant chef all in one."

He explained, "You’re cooking breakfast, lunch and dinner for a private family. You could be doing a fine dining tasting menu with 5-6 courses, or you might have so many people coming through it’s like being a banquet chef in a hotel.”

Though Yosses did not cook for Trump, he did share a little bit of insider info on what the Obamas loved to eat to satisfy sweet tooth cravings during their time in the White House. “The Obamas loved pie of every kind,” he told The Huffington Post. “Fruit pie in the summer, banana cream pie, Boston cream pie, that’s what they loved."


White House Meals Under Trump Vs. Obama Show Two Dramatically Different Tastes

From the differences in their general tone and demeanor, to their preferred political policies, Donald Trump and Barack Obama are two dramatically different presidents. In many senses, these differences are totally apparent to the naked eye. But other breakdowns, like the White House meals for Trump vs. Obama, offer a more subtle analysis into how unalike the two men really are.

According a December 2018 report by ニューヨークタイムズ, the White House has undergone significant change in the culinary sphere under Trump's tenure — and in more ways than one. To begin with, there are just the reported eating preferences of the president, himself: while Obama used to enjoy eating out, Trump apparently rarely dines in public D.C. establishments.

Instead, Trump prefers to eat in at the White House, ニューヨークタイムズ further notes, and his meal preferences couldn't be further from Obama's. While the White House kitchen cooked up Brussels sprouts and shakshuka (an egg-based Moroccan dish) under Obama's eye, according to the outlet, it now churns out meatloaf and ice cream for the current president.

Trump's tastebuds have drawn attention again and again since he was elected president. He notably ate an over-cooked steak with ketchup for his first meal as president, according to ワシントンポスト, and has been open about his penchant for fast food in the past.

In fact, one November 2017 ポリティコ report detailed Trump's love of a quarter-pounder with cheese from McDonald's — specifically, with no pickles and extra ketchup. He loved the meal so much, the publication reported, that he occasionally sent an aide to go get it, because the White House kitchen couldn't make it quite like he wanted it. While Obama has a documented love of cheeseburgers and the occasional fast food meal, he has maintained in interviews that his favorite food is broccoli.

It's not entirely clear whether Trump's tastes have changed at all since taking office. A March 2018 Bloomberg report claimed that POTUS did radically alter his diet after his presidential physical in January 2018. One thing is clear, though: Trump still holds a special place in his heart for fast food, since he requested a dinner banquet full of it when the White House welcomed the Clemson football team in January 2019, to celebrate their NCAA championship win.

Specifically, per The New Yorker, the banquet smorgasbord included meals from McDonald's, Wendy's, Burger King, and more. Photos of the young athletes piling their plates with fast food at the White House quickly went viral. Trump would later tweet that he paid for the dinner himself, because of the government shutdown at the time.

The comparison between Trump and Obama's dietary preferences isn't just about what they personally choose to eat and offer guests at the White House, though. It also has to do with how the administrations use food to unify communities and bridge the divide with other cultures. ニューヨークタイムズ reports that while Obama's White House often featured local chefs, the Trump administration no longer prioritizes that effort.

Victor Albisu, a local chef who owns the Poca Madre and Taco Bamba restaurants and who used to cook at the White House for both Obama and George W. Bush, said to ニューヨークタイムズ in 2018, “I have not cooked for anybody in the [Trump] administration. It’s a polarizing time for people, and a table full of food and drinks is the place to put aside those differences. I think this has been a net loss for everyone.”

The new culinary style under Trump has even begun to spread out to school lunch programs across the country.によると ワシントンポスト, the U.S. Agriculture Department announced its intentions to roll out school lunch menus packed with more salt and less whole grain in December 2018.

Secretary Sonny Perdue said of the proposed change to The Washington Post, “If kids are not eating what is being served, they are not benefiting, and food is being wasted."

Then, in January 2020, the U.S. Agriculture Department proposed another round of rules, which would allow schools to cut the required amount of veggies and fruits for lunches and breakfasts, and to simultaneously expand their right to sell pizza, burgers, and fries to students instead. Per The Washington Post, these new proposals would also allow other changes, including allowing schools to offer a potato as the required vegetable every single day. These proposed rule changes were submitted to the Federal Register on Jan. 23, and will be open for comment to the public for 60 days.

Regardless of the person currently occupying the top role in the White House, presidential chefs have said in the past that the job is usually quite varied. Bill Yosses, a restaurant owner and former pastry chef at the White House from 2006-2014, said to The Huffington Post, “It’s like being a hotel chef, a private chef and a restaurant chef all in one."

He explained, "You’re cooking breakfast, lunch and dinner for a private family. You could be doing a fine dining tasting menu with 5-6 courses, or you might have so many people coming through it’s like being a banquet chef in a hotel.”

Though Yosses did not cook for Trump, he did share a little bit of insider info on what the Obamas loved to eat to satisfy sweet tooth cravings during their time in the White House. “The Obamas loved pie of every kind,” he told The Huffington Post. “Fruit pie in the summer, banana cream pie, Boston cream pie, that’s what they loved."


White House Meals Under Trump Vs. Obama Show Two Dramatically Different Tastes

From the differences in their general tone and demeanor, to their preferred political policies, Donald Trump and Barack Obama are two dramatically different presidents. In many senses, these differences are totally apparent to the naked eye. But other breakdowns, like the White House meals for Trump vs. Obama, offer a more subtle analysis into how unalike the two men really are.

According a December 2018 report by ニューヨークタイムズ, the White House has undergone significant change in the culinary sphere under Trump's tenure — and in more ways than one. To begin with, there are just the reported eating preferences of the president, himself: while Obama used to enjoy eating out, Trump apparently rarely dines in public D.C. establishments.

Instead, Trump prefers to eat in at the White House, ニューヨークタイムズ further notes, and his meal preferences couldn't be further from Obama's. While the White House kitchen cooked up Brussels sprouts and shakshuka (an egg-based Moroccan dish) under Obama's eye, according to the outlet, it now churns out meatloaf and ice cream for the current president.

Trump's tastebuds have drawn attention again and again since he was elected president. He notably ate an over-cooked steak with ketchup for his first meal as president, according to ワシントンポスト, and has been open about his penchant for fast food in the past.

In fact, one November 2017 ポリティコ report detailed Trump's love of a quarter-pounder with cheese from McDonald's — specifically, with no pickles and extra ketchup. He loved the meal so much, the publication reported, that he occasionally sent an aide to go get it, because the White House kitchen couldn't make it quite like he wanted it. While Obama has a documented love of cheeseburgers and the occasional fast food meal, he has maintained in interviews that his favorite food is broccoli.

It's not entirely clear whether Trump's tastes have changed at all since taking office. A March 2018 Bloomberg report claimed that POTUS did radically alter his diet after his presidential physical in January 2018. One thing is clear, though: Trump still holds a special place in his heart for fast food, since he requested a dinner banquet full of it when the White House welcomed the Clemson football team in January 2019, to celebrate their NCAA championship win.

Specifically, per The New Yorker, the banquet smorgasbord included meals from McDonald's, Wendy's, Burger King, and more. Photos of the young athletes piling their plates with fast food at the White House quickly went viral. Trump would later tweet that he paid for the dinner himself, because of the government shutdown at the time.

The comparison between Trump and Obama's dietary preferences isn't just about what they personally choose to eat and offer guests at the White House, though. It also has to do with how the administrations use food to unify communities and bridge the divide with other cultures. ニューヨークタイムズ reports that while Obama's White House often featured local chefs, the Trump administration no longer prioritizes that effort.

Victor Albisu, a local chef who owns the Poca Madre and Taco Bamba restaurants and who used to cook at the White House for both Obama and George W. Bush, said to ニューヨークタイムズ in 2018, “I have not cooked for anybody in the [Trump] administration. It’s a polarizing time for people, and a table full of food and drinks is the place to put aside those differences. I think this has been a net loss for everyone.”

The new culinary style under Trump has even begun to spread out to school lunch programs across the country.によると ワシントンポスト, the U.S. Agriculture Department announced its intentions to roll out school lunch menus packed with more salt and less whole grain in December 2018.

Secretary Sonny Perdue said of the proposed change to The Washington Post, “If kids are not eating what is being served, they are not benefiting, and food is being wasted."

Then, in January 2020, the U.S. Agriculture Department proposed another round of rules, which would allow schools to cut the required amount of veggies and fruits for lunches and breakfasts, and to simultaneously expand their right to sell pizza, burgers, and fries to students instead. Per The Washington Post, these new proposals would also allow other changes, including allowing schools to offer a potato as the required vegetable every single day. These proposed rule changes were submitted to the Federal Register on Jan. 23, and will be open for comment to the public for 60 days.

Regardless of the person currently occupying the top role in the White House, presidential chefs have said in the past that the job is usually quite varied. Bill Yosses, a restaurant owner and former pastry chef at the White House from 2006-2014, said to The Huffington Post, “It’s like being a hotel chef, a private chef and a restaurant chef all in one."

He explained, "You’re cooking breakfast, lunch and dinner for a private family. You could be doing a fine dining tasting menu with 5-6 courses, or you might have so many people coming through it’s like being a banquet chef in a hotel.”

Though Yosses did not cook for Trump, he did share a little bit of insider info on what the Obamas loved to eat to satisfy sweet tooth cravings during their time in the White House. “The Obamas loved pie of every kind,” he told The Huffington Post. “Fruit pie in the summer, banana cream pie, Boston cream pie, that’s what they loved."