新しいレシピ

イタリアの学童は彼らのピザを食べることを拒否します

イタリアの学童は彼らのピザを食べることを拒否します


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イタリアの子供たちは学校のひどいゴムのようなピザに抗議しました

ウィキメディア/ジョンサリバン

ピザの日は通常、学校の食堂でのお祝いの原因ですが、一部のイタリアの子供たちは質の低さに非常に怒っていたため、抗議し、それを食べることを拒否しました。

ピザの日は通常、小学校でのお祝いの原因ですが、最近、イタリアの一部の子供たちは、学校で提供されるピザの品質に非常に悩まされ、大規模な抗議を行い、食べ物を食べることを拒否しました。

The Localによると、約220人の学生が提供されているメニューを拒否し、代わりに「ホワイトメニュー」、つまり鶏肉とにんじんを煮込んだ白米のマイルドなランチを提供するように求めました。病気からの回復または食中毒の発作を乗り越える。ミラノの3校の生徒の約30%が抗議に参加し、学校は通常人気のない当たり障りのないメニューの需要に圧倒されました。

伝えられるところによると、子供たちは学校のピザは冷たく、ゴムのようで、食べられないことが多く、食べ物は一般的にあまり良くなかったと言いました。生徒たちの抗議は、学校で提供されている低品質、安価、加工済み、不健康な食品と彼らが見たものに反対する方法を探していたと伝えられている両親によって部分的に組織されました。

抗議の後、学校給食の背後にあるケータリング会社は、新しいピザサプライヤーを見つけることを検討していると述べました。


パパジョンズがあなたにそのピザについて知られたくないこと

食品会社は、アメリカ人が実際に食べる価値があると思われる食品の購入にますます関心を持っていることを理解しています。私たちは、ある程度新鮮で、健康的で、自然であるか、そうでなければより高品質の食品を求めています。このため、シリアルバーのパッケージを飾るふっくらとしたフルーツと、これまでに見た中で最も緑のブロッコリーが、冷凍ディナーの箱に表示されます。バーガーキングでは、単なるサラダを注文するのではなく、チキンシーザーガーデンのフレッシュサラダです。これらのチップは、チーズ風味だけではありません。「ハーベストチェダー」という用語はまったく意味のないハーベストチェダーサンチップです。

「より良いピザ。より良い食材」を長年自慢してきたパパ・ジョンズほど、この魅力を文字通り適用している企業はほとんどありません。すべてのパパジョンのピザボックスには小さな物語が印刷されています。「1984年にパパジョンを設立したとき、私の使命はより良いピザを作ることでした」と「パパ」ジョンシュナッターは言います。 「新鮮な、決して冷凍されていないオリジナルの生地、すべて天然のソース、毎日新鮮にスライスされた野菜、100%本物の牛肉と豚肉など、入手可能な最高品質の食材を使用するようにさらに努力しました。違いを味わうことができると思います。 「」

結局のところ、ピザに新鮮でより良い食材を入れたくない人はいますか?スーパーマーケットとチェーンレストランの両方で現在私たちが食べている食品の多くは、可能な限り安価に作られた食材で構成されています(トマトは出荷可能性のために選択され、鳥は10週間、単調な食事を食べました)と高度に加工された添加物、それらの多くは技術的にも食べられませんでした。

したがって、パパ・ジョンズが実際に別のモデルに従っているのであれば、彼らはそれについてすべて私たちに伝えたいと思うでしょう。残念ながら彼らはそうしません。それらの「より良い成分」:それらが何であるかを見つけて頑張ってください。スーパーマーケットで購入するパッケージ製品とは異なり、レストランの食品は材料をリストする必要はありません。マクドナルド、タコベル、サブウェイなどの多くのファーストフードチェーンは、訴訟に対する補償のために、また一部の顧客が実際に何を食べているのか知りたいと思っていることを認識しているため、自主的に提供しています。

しかし、パパジョンズではありません。彼らは彼らの成分を秘密にしておく方が良いと判断しました。それらに関する情報は、会社のWebサイトにも店舗にもありません。コロラド州ボールダーにある地元のパパジョンズで小さなチーズピザを注文したフレンドリーで親切な従業員のチャーリーは、ピザの材料が何であるかわからないと私に言いました。 「彼らはウェブサイトに掲載されていると思う」と彼は合理的な仮定を立てて言った。

パパジョンの顧客フリーダイヤルに電話したとき、「アレルゲンまたは栄養情報に関する追加情報」については、翌営業日に電話を返すコニーチャイルズにメッセージを残す必要があると言われました。私は2つのメッセージを残しましたが、コニーは電話をかけませんでした。広報もあまり役に立たなかった。私のメールとボイスメールは返事がありませんでした。チャーリーだけが、パパジョンのピザを「より良い」ものにする理由についていくつか考えました。

「3日おきに配達されるので、冷蔵庫にあるものは数日以上経っていません。ここで生地を作ります。中央施設で作られ、冷凍されていますが、準備ができていません。 」と彼は言い、ピザの箱に印刷されているものとは少し異なるバージョンのストーリーを提供しました。

たぶん、パパジョンズはピザ生地に化学生地のコンディショナー、ソースにコーンシロップや砂糖、または肉のトッピングに防腐剤や安価なフィラーを使用していません。たぶん、彼らは可能な限り自家製に近い高品質のピザを作るためにさらに一歩進んでいます。小さなパッケージで提供されるパパジョンのガーリックソースは、モノグリセリドとジグリセリド、部分的に水素化された大豆油、保存料の安息香酸ナトリウムとEDTAカルシウム二ナトリウムなどの多くの添加物で作られていますが、自信を刺激するものではありません。

Papa John'sは、食品の内容を開示しないことで、顧客のことをあまり考えていないことを明らかにしています。それは、顧客に白紙委任信託を求めるか、人々が愚かで自己満足しすぎて質問できないと想定することです。私たちが質問をするとき、彼らは答えることを拒否します。少なくともそれは、ジャーナリストとしても顧客としてもパパ・ジョンズにアプローチしたときの私の経験でした。これは、アメリカ人の食べる人が食品に関してより多くの透明性(GMOラベルを参照)を要求している時代の愚かなアプローチとして私を襲います。何らかの理由で、Papa John'sは、高品質の食品のアイデアでブランド全体を引き上げるとき、それをバックアップできる方がよいことに気づきませんでした。


パパジョンズがあなたにそのピザについて知られたくないこと

食品会社は、アメリカ人が実際に食べる価値があると思われる食品の購入にますます関心を持っていることを理解しています。私たちは、ある程度新鮮で、健康的で、自然であるか、そうでなければより高品質の食品を求めています。このため、シリアルバーのパッケージを飾るふっくらとしたフルーツと、これまでに見た中で最も緑のブロッコリーが、冷凍ディナーの箱に表示されます。バーガーキングでは、単なるサラダを注文するのではなく、チキンシーザーガーデンのフレッシュサラダです。これらのチップは、チーズ風味だけではありません。「ハーベストチェダー」という用語はまったく意味のないハーベストチェダーサンチップです。

「より良いピザ。より良い食材」を長年自慢してきたパパ・ジョンズほど、この魅力を文字通り適用している企業はほとんどありません。すべてのパパジョンのピザボックスには小さな物語が印刷されています。「1984年にパパジョンを設立したとき、私の使命はより良いピザを作ることでした」と「パパ」ジョンシュナッターは言います。 「新鮮な、決して冷凍されていないオリジナルの生地、すべて天然のソース、毎日新鮮にスライスされた野菜、100%本物の牛肉と豚肉など、入手可能な最高品質の食材を使用するようにさらに努力しました。違いを味わうことができると思います。 「」

結局のところ、ピザに新鮮でより良い食材を入れたくない人はいますか?スーパーマーケットとチェーンレストランの両方で現在私たちが食べている食品の多くは、可能な限り安価に作られた食材で構成されています(トマトは出荷可能性のために選択され、鳥は10週間、単調な食事を食べました)と高度に加工された添加物、それらの多くは技術的にも食べられませんでした。

したがって、パパ・ジョンズが実際に別のモデルに従っているのであれば、彼らはそれについてすべて私たちに伝えたいと思うでしょう。残念ながら彼らはそうしません。それらの「より良い成分」:それらが何であるかを見つけて頑張ってください。スーパーマーケットで購入するパッケージ製品とは異なり、レストランの食品は材料をリストする必要はありません。マクドナルド、タコベル、サブウェイなどの多くのファーストフードチェーンは、訴訟に対する補償のために、また一部の顧客が実際に何を食べているのか知りたいと思っていることを認識しているため、自主的に提供しています。

しかし、パパジョンズではありません。彼らは彼らの成分を秘密にしておく方が良いと判断しました。それらに関する情報は、会社のWebサイトにも店舗にもありません。コロラド州ボールダーにある地元のパパジョンズで小さなチーズピザを注文したフレンドリーで親切な従業員のチャーリーは、ピザの材料が何であるかわからないと私に言いました。 「彼らはウェブサイトに掲載されていると思う」と彼は合理的な仮定を立てて言った。

パパジョンの顧客フリーダイヤルに電話したとき、「アレルゲンまたは栄養情報に関する追加情報」については、翌営業日に電話を返すコニーチャイルズにメッセージを残す必要があると言われました。私は2つのメッセージを残しましたが、コニーは電話をかけませんでした。広報もあまり役に立たなかった。私のメールとボイスメールは返事がありませんでした。チャーリーだけが、パパジョンのピザを「より良い」ものにする理由についていくつか考えました。

「3日おきに配達されるので、冷蔵庫にあるものは数日以上経っていません。ここで生地を作ります。中央施設で作られ、冷凍されていますが、準備ができていません。 」と彼は言い、ピザの箱に印刷されているものとは少し異なるバージョンのストーリーを提供しました。

たぶん、パパジョンズはピザ生地に化学生地のコンディショナー、ソースにコーンシロップや砂糖、または肉のトッピングに防腐剤や安価なフィラーを使用していません。たぶん、彼らは可能な限り自家製に近い高品質のピザを作るためにさらに一歩進んでいます。小さなパッケージで提供されるパパジョンのガーリックソースは、モノグリセリドとジグリセリド、部分的に水素化された大豆油、保存料の安息香酸ナトリウムとEDTAカルシウム二ナトリウムなどの多くの添加物で作られていますが、自信を刺激するものではありません。

Papa John'sは、食品の内容を開示しないことで、顧客のことをあまり考えていないことを明らかにしています。それは、顧客に白紙委任信託を求めるか、人々が愚かで自己満足しすぎて質問できないと想定することです。私たちが質問をするとき、彼らは答えることを拒否します。少なくともそれは、ジャーナリストとしても顧客としてもパパ・ジョンズにアプローチしたときの私の経験でした。これは、アメリカ人の食べる人が食品に関してより多くの透明性(GMOラベルを参照)を要求している時代の愚かなアプローチとして私を襲います。何らかの理由で、Papa John'sは、高品質の食品のアイデアでブランド全体を引き上げるとき、それをバックアップできる方がよいことに気づきませんでした。


パパジョンズがあなたにそのピザについて知られたくないこと

食品会社は、アメリカ人が実際に食べる価値があると思われる食品の購入にますます関心を持っていることを理解しています。私たちは、ある程度新鮮で、健康的で、自然であるか、そうでなければより高品質の食品を求めています。このため、シリアルバーのパッケージを飾るふっくらとしたフルーツと、これまでに見た中で最も緑のブロッコリーが、冷凍ディナーの箱に表示されます。バーガーキングでは、単なるサラダを注文するのではなく、チキンシーザーガーデンのフレッシュサラダです。これらのチップスはチーズ風味だけではありません。「ハーベストチェダー」という言葉はまったく意味のないハーベストチェダーサンチップスです。

「より良いピザ。より良い食材」を長年自慢してきたパパ・ジョンズほど、この魅力を文字通り適用している企業はほとんどありません。すべてのパパジョンのピザボックスには小さな物語が印刷されています。「1984年にパパジョンを設立したとき、私の使命はより良いピザを作ることでした」と「パパ」ジョンシュナッターは言います。 「新鮮な、決して冷凍されていないオリジナルの生地、すべて天然のソース、毎日新鮮にスライスされた野菜、100%本物の牛肉と豚肉など、入手可能な最高品質の食材を使用するようにさらに努力しました。違いを味わうことができると思います。 「」

結局のところ、ピザに新鮮でより良い食材を入れたくない人はいますか?スーパーマーケットとチェーンレストランの両方で現在私たちが食べている食品の多くは、可能な限り安価に作られた食材で構成されています(トマトは出荷可能性のために選択され、鳥は10週間、単調な食事を食べました)と高度に加工された添加物、それらの多くは技術的にも食べられませんでした。

したがって、パパ・ジョンズが実際に別のモデルに従っているのであれば、彼らはそれについてすべて私たちに伝えたいと思うでしょう。残念ながら彼らはそうしません。それらの「より良い成分」:それらが何であるかを見つけて頑張ってください。スーパーマーケットで購入するパッケージ製品とは異なり、レストランの食品は材料をリストする必要はありません。マクドナルド、タコベル、サブウェイなどの多くのファーストフードチェーンは、訴訟に対する補償のために、また一部の顧客が実際に何を食べているのか知りたいと思っていることを認識しているため、自主的に提供しています。

しかし、パパジョンズではありません。彼らは彼らの成分を秘密にしておく方が良いと判断しました。それらに関する情報は、会社のWebサイトにも店舗にもありません。コロラド州ボールダーにある地元のパパジョンズで小さなチーズピザを注文したフレンドリーで親切な従業員のチャーリーは、ピザの材料が何であるかわからないと私に言いました。 「彼らはウェブサイトに掲載されていると思う」と彼は合理的な仮定を立てて言った。

パパジョンの顧客フリーダイヤルに電話したとき、「アレルゲンまたは栄養情報に関する追加情報」については、翌営業日に電話を返すコニーチャイルズにメッセージを残す必要があると言われました。私は2つのメッセージを残しましたが、コニーは電話をかけませんでした。広報もあまり役に立たなかった。私のメールとボイスメールは返事がありませんでした。チャーリーだけが、パパジョンのピザを「より良い」ものにする理由についていくつか考えました。

「3日おきに配達されるので、冷蔵庫にあるものは数日以上経っていません。ここで生地を作ります。中央施設で作られ、冷凍されていますが、準備ができていません。 」と彼は言い、ピザの箱に印刷されているものとは少し異なるバージョンのストーリーを提供しました。

たぶん、パパジョンズはピザ生地に化学生地のコンディショナー、ソースにコーンシロップや砂糖、または肉のトッピングに防腐剤や安価なフィラーを使用していません。たぶん、彼らは可能な限り自家製に近い高品質のピザを作るためにさらに一歩進んでいます。小さなパッケージで提供されるパパジョンのガーリックソースは、モノグリセリドとジグリセリド、部分的に水素化された大豆油、保存料の安息香酸ナトリウムとEDTAカルシウム二ナトリウムなどの多くの添加物で作られていますが、自信を刺激するものではありません。

Papa John'sは、食品の内容を開示しないことで、顧客のことをあまり考えていないことを明らかにしています。それは、顧客に白紙委任信託を求めるか、人々が愚かで自己満足しすぎて質問できないと想定することです。私たちが質問をするとき、彼らは答えることを拒否します。少なくともそれは、ジャーナリストとしても顧客としてもパパ・ジョンズにアプローチしたときの私の経験でした。これは、アメリカ人の食べる人が食品に関してより多くの透明性(GMOラベルを参照)を要求している時代の愚かなアプローチとして私を襲います。何らかの理由で、Papa John'sは、高品質の食品のアイデアでブランド全体を引き上げるとき、それをバックアップできる方がよいことに気づきませんでした。


パパジョンズがあなたにそのピザについて知られたくないこと

食品会社は、アメリカ人が実際に食べる価値があると思われる食品の購入にますます関心を持っていることを理解しています。私たちは、ある程度新鮮で、健康的で、自然であるか、そうでなければより高品質の食品を求めています。このため、シリアルバーのパッケージを飾るふっくらとしたフルーツと、これまでに見た中で最も緑のブロッコリーが、冷凍ディナーの箱に表示されます。バーガーキングでは、単なるサラダを注文するのではなく、チキンシーザーガーデンのフレッシュサラダです。これらのチップは、チーズ風味だけではありません。「ハーベストチェダー」という用語はまったく意味のないハーベストチェダーサンチップです。

「より良いピザ。より良い食材」を長年自慢してきたパパ・ジョンズほど、この魅力を文字通り適用している企業はほとんどありません。すべてのパパジョンのピザボックスには小さな物語が印刷されています。「1984年にパパジョンを設立したとき、私の使命はより良いピザを作ることでした」と「パパ」ジョンシュナッターは言います。 「新鮮な、決して冷凍されていないオリジナルの生地、すべて天然のソース、毎日新鮮にスライスされた野菜、100%本物の牛肉と豚肉など、入手可能な最高品質の食材を使用するようにさらに努力しました。違いを味わうことができると思います。 「」

結局のところ、ピザに新鮮でより良い食材を入れたくない人はいますか?スーパーマーケットとチェーンレストランの両方で現在私たちが食べている食品の多くは、可能な限り安価に作られた食材で構成されています(トマトは出荷可能性のために選択され、鳥は10週間、単調な食事を食べました)と高度に加工された添加物、それらの多くは技術的にも食べられませんでした。

したがって、パパ・ジョンズが実際に別のモデルに従っているのであれば、彼らはそれについてすべて私たちに伝えたいと思うでしょう。残念ながら彼らはそうしません。それらの「より良い成分」:それらが何であるかを見つけて頑張ってください。スーパーマーケットで購入するパッケージ製品とは異なり、レストランの食品は材料をリストする必要はありません。マクドナルド、タコベル、サブウェイなどの多くのファーストフードチェーンは、訴訟に対する補償のために、また一部の顧客が実際に何を食べているのか知りたいと思っていることを認識しているため、自主的に提供しています。

しかし、パパジョンズではありません。彼らは彼らの成分を秘密にしておく方が良いと判断しました。それらに関する情報は、会社のWebサイトにも店舗にもありません。コロラド州ボールダーにある地元のパパジョンズで小さなチーズピザを注文したフレンドリーで親切な従業員のチャーリーは、ピザの材料が何であるかわからないと私に言いました。 「彼らはウェブサイトに掲載されていると思う」と彼は合理的な仮定を立てて言った。

パパジョンの顧客フリーダイヤルに電話したとき、「アレルゲンまたは栄養情報に関する追加情報」については、翌営業日に電話を返すコニーチャイルズにメッセージを残す必要があると言われました。私は2つのメッセージを残しましたが、コニーは電話をかけませんでした。広報もあまり役に立たなかった。私のメールとボイスメールは返事がありませんでした。チャーリーだけが、パパジョンのピザを「より良い」ものにする理由についていくつか考えました。

「3日おきに配達されるので、冷蔵庫にあるものは数日以上経っていません。ここで生地を作ります。中央施設で作られ、冷凍されていますが、準備ができていません。 」と彼は言い、ピザの箱に印刷されているものとは少し異なるバージョンのストーリーを提供しました。

たぶん、パパジョンズはピザ生地に化学生地のコンディショナー、ソースにコーンシロップや砂糖、または肉のトッピングに防腐剤や安価なフィラーを使用していません。たぶん、彼らは可能な限り自家製に近い高品質のピザを作るためにさらに一歩進んでいます。小さなパッケージで提供されるパパジョンのガーリックソースは、モノグリセリドとジグリセリド、部分的に水素化された大豆油、保存料の安息香酸ナトリウムとEDTAカルシウム二ナトリウムなどの多くの添加物で作られていますが、自信を刺激するものではありません。

Papa John'sは、食品の内容を開示しないことで、顧客のことをあまり考えていないことを明らかにしています。それは、顧客に白紙委任信託を求めるか、人々が愚かで自己満足しすぎて質問できないと想定することです。私たちが質問をするとき、彼らは答えることを拒否します。少なくともそれは、ジャーナリストとしても顧客としてもパパ・ジョンズにアプローチしたときの私の経験でした。これは、アメリカ人の食べる人が食品に関してより多くの透明性(GMOラベルを参照)を要求している時代の愚かなアプローチとして私を襲います。何らかの理由で、Papa John'sは、高品質の食品のアイデアでブランド全体を引き上げるとき、それをバックアップできる方がよいことに気づきませんでした。


パパジョンズがあなたにそのピザについて知られたくないこと

食品会社は、アメリカ人が実際に食べる価値があると思われる食品の購入にますます関心を持っていることを理解しています。私たちは、ある程度新鮮で、健康的で、自然であるか、そうでなければより高品質の食品を求めています。このため、シリアルバーのパッケージを飾るふっくらとしたフルーツと、これまでに見た中で最も緑のブロッコリーが、冷凍ディナーの箱に表示されます。バーガーキングでは、単なるサラダを注文するのではなく、チキンシーザーガーデンのフレッシュサラダです。これらのチップは、チーズ風味だけではありません。「ハーベストチェダー」という用語はまったく意味のないハーベストチェダーサンチップです。

「より良いピザ。より良い食材」を長年自慢してきたパパ・ジョンズほど、この魅力を文字通り適用している企業はほとんどありません。すべてのパパジョンのピザボックスには小さな物語が印刷されています。「1984年にパパジョンを設立したとき、私の使命はより良いピザを作ることでした」と「パパ」ジョンシュナッターは言います。 「新鮮な、決して冷凍されていないオリジナルの生地、すべて天然のソース、毎日新鮮にスライスされた野菜、100%本物の牛肉と豚肉など、入手可能な最高品質の食材を使用するようにさらに努力しました。違いを味わうことができると思います。 「」

結局のところ、ピザに新鮮でより良い食材を入れたくない人はいますか?スーパーマーケットとチェーンレストランの両方で現在私たちが食べている食品の多くは、可能な限り安価に作られた食材で構成されています(トマトは出荷可能性のために選択され、鳥は10週間、単調な食事を食べました)と高度に加工された添加物、それらの多くは技術的にも食べられませんでした。

したがって、パパ・ジョンズが実際に別のモデルに従っているのであれば、彼らはそれについてすべて私たちに伝えたいと思うでしょう。残念ながら彼らはそうしません。それらの「より良い成分」:それらが何であるかを見つけて頑張ってください。スーパーマーケットで購入するパッケージ製品とは異なり、レストランの食品は材料をリストする必要はありません。マクドナルド、タコベル、サブウェイなどの多くのファーストフードチェーンは、訴訟に対する補償のために、また一部の顧客が実際に何を食べているのか知りたいと思っていることを認識しているため、自主的に提供しています。

しかし、パパジョンズではありません。彼らは彼らの成分を秘密にしておく方が良いと判断しました。それらに関する情報は、会社のWebサイトにも店舗にもありません。コロラド州ボールダーにある地元のパパジョンズで小さなチーズピザを注文したフレンドリーで親切な従業員のチャーリーは、ピザの材料が何であるかわからないと私に言いました。 「彼らはウェブサイトに掲載されていると思う」と彼は合理的な仮定を立てて言った。

パパジョンの顧客フリーダイヤルに電話したとき、「アレルゲンまたは栄養情報に関する追加情報」については、翌営業日に電話を返すコニーチャイルズにメッセージを残す必要があると言われました。私は2つのメッセージを残しましたが、コニーは電話をかけませんでした。広報もあまり役に立たなかった。私のメールとボイスメールは返事がありませんでした。チャーリーだけが、パパジョンのピザを「より良い」ものにする理由についていくつか考えました。

「3日おきに配達されるので、冷蔵庫にあるものは数日以上経っていません。ここで生地を作ります。中央施設で作られ、冷凍されていますが、準備ができていません。 」と彼は言い、ピザの箱に印刷されているものとは少し異なるバージョンのストーリーを提供しました。

たぶん、パパジョンズはピザ生地に化学生地のコンディショナー、ソースにコーンシロップや砂糖、または肉のトッピングに防腐剤や安価なフィラーを使用していません。たぶん、彼らは可能な限り自家製に近い高品質のピザを作るためにさらに一歩進んでいます。小さなパッケージで提供されるパパジョンのガーリックソースは、モノグリセリドとジグリセリド、部分的に水素化された大豆油、保存料の安息香酸ナトリウムとEDTAカルシウム二ナトリウムなどの多くの添加物で作られていますが、自信を刺激するものではありません。

Papa John'sは、食品の内容を開示しないことで、顧客のことをあまり考えていないことを明らかにしています。それは、顧客に白紙委任信託を求めるか、人々が愚かで自己満足しすぎて質問できないと想定することです。私たちが質問をするとき、彼らは答えることを拒否します。少なくともそれは、ジャーナリストとしても顧客としてもパパ・ジョンズにアプローチしたときの私の経験でした。これは、アメリカ人の食べる人が食品に関してより多くの透明性(GMOラベルを参照)を要求している時代の愚かなアプローチとして私を襲います。何らかの理由で、Papa John'sは、高品質の食品のアイデアでブランド全体を引き上げるとき、それをバックアップできる方がよいことに気づきませんでした。


パパジョンズがあなたにそのピザについて知られたくないこと

食品会社は、アメリカ人が実際に食べる価値があると思われる食品の購入にますます関心を持っていることを理解しています。私たちは、ある程度新鮮で、健康的で、自然であるか、そうでなければより高品質の食品を求めています。このため、シリアルバーのパッケージを飾るふっくらとしたフルーツと、これまでに見た中で最も緑のブロッコリーが、冷凍ディナーの箱に表示されます。バーガーキングでは、単なるサラダを注文するのではなく、チキンシーザーガーデンのフレッシュサラダです。これらのチップスはチーズ風味だけではありません。「ハーベストチェダー」という言葉はまったく意味のない、ハーベストチェダーサンチップスです。

「より良いピザ。より良い食材」を長年自慢してきたパパ・ジョンズほど、この魅力を文字通り適用している企業はほとんどありません。すべてのパパジョンのピザボックスには小さな物語が印刷されています。「1984年にパパジョンを設立したとき、私の使命はより良いピザを作ることでした」と「パパ」ジョンシュナッターは言います。 「新鮮な、決して冷凍されていないオリジナルの生地、すべて天然のソース、毎日新鮮にスライスされた野菜、100%本物の牛肉と豚肉など、入手可能な最高品質の食材を使用するようにさらに努力しました。違いを味わうことができると思います。 「」

結局のところ、ピザに新鮮でより良い食材を入れたくない人はいますか?スーパーマーケットとチェーンレストランの両方で現在私たちが食べている食品の多くは、可能な限り安価に作られた食材で構成されています(トマトは出荷可能性のために選択され、鳥は10週間、単調な食事を食べました)と高度に加工された添加物、それらの多くは技術的にも食べられませんでした。

したがって、パパ・ジョンズが実際に別のモデルに従っているのであれば、彼らはそれについてすべて私たちに伝えたいと思うでしょう。残念ながら彼らはそうしません。それらの「より良い成分」:それらが何であるかを見つけて頑張ってください。スーパーマーケットで購入するパッケージ製品とは異なり、レストランの食品は材料をリストする必要はありません。マクドナルド、タコベル、サブウェイなどの多くのファーストフードチェーンは、訴訟に対する補償のために、また一部の顧客が実際に何を食べているのか知りたいと思っていることを認識しているため、自主的に提供しています。

しかし、パパジョンズではありません。彼らは彼らの成分を秘密にしておく方が良いと判断しました。それらに関する情報は、会社のWebサイトにも店舗にもありません。コロラド州ボールダーにある地元のパパジョンズで小さなチーズピザを注文したフレンドリーで親切な従業員のチャーリーは、ピザの材料が何であるかわからないと私に言いました。 「彼らはウェブサイトに掲載されていると思う」と彼は合理的な仮定を立てて言った。

パパジョンの顧客フリーダイヤルに電話したとき、「アレルゲンまたは栄養情報に関する追加情報」については、翌営業日に電話を返すコニーチャイルズにメッセージを残す必要があると言われました。私は2つのメッセージを残しましたが、コニーは電話をかけませんでした。広報もあまり役に立たなかった。私のメールとボイスメールは返事がありませんでした。チャーリーだけが、パパジョンのピザを「より良い」ものにする理由についていくつか考えました。

「3日おきに配達されるので、冷蔵庫にあるものは数日以上経っていません。ここで生地を作ります。中央施設で作られ、冷凍されていますが、準備ができていません。 」と彼は言い、ピザの箱に印刷されているものとは少し異なるバージョンのストーリーを提供しました。

たぶん、パパジョンズはピザ生地に化学生地のコンディショナー、ソースにコーンシロップや砂糖、または肉のトッピングに防腐剤や安価なフィラーを使用していません。たぶん、彼らは可能な限り自家製に近い高品質のピザを作るためにさらに一歩進んでいます。小さなパッケージで提供されるパパジョンのガーリックソースは、モノグリセリドとジグリセリド、部分的に水素化された大豆油、保存料の安息香酸ナトリウムとEDTAカルシウム二ナトリウムなどの多くの添加物で作られていますが、自信を刺激するものではありません。

Papa John'sは、食品の内容を開示しないことで、顧客のことをあまり考えていないことを明らかにしています。それは、顧客に白紙委任信託を求めるか、人々が愚かで自己満足しすぎて質問できないと想定することです。私たちが質問をするとき、彼らは答えることを拒否します。少なくともそれは、ジャーナリストとしても顧客としてもパパ・ジョンズにアプローチしたときの私の経験でした。これは、アメリカ人の食べる人が食品に関してより多くの透明性(GMOラベルを参照)を要求している時代の愚かなアプローチとして私を襲います。何らかの理由で、Papa John'sは、高品質の食品のアイデアでブランド全体を引き上げるとき、それをバックアップできる方がよいことに気づきませんでした。


パパジョンズがあなたにそのピザについて知られたくないこと

食品会社は、アメリカ人が実際に食べる価値があると思われる食品の購入にますます関心を持っていることを理解しています。私たちは、ある程度新鮮で、健康的で、自然であるか、そうでなければより高品質の食品を求めています。このため、シリアルバーのパッケージを飾るふっくらとしたフルーツと、これまでに見た中で最も緑のブロッコリーが、冷凍ディナーの箱に表示されます。バーガーキングでは、単なるサラダを注文するのではなく、チキンシーザーガーデンのフレッシュサラダです。これらのチップスはチーズ風味だけではありません。「ハーベストチェダー」という用語はまったく意味のない、ハーベストチェダーサンチップスです。

「より良いピザ。より良い食材」を長年自慢してきたパパ・ジョンズほど、この魅力を文字通り適用している企業はほとんどありません。 Printed on every Papa John's pizza box is a little story: "When I founded Papa John's in 1984, my mission was to build a better pizza," says "Papa" John Schnatter. "I went the extra mile to ensure we used the highest quality ingredients available – like fresh, never frozen original dough, all-natural sauce, veggies sliced fresh daily and 100 percent real beef and pork. We think you'll taste the difference."

After all, who wouldn't want fresher, better ingredients in their pizza? A great deal of the food we currently eat, both from the supermarket and at chain restaurants, is comprised of ingredients created as cheaply as possible (tomatoes chosen for their shipability, not flavor chicken as bland as a pizza box because the bird only lived for 10 weeks and ate a monotonous diet) and highly processed additives, many of them not even technically edible.

So you'd think if Papa John's was really following a different model, they'd want to tell us all about it. Too bad they don't. Those "better ingredients": Good luck finding out what they are. Unlike the packaged products you buy at the supermarket, restaurant food isn't required to list ingredients. Many fast food chains, like McDonald's, Taco Bell and Subway, do voluntarily provide them, in part for indemnity against lawsuits and in part because they realize some of their customers actually want to know what they're eating.

But not Papa John's. They've decided it's better to keep their ingredients a secret. You won't find any information about them on either the company's website or in stores. Charlie, the friendly and accommodating employee who took my order for a small cheese pizza at my local Papa John's in Boulder, Colo., told me that he didn't know what the pizza ingredients were. "I think they're listed on the website," he said, making a reasonable assumption.

When I called Papa John's customer toll free number, I was told that for "additional information on allergen or nutritional info" I should leave a message with Connie Childs, who would return my call the next business day. I left two messages, but Connie never called. Public relations wasn't much help either. My emails and voicemails went unanswered. Only Charlie offered a few thoughts about what exactly makes Papa John's pizza "better."

"We get deliveries in every three days, so nothing that's in the fridge is more than a few days old. And we form the dough here. It doesn't come ready to go, though it is made in a central facility and then frozen," he said, offering a slightly different version of the story than what's printed on the pizza boxes.

Maybe Papa John's doesn't use chemical dough conditioners in their pizza dough, corn syrup or sugar in the sauce, or preservatives and cheap fillers in the meat toppings. Maybe they go the extra mile to make a high-quality pizza that's as close to homemade as possible. Although the fact that Papa John's garlic sauce, which comes in little packages, is made with a slew of additives – mono and diglycerides, partially hydrogenated soybean oil and the preservatives sodium benzoate and calcium disodium EDTA – does not inspire confidence.

By not disclosing what's in its food, Papa John's is revealing that it doesn't think too much of its customers. It is either asking customers for blind trust or assuming people are too stupid and complacent to ask questions. When we do ask questions, they refuse to answer. At least that was my experience, both when I approached Papa John's as a journalist and a customer. This strikes me as a foolish approach in an age when American eaters are demanding more transparency (see GMO labeling) when it comes to food, not less. For some reason, Papa John's has failed to realize that when you hoist your entire brand up on the idea of high-quality food, you'd better be able to back it up.


What Papa John's doesn't want you to know about its pizza

Food companies understand that Americans are increasingly interested in buying food that actually seems worth eating. We want food that's some degree of fresh, healthy, natural or otherwise of higher quality. It's for this reason that you see images of plump fruit decorating packages of cereal bars and the greenest broccoli you've ever laid eyes upon appearing on boxes of frozen dinners. At Burger King, you don't order a mere salad – it's a Chicken Caesar Garden Fresh Salad. Those chips aren't just cheese-flavored — they're Harvest Cheddar Sun Chips, with "harvest cheddar" an entirely meaningless term.

Few companies have applied this appeal more literally than Papa John's, which for years has boasted "Better pizza. Better ingredients." Printed on every Papa John's pizza box is a little story: "When I founded Papa John's in 1984, my mission was to build a better pizza," says "Papa" John Schnatter. "I went the extra mile to ensure we used the highest quality ingredients available – like fresh, never frozen original dough, all-natural sauce, veggies sliced fresh daily and 100 percent real beef and pork. We think you'll taste the difference."

After all, who wouldn't want fresher, better ingredients in their pizza? A great deal of the food we currently eat, both from the supermarket and at chain restaurants, is comprised of ingredients created as cheaply as possible (tomatoes chosen for their shipability, not flavor chicken as bland as a pizza box because the bird only lived for 10 weeks and ate a monotonous diet) and highly processed additives, many of them not even technically edible.

So you'd think if Papa John's was really following a different model, they'd want to tell us all about it. Too bad they don't. Those "better ingredients": Good luck finding out what they are. Unlike the packaged products you buy at the supermarket, restaurant food isn't required to list ingredients. Many fast food chains, like McDonald's, Taco Bell and Subway, do voluntarily provide them, in part for indemnity against lawsuits and in part because they realize some of their customers actually want to know what they're eating.

But not Papa John's. They've decided it's better to keep their ingredients a secret. You won't find any information about them on either the company's website or in stores. Charlie, the friendly and accommodating employee who took my order for a small cheese pizza at my local Papa John's in Boulder, Colo., told me that he didn't know what the pizza ingredients were. "I think they're listed on the website," he said, making a reasonable assumption.

When I called Papa John's customer toll free number, I was told that for "additional information on allergen or nutritional info" I should leave a message with Connie Childs, who would return my call the next business day. I left two messages, but Connie never called. Public relations wasn't much help either. My emails and voicemails went unanswered. Only Charlie offered a few thoughts about what exactly makes Papa John's pizza "better."

"We get deliveries in every three days, so nothing that's in the fridge is more than a few days old. And we form the dough here. It doesn't come ready to go, though it is made in a central facility and then frozen," he said, offering a slightly different version of the story than what's printed on the pizza boxes.

Maybe Papa John's doesn't use chemical dough conditioners in their pizza dough, corn syrup or sugar in the sauce, or preservatives and cheap fillers in the meat toppings. Maybe they go the extra mile to make a high-quality pizza that's as close to homemade as possible. Although the fact that Papa John's garlic sauce, which comes in little packages, is made with a slew of additives – mono and diglycerides, partially hydrogenated soybean oil and the preservatives sodium benzoate and calcium disodium EDTA – does not inspire confidence.

By not disclosing what's in its food, Papa John's is revealing that it doesn't think too much of its customers. It is either asking customers for blind trust or assuming people are too stupid and complacent to ask questions. When we do ask questions, they refuse to answer. At least that was my experience, both when I approached Papa John's as a journalist and a customer. This strikes me as a foolish approach in an age when American eaters are demanding more transparency (see GMO labeling) when it comes to food, not less. For some reason, Papa John's has failed to realize that when you hoist your entire brand up on the idea of high-quality food, you'd better be able to back it up.


What Papa John's doesn't want you to know about its pizza

Food companies understand that Americans are increasingly interested in buying food that actually seems worth eating. We want food that's some degree of fresh, healthy, natural or otherwise of higher quality. It's for this reason that you see images of plump fruit decorating packages of cereal bars and the greenest broccoli you've ever laid eyes upon appearing on boxes of frozen dinners. At Burger King, you don't order a mere salad – it's a Chicken Caesar Garden Fresh Salad. Those chips aren't just cheese-flavored — they're Harvest Cheddar Sun Chips, with "harvest cheddar" an entirely meaningless term.

Few companies have applied this appeal more literally than Papa John's, which for years has boasted "Better pizza. Better ingredients." Printed on every Papa John's pizza box is a little story: "When I founded Papa John's in 1984, my mission was to build a better pizza," says "Papa" John Schnatter. "I went the extra mile to ensure we used the highest quality ingredients available – like fresh, never frozen original dough, all-natural sauce, veggies sliced fresh daily and 100 percent real beef and pork. We think you'll taste the difference."

After all, who wouldn't want fresher, better ingredients in their pizza? A great deal of the food we currently eat, both from the supermarket and at chain restaurants, is comprised of ingredients created as cheaply as possible (tomatoes chosen for their shipability, not flavor chicken as bland as a pizza box because the bird only lived for 10 weeks and ate a monotonous diet) and highly processed additives, many of them not even technically edible.

So you'd think if Papa John's was really following a different model, they'd want to tell us all about it. Too bad they don't. Those "better ingredients": Good luck finding out what they are. Unlike the packaged products you buy at the supermarket, restaurant food isn't required to list ingredients. Many fast food chains, like McDonald's, Taco Bell and Subway, do voluntarily provide them, in part for indemnity against lawsuits and in part because they realize some of their customers actually want to know what they're eating.

But not Papa John's. They've decided it's better to keep their ingredients a secret. You won't find any information about them on either the company's website or in stores. Charlie, the friendly and accommodating employee who took my order for a small cheese pizza at my local Papa John's in Boulder, Colo., told me that he didn't know what the pizza ingredients were. "I think they're listed on the website," he said, making a reasonable assumption.

When I called Papa John's customer toll free number, I was told that for "additional information on allergen or nutritional info" I should leave a message with Connie Childs, who would return my call the next business day. I left two messages, but Connie never called. Public relations wasn't much help either. My emails and voicemails went unanswered. Only Charlie offered a few thoughts about what exactly makes Papa John's pizza "better."

"We get deliveries in every three days, so nothing that's in the fridge is more than a few days old. And we form the dough here. It doesn't come ready to go, though it is made in a central facility and then frozen," he said, offering a slightly different version of the story than what's printed on the pizza boxes.

Maybe Papa John's doesn't use chemical dough conditioners in their pizza dough, corn syrup or sugar in the sauce, or preservatives and cheap fillers in the meat toppings. Maybe they go the extra mile to make a high-quality pizza that's as close to homemade as possible. Although the fact that Papa John's garlic sauce, which comes in little packages, is made with a slew of additives – mono and diglycerides, partially hydrogenated soybean oil and the preservatives sodium benzoate and calcium disodium EDTA – does not inspire confidence.

By not disclosing what's in its food, Papa John's is revealing that it doesn't think too much of its customers. It is either asking customers for blind trust or assuming people are too stupid and complacent to ask questions. When we do ask questions, they refuse to answer. At least that was my experience, both when I approached Papa John's as a journalist and a customer. This strikes me as a foolish approach in an age when American eaters are demanding more transparency (see GMO labeling) when it comes to food, not less. For some reason, Papa John's has failed to realize that when you hoist your entire brand up on the idea of high-quality food, you'd better be able to back it up.


What Papa John's doesn't want you to know about its pizza

Food companies understand that Americans are increasingly interested in buying food that actually seems worth eating. We want food that's some degree of fresh, healthy, natural or otherwise of higher quality. It's for this reason that you see images of plump fruit decorating packages of cereal bars and the greenest broccoli you've ever laid eyes upon appearing on boxes of frozen dinners. At Burger King, you don't order a mere salad – it's a Chicken Caesar Garden Fresh Salad. Those chips aren't just cheese-flavored — they're Harvest Cheddar Sun Chips, with "harvest cheddar" an entirely meaningless term.

Few companies have applied this appeal more literally than Papa John's, which for years has boasted "Better pizza. Better ingredients." Printed on every Papa John's pizza box is a little story: "When I founded Papa John's in 1984, my mission was to build a better pizza," says "Papa" John Schnatter. "I went the extra mile to ensure we used the highest quality ingredients available – like fresh, never frozen original dough, all-natural sauce, veggies sliced fresh daily and 100 percent real beef and pork. We think you'll taste the difference."

After all, who wouldn't want fresher, better ingredients in their pizza? A great deal of the food we currently eat, both from the supermarket and at chain restaurants, is comprised of ingredients created as cheaply as possible (tomatoes chosen for their shipability, not flavor chicken as bland as a pizza box because the bird only lived for 10 weeks and ate a monotonous diet) and highly processed additives, many of them not even technically edible.

So you'd think if Papa John's was really following a different model, they'd want to tell us all about it. Too bad they don't. Those "better ingredients": Good luck finding out what they are. Unlike the packaged products you buy at the supermarket, restaurant food isn't required to list ingredients. Many fast food chains, like McDonald's, Taco Bell and Subway, do voluntarily provide them, in part for indemnity against lawsuits and in part because they realize some of their customers actually want to know what they're eating.

But not Papa John's. They've decided it's better to keep their ingredients a secret. You won't find any information about them on either the company's website or in stores. Charlie, the friendly and accommodating employee who took my order for a small cheese pizza at my local Papa John's in Boulder, Colo., told me that he didn't know what the pizza ingredients were. "I think they're listed on the website," he said, making a reasonable assumption.

When I called Papa John's customer toll free number, I was told that for "additional information on allergen or nutritional info" I should leave a message with Connie Childs, who would return my call the next business day. I left two messages, but Connie never called. Public relations wasn't much help either. My emails and voicemails went unanswered. Only Charlie offered a few thoughts about what exactly makes Papa John's pizza "better."

"We get deliveries in every three days, so nothing that's in the fridge is more than a few days old. And we form the dough here. It doesn't come ready to go, though it is made in a central facility and then frozen," he said, offering a slightly different version of the story than what's printed on the pizza boxes.

Maybe Papa John's doesn't use chemical dough conditioners in their pizza dough, corn syrup or sugar in the sauce, or preservatives and cheap fillers in the meat toppings. Maybe they go the extra mile to make a high-quality pizza that's as close to homemade as possible. Although the fact that Papa John's garlic sauce, which comes in little packages, is made with a slew of additives – mono and diglycerides, partially hydrogenated soybean oil and the preservatives sodium benzoate and calcium disodium EDTA – does not inspire confidence.

By not disclosing what's in its food, Papa John's is revealing that it doesn't think too much of its customers. It is either asking customers for blind trust or assuming people are too stupid and complacent to ask questions. When we do ask questions, they refuse to answer. At least that was my experience, both when I approached Papa John's as a journalist and a customer. This strikes me as a foolish approach in an age when American eaters are demanding more transparency (see GMO labeling) when it comes to food, not less. For some reason, Papa John's has failed to realize that when you hoist your entire brand up on the idea of high-quality food, you'd better be able to back it up.


ビデオを見る: Checco Zalone Nostalgia Italia (かもしれません 2022).