新しいレシピ

2011年秋のレストランプレビュー

2011年秋のレストランプレビュー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

毎シーズン、全国に数十のレストランがオープンしています。何が他よりもエキサイティングなのですか?一つには、実績。 Stephen Starrのようなレストラン経営者が新しいベンチャーを立ち上げると発表したとき(彼は今秋、フィラデルフィアのIl Pittoreとニューヨーク市のCaffèStoricoと一緒になります)、ニュースには一定の期待が寄せられています。しかし、あなたの必見のリストのトップに全国の新しい開口部を上げることに入る他の多くのものがあります。

誇大広告機のためのより多くの飼料?素晴らしい弱者の話。若いシェフがメンターから出て自分の場所を開くことほど、アメリカンドリームを際立たせるものはありません。レストラン業界の気まぐれな領域に初めて参入したのです。さらに良いことに、ゴーヴィンド・アームストロングが来月のポストとビームで確実にやりたいと思っているように、ベテランのシェフがいくつかの悪い休憩の後に勝利を収めたという話があります。

計算された要素がはるかに少ないために期待を集めるレストランもあります。たとえば、テレビに出演したことでアメリカの心に足を踏み入れたシェフが経営する飲食店を例にとってみましょう。ティファニー・フェイソンの出演は 最高のシェフ 彼女の新しいボストンバーベキュージョイントに顧客を引き付けます。

グラント・アハッツが毎シーズンレストランを再考できるシカゴのネクストのように、レストランのコンセプトが非常に革新的であるため、食事をする人はそれに惹かれることがあります。すべてのレストランがそれほど明るく燃えると期待できるわけではありませんが、この秋にオープンする最も注目すべきレストランを見ると、いくつかの傾向が現れました。

Eat / Dineの編集者であるMollyAronicaとArthurBovinoによって、以下に分類されている、最も期待されている秋のレストランのオープンをチェックしてください。

ハンバーガーと肉屋
ハンバーガーバーはしばらくの間暑く、その傾向は鈍化していないようです。ナンシーシルバートンがロサンゼルスでシャックスタイルのジョイントを開いたり、新しい場所でキャサルアームストロングのスリングパティを開いたりしています。同様に、PaulKahanの新しいPublicanQuality Meatsなど、社内で屠殺および硬化された肉を提供するレストランはいたるところにあります。

•ワシントンD.C.のディストリクトコモンズ: Acadiana、TenPenh、Ceiba、DC Coastが彼のベルトの下にあり、シェフのJeffTunksは長い間ワシントンDCに住んでいます。しかし、D.C。の急成長するハンバーガーシーンへのこの進出は、カウンターサービスでの彼の最初の試みになります。ウェットエイジングの全チャックローストとブリスケットで作られたハンバーガーを社内で粉砕することを期待してください(3:1の比率)。 (Facebook / District Commonsの写真提供)

•ソサエティフェア、ワシントンD.C。: フードホールのトレンドは広がり続けています。これは、スターD.C.のシェフCathal Armstrongと彼の妻Meshelleによるもので、ハワード大学近くの「ヨーロッパスタイル」の食品市場であり、「肉屋、パン屋、ワインバー、レストランに30の屋外席と50の屋内席」があります。

•PublicanQuality Meats、シカゴ: 地元の家族経営の農場から肉を調達する、ポール・カハンによる職人によるフルサービスの精肉店。 The Publicanの向かいのこの場所では、自家製の豚肉とパン、ランチにオーダーメイドのサンドイッチ、そして道を行くとコンチネンタルスタイルの朝食があります。

•シカゴのネルコート: パスタ、ピザ、小皿料理、学士号のジャム(ラム酒とフルーツの濃厚な飲み物)、薪オーブンで作った料理。 Jared Van Camp(Old Town Social)は、このプロジェクトを彼の出て来るパーティーと見なしていると言われています。これは、彼が単なる素晴らしいバーフード以上のことができることを示す方法です。

•Bavette’s Bar and Boeuf、シカゴ: Brendan Sodikoff(Gilt Bar、Maude's Liquor Bar、The Donut Vault)のリバーノースにある「ヨーロッパのステーキハウス」のコンセプトには、その後ろにハンバーガージョイントがあります。

•HD1、アトランタ: 3つのフリップバーガー、現在はホットドッグジョイント。リチャード・ブライスが本物のレストランを再びオープンする予定があるかどうか疑問に思う必要があります。自家製の肉やソーセージを含むメニューを試食しながら、それを熟考してください。イーターアトランタは、シェフ自身のお気に入りは次のとおりです。「レモンカードと花椒の手羽先、メープルソイのワッフルフライ、チリとライムのクリスピーなホミニー、サンマルツァーノケチャップのフェンネルソーセージ、クランベリーとキュウリのラムソーセージ、フライドチキン肝臓、そしてザクロはエビの頭のアイオリで転がります。」


月曜日のプロフィール:スタークビルのネイティブは、家族経営の市場やレストランで食材、アジアのレシピを提供しています

COVID-19のパニック買いの最初の波が約1か月前にスタークビルを襲ったとき、ハイウェイ12のアジアンフーズマーケットではトイレットペーパーが走りませんでした。

Asian Foods Marketは、ほとんどすべてのものの少しといくつかのものを販売していますが、トイレットペーパーは販売していません。

それは、家族経営の企業がパニック買いの影響を受けなかったことを意味するわけではありません。

&#8220私たちにとって、それは米でした&#8221は、両親が2011年に店を開き、2年前に隣にレストランを追加したケビンヤン氏は言いました。 &#8220たくさんのご飯。春休みから約2週間後、全員が一斉にご飯を買いだめし始めました。&#8221

「スティッキーライス」と呼ばれることの多いさまざまな米は、米国の非アジア人が通常消費する従来の白米よりも甘くて粘り気がありますが、その「アメリカン」米は通常1ポンドまたは2ポンドで販売されています。パッケージ、アジア市場で販売されている米は、シングルサイズの&#821250ポンドバッグで提供されます。

&#8220ほとんどのアジアの文化では、米はほぼすべての食事の基本です&#8221ヤンは言いました。 &#8220私はあなたがそれをアメリカ料理、多分ミルクで何と比較するかさえ知りませんか?私が知っているのは、米はすべてのアジアの家庭が備蓄しているものだということだけです。&#8221

あなたは50ポンドの米の袋が大いに役立つと思うかもしれません。そうではない、とヤンは言った。

&#8220このすべての開始時に、私たちは1日で米のパレットを販売しました&#8221ヤンは言いました。 &#8220That&#8217s 6050ポンドの米袋。人々は入って来て、2つのバッグを購入し、次の日に来て、さらに2つ購入しました。クレイジーでした。&#8221

ヤン(22歳)は、彼の家族の中で最初のネイティブ生まれのアメリカ人です。彼の両親は1980年代半ばに中国から米国に移住し、ニューヨークのブルックリンに定住しました。

家族はヤンが2歳のときにスタークビルに引っ越し、古いテイストオブチャイナレストランを購入した後、市場に焦点を移しました。ミシシッピ州のアジアの学生人口が増え始めた市場では、家族がその空白を埋めたと感じました。

&#8220私たちのビジネスの多くはミシシッピ州から来ています&#8221ヤンは言いました。 &#8220私たちの店は、アジア料理に必要なものの多くを見つけることができる唯一の場所です。私たちはニッチを埋め、何年にもわたってかなり着実にビジネスを成長させてきました。&#8221

ほとんどの家族経営の企業と同様に、ヤンは市場で育ち、そこでほぼすべての仕事をしていました。

&#8220私が中学1年生のとき、私は顧客をチェックしていました&#8221と彼は言いました。 &#8220私はすべてをやりましたが、今は主に父と一緒にキッチンで料理をしています。&#8221

ヤン氏は、これまでのところ、COVID-19危機の間、ビジネスは「大丈夫」だと語った。例外は、他のレストランと同様に、テイクアウトの注文のみに依存しているレストランです。

&#8220私たちは&#8217レストラン側であまりビジネスを行っていません&#8221ヤンは言いました。 &#8220しかし、私たちはまだそれを続けています。&#8221

ヤン氏によると、レストランはすでにその戦略的価値を証明しているという。

「レストランをオープンしてから私たちが目にしたのは、それがより多くの(アジア以外の)顧客をもたらしたということです」とヤン氏は語った。 &#8220彼らは入って来て、食べ物を味わい、家で作りたいと決心します。市場は同じ建物内にあるので、彼らはやって来て買い物をします。&#8221

ヤンと他の労働者にとって、彼らが喜んで実行する別の仕事もあります。

&#8220パッケージへの書き込みはほとんど英語ではありません&#8221と彼は言いました。 &#8220それで、私たちはパッキングを読んで、製品について彼らに話します。&#8221

彼はまた料理の秘訣を提供します。

&#8220私はいつも彼らに何を持っているか尋ねます&#8221彼は言いました。 &#8220豚肉はありますか?私はいくつかの豚肉料理についていくつかの提案をします。多くのお客様にとって、新しいスタイルの料理を発見するのは楽しいことだと思います。それは私たちにとって良いことなので、喜んでお手伝いします。&#8221

ヤン氏は、危機の間、市場は独自のものを維持していたが、ビジネスが最終的に衰退する可能性があると述べた。

&#8220ミシシッピ州での授業が再開される秋に何が起こるかに大きく依存している&#8221と彼は言った。 &#8220私たちは&#8217留学生が戻ってくるかどうかを見守っています。彼らがそうしない場合、それは私たちに影響を与えるでしょう。私たちは彼らに基づいてビジネスを構築し、より多くの(アジア人以外の)顧客を獲得している一方で、アジア人の学生が私たちが最も頼りにしている人です。&#8221

Slim Smithは、TheDispatchのコラムニスト兼機能ライターです。彼のメールアドレスは[email&#160protected]です


月曜日のプロフィール:スタークビルのネイティブは、家族経営の市場やレストランで食材、アジアのレシピを提供しています

COVID-19のパニック買いの最初の波が約1か月前にスタークビルを襲ったとき、ハイウェイ12のアジアンフーズマーケットではトイレットペーパーが走りませんでした。

Asian Foods Marketは、ほとんどすべてのものの少しといくつかのものを販売していますが、トイレットペーパーは販売していません。

それは、家族経営の企業がパニック買いの影響を受けなかったことを意味するわけではありません。

&#8220私たちにとって、それは米でした&#8221は、両親が2011年に店を開き、2年前に隣にレストランを追加したケビンヤン氏は言いました。 &#8220たくさんのご飯。春休みから約2週間後、全員が一斉にご飯を買いだめし始めました。&#8221

「スティッキーライス」と呼ばれることの多いさまざまな米は、米国の非アジア人が通常消費する従来の白米よりも甘くて粘り気がありますが、その「アメリカン」米は通常1ポンドまたは2ポンドで販売されています。パッケージ、アジア市場で販売されている米は、シングルサイズの&#821250ポンドバッグで提供されます。

&#8220ほとんどのアジアの文化では、米はほぼすべての食事の基本です&#8221ヤンは言いました。 &#8220私はあなたがそれをアメリカ料理、多分ミルクで何と比較するかさえ知りませんか?私が知っているのは、米はすべてのアジアの家庭が備蓄しているものだということだけです。&#8221

あなたは50ポンドの米の袋が大いに役立つと思うかもしれません。そうではない、とヤンは言った。

&#8220このすべての開始時に、私たちは1日で米のパレットを販売しました&#8221ヤンは言いました。 &#8220That&#8217s 6050ポンドの米袋。人々は入って来て、2つのバッグを購入し、次の日に来て、さらに2つ購入しました。クレイジーでした。&#8221

ヤン(22歳)は、彼の家族の中で最初のネイティブ生まれのアメリカ人です。彼の両親は1980年代半ばに中国から米国に移住し、ニューヨークのブルックリンに定住しました。

家族はヤンが2歳のときにスタークビルに引っ越し、古いテイストオブチャイナレストランを購入した後、市場に焦点を移しました。ミシシッピ州のアジアの学生人口が増え始めた市場では、家族がその空白を埋めたと感じました。

&#8220私たちのビジネスの多くはミシシッピ州から来ています&#8221ヤンは言いました。 &#8220私たちの店は、アジア料理に必要なものの多くを見つけることができる唯一の場所です。私たちはニッチを埋め、何年にもわたってかなり着実にビジネスを成長させてきました。&#8221

ほとんどの家族経営の企業と同様に、ヤンは市場で育ち、そこでほぼすべての仕事をしていました。

&#8220私が中学1年生のとき、私は顧客をチェックしていました&#8221と彼は言いました。 &#8220私はすべてをやりましたが、今は主に父と一緒にキッチンで料理をしています。&#8221

ヤン氏は、これまでのところ、COVID-19危機の間、ビジネスは「大丈夫」だと語った。例外は、他のレストランと同様に、テイクアウトの注文のみに依存しているレストランです。

&#8220私たちは&#8217レストラン側であまりビジネスを行っていません&#8221ヤンは言いました。 &#8220しかし、私たちはまだそれを続けています。&#8221

ヤン氏によると、レストランはすでにその戦略的価値を証明しているという。

「レストランをオープンしてから私たちが目にしたのは、それがより多くの(アジア以外の)顧客をもたらしたということです」とヤン氏は語った。 &#8220彼らは入って来て、食べ物を味わい、家で作りたいと決心します。市場は同じ建物内にあるので、彼らはやって来て買い物をします。&#8221

ヤンと他の労働者にとって、彼らが喜んで実行する別の仕事もあります。

&#8220パッケージへの書き込みはほとんど英語ではありません&#8221と彼は言いました。 &#8220それで、私たちはパッキングを読んで、製品について彼らに話します。&#8221

彼はまた料理の秘訣を提供します。

&#8220私はいつも彼らに何を持っているか尋ねます&#8221彼は言いました。 &#8220豚肉はありますか?私はいくつかの豚肉料理についていくつかの提案をします。多くのお客様にとって、新しいスタイルの料理を発見するのは楽しいことだと思います。それは私たちにとって良いことなので、喜んでお手伝いします。&#8221

ヤン氏は、危機の間、市場は独自のものを維持していたが、ビジネスが最終的に衰退する可能性があると述べた。

&#8220ミシシッピ州での授業が再開される秋に何が起こるかに大きく依存している&#8221と彼は言った。 &#8220私たちは&#8217留学生が戻ってくるかどうかを見守っています。彼らがそうしない場合、それは私たちに影響を与えるでしょう。私たちは彼らに基づいてビジネスを構築し、より多くの(アジア人以外の)顧客を獲得している一方で、アジア人の学生が私たちが最も頼りにしている人です。&#8221

Slim Smithは、TheDispatchのコラムニスト兼機能ライターです。彼のメールアドレスは[email&#160protected]です


月曜日のプロフィール:スタークビルのネイティブは、家族経営の市場やレストランで食材、アジアのレシピを提供しています

COVID-19のパニック買いの最初の波が約1か月前にスタークビルを襲ったとき、ハイウェイ12のアジアンフーズマーケットではトイレットペーパーが走りませんでした。

Asian Foods Marketは、ほとんどすべてのものの少しといくつかのものを販売していますが、トイレットペーパーは販売していません。

それは、家族経営の企業がパニック買いの影響を受けなかったことを意味するわけではありません。

&#8220私たちにとって、それは米でした&#8221は、両親が2011年に店を開き、2年前に隣にレストランを追加したケビンヤン氏は言いました。 &#8220たくさんのご飯。春休みから約2週間後、全員が一斉にご飯を買いだめし始めました。&#8221

「スティッキーライス」と呼ばれることの多いさまざまな米は、米国の非アジア人が通常消費する従来の白米よりも甘くて粘り気がありますが、その「アメリカン」米は通常1ポンドまたは2ポンドで販売されています。パッケージ、アジア市場で販売されている米は、シングルサイズの&#821250ポンドバッグで提供されます。

&#8220ほとんどのアジアの文化では、米はほぼすべての食事の基本です&#8221ヤンは言いました。 &#8220私はあなたがそれをアメリカ料理、多分ミルクで何と比較するかさえ知りませんか?私が知っているのは、米はすべてのアジアの家庭が備蓄しているものだということだけです。&#8221

あなたは50ポンドの米の袋が大いに役立つと思うかもしれません。そうではない、とヤンは言った。

&#8220このすべての開始時に、私たちは1日で米のパレットを販売しました&#8221ヤンは言いました。 &#8220That&#8217s 6050ポンドの米袋。人々は入って来て、2つのバッグを購入し、次の日に来て、さらに2つ購入しました。クレイジーでした。&#8221

ヤン(22歳)は、彼の家族の中で最初のネイティブ生まれのアメリカ人です。彼の両親は1980年代半ばに中国から米国に移住し、ニューヨークのブルックリンに定住しました。

家族はヤンが2歳のときにスタークビルに引っ越し、古いテイストオブチャイナレストランを購入した後、市場に焦点を移しました。ミシシッピ州のアジアの学生人口が増え始めた市場では、家族がその空白を埋めたと感じました。

&#8220私たちのビジネスの多くはミシシッピ州から来ています&#8221ヤンは言いました。 &#8220私たちの店は、アジア料理に必要なものの多くを見つけることができる唯一の場所です。私たちはニッチを埋め、何年にもわたってかなり着実にビジネスを成長させてきました。&#8221

ほとんどの家族経営の企業と同様に、ヤンは市場で育ち、そこでほぼすべての仕事をしていました。

&#8220私が中学1年生のとき、私は顧客をチェックしていました&#8221と彼は言いました。 &#8220私はすべてをやりましたが、今は主に父と一緒にキッチンで料理をしています。&#8221

ヤン氏は、これまでのところ、COVID-19危機の間、ビジネスは「大丈夫」だと語った。例外は、他のレストランと同様に、テイクアウトの注文のみに依存しているレストランです。

&#8220私たちは&#8217レストラン側であまりビジネスを行っていません&#8221ヤンは言いました。 &#8220しかし、私たちはまだそれを続けています。&#8221

ヤン氏によると、レストランはすでにその戦略的価値を証明しているという。

「レストランをオープンしてから私たちが目にしたのは、それがより多くの(アジア以外の)顧客をもたらしたということです」とヤン氏は語った。 &#8220彼らは入って来て、食べ物を味わい、家で作りたいと決心します。市場は同じ建物内にあるので、彼らはやって来て買い物をします。&#8221

ヤンと他の労働者にとって、彼らが喜んで実行する別の仕事もあります。

&#8220パッケージへの書き込みはほとんど英語ではありません&#8221と彼は言いました。 &#8220それで、私たちはパッキングを読んで、製品について彼らに話します。&#8221

彼はまた料理の秘訣を提供します。

&#8220私はいつも彼らに何を持っているか尋ねます&#8221彼は言いました。 &#8220豚肉はありますか?私はいくつかの豚肉料理についていくつかの提案をします。多くのお客様にとって、新しいスタイルの料理を発見するのは楽しいことだと思います。それは私たちにとって良いことなので、喜んでお手伝いします。&#8221

ヤン氏は、危機の間、市場は独自のものを維持していたが、ビジネスが最終的に衰退する可能性があると述べた。

&#8220ミシシッピ州での授業が再開される秋に何が起こるかに大きく依存している&#8221と彼は言った。 &#8220私たちは&#8217留学生が戻ってくるかどうかを見守っています。彼らがそうしない場合、それは私たちに影響を与えるでしょう。私たちは彼らに基づいてビジネスを構築し、より多くの(アジア人以外の)顧客を獲得している一方で、アジア人の学生が私たちが最も頼りにしている人です。&#8221

Slim Smithは、TheDispatchのコラムニスト兼機能ライターです。彼のメールアドレスは[email&#160protected]です


月曜日のプロフィール:スタークビルのネイティブは、家族経営の市場やレストランで食材、アジアのレシピを提供しています

COVID-19のパニック買いの最初の波が約1か月前にスタークビルを襲ったとき、ハイウェイ12のアジアンフーズマーケットではトイレットペーパーが走りませんでした。

Asian Foods Marketは、ほとんどすべてのものの少しといくつかのものを販売していますが、トイレットペーパーは販売していません。

それは、家族経営の企業がパニック買いの影響を受けなかったことを意味するわけではありません。

&#8220私たちにとって、それは米でした&#8221は、両親が2011年に店を開き、2年前に隣にレストランを追加したケビンヤン氏は言いました。 &#8220たくさんのご飯。春休みから約2週間後、全員が一斉にご飯を買いだめし始めました。&#8221

「スティッキーライス」と呼ばれることの多いさまざまな米は、米国の非アジア人が通常消費する従来の白米よりも甘くて粘り気がありますが、その「アメリカの」米は通常1ポンドまたは2ポンドで販売されています。パッケージ、アジア市場で販売されている米は、シングルサイズの&#821250ポンドバッグで提供されます。

&#8220ほとんどのアジアの文化では、米はほぼすべての食事の基本です&#8221ヤンは言いました。 &#8220私はあなたがそれをアメリカ料理、多分ミルクで何と比較するかさえ知りませんか?私が知っているのは、米はすべてのアジアの家庭が備蓄しているものだということだけです。&#8221

あなたは50ポンドの米の袋が大いに役立つと思うかもしれません。そうではない、とヤンは言った。

&#8220このすべての開始時に、私たちは1日で米のパレットを販売しました&#8221ヤンは言いました。 &#8220That&#8217s 6050ポンドの米袋。人々は入って来て、2つのバッグを購入し、次の日に来て、さらに2つ購入しました。クレイジーでした。&#8221

ヤン(22歳)は、彼の家族の中で最初のネイティブ生まれのアメリカ人です。彼の両親は1980年代半ばに中国から米国に移住し、ニューヨークのブルックリンに定住しました。

家族はヤンが2歳のときにスタークビルに引っ越し、古いテイストオブチャイナレストランを購入した後、市場に焦点を移しました。ミシシッピ州のアジアの学生人口が増え始めた市場では、家族がその空白を埋めたと感じました。

&#8220私たちのビジネスの多くはミシシッピ州から来ています&#8221ヤンは言いました。 &#8220私たちの店は、アジア料理に必要なものの多くを見つけることができる唯一の場所です。私たちはニッチを埋め、何年にもわたってかなり着実にビジネスを成長させてきました。&#8221

ほとんどの家族経営の企業と同様に、ヤンは市場で育ち、そこでほぼすべての仕事をしていました。

&#8220私が中学1年生のとき、私は顧客をチェックしていました&#8221と彼は言いました。 &#8220私はすべてをやりましたが、今は主に父と一緒にキッチンで料理をしています。&#8221

ヤン氏は、これまでのところ、COVID-19危機の間、ビジネスは「大丈夫」だと語った。例外は、他のレストランと同様に、テイクアウトの注文のみに依存しているレストランです。

&#8220私たちは&#8217レストラン側であまりビジネスを行っていません&#8221ヤンは言いました。 &#8220しかし、私たちはまだそれを続けています。&#8221

ヤン氏によると、レストランはすでにその戦略的価値を証明しているという。

「レストランをオープンしてから私たちが目にしたのは、それがより多くの(アジア以外の)顧客をもたらしたということです」とヤン氏は語った。 &#8220彼らは入って来て、食べ物を味わい、家で作りたいと決心します。市場は同じ建物内にあるので、彼らはやって来て買い物をします。&#8221

ヤンと他の労働者にとって、彼らが喜んで実行する別の仕事もあります。

&#8220パッケージへの書き込みはほとんど英語ではありません&#8221と彼は言いました。 &#8220それで、私たちはパッキングを読んで、製品について彼らに話します。&#8221

彼はまた料理の秘訣を提供します。

&#8220私はいつも彼らに何を持っているか尋ねます&#8221彼は言いました。 &#8220豚肉はありますか?私はいくつかの豚肉料理についていくつかの提案をします。多くのお客様にとって、新しいスタイルの料理を発見するのは楽しいことだと思います。それは私たちにとって良いことなので、喜んでお手伝いします。&#8221

ヤン氏は、危機の間、市場は独自のものを維持していたが、ビジネスが最終的に衰退する可能性があると述べた。

&#8220ミシシッピ州での授業が再開される秋に何が起こるかに大きく依存している&#8221と彼は言った。 &#8220私たちは&#8217留学生が戻ってくるかどうかを見守っています。彼らがそうしない場合、それは私たちに影響を与えるでしょう。私たちは彼らに基づいてビジネスを構築し、より多くの(アジア人以外の)顧客を獲得している一方で、アジア人の学生が私たちが最も頼りにしている人です。&#8221

Slim Smithは、TheDispatchのコラムニスト兼機能ライターです。彼のメールアドレスは[email&#160protected]です


月曜日のプロフィール:スタークビルのネイティブは、家族経営の市場やレストランで食材、アジアのレシピを提供しています

COVID-19のパニック買いの最初の波が約1か月前にスタークビルを襲ったとき、ハイウェイ12のアジアンフーズマーケットではトイレットペーパーが走りませんでした。

Asian Foods Marketは、ほとんどすべてのものの少しといくつかのものを販売していますが、トイレットペーパーは販売していません。

それは、家族経営の企業がパニック買いの影響を受けなかったことを意味するわけではありません。

&#8220私たちにとって、それは米でした&#8221は、両親が2011年に店を開き、2年前に隣にレストランを追加したケビンヤン氏は言いました。 &#8220たくさんのご飯。春休みから約2週間後、全員が一斉にご飯を買いだめし始めました。&#8221

「スティッキーライス」と呼ばれることの多いさまざまな米は、米国の非アジア人が通常消費する従来の白米よりも甘くて粘り気がありますが、その「アメリカの」米は通常1ポンドまたは2ポンドで販売されています。パッケージ、アジア市場で販売されている米は、シングルサイズの&#821250ポンドバッグで提供されます。

&#8220ほとんどのアジアの文化では、米はほぼすべての食事の基本です&#8221ヤンは言いました。 &#8220私はあなたがそれをアメリカ料理、多分ミルクで何と比較するかさえ知りませんか?私が知っているのは、米はすべてのアジアの家庭が備蓄しているものだということだけです。&#8221

あなたは50ポンドの米の袋が大いに役立つと思うかもしれません。そうではない、とヤンは言った。

&#8220このすべての開始時に、私たちは1日で米のパレットを販売しました&#8221ヤンは言いました。 &#8220That&#8217s 6050ポンドの米袋。人々は入って来て、2つのバッグを購入し、次の日に来て、さらに2つ購入しました。クレイジーでした。&#8221

ヤン(22歳)は、彼の家族の中で最初のネイティブ生まれのアメリカ人です。彼の両親は1980年代半ばに中国から米国に移住し、ニューヨークのブルックリンに定住しました。

家族はヤンが2歳のときにスタークビルに引っ越し、古いテイストオブチャイナレストランを購入した後、市場に焦点を移しました。ミシシッピ州のアジアの学生人口が増え始めた市場では、家族がその空白を埋めたと感じました。

&#8220私たちのビジネスの多くはミシシッピ州から来ています&#8221ヤンは言いました。 &#8220私たちの店は、アジア料理に必要なものの多くを見つけることができる唯一の場所です。私たちはニッチを埋め、何年にもわたってかなり着実にビジネスを成長させてきました。&#8221

ほとんどの家族経営の企業と同様に、ヤンは市場で育ち、そこでほぼすべての仕事をしていました。

&#8220私が中学1年生のとき、私は顧客をチェックしていました&#8221と彼は言いました。 &#8220私はすべてをやりましたが、今は主に父と一緒にキッチンで料理をしています。&#8221

ヤン氏は、これまでのところ、COVID-19危機の間、ビジネスは「大丈夫」だと語った。例外は、他のレストランと同様に、テイクアウトの注文のみに依存しているレストランです。

&#8220私たちは&#8217レストラン側であまりビジネスを行っていません&#8221ヤンは言いました。 &#8220しかし、私たちはまだそれを続けています。&#8221

ヤン氏によると、レストランはすでにその戦略的価値を証明しているという。

「レストランをオープンしてから私たちが目にしたのは、それがより多くの(アジア以外の)顧客をもたらしたということです」とヤン氏は語った。 &#8220彼らは入って来て、食べ物を味わい、家で作りたいと決心します。市場は同じ建物内にあるので、彼らはやって来て買い物をします。&#8221

ヤンと他の労働者にとって、彼らが喜んで実行する別の仕事もあります。

&#8220パッケージへの書き込みはほとんど英語ではありません&#8221と彼は言いました。 &#8220それで、私たちはパッキングを読んで、製品について彼らに話します。&#8221

彼はまた料理の秘訣を提供します。

&#8220私はいつも彼らに何を持っているか尋ねます&#8221彼は言いました。 &#8220豚肉はありますか?私はいくつかの豚肉料理についていくつかの提案をします。多くのお客様にとって、新しいスタイルの料理を発見するのは楽しいことだと思います。それは私たちにとって良いことなので、喜んでお手伝いします。&#8221

ヤン氏は、危機の間、市場は独自のものを維持していたが、ビジネスが最終的に衰退する可能性があると述べた。

&#8220ミシシッピ州での授業が再開される秋に何が起こるかに大きく依存している&#8221と彼は言った。 &#8220私たちは&#8217留学生が戻ってくるかどうかを見守っています。彼らがそうしない場合、それは私たちに影響を与えるでしょう。私たちは彼らに基づいてビジネスを構築し、より多くの(アジア人以外の)顧客を獲得している一方で、アジア人の学生が私たちが最も頼りにしている人です。&#8221

Slim Smithは、TheDispatchのコラムニスト兼機能ライターです。彼のメールアドレスは[email&#160protected]です


月曜日のプロフィール:スタークビルのネイティブは、家族経営の市場やレストランで食材、アジアのレシピを提供しています

COVID-19のパニック買いの最初の波が約1か月前にスタークビルを襲ったとき、ハイウェイ12のアジアンフーズマーケットではトイレットペーパーが走りませんでした。

Asian Foods Marketは、ほとんどすべてのものの少しといくつかのものを販売していますが、トイレットペーパーは販売していません。

それは、家族経営の企業がパニック買いの影響を受けなかったことを意味するわけではありません。

&#8220私たちにとって、それは米でした&#8221は、両親が2011年に店を開き、2年前に隣にレストランを追加したケビンヤン氏は言いました。 &#8220たくさんのご飯。春休みから約2週間後、全員が一斉にご飯を買いだめし始めました。&#8221

「スティッキーライス」と呼ばれることの多いさまざまな米は、米国の非アジア人が通常消費する従来の白米よりも甘くて粘り気がありますが、その「アメリカの」米は通常1ポンドまたは2ポンドで販売されています。パッケージ、アジア市場で販売されている米は、シングルサイズの&#821250ポンドバッグで提供されます。

&#8220ほとんどのアジアの文化では、米はほぼすべての食事の基本です&#8221ヤンは言いました。 &#8220私はあなたがそれをアメリカ料理、多分ミルクで何と比較するかさえ知りませんか?私が知っているのは、米はすべてのアジアの家庭が備蓄しているものだということだけです。&#8221

あなたは50ポンドの米の袋が大いに役立つと思うかもしれません。そうではない、とヤンは言った。

&#8220このすべての開始時に、私たちは1日で米のパレットを販売しました&#8221ヤンは言いました。 &#8220That&#8217s 6050ポンドの米袋。人々は入って来て、2つのバッグを購入し、次の日に来て、さらに2つ購入しました。クレイジーでした。&#8221

ヤン(22歳)は、彼の家族の中で最初のネイティブ生まれのアメリカ人です。彼の両親は1980年代半ばに中国から米国に移住し、ニューヨークのブルックリンに定住しました。

家族はヤンが2歳のときにスタークビルに引っ越し、古いテイストオブチャイナレストランを購入した後、市場に焦点を移しました。ミシシッピ州のアジアの学生人口が増え始めた市場では、家族がその空白を埋めたと感じました。

&#8220私たちのビジネスの多くはミシシッピ州から来ています&#8221ヤンは言いました。 &#8220私たちの店は、アジア料理に必要なものの多くを見つけることができる唯一の場所です。私たちはニッチを埋め、何年にもわたってかなり着実にビジネスを成長させてきました。&#8221

ほとんどの家族経営の企業と同様に、ヤンは市場で育ち、そこでほぼすべての仕事をしていました。

&#8220私が中学1年生のとき、私は顧客をチェックしていました&#8221と彼は言いました。 &#8220私はすべてをやりましたが、今は主に父と一緒にキッチンで料理をしています。&#8221

ヤン氏は、これまでのところ、COVID-19危機の間、ビジネスは「大丈夫」だと語った。例外は、他のレストランと同様に、テイクアウトの注文のみに依存しているレストランです。

&#8220私たちは&#8217レストラン側であまりビジネスを行っていません&#8221ヤンは言いました。 &#8220しかし、私たちはまだそれを続けています。&#8221

ヤン氏によると、レストランはすでにその戦略的価値を証明しているという。

「レストランをオープンしてから私たちが目にしたのは、それがより多くの(アジア以外の)顧客をもたらしたということです」とヤン氏は語った。 &#8220彼らは入って来て、食べ物を味わい、家で作りたいと決心します。市場は同じ建物内にあるので、彼らはやって来て買い物をします。&#8221

ヤンと他の労働者にとって、彼らが喜んで実行する別の仕事もあります。

&#8220パッケージへの書き込みはほとんど英語ではありません&#8221と彼は言いました。 &#8220それで、私たちはパッキングを読んで、製品について彼らに話します。&#8221

彼はまた料理の秘訣を提供します。

&#8220私はいつも彼らに何を持っているか尋ねます&#8221彼は言いました。 &#8220豚肉はありますか?私はいくつかの豚肉料理についていくつかの提案をします。多くのお客様にとって、新しいスタイルの料理を発見するのは楽しいことだと思います。それは私たちにとって良いことなので、喜んでお手伝いします。&#8221

ヤン氏は、危機の間、市場は独自のものを維持していたが、ビジネスが最終的に衰退する可能性があると述べた。

&#8220ミシシッピ州での授業が再開される秋に何が起こるかに大きく依存している&#8221と彼は言った。 &#8220私たちは&#8217留学生が戻ってくるかどうかを見守っています。彼らがそうしない場合、それは私たちに影響を与えるでしょう。私たちは彼らに基づいてビジネスを構築し、より多くの(アジア人以外の)顧客を獲得している一方で、アジア人の学生が私たちが最も頼りにしている人です。&#8221

Slim Smithは、TheDispatchのコラムニスト兼機能ライターです。彼のメールアドレスは[email&#160protected]です


月曜日のプロフィール:スタークビルのネイティブは、家族経営の市場やレストランで食材、アジアのレシピを提供しています

COVID-19のパニック買いの最初の波が約1か月前にスタークビルを襲ったとき、ハイウェイ12のアジアンフーズマーケットではトイレットペーパーが走りませんでした。

Asian Foods Market sells a little of most everything and a lot of some things, but no toilet paper.

That doesn’t mean the family-owned business was immune to panic buying.

“For us, it was rice,” said Kevin Yang, whose parents opened the store in 2011 and added a restaurant next door two years ago. “Lots of rice. About two weeks after spring break, everybody started hoarding rice all at the same time.”

The variety of rice, often called “sticky rice,” is sweeter and stickier than the conventional white rice typically consumed by non-Asians in the U.S. While that “American” rice is usually sold in one or two-pound packages, the rice Asian Market sells comes in a single size — 50-pound bags.

“In most Asian cultures, rice is the basis of just about every meal,” Yang said. “I don’t even know what you would compare it to in American food, maybe milk? All I know is that rice is something every Asian household has stocked.”

You might think a 50-pound bag of rice would go a long way. Not so, Yang said.

“At the start of all this, we sold a pallet of rice in one day,” Yang said. “That’s 60 50-pound bags of rice. People would come in, buy two bags and then come the next day and buy two more. It was crazy.”

Yang, 22, is the first native-born American in his family. His parents immigrated to the U.S. from China in the mid-1980s, settling in Brooklyn, New York.

The family moved to Starkville when Yang was 2, buying the old Taste of China Restaurant before later shifting the focus to a market, something the family felt filled a void in the market where Mississippi State’s large Asian student population has started to grow.

“A lot of our business comes from Mississippi State,” Yang said. “Our store is about the only place they can find many of the things you need in Asian cooking. We filled a niche and we’ve grown our business pretty steadily over the years.”

As it is with most family-owned businesses, Yang grew up in the market, performing just about every job there.

“When I was in seventh grade, I was checking out customers,” he said. “I’ve done everything, but now mainly I work in the kitchen cooking with my father.”

Yang said business is “doing OK,” during the COVID-19 crisis, so far. The exception is the restaurant which, like all restaurants, relies exclusively on take-out orders.

“We’re not really doing much business on the restaurant side,” Yang said. “We still keep it going, though.”

Yang said the restaurant has already proven its strategic value, though.

“What we’ve seen since we opened the restaurant is that it’s brought in a lot more (non-Asian) customers,” Yang said. “They come in, taste the food and decide they want to make it at home. Since the market is in the same building, they’ll come over and shop.”

For Yang and the other workers, there is also another task they happily perform.

“Almost none of the writing on the packages is in English,” he said. “So we’ll read the packing and tell them about the product.”

He also provides cooking tips.

“I always ask them what they have,” he said. “Do they have pork? I’ll make some suggestions about some pork dishes. I think it’s fun for a lot of customers to sort of discover a new style of cooking. That’s good for us, so we’re happy to help.”

Yang said that while the market has held its own during the crisis, there’s a chance business will eventually decline.

“A lot depends on what happens in the fall when classes at Mississippi State begin again,” he said. “We’ll be watching to see if the international students come back. If they don’t, that’s going to affect us. We’ve built our business on them and while we are getting more (non-Asians) customers, the Asians students are who we rely on the most.”

Slim Smith is a columnist and feature writer for The Dispatch. His email address is [email protected]


Monday Profile: Starkville native provides ingredients, Asian recipes at family-owned market and restaurant

When the first wave of COVID-19 panic buying swept through Starkville about a month ago, there was no run on toilet paper at Asian Foods Market on Highway 12.

Asian Foods Market sells a little of most everything and a lot of some things, but no toilet paper.

That doesn’t mean the family-owned business was immune to panic buying.

“For us, it was rice,” said Kevin Yang, whose parents opened the store in 2011 and added a restaurant next door two years ago. “Lots of rice. About two weeks after spring break, everybody started hoarding rice all at the same time.”

The variety of rice, often called “sticky rice,” is sweeter and stickier than the conventional white rice typically consumed by non-Asians in the U.S. While that “American” rice is usually sold in one or two-pound packages, the rice Asian Market sells comes in a single size — 50-pound bags.

“In most Asian cultures, rice is the basis of just about every meal,” Yang said. “I don’t even know what you would compare it to in American food, maybe milk? All I know is that rice is something every Asian household has stocked.”

You might think a 50-pound bag of rice would go a long way. Not so, Yang said.

“At the start of all this, we sold a pallet of rice in one day,” Yang said. “That’s 60 50-pound bags of rice. People would come in, buy two bags and then come the next day and buy two more. It was crazy.”

Yang, 22, is the first native-born American in his family. His parents immigrated to the U.S. from China in the mid-1980s, settling in Brooklyn, New York.

The family moved to Starkville when Yang was 2, buying the old Taste of China Restaurant before later shifting the focus to a market, something the family felt filled a void in the market where Mississippi State’s large Asian student population has started to grow.

“A lot of our business comes from Mississippi State,” Yang said. “Our store is about the only place they can find many of the things you need in Asian cooking. We filled a niche and we’ve grown our business pretty steadily over the years.”

As it is with most family-owned businesses, Yang grew up in the market, performing just about every job there.

“When I was in seventh grade, I was checking out customers,” he said. “I’ve done everything, but now mainly I work in the kitchen cooking with my father.”

Yang said business is “doing OK,” during the COVID-19 crisis, so far. The exception is the restaurant which, like all restaurants, relies exclusively on take-out orders.

“We’re not really doing much business on the restaurant side,” Yang said. “We still keep it going, though.”

Yang said the restaurant has already proven its strategic value, though.

“What we’ve seen since we opened the restaurant is that it’s brought in a lot more (non-Asian) customers,” Yang said. “They come in, taste the food and decide they want to make it at home. Since the market is in the same building, they’ll come over and shop.”

For Yang and the other workers, there is also another task they happily perform.

“Almost none of the writing on the packages is in English,” he said. “So we’ll read the packing and tell them about the product.”

He also provides cooking tips.

“I always ask them what they have,” he said. “Do they have pork? I’ll make some suggestions about some pork dishes. I think it’s fun for a lot of customers to sort of discover a new style of cooking. That’s good for us, so we’re happy to help.”

Yang said that while the market has held its own during the crisis, there’s a chance business will eventually decline.

“A lot depends on what happens in the fall when classes at Mississippi State begin again,” he said. “We’ll be watching to see if the international students come back. If they don’t, that’s going to affect us. We’ve built our business on them and while we are getting more (non-Asians) customers, the Asians students are who we rely on the most.”

Slim Smith is a columnist and feature writer for The Dispatch. His email address is [email protected]


Monday Profile: Starkville native provides ingredients, Asian recipes at family-owned market and restaurant

When the first wave of COVID-19 panic buying swept through Starkville about a month ago, there was no run on toilet paper at Asian Foods Market on Highway 12.

Asian Foods Market sells a little of most everything and a lot of some things, but no toilet paper.

That doesn’t mean the family-owned business was immune to panic buying.

“For us, it was rice,” said Kevin Yang, whose parents opened the store in 2011 and added a restaurant next door two years ago. “Lots of rice. About two weeks after spring break, everybody started hoarding rice all at the same time.”

The variety of rice, often called “sticky rice,” is sweeter and stickier than the conventional white rice typically consumed by non-Asians in the U.S. While that “American” rice is usually sold in one or two-pound packages, the rice Asian Market sells comes in a single size — 50-pound bags.

“In most Asian cultures, rice is the basis of just about every meal,” Yang said. “I don’t even know what you would compare it to in American food, maybe milk? All I know is that rice is something every Asian household has stocked.”

You might think a 50-pound bag of rice would go a long way. Not so, Yang said.

“At the start of all this, we sold a pallet of rice in one day,” Yang said. “That’s 60 50-pound bags of rice. People would come in, buy two bags and then come the next day and buy two more. It was crazy.”

Yang, 22, is the first native-born American in his family. His parents immigrated to the U.S. from China in the mid-1980s, settling in Brooklyn, New York.

The family moved to Starkville when Yang was 2, buying the old Taste of China Restaurant before later shifting the focus to a market, something the family felt filled a void in the market where Mississippi State’s large Asian student population has started to grow.

“A lot of our business comes from Mississippi State,” Yang said. “Our store is about the only place they can find many of the things you need in Asian cooking. We filled a niche and we’ve grown our business pretty steadily over the years.”

As it is with most family-owned businesses, Yang grew up in the market, performing just about every job there.

“When I was in seventh grade, I was checking out customers,” he said. “I’ve done everything, but now mainly I work in the kitchen cooking with my father.”

Yang said business is “doing OK,” during the COVID-19 crisis, so far. The exception is the restaurant which, like all restaurants, relies exclusively on take-out orders.

“We’re not really doing much business on the restaurant side,” Yang said. “We still keep it going, though.”

Yang said the restaurant has already proven its strategic value, though.

“What we’ve seen since we opened the restaurant is that it’s brought in a lot more (non-Asian) customers,” Yang said. “They come in, taste the food and decide they want to make it at home. Since the market is in the same building, they’ll come over and shop.”

For Yang and the other workers, there is also another task they happily perform.

“Almost none of the writing on the packages is in English,” he said. “So we’ll read the packing and tell them about the product.”

He also provides cooking tips.

“I always ask them what they have,” he said. “Do they have pork? I’ll make some suggestions about some pork dishes. I think it’s fun for a lot of customers to sort of discover a new style of cooking. That’s good for us, so we’re happy to help.”

Yang said that while the market has held its own during the crisis, there’s a chance business will eventually decline.

“A lot depends on what happens in the fall when classes at Mississippi State begin again,” he said. “We’ll be watching to see if the international students come back. If they don’t, that’s going to affect us. We’ve built our business on them and while we are getting more (non-Asians) customers, the Asians students are who we rely on the most.”

Slim Smith is a columnist and feature writer for The Dispatch. His email address is [email protected]


Monday Profile: Starkville native provides ingredients, Asian recipes at family-owned market and restaurant

When the first wave of COVID-19 panic buying swept through Starkville about a month ago, there was no run on toilet paper at Asian Foods Market on Highway 12.

Asian Foods Market sells a little of most everything and a lot of some things, but no toilet paper.

That doesn’t mean the family-owned business was immune to panic buying.

“For us, it was rice,” said Kevin Yang, whose parents opened the store in 2011 and added a restaurant next door two years ago. “Lots of rice. About two weeks after spring break, everybody started hoarding rice all at the same time.”

The variety of rice, often called “sticky rice,” is sweeter and stickier than the conventional white rice typically consumed by non-Asians in the U.S. While that “American” rice is usually sold in one or two-pound packages, the rice Asian Market sells comes in a single size — 50-pound bags.

“In most Asian cultures, rice is the basis of just about every meal,” Yang said. “I don’t even know what you would compare it to in American food, maybe milk? All I know is that rice is something every Asian household has stocked.”

You might think a 50-pound bag of rice would go a long way. Not so, Yang said.

“At the start of all this, we sold a pallet of rice in one day,” Yang said. “That’s 60 50-pound bags of rice. People would come in, buy two bags and then come the next day and buy two more. It was crazy.”

Yang, 22, is the first native-born American in his family. His parents immigrated to the U.S. from China in the mid-1980s, settling in Brooklyn, New York.

The family moved to Starkville when Yang was 2, buying the old Taste of China Restaurant before later shifting the focus to a market, something the family felt filled a void in the market where Mississippi State’s large Asian student population has started to grow.

“A lot of our business comes from Mississippi State,” Yang said. “Our store is about the only place they can find many of the things you need in Asian cooking. We filled a niche and we’ve grown our business pretty steadily over the years.”

As it is with most family-owned businesses, Yang grew up in the market, performing just about every job there.

“When I was in seventh grade, I was checking out customers,” he said. “I’ve done everything, but now mainly I work in the kitchen cooking with my father.”

Yang said business is “doing OK,” during the COVID-19 crisis, so far. The exception is the restaurant which, like all restaurants, relies exclusively on take-out orders.

“We’re not really doing much business on the restaurant side,” Yang said. “We still keep it going, though.”

Yang said the restaurant has already proven its strategic value, though.

“What we’ve seen since we opened the restaurant is that it’s brought in a lot more (non-Asian) customers,” Yang said. “They come in, taste the food and decide they want to make it at home. Since the market is in the same building, they’ll come over and shop.”

For Yang and the other workers, there is also another task they happily perform.

“Almost none of the writing on the packages is in English,” he said. “So we’ll read the packing and tell them about the product.”

He also provides cooking tips.

“I always ask them what they have,” he said. “Do they have pork? I’ll make some suggestions about some pork dishes. I think it’s fun for a lot of customers to sort of discover a new style of cooking. That’s good for us, so we’re happy to help.”

Yang said that while the market has held its own during the crisis, there’s a chance business will eventually decline.

“A lot depends on what happens in the fall when classes at Mississippi State begin again,” he said. “We’ll be watching to see if the international students come back. If they don’t, that’s going to affect us. We’ve built our business on them and while we are getting more (non-Asians) customers, the Asians students are who we rely on the most.”

Slim Smith is a columnist and feature writer for The Dispatch. His email address is [email protected]


ビデオを見る: Day in the Life of a JAPANESE CHEF糸島レストランAMOURアムール (七月 2022).


コメント:

  1. Gocage

    出てこない!

  2. Duval

    同意しません

  3. Leon

    ブラボー、あなたの考えは役に立ちます

  4. Araktilar

    ええ、さあ、さあ)))

  5. Maitland

    あなたのメッセージ、ただ素敵です

  6. Bhaic

    とても良い !!! 5歳以上

  7. Tabei

    素晴らしい、これは非常に価値のあるフレーズです。



メッセージを書く