新しいレシピ

マイケル・リチャードがマンハッタンに向かった

マイケル・リチャードがマンハッタンに向かった


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ワシントンD.C.を拠点とするフランス人シェフがかつてのルシルクスペースにレストランをオープンします

シェフのマイケル・リチャードのニューヨークファンにとって朗報です。シェフは、以前はル・シルクとして知られていたスペースで、彼の料理をマンハッタンに持ち込みます。

ニューヨークタイムズ リチャードがニューヨークパレスホテルで3つのコンセプトを開くと報告しています。 1つはカジュアルなビストロスタイルの雰囲気、もう1つはよりフォーマルなレストラン、もう1つはホテルのロビーにあるペストリーバーになります。リチャードはニューヨークタイムズ紙に新しいレストランについて、「どちらのレストランも昔ながらのものではなく、モダンなものになるだろう。人々に楽しい時間を過ごしてもらいたい」と語った。

ニューヨークパレスホテルは現在、ギルトレストランの本拠地です。いつ閉店するかについての発表はありませんが、バーはギルトバーのままです。

リチャードはワシントンのレストランシトローネルと セントラル、ニュージャージー州ラスベガスとアトランティックシティに中央前哨基地があります。


大晦日にマンハッタンのエレベーターで殺された男性が女性を無事に追いやった後、10人の目撃者の前で押しつぶされた

大晦日の英雄は、彼が勇敢に命を救った見知らぬ人とは異なり、2016年の1分を見たことがありませんでした。

勇敢な意欲的なミュージシャンは、急降下するローワーイーストサイドのエレベーターから女性を無事に押し出した後、約10人の見物人が恐怖で見守る中、致命的な失敗に続いて押しつぶされて死にました。

「彼はただ叫んでいた」と、運命のスティーブン・ヒューイット・ブラウンと一緒に15階で木曜日の夜のパーティーに向かったアリシャ・ジミネス(23)は言った。 「彼は息ができないと叫んでいた。私たちは彼を助けようとした。そしてエレベーターのドアは彼を開閉し続けた。」

25歳のブラウンは、エレベーターの屋根と3階の入り口の間に固定され、中に閉じ込められた人々が彼を助けようとしたり、911に電話をかけたりすると、足が車にぶら下がっていました。

命を救う前に、エルデ・サンチェス(43歳)を幸運にするための彼の最後の言葉は、「明けましておめでとう」です。

エレベーターの中のほとんどの人はパーティーに向かった。近所の人たちは、ブラウンの死にもかかわらず、祝祭は続き、バッシュは金曜日の午前6時頃に終わったと言います。

ブラウンのヒステリックなガールフレンドは、勇敢な若いヒップホップファンが目の前でゆっくりと死んだとき、サンチェスのトラウマを抱えた10歳の甥と一緒に立ち往生しました。ある隣人は、エレベーターからの叫び声が強すぎて、ペットの鳥がとまり木から叩き落とされたと言いました。

「怖くて恐ろしかった」と若者のエニエル・ペグロは言った。 「彼は私の叔母を連れ出しました...私は少し泣き始めました。」

ジミネスは、ブラウンが真夜中のちょうど10分前につまずいて転んだときに、落下しているエレベータかごから飛び降りようとしていたと信じています。

「息子を悲しんでいる」とブラウンの取り乱した母親は金曜日にデイリーニュースに語った。 「息子を悲しんでいます。何も言いたくありません。」

死んだ男の友人は、ブラウンの死が彼の人生への洞察を提供したと言いました。

「それはクレイジーです、しかしそれは彼が誰であるかだけです—彼は他を助けるために彼自身を火の列に入れました。それは彼の性格を示しています。」とEjiroOmenihは言いました。

記録チェックでは、26階建ての建物のエレベーターに問題の履歴があることが示されました。

建物の所有者であるGrandStreet Guild East HDFCは、「コードに準拠した方法」でエレベーターを維持できなかったため、8月に2回の環境管理委員会の違反で平手打ちされました。

その場合の公聴会は、死亡事故の同日12月31日に予定されていた。建築局の記録によると、高層ビルには、2012年に遡るエレベーターの「欠陥の修正の失敗」に対する3つの未解決の違反もありました。

「このようなことが起こるのは時間の問題でした」と、2006年から2011年までビルテナント協会の会長であるダシアインペリアーリは言いました。 「それは数階ジャンプします。それは下がってから上に上がります。これは決して起こらなかったはずです。」

サンチェスは、「男が彼女に 『明けましておめでとう』と言ったとき、彼女は足を踏み入れたとき、エレベーターが下がり始めたとき、3階で出ようとしていました」とジミネスは言いました。

ブロンクスからパーティーにやってきた動きの速いブラウンは、何​​が起こっているのかすぐに気づき、母親を廊下に揺さぶった。

FDNYは4分25秒で131ブルームストリートで現場にいました、と部門のスポークスマンジムロングは言いました。ブラウンはニューヨーク病院に運ばれましたが、救うことができませんでした。

犠牲者の長年の友人であるオメニは、ブラウンはラコニアのフェントンアベニューにある家族と一緒にアパートに住んでいて、音楽のキャリアを追求していると言いました。


彼女の本当の自分になる

リチャーズのテニスのキャリアは、彼女が移行する前は珍しいものでした。彼女は15歳で大学間テニストーナメントで優勝し、1954年にエール大学のテニスキャプテンになりました。しかし、彼女はプロのテニスのキャリアを追求しませんでした。代わりに、彼女は医学部に行き、側でプロのテニスを払っている間、眼科医になりました。彼女は男子全米オープンに数回出場し、1972年には準決勝まで進みました。

外側がきれいに見えた場合、内側はそうではありませんでした。彼女は孤立感に対処するために毎日心理療法を受け、2018年にSports Illustratedに、犬を散歩させるためにかかととスカートを着ると言いました。彼女は性別適合手術について学ぶために何度か海外を旅行しましたが、実際にそれを成し遂げるために一度は現金で4,000ドルを持ってきました。

リチャーズはその時手術を受けず、代わりにマンハッタンに戻って結婚することにしました。彼女は献身的な配偶者であり親であり、国内で最高の35歳以上のテニスプレーヤーの1人にさえなりました。しかし、彼女はそのままでは行けないところまで来ていました。

「これについて何かしなければならないと感じたのはそうではなかった」とリチャーズはSportsIllustratedに語った。 「私には選択肢がありませんでした。」

何年にもわたる内面の混乱の後、彼女は妻と離婚して移行することを決心し、彼女が本当の自分として生きることができるようにしました。 1975年、彼女はいくつかの手術を受け、レネ・リチャーズ博士として生活を始めました。適切には、Renéeという名前は「生まれ変わった」という意味です。


マンハッタン計画が失敗した場合はどうなりますか?

1945年8月6日、B-29 エノラゲイ 日本の広島に世界初の原子爆弾を投下し、推定14万人の民間人を殺害した。 3日後、B-29 ボックスカー 長崎に2発目の爆弾を投下し、約80人の砂の民間人を殺害した。

米国はこれまで核兵器による攻撃を開始した唯一の国であり、広島と長崎への原爆投下は依然として物議を醸している。どちらの攻撃も本当に必要でしたか?おそらく、爆弾の巨大な力のデモンストレーションで十分だったでしょう。あるいは、米国が「無条件降伏」への主張をやめ、日本が 国体—皇帝の制度を取り巻く国民的アイデンティティ。その後、日本政府は1945年の真夏までに敗北を認めることができたはずです。

これらの提案や他の提案に対する通常の反応は、日本政府が十分に定着した戦争前派閥を持っていたので、爆弾の唯一の現実的な代替案はさらに多くの破壊を引き起こしたであろうということです。日本の故郷の島々への侵攻は、100万人ものアメリカ人の死傷者を出し、長引く海上封鎖は、飢餓と病気によって100万人以上の日本人民間人を殺した可能性があります。

原爆に関する「もしも」のシナリオは、米国が1945年の夏にこの兵器を所有していたが、それを使用することを控えていることを常に想定しています。しかし、そのようなシナリオには、それについて人工的な空気があります。結局のところ、米国政府は、1945年3月9日の東京大空襲による一連の焼夷弾による数十万人の日本人市民の殺害をすでに暗黙のうちに承認しており、単独で9万人以上の民間人を殺害した。しかし、米国が単に原子爆弾を使用するオプションを欠いている場合はどうなるでしょうか。 20億ドルのマンハッタン計画が核兵器の製造に必要な多くの問題を解決できなかったとしたらどうでしょうか。

そのような失敗は想像するのが難しいことではありません。プロジェクトの科学者たちは、原子爆発を引き起こす2つの方法を発見しました。広島を粉砕した爆弾「リトルボーイ」で使用された最初のものは、核連鎖反応に必要な超臨界量を生成するために濃縮ウランを別の部分に発射する銃型のメカニズムを含んでいました。 2つ目は、長崎を平らにした爆弾「ファットマン」で使用されたもので、プルトニウムを使用して同じことを達成する爆縮装置が含まれていました。

しかし、「リトルボーイ」の設計には、天然ウラン全体の1パーセントの4分の3未満に含まれる同位体であるU-235が必要でした。 U-235を抽出する方法を見つけるのに何百万ドルもかかり、いくつかの誤ったスタートがありました。ほとんどのウランはU-238の形をとり、その一部は「ファットマン」で使用されている核分裂性プルトニウムに変換することを科学者が学んだ。当初、彼らはこの材料でも銃型のメカニズムを使用することを期待していました。しかし、プルトニウムの自発的な中性子放出の速度はそれを実行不可能にし、代わりに15のコンポーネントを備えたシステムを必要とし、それらはすべて完全に対称的な爆縮を生成するために正確に正しい方法で機能しなければなりませんでした。言い換えれば、マンハッタン計画の科学者が1945年までにどちらかの複雑な問題を解決したであろうことは避けられないことではありませんでした。

では、原爆がなかったら、イベントはどのように行われたでしょうか?戦後の米国戦略爆撃調査団は、日本経済は8月初旬までに崩壊し、原子爆弾がなくても、日本は1945年11月1日、つまり日本人の最南端である九州への侵攻が計画された日までに確実に降伏したと結論付けました。故郷の島々。しかし、この結論は、主要な問題が日本の戦争能力を破壊することではなく、日本政府に平和を作るよう説得することであるという事実を見落としていました。

8月初旬、日本の最高評議会は戦争の将来について意見が分かれました。そのメンバーのほとんどは、米国との交渉による和平を求めましたが、 日本に占領を回避し、最小限の軍隊を維持し、そして何よりも国体を維持するのに十分な力を与える軍事的勝利。広島と長崎への原爆投下は、戦争をすぐに終わらせなければならないことを最高評議会に納得させる上で重要な役割を果たしました。

しかし、しばしば過小評価されているのは、起こったことの影響です の間に 2つの核攻撃:すなわち、1945年8月8日に始まった満州での日本関東軍に対する大規模なソビエト攻撃。ソビエト連邦は日本との非侵略協定を更新しないと通知したが、最高評議会はそれがそうすると信じていた。ソビエトが連合国側で戦争に入る数ヶ月前に。したがって、ソビエトの8月の嵐作戦は深刻な衝撃であり、歴史家の長谷川毅が2005年の研究で結論付けたように、実際、広島や長崎よりもさらに大きな衝撃でした。 敵との戦い:スターリン、トルーマン、そして日本の降伏.

したがって、満州の侵略だけで最高評議会に降伏を選択せざるを得なかった可能性があります。これが起こらなかったとしても、侵略は戦い続けたいと思っていたハードライナーのグリップを弱めたでしょう。次に最高評議会は、日本の鉄道システムに対するアメリカの戦略爆撃攻撃の影響に立ち向かわなければならなかったでしょう。米国は計画の準備ができて準備ができていたが、原爆の成功後にそれを実行しないことを選択した。戦争が続けば、鉄道システムに対する攻撃はほぼ即座に始まり、国の経済に残っているものを破壊し、内部の混乱を引き起こすのに十分な飢饉を引き起こしたでしょう。 「仮定するのは合理的です」と歴史家のリチャード・B・フランクは次のように書いています。 没落:日本帝国の終焉 (1999)、「原子爆弾がなくても、鉄道輸送システムの破壊は、封鎖と砲撃戦略の累積的な影響と相まって、内部秩序に深刻な脅威をもたらし、その後、天皇に戦争を終わらせなさい。」

戦争が続いたとしても、1945年にアメリカの本島侵攻が起こった可能性は低い。8月初旬までに、アメリカの計画立案者は、日本人が2度持っていたことを示す新しい情報に照らして、九州侵攻の知恵をすでに再検討していた。軍隊の強さと以前の推定よりも4倍の航空機。もし米国が国体に関する保証の延長を拒否することも再考したならば、歴史家のバートン・バーンスタインが「原爆なしで、そして11月の侵略なしで戦争を終わらせる機会」と見なすすべての条件が満たされていただろう。九州。」明確ではないが、皇帝の保証、ソビエトの太平洋戦争への参入、そして継続的な戦略爆撃と海軍封鎖の「相乗的組み合わせ」が11月までに戦争を終わらせた可能性が非常に高いと彼は書いている。確かに、彼は冒険します、それは皇帝に関する保証がなくても起こったかもしれません。

しかし、そのようなシナリオには、別の重要な「もしも」を回避することが含まれます。戦争がさらに数週間続いた場合、日本の強硬派が政府を支配し、中央で支配された降伏の時点を超えて抵抗し続けた可能性があります。入手可能でした。次の「もしも…」のコラムで見られるように、その可能性は非常に現実的でした。

もともとの2008年7月号に掲載されました 第二次世界大戦マガジン。 購読するには、ここをクリックしてください。


マンハッタンのイーストリバーでのヘリコプター墜落事故で5人の乗客全員が死亡、パイロットが脱出

ヘリコプターがイーストリバーに墜落した後、5人が死亡した。

川から引き出されたニューヨークのヘリコプターの残骸

当局によると、日曜日の夜にマンハッタンのイーストリバーに墜落したヘリコプターに乗った5人の乗客全員が死亡した。

当局者によると、赤いユーロコプターAS350は、Liberty Helicoptersによって操作され、写真撮影のために個人的にチャーターされていたが、明らかにエンジンが故障していた。

「メーデー!メーデー!」を繰り返しラジオで放送し、「エンジンの故障」を報告したパイロットは、唯一の生存者でした。彼は、コネチカット州ダンベリーの33歳のリチャードヴァンスと特定され、治療を受けてニューから解放されました。ヨーク長老派病院。

ニューヨーク市消防局のダニエル・ニグロ委員は、ヴァンスは「自分自身を解放」し、FDNYボートの職員によってハーネスから切り離されたと述べた。乗客は逆さまに沈められたヘリコプターで「しっかりと利用された」。

国家運輸安全委員会の14人のメンバーのチームが、月曜日の朝、墜落事故を調査するために現場に向かった。

傍観者がヘリコプターの水中への降下のビデオをキャプチャしました。映像は、チョッパーのプロペラがガラスの川の表面にぶつかり、エンジンがスパッタリングする最後の数秒を示しています。

ヘリコプターは午後7時頃にマンハッタンのアッパーイーストサイド近くのイースト86番街とイースト96番街の間の水に衝突した、と地方および連邦当局は確認した。衝突後、救急隊がそれを停止させることができる前に、チョッパーは1マイルか2マイル南に浮かんでいた、と当局者は言った。

パイロットは、コントロールを失う直前にエンジンの故障を経験していた、と情報筋は語った。ヴァンスは当局に、エンジンが故障したと信じていると語った。

情報筋は、ABCの「グッドモーニングアメリカ」に、写真を撮るためにドアを開けて欲しかったので、乗客はしっかりと利用されていたと語った。

「パイロットは毎日そのハーネスを着用しているので、何をすべきかを知っていた」とABCニュースの航空専門家スティーブ・ガンヤードは語った。 「しかし、素晴らしい日曜日の飛行のために出かけたこれらの貧しい民間人は、生き残るのが非常に非常に困難な何かに遭遇しました。」

彼は、軍のパイロットは通常「ヘロダンカー」と呼ばれるもので訓練されていると言いました。そこではパイロットは水に沈められて逆さまにひっくり返されている間にハーネスから降りる練習をします。

乗客が緊急時にハーネスを脱出する方法についての訓練を受けたかどうかは明らかではありませんでした。 Liberty Helicoptersは、ABCNewsからのコメント要求をすぐには返しませんでした。

目撃者のアリネ・ナザリアンは、赤いヘリコプターが水に飛び込んでいるのを見つけたとき、レストランで食事をしていました。

「私たちはデザートを食べていて、赤いヘリコプターが水に向かって全速力で進んでいるのに気づきました」と彼女はABCステーションWABCに語った。 「それはほとんど超現実的に見えました、そして次に私たちが知っていることはそれがゆっくりと水に近づいていて、それからそれはちょうど完全に墜落しました。」

その後、ナザリアンは、沿岸警備隊のメンバーがヘリコプターの乗客を助けるために到着したと言いました。


注目のシェフに会う

シャーロットアコト

オールドウィリアムズバーグカンパニーのシャーロットアコトの手の込んだペストリーは、味覚と同じように目にも心地よいものです。ガーナの祖母に幼い頃に教えられたシャーロットは、家族の料理人としての役割を果たしました。 &#821780年代初頭にニューヨークに移り、彼女はペストリーに焦点を合わせ始め、ドレークスイスホテルでベーキング範囲の拡大に取り組みました。彼女は簡単なペストリーを準備するだけで済みましたが、シャーロットは彼女の創造性を発揮し、食品愛好家、彼女の仲間、そしてニューヨークの有名なアルゴンキンホテルの注目を集めるエレガントなデザートの開発を始めました。その後、ピエールホテルとオールドウィリアムズバーグカンパニーに移り、シャーロットの料理のスキルは長い間家族の秘密のままではありませんでした。ショーBAKINGWITH JULIAでは、Charlotte Akotoがチョコレートクリームセンターの白いメレンゲサンドイッチ、キャラメルクリームを詰めたチョコレートメレンゲ、ホイップクリームとフルーツのメレンゲナポレオンを作成します。

ジェフリー・アルフォードとナオミ・デュギッド

ジェフリー・アルフォードとナオミ・デュギッドは、放浪癖と料理の好奇心からキャリアを築いてきました。カップルは、魅力的な写真と世界の料理を真に文書化したユニークなレシピを備えた魅力的な料理本を作り続けています。ジェフリーとナオミは、20年以上にわたってすべての大陸を旅し、地元のパン屋、家族、露店、そしてささやかなシェフに地元の食べ物についての洞察を求めています。高級レストランやツーリストトラップに限らず、このデュオでは、Food&#038 Wine Magazine、BonAppétit、Eating Wellなどの記事で、地元住民の生活、習慣、料理を垣間見ることができます。受賞歴のある料理本と旅行記のフラットブレッドに焦点を当て、フラットブレッドとフレーバー、ジェフリーとナオミは、アメリカの食品愛好家が通常見落としている主題を利用しています。ショーBAKINGWITH JULIAでは、ナオミ・デュギッドとジェフリー・アルフォードが伝統的な小麦生地のピタパンと東地中海のラム肉とトマトのパンを作り、両方にさまざまな中東のトッピングを添えています。

メアリーバージン

ロサンゼルスとラスベガスのスパゴのために豪華なデザートを作り上げたメアリーバージンは、これらの有名なレストランの気まぐれでエレガント、そして最高のキャラクターにぴったりの傑作を作成します。ナパバレーのラトークでパティシエとしてペストリーアートのキャリアをスタートした後、ロサンゼルスにスパゴがオープンするとすぐに、彼女はウルフギャングパックのチームの一員になりました。彼女は最近、ペストリーの多様性を調理するためにラスベガススパゴのチームを率いるために東に移動しました。メアリーベルギンがBAKINGWITH JULIAに参加し、ネクタリン逆さまのシフォンケーキとチョコレートバントケーキとクレームブリュレのレシピを共有します。

デビッドブロム

David Blomは、ほぼ20年間、喜んで食事をする人にモダンな魅力を加えて、クラシックなヨーロッパのデザートにスパイスを加えてきました。パン屋の家族に生まれたデイビッドは、子供の頃の大部分をフィラデルフィアの両親のパン屋でねり粉や生地で遊んで過ごしました。すでに泡立て器とフロスティング愛好家の気まぐれであったデイビッドは、高校を卒業するとカリナリーインスティテュートオブアメリカに通い、料理の範囲を広げ、ペストリーのスキルを磨きました。彼はすぐにニューヨーク市でのキャリアを追求し、ある特別なキッチンから別のキッチンへと飛び回りました。有名なモンラッシェレストランでパティシエとしての地位を確立したデイビッドは、6年間、マンハッタンに彼の甘い傑作を提供しました。 1790年代半ばにマイアミの料理文化が活性化したため、デイビッドはフロリダに移り、シェフのアレンのレストランでデザートメニューを盛り上げました。ショーBAKINGWITH JULIAでは、DavidBlomがババとサヴァランと呼ばれる伝統的なポーランドのケーキを用意しています。

フローブレイカー

ケーキやペストリーとその付け合わせを、1992年のリリースであるThe Simple Art of PerfectBakingのわかりやすいレシピと簡潔な説明に翻訳したFloBrakerは、リスクのないベーキングの聖書を作成しました。フランスのEcoleLenotreとスイスのRichemontProfessional Schoolでペストリーアートの教育を受けたフロは、&#821780年代の初めから、ベーキング、ペストリー、チョコレートのテクニックについて書き、教えてきました。 1989年以来、サンフランシスコクロニクルの定期的な食品コラムニストであり、彼女の作品は、BonAppétit、Family Circle、Better Homes and Gardens、Cook&#8217sIllustratedなどの全国的に発行されている雑誌で紹介されています。 Floは、1991年に最初の料理本Sweet Miniatures:The Art of Making Bite-Sized Dessertsをリリースし、すぐに料理の世界で彼女の特製のおいしいデザートの軽食で有名になりました。ショーBAKINGWITH JULIAでは、Flo Brakerが最初にミニケーキ用のレディフィンガージェノワーズバターを作成し、後でカリカリのバターガレットを準備します。

ローラ・ブロディ

Lora Brodyは、伝統的な料理の芸術に対する多大な感謝に加えて、彼女の著書「パン焼き機ベーキング:パーフェクトエブリタイム」でパン焼き機の便利さを取り入れ、このモダンな電化製品を全国の家庭で普及させました。プロのキッチンのパイオニアであるロラは、同じことをしている女性が町に2人しかいなかった時期に、ボストンでケータリングビジネスを始めました。彼女は他の女性シェフや食品専門家からの友情とアドバイスを必要としていたため、女性シェフにこれまでにないサポートシステムを提供するWomen&#8217s CulinaryGuildを設立しました。 Loraは、数々の受賞歴のある料理本の著者であり、料理雑誌や新聞に定期的に寄稿しています。彼女はグッドモーニングアメリカに出演し、パン焼き機の美しさを宣伝して、レジスとキャシーリーと一緒に暮らしています。ショーBAKINGWITH JULIAで、ローラブロディはホワイトバターミルクパンとピリッとしたサルサキツァの作り方を教えてくれます。

マリオン・カニンガム

マリオンカニンガムは、彼らのキッチンを探索するために控えめな料理人の新しい波を刺激しました。 The Fannie Farmer Cookbookの改訂版では、彼女はおいしいアメリカ料理の簡単で実用的なレシピを提供し続けています。料理に情熱を注ぐホームシェフであるマリオンは、&#821770年代初頭にジェームズ・ビアードに師事した後、料理に真剣に取り組みました。彼女はクラスを手伝いながら、レッスンを吸収し、テクニックを磨きましたが、家庭の台所に快適に根付いたままでした。技術的ノウハウと気取らない魅力のこの組み合わせは、マリオンをファニーファーマーの完璧な現代の声にしました。さらに、マリオンは、ファニーファーマーベーキングブック、クッキングウィズチルドレン、ザサパーブック、そして最近ではマリオンカニンガムとのクッキングの学習を執筆しています。彼女は常に基本を強調し、初心者を奨励しており、Gourmet and Food&#038 Wine Magazineの定期的な寄稿者であり、サンフランシスコクロニクルとロサンゼルスタイムズの週刊コラムを執筆しています。ショーBAKINGWITH JULIAでは、マリオンカニンガムが全米のマフィン、スコーン、アイルランドのソーダブレッド、ポップオーバーを用意しています。

マルセル・デソールニエ

彼の楽しいデザートは中部大西洋岸地域のいくつかの最高のレストランのテーブルを飾っていますが、料理の世界でのMarcel Desaulniersの人気は、受賞歴のある料理本、Desserts to Die For and Death byChocolateのリリースで急上昇しました。 、および彼のコンパニオンテレビシリーズ。料理の個性になる前に、マルセルの高級料理は、ジェームズビアード財団からベストシェフの大西洋中部の州の称号を獲得しました。カリナリーインスティテュートオブアメリカを卒業し、バージニア州ウィリアムズバーグにあるトレリスレストランの共同経営者です。 BAKING WITH JULIAのショーでは、MarcelDesaulniersがチョコレートチューリップを使ったホワイトチョコレートパティケーキを用意しています。

マーカスファービンガー

Markus Farbingerは、新鮮な製品と厳格なペストリー技術に取り組んでおり、小麦粉、砂糖、バターなどのシンプルな食材を魔法のようにブレンドして、装飾的なセンスのある手の込んだウエディングケーキや壮大なヨーロッパのデザートを作成しています。オーストリアで生まれたマーカスは、ザルツブルクの経済開発学校を卒業した後、母国とヨーロッパの他の地域で熟練したパティシエの訓練を受けました。彼はマスターペストリーシェフとしてアメリカに彼の経験を持ち込み、評価の高いLeCirqueレストランでペストリーのポジションに着陸しました。カリナリーインスティテュートオブアメリカのペストリーアートプログラムのチームリーダーになったマーカスは、今ではまったく新しい世代の意欲的なペストリーシェフに、並外れたブローシュガーガーニッシュと完璧に組み立てられたケーキとペストリーで影響を与えています。ショーBAKINGWITH JULIAで、Markus Farbingerは、クラシックなエスプレッソ風味のメレンゲ入りウィーンペストリーとフルーツ入りの食用砂糖バスケットを紹介します。

ダニエルフォレスティエ

Danielle Forestierは、20年間、空腹の食通にパンとレッスンを提供し、レストランや食品メーカーのベーカリーコンサルタントとして、全米の「職人によるパンのルネッサンス」に貢献し続けています。レイモンドカルヴェル教授とパリでトレーニングを行い、さまざまなパン屋で働いた後、ダニエルは彼女の古典的なベーキング技術をカリフォルニアに持ち込みました。サンタバーバラにLesBelles Michesと呼ばれるヨーロッパスタイルのパン屋を開き、彼女は何年にもわたって熱心なファンに焼きたての健康的なパンを提供しました。彼女は、パリのシャンブル・ド・コマースから「マイトル・ブーランジェ」の称号を授与された最初の女性であり、初めてのアメリカ人でした。ショーBAKINGWITH JULIAで、ダニエル・フォレスティエは彼女の非の打ちどころのないフランスのバゲットを準備します。

ゲイル・ゲント

アーティストとしてのキャリアをスタートさせたゲイル・ガントは、自身のケータリング会社を立ち上げたときに、アートへの愛情を料理への情熱に変えました。彼女の会社の成功に応えて、ゲイルはニューヨークのストラタレンホテルで働き、フランスのブルゴーニュのラヴァレンヌでペストリーのクラスを受講し、ニューヨークのいくつかのレストランでインターンシップを提供することで、料理の研究をさらに進めました。彼女は、1995年に夫と一緒にオープンしたシカゴの自分のレストランBrasserie Tのオーナーです。このBAKINGWITH JULIAのエピソードでは、GaleGandが彼女の称賛を勝ち取った2つのデザートを紹介します。チョコレートナポレオンとFettucineアイスクリームサンドイッチ。

ローレン・グローブマン

ニューヨークに本拠を置く料理学校のホームシェフとキッチンの秘密を共有するローレングローブマンのステージへの自然な親和性は、彼女の厳格なデモンストレーションと興味深いプレゼンテーションで輝いています。もともと女優になることを計画していたローレンの人生は別の方向に進んだ。ローレンは子供を育てた後、料理学校に通い、古典的な技術を学び、料理のキャリアを始めました。彼女が自宅から料理教室を教え始めたとき、彼女の職業生活は本当に開花しました。彼女は後に自分の会社であるLaurenGroveman&#8217s Kitchen、Inc。を設立し、現在はニューヨーク料理教師協会の理事を務めています。ローレン・グローブマンの明確な指導技術は、プログラムBAKING WITHJULIAでベーグルの簡単な家庭用レシピを示しているときに輝いています。

ジョアンヌキリーン

ジョアンヌキリーンとジョージジェルモンの料理チームが&#821780年代初頭にレストランをオープンして以来、非常に正直でオーダーメイドのおいしい料理を試食するために、喜んでいる顧客がイタリア風のアルフォルノに群がっています。ロードアイランドデザインスクールの卒業生は、どちらも独立してイタリアに旅行し、そこで何よりも食べ物に恋をしました。アメリカに戻ったデュオは、1975年にJoe&#8217s Upstairsというプロビデンスレストランで芸術家としてのキャリアをサポートするために働いていたときに、ようやく出会いました。彼らはお互いと料理の芸術に恋をし、30席のレストランAl Fornoをオープンし、キャリアパスを決定的に切り替えました。ダイナーからの称賛とジェームズビアード財団からの賞を共有するアルフォルノは、世界で最高のカジュアルダイニングレストランと呼ばれています。 IN JULIA&#8217S KITCHEN WITH MASTER CHEFSのショーでは、ジョアンヌキリーンとジョージジャーモンがジュリアチャイルドに2回参加し、最初にホットファニーソースのダーティステーキを準備し、次に豪華なトリプルシトラスメレンゲタルトを準備します。

クレイグコミニアック

マンハッタンのEccePanisでヨーロッパスタイルのパン愛好家の支持者に食料調達するために、Craig Kominiakの焼き菓子は、夜明けから夕暮れまでニューヨーカーに群がっています。クレイグは海軍にいる間、大衆のために食事を準備する彼の料理のキャリアを始めました。しかし、1日3食を200食で5年間調理した後、彼は海軍を離れ、カリナリーインスティテュートオブアメリカの仲間入りをしました。ペストリーアートに恋をした彼は、マンハッタンのアリゾナ206で料理学校を卒業した後、エグゼクティブシェフとしてEccePanisに移りました。 BAKING WITH JULIAのこのエピソードでは、CraigKominiakがフォカッチャパンの作り方と形を教えてくれます。

ノーマンラブ

フロリダとカリブ海原産の味に影響を受けたリッツカールトンホテルカンパニーのノーマンラブのデザートは、独創的な味と精巧で芸術的なプレゼンテーションで愛されています。フィラデルフィア出身のノーマンは、一流レストランで多くの縁起の良い役職を歴任してきました。彼はビバリーヒルズホテルでエグゼクティブパティシエとしてキャリアをスタートし、その後、子供の頃を過ごした南フロリダに戻りました。そこで、彼はリッツカールトンホテルカンパニーの企業パティシエの仕事に就き、それ以来働いています。プログラムBAKINGWITH JULIAでは、ノーマンラブがバナナ詰めシナモンシュガーベニエを用意しています。

レスリー・マッキー

シアトルのコーヒーを愛する人々に、淹れたてのカップにぴったりの料理を提供するレスリーマッキーは、1993年以来、マクリナベーカリー&#038カフェのオーブンからおいしい甘くておいしい焼き菓子を作り続けています。レスリーはカリフォルニア料理アカデミーを卒業しました。その後、サンフランシスコの高級なアーニーのレストランで働き、そこで彼女は自分のスキルを磨きました。ボストンでは、彼女はリーガルボストニアンホテルとリディアシャイアのビバレストランのキッチンでペストリーの指揮をさらに進めました。さらなる啓蒙を切望して、レスリーはイタリアの田舎を訪れ、村のパン屋を観察し、何世代にもわたって受け継がれてきた技術を学びました。 Upon her return to America, she became the head baker at the Grand Central Bakery & Cafe before opening her own Macrina Bakery & Café. In the show BAKING WITH JULIA, Leslie Mackie creates an assortment of colorful fruit tarts and pies.

Nick Malgieri

Nick Malgieri has been serving up delectable desserts and fascinating culinary lessons to sweet-toothed New Yorkers for over 20 years. Grounded in classical European pastry techniques and with a natural Italian flair, Nick was initially trained at the Culinary Institute of America and then travelled overseas in France and Switzerland to work with the most accomplished pastry chefs in Europe. His intense training paid off. First landing a position at the elegant Waldorf-Astoria Hotel, he went on to become the Executive Pastry Chef at the famed Windows on the World. Teaching was Nick’s second passion all along, and so he dove into the pastry arts program at the New School as an enthusiastic instructor. He was the director of the baking program at Peter Kump’s Cooking School in Manhattan, Nick is also a television personality and the author of several award-winning cookbooks, including Great Italian Desserts and Nick Malgieri’s Perfect Pastry. In the show BAKING WITH JULIA, Nick Malgieri prepares assorted cookies, including cornmeal currant biscotti, almond macaroons, and pizelles.

Esther McManus

Esther McManus has been rolling out luscious croissants and tender pastries for years at the popular Le Bus Restaurant and Bakery, indulging hungry Philadelphians in her buttery creations. Trained in France, Italy, Israel, and America, Esther absorbed the teachings of highly acclaimed pastry chefs around the globe. Settling in the United States, she has shared her wealth of culinary knowledge as an instructor, chef, pastry chef, and consultant. In the show BAKING WITH JULIA, Esther McManus demonstrates her technique for creating authentic flaky croissants.

Alice Medrich

In the culinary world, Alice Medrich’s name has become synonymous with dessert, largely because of the extraordinary things she does with chocolate. She is recognized as a genius in baking and pastry arts, twice winning the James Beard Foundation Award for Cookbook of the Year. Her well-known San Francisco-based chocolate company, Cocolat, was founded in 1976. In this episode of BAKING WITH JULIA, Alice Medrich shows us how to make a show-stopping dessert–Chocolate Ruffle Cake–walking us through each step of creating this delicious showpiece.

David Ogonowski

David Ogonowski takes decadence beyond limits for his appreciative fans at the Seasons restaurant in the Regal Bostonian Hotel. He is known for building elegant desserts from complementary components, combining hot and cold, crisp and creamy. Originally a student of mathematics, David’s focus changed once he entered the pastry kitchen. After a few years of training in San Francisco, David moved to Boston where he landed the position of pastry chef at the nationally acclaimed restaurant Olives. Honored for his fantastic edible finales, David earned the prestigious “Best Desserts” title in the “Best of Boston” awards. In the show BAKING WITH JULIA, David Ogonowski creates a Triple Chocolate Truffle Treat with a chocolate tart shell, custard filling, and chopped biscotti topping.

Beatrice Ojakangas

Passing on the culinary secrets of her heritage in twenty-two cookbooks and hundreds of magazine and newspaper contributions, Beatrice Ojakangas has been the voice of Scandinavian cuisine in America for over 20 years. Influenced by her mother’s love for the kitchen, Beatrice learned about her culinary heritage and the art of baking from an early age. She further explored these subjects by attending classes at the University of Minnesota and graduated with a degree in home economics. Beatrice has shared her passion for food in nearly every way imaginable: opening a restaurant, teaching cooking classes, hosting a television show, consulting for Pillsbury, and writing numerous cookbooks and articles. In the show BAKING WITH JULIA, Beatrice Ojakangas prepares a variety of Danish pastries from dough to fillings.

Joe Ortiz

Translating the techniques of European village bakers to his own hearth ovens, Joe Ortiz has been baking incredible crusty rustic breads for over twenty years in his Capitola, California, workshop–Gayle’s Bakery and Rosticceria. Travelling throughout Europe, Joe and his wife learned from the numerous village bakers they encountered and chronicled their experiences in the award-winning cookbook, The Village Baker. Joe has led the movement of bakers away from the soft homogenous white breads of the times, back to the hearty multigrain loaves of European descent. Continuing to provide insight into his subject, Joe often writes for Cook’s Illustrated, Food & Wine Magazine, Bon Appétit, and other culinary publications. He also shares his knowledge through hands-on classes and lectures at Tante Marie’s Cooking School in San Francisco, the University of California in Santa Cruz, and the American Institute of Wine and Food. In the show BAKING WITH JULIA, Joe Ortiz makes an assortment of sourdough breads in decorative shapes.

Michel Richard

Disputing the common misconception that French cuisine means fat, butter, and cream, French-born Michel Richard has been translating his native cuisine for a Californian clientele at his Los Angeles restaurant Citrus since the mid-󈨔s.

By relying on vegetable purees, sauce reductions and herbs, his dishes yield great flavor and substance without the fat. After first striking gold with a fan base of fitness-conscious foodies in L.A., he then cleared a path for his next three restaurants, all named Citronelle, in Santa Barbara, California, Washington D.C., and Baltimore, Maryland.

Nancy Silverton

When loaves of soft white bread stocked bakery shelves and bagels were the biggest breakthrough in breads, Nancy Silverton brought our culinary attention to the soul-satisfying pleasures of artisan baking. She and her chef-husband opened the doors to La Brea Bakery in conjunction with their restaurant Campanile in 1989 after finding no one in the Los Angeles area capable of supplying them with the flavorful crusty loaves that they had sampled in Europe.

Trained at Le Cordon Bleu, Ecole Lenotre, and some of L.A.’s most reputable kitchens, Nancy had become head pastry chef at Spago in the late 󈨔s, but still yearned to make good bread.

Nancy immersed herself into starters, yeasts, and doughs, and quickly became L.A.’s leading lady of bread baking.

In BAKING WITH JULIA, Nancy Silverton demystifies the art of bread baking with a demonstration of her starter, a few focaccia snacks, and an olive loaf.

マーサ・スチュワート

With a creative but classic style and a penchant for perfection, Martha Stewart has become America’s modern incarnation of the ultimate homemaker, leading a movement of do-it-yourself resourcefulness in the kitchen, garden, and the rest of the home. Martha originally took to homemaking as a child, helping her mother in the kitchen and tending the garden with her father. Pursuing a degree in history and art history at Barnard College and a stock brokerage career in her twenties, she initially kept her knack for household know-how a family secret. However, in 1972, after training at Le Cordon Bleu, she opened a catering company and began to give the rest of the world a taste of her talents. With the release of her best-selling cookbook Entertaining, Martha was noticed nationally for her signature presentations of impeccably designed foods. From there, Martha’s career has launched into the world of publishing, television, retail, and the Internet, where loyal fans seek her stylish culinary, gardening, and decorating tips. In the show BAKING WITH JULIA, Martha Stewart creates a gorgeous multi-tiered wedding cake with candied fruit garnish.

Steve Sullivan

Offering the Bay Area flavorful, artisan-style breads since the early 󈨔s, Steve Sullivan rekindled San Francisco’s love for crusty, fresh-baked loaves when he began filling up the breadbaskets of the city’s finest restaurants. Steve made a hobby of baking breads in his off-time while bussing tables at Berkeley’s renowned Chez Panisse restaurant in the 󈨊s. When his techniques became solid and his product consistent, the demand for Steve’s bread increased, inspiring him to establish the Acme Bread Company. Currently distributing to top restaurants and gourmet markets over the entire Bay Area, Steve has set the gold standard for American hearth-baked bread. In the show BAKING WITH JULIA, Steve Sullivan creates a variety of decorative loaves, including couronne, baguette, wheat stalks, and pain fendu.


Hero Complex

Science fiction, comic book, fantasy, and video game news.

Madcap Motel is not a real motel. The living video game was to open just before the pandemic. Now Paige Solomon hopes Californians are ready to dream.

Fresh scares for cowards and heroes alike await players of “Resident Evil Village.”

Streaming through Center Theatre Group and Oregon Shakespeare Festival, “Black Feminist Video Game” explores our relationship with digital media.

Right before May 4, the unofficial ‘Star Wars’ holiday, ‘The Last Jedi’ actor Kelly Marie Tran received a touching tribute from a young poet.

Here’s what you need to know about the latest ‘Star Wars’ spinoff, about a batch of defective clones — including its connection to ‘The Mandalorian.’

Alison Bechdel talks about her ‘fitness memoir,’ ‘The Secret to Superhuman Strength,’ the first book in 9 years from the pioneering graphic memoirist.

With COVID-19 abating in California, Disneyland reopened on April 30. After 13 months away, how did it feel?

Milestone pandemic reopening: From essential workers seeking escape to an 8-year-old playing hooky, a California-only crowd came to Disneyland Friday.

Director Mike Rianda and producers Chris Miller and Phil Lord talk about why technology is both the hero and the villain in ‘The Mitchells vs. the Machines.’


Manhattan Federal Judge Shira Scheindlin to Step Down

Judge Shira Scheindlin, shown in a photo from 2013, is headed to a New York City law firm.

Christopher M. Matthews

Manhattan federal Judge Shira A. Scheindlin is stepping down from the bench next month and heading to private practice.

Judge Scheindlin, who served for 21 years as a jurist in the Southern District of New York, told her colleagues in a letter Wednesday that she would be leaving on April 29. Judge Scheindlin said she is headed to a large New York City law firm, which she didn’t name.

During her two decades on the bench, Judge Scheindlin has presided over a laundry list of high-profile cases, everything from white collar criminal cases to mob trials.

Judge Scheindlin garnered attention, and controversy, when she ruled in 2013 that the New York Police Department’s stop-and-frisk policy was unconstitutional. Under that program, the NYPD routinely stopped passersby, especially in high-crime neighborhoods, to pat them down for weapons even when there was limited reason to suspect wrongdoing. The technique has been criticized as disproportionately targeting blacks and Hispanics in poor areas.


The Manhattan Projects Imagines Secrets More Explosive Than an A-Bomb

To revist this article, visit My Profile, then View saved stories.

An exclusive look inside The Manhattan Projects, the new alt-history comic from writer Jonathan Hickman and penciller Nick Pitarra.
Images courtesy Image Comics

To revist this article, visit My Profile, then View saved stories.

Divergence engines. Zen-powered death Buddhists. Sentient, killer origami. Artificial intelligence. Pan-dimensional artifacts. And physicists. Forget the A-bomb: In writer Jonathan Hickman and penciller Nick Pitarra's new comic The Manhattan Projects, the War Department worked on much more bizarre things in its secretive labs.

The series, as Hickman told Wired.com in an e-mail, asks, "What if the research and development program created to produce the first atomic bomb was actually a front for a series of other, more unusual, projects?" If that seems like a vague pitch, it's because Hickman and Pitarra have stayed tight-lipped about the comic. "I've been cryptic because I miss the days when we didn't already know at least some of what was going to be inside the books," Hickman said.

The Manhattan Projects, debuting Wednesday from Image Comics and previewed above, takes an alt-fantasy approach to the dawn of the atomic age. Details on the series have been scarce, but the title and Hickman's frequent mention of path-breaking scientists make it clear that the comic's creators – reuniting after another historical "revision" in the time-traveling romp, The Red Wing – have been fueled by the massive research effort that bred the bomb.

Don't expect an annotated and illustrated history of the real Manhattan Project. Hickman and Pitarra's world is filled with mystical objects and questionable personalities in positions of power. From the outset of the series, there appear to be no rules or constraints: Their take is a lot more Hellboy than Astro Boy.

Hickman has a reputation for broad, investigative comics going back to his first series, also for Image Comics, in 2006. The Nightly News bashed the media establishment, making it difficult to tell if a bloodthirsty cult was more dangerous than scoop-hungry reporters. Pax Romana tested the morality of the Catholic Church. Hickman's work on Marvel Comics' FF and S.H.I.E.L.D also exhibits broad backbones, and he tackles equally big questions under the hyperfantastic cloud of The Manhattan Projects.

Secrecy was integral to the historical Manhattan Project and that mystery and spirit of discovery helped lead Hickman and Pitarra to the concept for their new comic. "The time period came first. Think Deadwood, Rome or . From the Earth to the Moon," said Hickman. "You're telling a story about these really cool moments in time, and as you back out of that, you find yourself surrounded by some of the colorful and interesting characters of that period."

Hickman is referring to some of the most influential physicists in history: big thinkers and colorful characters like Albert Einstein, Wernher von Braun and Richard Feynman (who developed a reputation at Los Alamos for picking locks). Hickman pits the physicists against paranormal challengers and rewrites their histories. "We've taken those real-life, super-interesting people and distorted them into story-serving characters," he said. "Which people will find more (or less) interesting depending on expectations and how slavish/respectful they are, or, are not, to actual history."

Read on for Wired.com's full interview with Hickman, in which he discusses alt-history, "adventure science" and why science fiction makes for great comics.

Wired: What is the pitch for The Manhattan Projects?

Jonathan Hickman: I've been consistently terrible at producing stories that have "high-concept" pitches, so I was pleasantly surprised to find I had fallen into one. So, with that: What if the research and development program created to produce the first atomic bomb was actually a front for a series of other, more unusual, projects? Hence, the Manhattan Projects.

Wired: Your teases for The Manhattan Projects have been cryptic from the beginning. If you can't tell us what the comic is about, can you tell us what we should expect?

Hickman: We desperately have been trying not to give anything away – staying mysterious – as all of this really plays into the kind of stories that we'll be telling. The Manhattan Projects takes place during what was arguably the high holy days of "adventure science" – when what was impossible became possible. We're really trying to create stories that are about recapturing the wonderful and mysterious nature of discovery. A push back against the blasé attitude that permeates "discovery" now – "We just found a planet 22 light-years away that could have life on it. Super, I just hope the fat kid makes it to the next round on America's Got Talent." I should also add that we're trying to make the story different – slightly bent – when compared to the actual historical facts of this time. It's an alt-history story.

Wired: Your previous projects have dealt with organized religion and the media, among other major institutions. How does The Manhattan Projects fit in? What worries you most about tackling these big ideas and organizations?

Hickman: Oh, I don't have any worries about tackling stories like that. And let me be totally clear: The Manhattan Projects is nothing like The Nightly News (media) or Pax Romana (religion) – it's much more fun.

Which, if I can be completely honest, is much more difficult than writing something that is basically anti-establishment. That kind of writing is easy as it's a simple reflection of the current tone and attitudes prevalent in society at large – it's going with the flow, swimming downstream. It's much harder nowadays to not do that. Everyone thinks [their] issues are worth hearing about. It's an outlier of artist/audience blur. So, while I love those projects I did, Iɽ like to do better than that now. With The Manhattan Projects, we're trying.

Wired: What was it about the real J. Robert Oppenheimer that prompted you to write your own version? And, not to give too much away here, how did you come up with the idea of multiple Oppenheimers? How much Einstein and Feynman can we expect?

Hickman: The time period came first. Think Deadwood, Rome, or, I dunno, From the Earth to the Moon. You're telling a story about these really cool moments in time, and as you back out of that, you find yourself surrounded by some of the colorful and interesting characters of that period.

And of course, since you've read the issue, which is the reason why you asked the question, we've taken those real-life, super-interesting people and distorted them into story-serving characters. Which people will find more, or less, interesting depending on expectations and how slavish/respectful they are, or are not, to actual history. You can expect plenty of Einstein, Feynman, Gagarin, Fermi, Von Braun, and on and on.

Wired: Why do you suppose that the historical Manhattan Project still has such a grasp on our collective imagination?

Hickman: Part of it is because of the time period it took place in, as I've already spoken about. But wouldn't you consider splitting the atom one of the top three accomplishments of the past century? There's, what, maybe two things I would put ahead of that? The space program and microprocessors. That probably has something to do with it.

Wired: What makes this sort of science fiction so suited to comics? Would you even designate it as science fiction? Based on the preview, it seems like the series might be headed for other sorts of genre fiction as well.


Bella Hadid Sells SoHo Penthouse for $6.5 Million

Bella Hadid is moving on from her stylish SoHo penthouse in New York. The 24-year-old model listed her home with Million Dollar Listing New York star Ryan Serhant just a month ago and it’s already officially off the market.

Hadid listed her trendy duplex for the asking price of $6.499 million, and that’s what she’s getting for it. With the recent home-buying frenzy, it’s not surprising that her Big Apple dwelling sold so quickly.

The runway model bought the two-bedroom, two-bathroom property in November 2019 after her sister Gigi purchased a townhouse in Manhattan’s NoHo neighborhood. Just some of the perks of the younger Hadid’s home include a glass-walled temperature-controlled wine room nestled under an industrial steel staircase stunning modern chandelier light fixtures built-in closets that were flown all the way from Italy—and the list goes on.

A bedroom in Bella Hadid’s former home.

Since it’s New York, no penthouse is complete without its views. There’s a rooftop deck spanning 779 square feet that sits at the top of Hadid’s former six-story building. If you’ve been waiting for the space’s major wow moment, the private panoramic views are it.

The ultimate resource for design industry professionals, brought to you by the editors of Architectural Digest

Joe & the Juice founder Kaspar Basse was the home’s previous owner, the ニューヨークポスト レポート。 As of now, it hasn’t been revealed who’s moving in or where Hadid is headed next—perhaps she wants to get even closer to her sister and move a bit uptown?


ビデオを見る: Edan Tamler - Makom Prati. עידן טמלר - מקום פרטי Prod. by Assaf Averbuch (七月 2022).


コメント:

  1. Carmontieh

    この機能は、すべての業界では機能しません。

  2. Phorcys

    重要な答え:)

  3. Sarn

    あなたは正しくないと思います。 私は確信しています。 午後に私に手紙を書いてください、私たちは話します。

  4. Colys

    この問題についてご協力いただきありがとうございます。

  5. Nazim

    私はあなたが間違っていたと信じています。私は確信しています。 PMで私に書いて、それについて話し合ってください。



メッセージを書く