新しいレシピ

上品に調理されたフュージョン料理

上品に調理されたフュージョン料理


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私たちはあなたがおそらく考えていることを知っています:うめき声—東南アジア/ラテン/インドに触発された(「触発された」の周りに重い引用符が付いた)料理本ではありません。しかし、これは違います、私たちは約束します。

今回はアンジェロ・ソーサがハンドルを握っているからです。ソーサ、 最高のシェフ 名声は、彼のメンターであるアラン・デュカスやジャン=ジョルジュ・ヴォンゲリッヒテンと同じくらい(それ以上ではないにしても)一般的な名前である可能性があります。次に、その背が高く、暗く、ハンサムなルーチンを投入すると、彼は誰もが忘れる顔ではありません。

しかし、彼はただのかわいらしい顔ではありません。ソーサはたまたま才能のあるシェフであり、彼の名高いメンターが彼の最初の料理本で彼に教えたことを示すことを目指しています。 露出したフレーバー、食べ物が提供しなければならない素晴らしい感覚のいくつかを網羅する人間の味覚の旋風ツアー—甘い、塩辛い、煙のような、苦い、酸っぱい、辛い、土の、ナッツのような、そしてもちろん、すべての怒りです— うま味。巧妙に、それはソーサがこの本のレシピを整理するために選んだ方法です。すべての章は、これらのフレーバーの1つに焦点を当てています。

しかし、そのリストが網羅的であるとは思わないでください。この本の冒頭で、ソーサは他の多くのフレーバーが彼のレシピや一般的な食品に含まれていることも指摘しています。ほんの数例を挙げると、材料は酸性、草本、収斂性、花柄である可能性があります。明らかに、これは才能のある味覚を持つ男です。

そして彼はその味覚をうまく利用します。レシピを開発する際、ソーサは通常、単一の材料に触発され、それを補完する他のフレーバーを考えようとし、それらの材料を探し出します。他の多くの料理人は料理にあまりにも多くの要素を取り入れようとしますが、ソーサは彼のように主な味のトリオに自分自身を制限します グリーンパパイヤサラダ、ビターグリーンパパイヤ、甘い砂糖漬けのタマリンド、サワーライムが続きます。それ以上のもの、そして味はただ失われるでしょう。

抑制と組み合わされたこの焦点は、レモングラスハニーを添えたブレイズドショートリブ、チョリソオイルとハラペーニョピクルスオニオンを添えた焦げたタマネギなどのレシピで、本全体で何度も示されています。それが、ソーサの料理を、グローバルな味を料理に取り入れようとして失敗する他の多くの料理とは一線を画すものです。ソーサは、「このインスピレーションに忠実でありながら、西洋の都会の味覚を満足させるために他のさまざまな影響を組み込む方法を知っている」と述べ、「彼はこれらのさまざまな要素すべてを巧みに操り、罠にはまらないように彼の芸術を習得しました。 「コンフュージョン」フードを作成すること」—これは多くのフュージョンフードが最終的になるものです。

そして、どちらかといえば、この本に対するヴォンゲリッヒテンの鳴り響く支持は、成功した融合に関してソーサがどれほど深刻であるかを証明しています。結局のところ、Vongerichtenは、ニューヨークのミートパッキング地区にレストランを構え、フュージョン料理に精通しています。 スパイスマーケット、それは東南アジア中の彼自身の旅行への大成功で上品なオマージュです。 Vongerichtenは、ソーサが「シンプルさの概念を通じて複雑さを鋭く理解していることを示している」と信じています。つまり、彼のレシピは「対照的な味が互いに補完し、強化し、一口ごとに味の層状の爆発を生み出すように設計されている」ことを意味します。

フュージョンを試してみたい場合は、本で説明されている主なフレーバーに適合するいくつかの一般的でエキゾチックな成分の例が記載された便利なフレーバーマップが本にあります。辛い感じ?わさび、コチュジャン、山椒をお試しください。あるいは、何か素朴なものを求めているのかもしれません。それなら、黒のカルダモン、トルコのコショウ、さらにはターメリックを探してください。すべてが計画されているとき、エキゾチックな味に対するソーサの熱意を共有しないのは難しいです。

結局のところ、野心的なフュージョン料理だけでなく、あらゆる料理の作成は、味を理解することです。そして、彼のアクセシブルなスタイルとわかりやすいレシピで、ソーサの専門知識はあなたにも影響を与えるかもしれません。

砂糖漬けのタマリンドビネグレットソースとグリーンパパイヤサラダ
グリーンパパイヤサラダは、タイ料理のレストランがいかに優れているかを示す便利なマーカーです。この愛されているクラシックのいくつかの新しいフレーバーを特徴とするソーサの遊び心のあるバージョンを試してみてください。

酸辣湯タマリンドスープ入り冷やしそば
中国の辛くて酸っぱいスープと冷やした韓国の麺の味を一皿に入れたいと思いませんか?このレシピ以上のものを探す必要はありません。

ベトナムのシェイクビーフタルタル
ソーサは、もともとはフランス風のベトナム料理の彼のバージョンで、フランスとのつながりをさらに一歩進めています。

Will Budiamanは、The DailyMealのレシピ編集者です。 Twitterで彼をフォローしてください @WillBudiaman.


Arroz Chaufa de Pollo:食欲をそそる中国とペルーのチャーハン

料理の仕方を学ぶ Arroz Chaufa de Pollo また ペルーチャーハン、ペルーで最も人気のある料理の1つであり、おいしい中国とペルーのフュージョン料理の例です。

多くのペルー料理は、さまざまな地域や国の食材をブレンドしたフュージョン料理として生まれました。すべての料理には、ゆりかごからテーブルまでの旅について語るストーリーがあります。裏話 arroz chaufa de pollo、チキン、野菜、醤油を使った非常に人気のあるペルーのチャーハンミールは、十分に文書化されていますが、信じられないほど興味深いままです。ペルーの魂がcの蒸し皿を断ることはほとんどありませんhaufa、多くのいずれかで準備されているかどうか チーファ レストランや自宅で炒めたもの。このご飯がペルー料理でどのように有名になったのかを詳しく調べてから、この簡単でとてもおいしいチャーハンを自分で試してみましょう。

Arroz chaufa depolloの起源

この料理はおそらく最も広く消費されている食品です 中国とペルーのフュージョン料理 として知られている チーファ。 19世紀半ばに奴隷制が廃止された後、初期のグアノ産業会社のプランテーションの所有者と管理者は、安価な労働力を獲得する別の方法を模索していました。彼らは海外を見ました。

約10万人の中国人移民、主に広東人の男性が、住み、働くためにペルーに移住するように誘惑されました。これらの人々は、プランテーション所有者との制限的な8年間の契約に拘束され、非常に過酷な労働条件の下で働いていました。契約が終了した後、彼らは仕事を続けるか、他の場所に定住するかを自由に選択できました。これらの厳しい条件の下で arroz chaufa de pollo 最初は中国人移民自身によって準備されました。

労働者は部分的に米の袋で支払われ、それを組み合わせた しょうゆ そして彼らが見つけた野菜や肉の切れ端。当時、食事に鶏の胸肉が含まれていた可能性は低いです。当時、鶏肉は高価で非常に切望されていた肉でした。残り物の豚肉、牛肉、その他の肉を使用した可能性が高いです。

料理の名前の由来も広東語に由来しています。 チャウファン 文字通り「チャーハン」を意味します。

主流のペルー料理の要

8年間の契約が終了した後、多くの労働者は生計を立てるために大都市に定住し、レストランを設立しました。これらのレストランは、広東語で「ご飯を食べる」という意味のChiFáと呼ばれていました。これは、ご飯がさまざまな料理の不可欠な部分であったためです。

NS菌糸 人気を博し、その名は今日まで残っています。中国とペルーのフュージョン料理は、地元や海外の味覚を満足させ続けています。

チーファレストランで売られている料理に加えて、アジアからの移民は、新しい調理方法(中華鍋で炒め物)と食材を使って地元の料理にも影響を与えました。醤油と生姜は現在、他の多くのペルーのレシピの重要な材料です。米はほとんどのレシピに存在する主食です。

CalleCapón:chifaレストランの発祥地

リマには6000以上のチーファレストランがあり、ペルーの他の地域には何千ものレストランが点在していますが、1つの場所で最も本格的なレストランを提供しています arroz chaufa de pollo 経験。 カポン通りペルーのチャイナタウン(バリオチノ)として知られる、リマ中心部の数ブロックに広がっています。リマの多くの中国人移民の好ましい地域として、これは事実上の発祥の地です 中国-ペルー料理 そして最初のチーファレストランの場所。最初の勇敢な移民入植者がレストランのドアを開けて以来、この近所は150年の間に多くの浮き沈みを経験してきました。現在、バリオは活気に満ちた賑やかなエリアです。

カポン通りを歩くことは、多くのレストランから発せられる信じられないほどの香りのおかげで、五感にとって真の旅です。

アジアのフュージョン料理がお好きな方は、日系料理&#8211ペルーの日本のフュージョン料理ガイドをご覧ください。

のバリエーション arroz chaufa

今日はレシピを共有しています arroz chaufa de pollo、しかしこれは信じられないほど用途の広い料理で、さまざまなニーズや好みに合わせて簡単に変更できます。鶏肉を牛肉、鴨肉、豚肉、魚、シーフード、またはキノコに変更し、追加の野菜をベジタリアンバージョンに変更することができます。

前日から残った白ご飯を使い切るのにもいい方法だということを忘れないでください!

旅行のフーディーのヒント:chifaレストランで食べ物を注文するとき、 arroz chaufa おかずとして注文されることがよくあります。しかし、それはすでにタンパク質、野菜、そして正直なところ、たくさんの炭水化物を含んでいるので、それ自体で非常によく食べられます。


あなたが知っていることを適応させるとき、新しいアイデアを取り入れることはより簡単です。初めてレシピを正確に実行すると、特定の方法でほとんど方法を実行する必要がない理由がわかります。次に、別の方法で何をしたいのかを考えることができます。カボチャのスープを取ります。玉ねぎとネギを炒め、生クリームを加えます。代わりに生姜とカルダモンとココナッツクリームを少し入れて、みじん切りにした唐辛子とカリカリの生姜を上に乗せて仕上げてみませんか?哲学は同じです-saut&eacuteもの、液体を追加し、煮る。それはあなたがその間に追加しているものであり、それはそれを古典的な料理から何か新しいものに変えます。

たとえば、レモンの使用を考えています。どのように貢献するのでしょうか?酸と香りのどちらがいいですか?香りには、レモンの皮、レモングラス、レモンバーベナをお試しください。酸が欲しいなら、特に柑橘系の唐辛子が欲しいですか?ライム、みかん、オレンジ、またはグレープフルーツを試すこともできます。ザクロの糖蜜も非常に酸っぱくて鋭いことが多く、タマリンドは料理を美しく明るくすることができます。 (タマリンドはエキゾチックに聞こえるかもしれませんが、実際にはウスターソースの主成分の1つです。)


新しいフードフュージョントレンド

醤油は、インディアンミーツ-チャイニーズミーツ-メキシカンポークティッカマサラエンチラーダなど、複数のエスニックフレーバーパレットをつなぐことができるうま味フレーバーノートを提供します。
出典:Kikkoman USA Inc.(www.kikkoman.com)

融合、マッシュアップ、スマッシングのいずれの場合でも、製品開発者は、結果として得られる配合が消費者にとって複雑すぎないように、「料理の綱渡り」を行う必要があります。
出典:McCormick&amp Company、Inc。(www.mccormick.com)

卵などの普遍的な食材は、より明確に差別化された料理スタイルの間の馴染みのある促進的な架け橋を提供します。
出典:American Egg Board(www.aeb.org)

フレーバーの専門家と料理学者は、異種のフレーバーコンポーネントを巧みに使用することで、&ldquoFood Truckfusion&rdquoを主流に押し上げるのを支援してきました。
出典:Bell Flavours&Fragrances Inc.(www.bellff.com)

デザートの処方は、古典的なメキシコのフランにインドのチャイスパイスを注入することによって例証されるように、融合の傾向から免除されていません。
出典:McCormick&amp Company、Inc。(www.mccormick.com)

過去20年間、「フレーバーフォールアウト」が米国を覆い隠してきました。伝統的な料理とフレーバーは、他の文化からのフレーバーノートの散りばめによって浸透され、注入されてきました。その結果、アメリカの消費者はさまざまなエスニック料理とその味を受け入れ、より本格的で、場合によってはよりエキゾチックなものがより良いものになっています。

かつては奇妙だったことが「発見」になりました。それかどうか スリラチャ その穏やかで甘い熱または彼らの猛烈な火のためのゴーストペッパーのために、米国の消費者はすべて新しくて異なっています。しかし、アメリカ人である彼らはまた、彼ら自身のタッチを加えるように駆り立てられています。世界中からの人々の継続的な流入によって需要が加速する中、さまざまな料理の材料とスタイルの融合が、レストランの厨房から主流向けに設計された食事やスナックのメーカーへと移行し始めています。

この移行への影響に貢献することに関係する最新の食品トレンドには、メキシコからペルーの韓国のアフリカ料理(北の ハリッサ 南部へ ペリペリ)そしてどこからでも、特にタイとメキシコのインテリアからの屋台の食べ物。そして、キューバがオープンしたばかりで、花のグアバから肉質の黒豆、でんぷん質のオオバコ、刺激的なマリネやソースなどがあります。 モジョソフリット.

American Egg Board(AEB)の調査によると、外国料理は「国民の執着」になっています。食品のトレンドに遅れないようにすることは、受動的ではなく能動的になりました。消費者は「町のトップタイのブランチの場所からのツイートをフォローし、地域のペルー料理に関するすべてのフードチャンネルの番組をストリーミングする」ことに急いでいます。 AEBは、今日の消費者は「その有名シェフがオープンしたばかりの韓国のハンバーガー店で注文するすべてのアイテムのお気に入りのフュージョン料理の朝食トラックとInstagramの毎週のスケジュールを知っている」と述べました。

ヤングアンドハングリー

いくつかの問題がこの傾向を推進しています。ブーマー世代がミレニアル世代に世代の影響と影響を与えるにつれて、35歳以下の群衆は、人々が食べ物や味についてどう考えるかを形作っています。結局のところ、この人口統計は米国の人口の25%を占めています。さらに、それは国の歴史の中で最も多様な人口統計であり、ライフスタイルから料理まで、「他者」の文化的アイデアを容易に受け入れる、最も包括的で好奇心旺盛です。

ミレニアル世代は、ブーマー世代の食べ物への魅力も受け継いでいます。彼らは無数の料理と無限の味で育ちました。彼らの家族の食事の多くは、食卓の周りではなく、家の外で消費されました。食べ物、料理、レストラン、シェフ、ソーシャルメディア(食べ物に関連するもの)に関する知識は、彼らにとって第二の性質です。これまで以上に、食品の流暢さは社会的およびビジネス上の要件としての地位を獲得しています。あなたはあなたが食べるものだけでなく、あなたが食べ物について知っていることです。

ソーシャルメディアは、食品知識と文化的な料理の混合の両方のための緑豊かな繁殖地を提供してきました。 InstagramとBuzzfeed、そのサブグループ「Tasty」、およびFacebookのTastemadeページ(Facebook / Tastemade Japan、Tastemade Brazil、またはその他の国のTastemadeページを除いて、すでに約200万のいいね)は、若い消費者に情報を提供し、教育しますウイルスのスピードで料理のニュアンスについて。

これらのソースには、30秒の「ハウツー」フードビデオ、レシピ、質問と回答、その他のリソース、およびフードに関するノンストップチャットが含まれます。そして、これらすべての情報源を通して、1つの共通のテーマは、ベーコンハラペーニョペストリーや ケサディーヤ モンキーブレッドで作られました。

ナショナルレストランアスン。最近、フードサービス事業者の90%が、消費者が2年前よりも食品についての知識が豊富で、食品の品質にもっと注意を払っていると感じていると報告しました。このすべての食品融合がレストランやフードサービスで起こっているので、次のステップはそれが調理済み食品にどのように機能するかです。

AEBによると、レストランでは、新しいフュージョン料理が朝食アイテムによく表れています。ラテンアメリカ以外で影響を与えている卵のブリトー、ウェボスランチェロス、チラキレスなどの新進気鋭のアイテムを指摘することができます。

他の例としては、目玉焼き、玉ねぎのピクルスを添えた北京ダック、 ワヒーヨ サルサ、 cotija (メキシコの粉チーズ)、ワシントンDCのゼンゴにあるクレマとコーントルティーヤキューバのつながりは、放し飼いの豚肉、削ったハム、グリュイエール、自家製ピクルスで作ったハバナの空想料理で、デンバーのスヌーズイータリーにあります。日当たりの良いサイドアップエッグとディジョンホランデーズで昼寝。

さらにエキゾチックなAEBは、ニューヨーク市のブレスリンレストランとミネアポリスのケンウッドで提供される、リンゴの木で燻製した子羊のベーコンと目玉焼きを添えたハリッサで煮込んだケールを指しています。 、ポーチドエッグとK-mamaブランドのソース。または、ソーホーのミスリリーズのカリブ海と南部の出会い、簡単なオオバコ、オオバコ、スコッチボンネットペッパーの上の卵料理があります。

1つの料理に2つ以上の料理のプロファイルを混ぜることを決定することは大胆なことですが、専門知識を使って行うと、結果は個々の部分の合計以上のものになる可能性があります。

波をキャッチ

惣菜メーカーは、料理と味の合流点への関心のこの波を解釈するために慎重にリソースを適用しています。しかし、そのような解釈には独特の課題があります。

レストランで食事をしたり、フードトラックに列を作ったりする人は、ボリビアのキノアのベッドで日本人の千切りを添えてタイの影響を受けたスウェーデンのミートボールを試すために、料理の棚に足を踏み入れる時間と傾向があるかもしれません。 私も。しかし、その同じ消費者は、買い物客として、冷凍食品の通路を高速クルーズで急いでいる間、その種の融合製品を消化するのに時間をかけますか?

専門家はまだ、この質問に対する答えを確信していません。ミレニアル世代は、調理済み食品がレストランやフードトラックで大好きなフュージョンや料理のマッシュアップと同じ選択を反映することを要求するだろうと示唆する人もいます。

他の人は、急いで急いで買い物をする人には組み合わせが複雑すぎると信じています。時間のかかる混乱を加えることなく、新しい、異なる、および/またはより健康的な消費者の渇望にアピールするために、調理済み食品の民族的「信憑性」に固執することをお勧めします。

より良いハンドルを得るために、料理学者は料理の融合が何であるかについてのより良い定義の必要性を指摘します。 「ある意味で「フュージョン」という言葉は、もう1つの「fワード」です」とLifetime TelevisionのコンペティションシリーズのR&ampDシェフ、作家、メンターであるAndrewHunterは言います。 スーパーマーケットスーパースター。 「 『フュージョン』は、悪い実行の結果として、自動車業界のエドセルのようになることがよくあります。」

別の名前で呼ばれたときに悪い考えだという意味ではありません。 「マッシュアップ」は、異種の要素の混合を意味するために使用されるフュージョン料理の新しい実用的な用語になりました。ハンターは、成功した融合で何が起こり得るかを説明するために「スマッシング」という言葉を好みます。彼は、多文化料理に関連してこの用語を作り出したことで、シェフのマーク・ミラーの功績を認めています。

「スマッシングのアイデアについて私が気に入っているのは、完全に調和したままの異種のフレーバーを重ねることを意味するということです」とハンターは言います。 「スマッシングの典型的な例は、韓国系アメリカ人のシェフ、ロイ・チョイが採用したアプローチです」と彼は付け加えます。グルメな韓国のタコストラック、コギの作成で有名なチェは、フードトラック運動の創設者と見なされています。」

「スマッシングとは、一口で2つ以上の料理を次々と体験することです」とハンターは付け加えます。 「コギバーベキューのマイクロリージョナルタコスは、メキシコのコーントルティーヤに韓国産の牛肉のマリネと豚バラ肉をトッピングした後、トッピングしたスマッシングの形を示しています。 キムチ で終了しました サルサベルデ。韓国料理とメキシコ料理を組み合わせて、「アンジェレノ」と呼ばれるおいしい料理を作り上げました。これは、多文化主義です。」

フュージョンチャレンジ

一部の専門家は、惣菜の分野では、消費者が融合によって混乱するだろうと感じています。消費者は、理解しやすくアクセスしやすい(および/またはより健康的な)方法で実行された場合、本物のエスニック料理製品を愛しますが、調理済み食品のマッシュアップが何をすべきかを理解するために十分な時間と労力を費やすことを望まない可能性がありますなれ。

多くの製品開発者にとって、消費者がスーパーマーケットで購入できる本物の調理済み製品に関係するのを助けることは十分な挑戦でした。その推進力は、味の信憑性を犠牲にすることなく、エスニック料理製品をシンプルで理解しやすいものに保つことです。

このような製品は、複雑すぎてなじみがないと見なされる用語、成分、または配合を使用していません。これは、今日のスーパーマーケットの棚にある多くの製品の主な状態です。 「外国の」製品は、国籍や地域(メキシコ、中国、イタリア、ギリシャなど)によってバルカニゼーションされています。

消費者の注目のスパンには大きな注意が払われています。レストランで注文したり、フードトラックに並んだりするときは、形式がファストカジュアルであっても、消費者はよりリラックスできます。設定はスペースを作成し、コンセプト、したがって準備の要素に従事するためのステージを設定します。

ほとんどのクライアントにとって、シェフや設定に対する好奇心が組み込まれているため、実験への道が開かれ、購入者は新しい味や珍しい味への期待に傾倒します。

ただし、スーパーマーケットの設定では、買い物客は通常「急いで」モードになり、雑用を実行します。消費者は、一目見ただけで製品を提供することはあまりありません。それがすぐに説明されない場合、彼らは積極的に関与しない可能性があります。買い物客の注意を引くための時間枠は狭く、ほとんどの人には、新しいまたは未知の食事の可能性を開くための時間や考え方がありません。

「タコストラックまたはレストランと一連の惣菜の大きな違いの1つは、必要なターゲット市場です」と、ペプシコのフリトレー社のエグゼクティブリサーチシェフであるジョディデントンは説明します。人口が少なく、まだ忙しい。惣菜を売り込もうとするとき、このラインは一般の人々に広くアピールする必要があります。フレーバーが「そこに」ありすぎると、必要なだけ広く販売することができなくなります。」デントンは、多くの大企業がニッチ市場に参入したり、「二極化」した料理を採用したりすることにどれほど消極的であるかを指摘しています。

フュージョンプロミス

それにもかかわらず、他の専門家によると、トレンドは容赦なく融合の概念に向かっています。彼らは、新しいエスニック料理がレストランやフードトラックからフードサービスや惣菜に急速に移行した方法を引用しています。ただし、ペースはまだ相対的です。製造された食品は、依然として外食産業よりもはるかにゆっくりと進化する傾向があります。

それでも、主流のためのフュージョン料理が起こっています。 NestléUSAInc。は、今年の6月にHot Pockets Food TruckBitesとFoodTruckSandwichesを発表しました。これらの冷凍製品は、コモド、ベイビーズバーガー、トースティチーズモバイルイータリーなど、ロサンゼルスとシカゴの流行を先導するフードトラックから提供される料理に触発されました。一例として、有名なロサンゼルスのロボストラックを介して、ミニ春巻きに白身の鶏肉、ハラペニョス、コリアンダー、トウモロコシとスパイシーなジンジャーライムソースを組み合わせています。

CuliNexLLCの料理学者および栄養士であるEmilyMundyは、「完全に食べ物に夢中になっている」典型的なミレニアル世代として自己記述しています。マンディは、彼女の世代は、製造された食品がより早くトレンドに追いつくことを期待していると信じています。 「小売ブランドは本当にそれを強化し、快適ゾーンから抜け出す必要があります」と彼女は警告します。 「重要なのは、流行の本格的なフレーバーを新しい方法で使用することです。」

さらに説明すると、Mundyは、消費者は「タコス、ピザ、ブリトーをすでに理解しているので、これらの種類の料理に頭を巻く必要はありません。異なるフレーバープロファイルで理解された料理やフォーマットを使用することは、「ショックファクター」の新しいものに精通していることと、これまでに行われたことのないことに興味を持っていることを組み合わせています。」彼女は次のような架空のアプローチを提案します バインミ、タコスやピザのフレーバーテンプレートとして人気のあるベトナムのサンドイッチ(すでにフランスとインドシナの料理の伝統の事前設定されたマッシュアップ)。

ゾーンへの移動

新しいフュージョン料理に取り組む料理学者にとっては、おなじみのプラットフォーム(ピザなど)から始めると便利です。次に、次のような非典型的なものを追加します。 クレマ 細かく刻んだ北京ダックの層とトッピングと ワヒーヨ サルサ。また、スナック、共有プレート、前菜、朝食や屋台の食べ物など、組み合わせるのに最適なジャンルについて考えてみてください。

ボウルはマッシュアップやスマッシングラップの自然なプラットフォームであり、サンドイッチ(特に朝食サンドイッチ)、パスタ、ブリトー、タコス、フムス、ポテトチップス、ディッパー付きのフレーバーヨーグルトも機能します。このスタイルに特に適応できるのは、手に負えないものを食べることです。

次に、シェフはニンニク、ココナッツミルク、ゴマ油、ライム、大豆、シラチャソースなどの調味料の橋を検討することができます。これらは十分に伝統的で、十分にユニークであり、今では処方がレストランやフードトラックの運賃から惣菜に移行するのを助けるのに十分なほど馴染みがあります。このような食品の場合、マザーソースはバーベキュー、ランチ、ピザのトマトソースです。すべてが民族の署名とうまく調和することができます。たとえば、伝統的な五香粉を使った海鮮醤は、トマトと相性が良く、アジア風の味わいが特徴です。

シェフのハンターは、ココナッツミルクが料理を橋渡しする方法に特に興味を持っていることを認めています。 「ココナッツミルクは非常に用途が広いので、最近私のお気に入りの材料です」と彼は言います。

ハンターはまた、高速のいくつかを使用することの大ファンであることを認めています-
フュージョンコンビネーションのベースとして、フムスなどのトレンドの中東の食材。さらに、オリーブオイル、ニンニク、レモンなどの地中海の主食は、カレーやカレーなどの他の料理の特定のスパイスとブレンドすることができます
アラビア語の7スパイスのブレンドで、まったく異なるプロファイル、つまり新しいアイデンティティを実現します。

プレートの中心

プレート中心タンパク質は、融合を行うための優れたプラットフォームでもあります。 「鶏肉と卵はマッシュアップを塗るのに最適な空白の味覚です」とAEBのスティーブソロモンは言います。「米国では、世界で最も利用可能な動物性タンパク質である豚肉も「鶏肉化」しました。」

基本的に、豚肉を使ったエスニック料理ならどれでも鶏肉の代わりになります。 「鶏肉は何でもできます」と、Schiller-Del Grande Management LLCのパートナーであり、CaféAnnieのエグゼクティブシェフ兼オーナーであるRobert DelGrande博士は同意します。 「それは多くのフレーバーの素晴らしいベースであるため、退屈しないようにするのは経済的です。」

塩、甘さ、酸味の古典的な中国のバランスのトライアドを模倣することは、新しいフレーバーへの乗り物になる可能性があります。塩、砂糖、脂肪を含む同上ベーコン。 「ベーコンの方がすべてが美味しくなります」と、彼が最初に言ったのではないことを知っているデル・グランデは笑います。 「すべての深刻さにおいて、ベーコンは非常に魅力的な口当たりを持っています」と彼は説明します。他のフレーバーを重ねるとワクワクします。これは、食品で感情的な興奮を求める消費者のニーズを満たすもう1つの方法です。」

Seven SpoonsLLCの創設者兼CEOであるRaminderBindraによると、さらに別のアプローチは、調味料ではなく、異なる文化のコア成分をブレンドして、馴染みのある味を維持することです。このアプローチのそのような例の1つは、 ビリヤニ (伝統的な南アジアの米料理)タンパク質指数を上げるために米の代わりにキノアで作られました。これは、伝統的な高タンパクのアンデスの穀物と伝統的なインドのスパイスを組み合わせたものです。ただし、ビンドラは警告します。単に融合のためのフレーバー融合は機能しません。

フュージョン料理の鍵は、料理学者のマンディが示唆するように、本物の味を新しい方法で使用することです。 「きめ細かく行ってください、と彼女はアドバイスします。アジア料理やタイ料理など、地域のエスニック料理だけを考えないでください。そのような特定の料理について考えてください トムカーガイ (タイのココナッツチキンスープ)または パッタイ。 「小売ブランドは本当にそれを強化し、フレーバープロファイルの快適ゾーンから抜け出す必要があります」とマンディは言います。

もともとは、PreparedFoodsの2016年10月号にNewFusionsとして掲載されました。

融合または粉砕するには

R&ampDのシェフ、作家、LifetimeTelevisionのコンペティションシリーズであるSupermarketSuperstarのメンターであるAndrewHunterが、フュージョンと「スマッシング」の違いについて詳しく説明しています。 「フュージョンとは、さまざまな料理のフレーバーをブレンドすることですが、スマッシングとは、別々に、そして一緒に味わうフレーバーのユニークなレイヤーを組み合わせることです。正しく行われたフュージョンは、独特のフレーバーを調和させることであり、スマッシングは調和することができます。また、フレーバーの組み合わせに関するダイナーの快適さのレベルと伝統的な感性にも挑戦します。」

新しいフュージョン数学

「融合は、1 + 1 = 2ではなく1+ 1 = 11として出力されることがあります」と、Seven SpoonsLLCの創設者兼CEOであるRaminderBindraは計算しています。彼は、それらの部分の合計よりも大きい組み合わせは、創造性と健康を融合させるための優れた方法であると説明しています。たとえば、玉ねぎやにんにくなどの香ばしい芳香剤は、ほとんどの料理で使用されているため、快適な橋です。コリアンダー、バジル、ネギなどのさまざまな料理の特製ハーブとスパイスをこれらの橋と組み合わせて、新しいプロファイルを作成すると、ビンドラは示唆しています。

「マンゴーヨーグルトとシラチャソース、またはフムスとゼリーの渦巻きなど、甘くておいしいものを交換してください。ある識別可能なアイテムを別のアイテムに詰め込みます」と彼は提案します。「サンドイッチのケサディーヤナチョスの中のブリトーなど」。フュージョン、マッシュアップ、スマッシングのいずれと呼んでも、料理、味、食材の多文化的なブレンドは、調理済み食品の新しく急速に接近しているフロンティアです。


方向:

Chotay jug mein pani、tomato ketchup aur maida dal ker ache tarhan whisk karein&amp side per rakhdein。

Karhai mein beef qeema aur Cooking Oil dal dein aur rang tabdeel hunay tak ache tarhan mix kerlein。

Pyaz dal ker mix karein aur 5-6 minutes kliya pakalein。

カリミルチ粉砕、オニオンパウダー、レーサンパウダー、ナマックアウルラルミルチパウダーダルカーアッシュターハンミックスカレインアウル3〜4分クリヤパカライン。

トマトペーストダルカー2分kliyaachetarhanミックスカーライン。

新鮮なパセリダルカーミックスカーライン。

Abtayyarトマトケチャップ+小麦粉混合物dalker achetarhan混合物kareinaur dhak ker halki ancch per 12-15 minutes kliya pakalein。

モッツァレラチーズオーチェダーチーズダルカーアッシュターハンミックスカーライン。

シェルパスタダルカーミックスカレイン。

モッツァレラチーズ、チェダーチーズ、フレッシュパセリダルカーダックデイン、ハルキアンチ、チーズメルトフナイタクパカライン(約2〜3分)。


NINYO FUSIONCUISINEとWINELOUNGE。ケソンシティの最高の秘密。

カティプナンは常にケソンシティの大学ベルトでした。そこには有名な学校(アテネオ、ミリアム、フィリピン大学)があり、この場所は近隣の膨大な学生人口に対応するサービスに囲まれています。

今日、息子のイギーと妻のクリスと私は、写真撮影のためにケソンシティのカティプナンまで車で行き、NINYO FUSIONCUISINEとWineLoungeという新しいレストランを試しました。それはケソン市の大学の狭い裏通りに位置し、その地域のいわゆる宝石の1つです。ケソンシティで最も秘密にされているレストランの1つと見なされている小さな家庭用キッチンからレストランになりました。私はマカティに住んでいて、C-5沿いの交通に対処しなければならなかったので、忍者に行くには少し手間がかかるかもしれません。しかし、イギーによると。この旅行はそれだけの価値があります。私は何を期待するのか分かりませんでした。私が知っているのは、それが以前は陰と陽の日本語の用語を指す「IN-YO」と呼ばれていたということだけでした。フランス料理とアジアのフュージョン料理を誇るNINYOのような美食の場所を見つけることはめったにありません。私たちはレストランでイギーのパートナーであるロンメルと彼のガールフレンドのチャに会いました。 in short we came in full force for the photo shoot!!

NINYO is a novel place to entertain friends and family. I loved the look of the entrance of the restaurant which had vines dripping from the trees---- which added to the charm.

The food presentation is exceptional and even if there were some dishes that were not quite what I expected ( perhaps my expectations were high because they were so good. ). For the ambience, the quality of the food, its serving size and the whole dining experience, the prices are fairly reasonable. The dining room is tastefully done with a electic mix of local furniture.

The interiors overflowed with incandescent lighting, capiz windows, Chinese lanterns and accent pieces from different parts of the world. The mix of old and new made the whole place cozy.

A koi pond greets you as you enter the door. They have managed to play with the presentation of their food, fusing it right, while painstakingly plating them to look like works of art.

The wine lounge ( on the second floor ) will be formally launched on February 4, 2010.

I also met Genaro Yupangco , a wine-importer ( YUPANGCO WINES ELYSIUM ) who brings in Canadian Ice Wines and celebrity wines from all over the world. We tried a very good French wine called " CHRISTIAN AUDIGIER "( merlot ) - by Montpeyroux Estates. It comes in 4 different designs. green for white wine, blue for shiraz, red for red wine and black for merlot.

I was fortunate to meet the family who are behind this restaurant and I was able to get an impromptu interview with Carla Laus ( who is the marketing manager and public relations officer ), chef Nino Laus ( pronounced NINYO ) and their mother, Edna, is the one who takes care of the cash register. All in the family. According to Carla, this was their old residence which they renovated and turned it into a restaurant. Carla transformed the second floor into a wine lounge. NINYO FUSION CUISINE just won a BRONZE medal at the recent culinary competition, the MLA Black Box Culinary Challenge in Makati. I was told that the best sellers here are : HONEY GLAZED GRILLED SALMON ( 570 PHP ), DUCK LEG CONFIT ( 610 PHP ) and for the steak lovers ( like me ). the US HANGING TENDER STEAK ( 595 ).

This was what we had for dinner.

I ordered UNI BALLS - 350 PHP
Fresh Uni wrapped in crispy fried puff pastry in balsamic wasabi. I loved this .

Cris tried their SMOKED DUCK BREAST - 470 PHP
Smoked duck breast tossed in wild cranberry ponzu dressing, assorted greens with grilled watermelon and cantaloupe.

there were other dishes that Carla made us try also.

Pig trotters Katsudon style ( 550 PHP )
crispy fried Shiraz - braised pig trotters drizzled with Katsudon sauce set on foie gras fried rice topped with watercress relish in raspberry dressing. I must agree that it was artfully stacked!!

Duck with Foie Gras and dehydrated apples.. ( not yet in the menu ).

Miso marinated French rack of Lamb ( 820 PHP )
wrapped in kampyo served with sweet potato mashed in coconut milk and grilled vegetables. The dressing is spicy Yuzu.

While Iggy and Rommel were busy with the photo shoot. Cha and I went down to check out the kitchen where all these goodies were being prepared. We caught Nino preparing his dishes. Carla mentioned to me earlier that Nino has gathered several awards already. He was named the youngest (I found out that he is only 28 years old !! ) Chef de Jour by Appetite Magazine, Rock Drilon of Mag:Net Cafe got him as F & B director to do the menu for Mag:Net, Philippines, plus Tatler and DineAsia consistently includes Ninyo in their Best Restaurants List. plus. CHEF NINO is going to have a cooking show soon. AM I IMPRESSED with all his acccomplishments .

It is one of those places you will go back to, over and over again, to have a decent meal. Reading the dishes' descriptions was enough for me to want to try everything. Ninyo is fine-dining fusion cuisine minus the snobbish and intimidating factor so identified with that genre. It is a restaurant that is inviting and appealing.

Here are some of his mouth watering desserts.

Creme Brulee with cotton candy topping.

Chocolate! Chocolate ! -- best seller in NINYO

YOU should definitely try this restaurant. a bit pricey though, an average of 500 PHP to 600 PHP for the main course. But I will tell you . its worth every penny! I love their food presentation and you will find unexpected " treasures " in every meal. Glancing thru their menu . I noticed they also had pasta which was 340 PHP. not bad huh!

According to their mom, NINYO is closed for lunch on Mondays but they are opened for dinner patrons with a special Monday Menu. Regular hours are from Tuesday to Sunday.

Overall, this was one of my most satisfying dining experiences. The restaurant was just so laid-back and welcoming, the food thoughtfully prepared. The prices were just right for the kind of food we got. The entrees were served WARM ( that was very important to me tho ) . NINYO is the kind of restaurant that I dream of owning one day, so I can hang out there as long and as often as I want. If you are in the QUEZON CITY area. why not go and try out . NINYO FUSION CUISINE and Wine Lounge. you will not regret it!!

To Carla and Nino Laus. congratulations for having such a nice romantic place . I will definitely be back to try more of your new discoveries. CHEERS!

Truly one of Quezon City's best kept secret.


HAPPY EATING!

NINYO FUSION CUISINE & WINE LOUNGE
66 Esteban Abada Street
Quezon City


How to make Butter Chicken Pasta | Fusion Recipe | Recipe Book | The Foodie

On this mother's day, surprise your mother with this out-of-the-world recipe that has the spiciness of Indian masalas and the creaminess of the Italian cuisine - Butter Chicken Pasta. Best of luck!

Ingredients Required to make Butter Chicken Pasta -

4 cups Water
3 tbsp Salt
2 tbsp Oil
1 ½ cup Fusilli Pasta

3 tbsp Butter
2 tsp Cumin Seeds
1 ½ cup Onions, chopped
¼ cup Garlic Cloves
¼ cup Ginger, sliced
10-12 Cashews
2-3 Kashmiri Chillies
2 Tomatoes. quartered
Salt to taste
1 ½ tsp Coriander Powder
1 ½ tsp Chilli Powder
1 ½ tsp Garam Masala
1 cup Tomato Puree
水1カップ

2 tbsp Butter
½ cup Mushrooms
½ cup Broccoli
¼ cup Corn
½ cup Boneless Chicken Cubes
Salt to taste
½ tsp Black Pepper, crushed
½ cup Cream
1 tbsp Kasuri Methi
3 tbsp Honey


Method to make Butter Chicken Pasta -

1. For the pasta, bring water & salt to a boil, add the pasta & cook till al dante it takes about 8-10 mins. Once done, drain it off & keep it aside.
2. Next, prepare the makhani sauce, heat butter in a saucepan, add the cumin seeds, onions, garlic, ginger, cashews & chillies, cook on medium heat till onions go translucent.
3. Next, add the tomatoes & season with salt keep cooking for another 5 mins till tomatoes go soft.
4. Now add the spice powder & cook for 2-3 mins, next add the tomato puree & water & cook for 5 mins.
5. Remove from heat & let it cool off.
6. Once cooled, blend to a smooth, chunky sauce as you would prefer.
7. Now to make the pasta, heat butter in a pan & saute the vegetables for 2 mins.
8. Next, add the chicken & season with salt & pepper. Once the chicken is cooked, add the prepared sauce, cream, kasuri methi & honey.
9. Cook for 2 mins & add the boiled pasta, toss well & once thick & creamy remove & serve
10. Garnish with coriander leaves & enjoy.


装置

材料

  • 2 cups cooked chicken
  • 2 15oz cans Veg-All
  • 2 10 1/2 oz cans Cream of Potato Soup
  • 1/2 teaspoon thyme dried
  • 味わう塩
  • 2 9 inch pie crusts
  • 味わう黒胡椒

手順

栄養

Wednesday 22nd of October 2014

Thanks so much for sharing this easy and delicious chicken pie recipe

Monday 20th of October 2014

Very easy and so delicious!

Tuesday 14th of October 2014

My thing is decorating . not cooking. So, this easy recipe is right up my alley.ありがとう。

Tuesday 14th of October 2014

Thanks so much for sharing this easy recipe! =)Have a great week!

Monday 13th of October 2014

Hi Evelyn, wow this looks so good and easy too. This is my kind of recipe and thanks for sharing it. We all love chicken pot pie here! Hope you are having a nice day. Enjoy your week.Julie

Hi There!

My Name is Evelyn, join us while we share tastefully simple recipes, creative DIY, and our Backroads Travel Adventures.

What's Trending

免責事項

All posts on this blog are original content and may not be copied or paraphrased. You may use one photo with a brief description and a link back to my blog for roundups and collections. A comment on the post or an email is appreciated when using my photos.This blog was created for entertainment purposes only. Read my full disclosure here

Policy Privacy

Note: This site contains affiliate links.
Read my full Privacy Policy here

My most recent posts

We are a participant in the Amazon Services LLC Associates Program, an affiliate advertising program designed to provide a means for us to earn fees by linking to Amazon.com and affiliated sites

Copyright © 2021 My Turn for Us | Wisteria on Trellis Framework by Mediavine


16 Super Delicious (and Easy) Asian Food Recipes

Kimchi fried rice, chana masala, satay chicken recipes and so much more.

In these trying times of pandemic-related violence, many Asian people are drawing strength from their vibrant cultures, especially their culinary traditions. From cooking signature foods like Korean barbecue and Chinese hot pot, both of which have origins that date back for centuries, to watching Asian chefs compete on Top Chef, to seeing successful Asian restaurateurs expand their reach, Asian people have found pride in their food for ages and will continue to do so.

Asian cuisine, both traditional and fusion, is so diverse and all so yummy. Many people frequent Asian-owned restaurants (and we encourage you to continue to do so!) , but cooking your favorite Asian foods at home is easy and can be a fun experience for you and the whole family. Asian cuisines use simple cooking methods and familiar ingredients like chicken, pork, ground turkey and rice. There are also healthy tofu recipes that vegetarians can enjoy. Best of all, these simple Asian recipes can even take as little as 30 minutes or less to make.

Because Asian food is endlessly rich and diverse, consider this a beginner&rsquos guide that will ease you into cooking authentic Asian cuisine. A note about the Asian ingredients you&rsquoll see in these recipes: You can find them at your local Asian grocery store or in the Asian aisle of your usual food shopping location. You can also easily buy ingredients online and have them shipped to you. With these cooking tips, you can try easy Asian recipes that include cuisines from Korea, China, Japan, Thailand, Vietnam, the Philippines, India and more. These recipes will show you that Asian food is much more than just rice, noodles and stir-fry. Come and celebrate Asian culture with culinary appreciation.


Anchorage’s small international eateries, used to take-out, found a growing market in the pandemic

Staff and family at Jeepney Filipino Hawaiian Fusion Food pose for a quick photo between to-go orders on a weekday afternoon in April. (Jeff Chen/Alaska Public Media)

It’s been a hard year for many restaurants in Alaska, but low prices and customers’ expanding palates have helped Anchorage’s small, family-owned eateries fare better than others during the pandemic.

Three-quarters of the new restaurants that opened in Anchorage in 2020 serve cuisines from countries across the globe, including the Philippines, the Caribbean, Greece and India, according to the city’s food permit records. Anchorage Daily News restaurant critic Mara Severin said it makes sense that smaller, family-owned eateries have done better than established fine-dining restaurants. Many have adapted quickly to social media marketing and online ordering for take-out.

She’s watch the expansion over a number of years.

“It used to be ‘Have you tried this new Indian restaurant?’ Now it’s ‘What’s your favorite Indian restaurant in town?’” she said.

And there’s the food itself. Many businesses did lots of take-out before the pandemic and their customers were already used to purchasing food that way. Businesses with large dining rooms that did less take-out had to help customers see their food as take-out food. In some cases that can be a challenge.

“I don’t particularly want to eat a filet mignon out of a cardboard box,” said Severin

Jeff Bumagat-Hidalgo, co-owner-manager at Jeepney Filipino Hawaiian Fusion Food, prepares an order of butter garlic shrimp on a weekday afternoon in April. (Jeff Chen/Alaska Public Media)

Severin said many of the restaurants that really excelled during the pandemic found creative ways to reach their customers. That often meant harnessing social media, using ordering apps, and encouraging outdoor dining or even tailgating.

Hawaiian-Filipino fusion restaurant Jeepney’s, located in South Anchorage, is in the middle of an expansion. A decade ago, owner Donna Manalo and her husband decided to open the restaurant on little more than a love of the food of her youth.

Now she has two food trucks, owns a store in a strip mall across from the Dimond mall, just opened a new storefront on JBER, and has plans to take over the former location of Arctic Roadrunner.

“We have big plans for it,” Manalo said.

Their restaurant has evolved since her husband suggested the idea of opening a restaurant 10 years ago.

“He had no experience of cooking, or nothing, but he saw the lack of Filipino food in Alaska. And I was like, ‘Okay, sure, let’s do it,’” she said.

Through the pandemic, their customer base has grown, thanks to a quick pivot to online ordering. There is a broader demand for some of the food they serve, like dinuguan, a pork blood stew, or lumpia, deep-fried Filipino-style egg rolls.

“I’m gonna say about 95% of our customers are not Polynesian or Filipino,” said Manalo.

Manalo has been adapting her menu over the past years, astutely catering to local tastebuds, such as her take on adobo burritos.

“Burrito is not a thing in the Philippines, but it is in America. So when they tasted that, we were like ‘Okay, this works, now let’s kind of try to introduce other dishes that we love from home and maybe they’ll like it too,’” she said.

Mona takes an order from a customer at Jeepney Filipino Hawaiian Fusion Food on a weekday afternoon in April. (Jeff Chen/Alaska Public Media)

They also just introduced poke nachos, and have low-carb Keto options on their menu. Their entrees are also affordable, with most around $15.

Manalo said her biggest challenge right now is finding enough employees to staff the new restaurants.


15% OFF Bariatric Fusion Prepared Meal Delivery Cost

If you’re ready to try the Bariatric Fusion Meal plan that can assist in removing the day to day stress of meal prepping and ensuring complete nutrition, then I’ve got a special offer for you!

Exclusively for readers of My Bariatric Life, save 15% on your first order of Bariatric Meal Delivery through May 31, 2019 with code MBL15 at checkout. Place your order here.

To give you an idea of the cost of fresh, nutritionally balanced meals from Bariatric Fusion: breakfasts worthy of getting out of bed, power lunches and mouth-watering dinners are

$8.50. To-die-for desserts run $5-$7.

This Bariatric Meal Delivery service is available to the 48-continental United States. Shipping costs are whatever UPS charges, with ground rates to NY, NJ, and PA being the lowest given Bariatric Fusion’s location in New York. All other states get shipments via UPS Express.

If you’re pressed for time or energy, learning to follow the bariatric diet, or need to get back on track from weight regain then with the Bariatric Fusion Prepared Meal Plan, you can have fresh, nutritionally balanced meals at your fingertips without the hassle of grocery shopping or cooking. It’s certainly worth a try!

Go to the Bariatric Fusion Meal Plan website and be sure to use code MBL15 at checkout for 15% off your first order (through 5-31-19). For more information, please contact Bariatric Fusion at 1-866-259-0602 or send them a message via their webform また Facebook page.


ビデオを見る: מסעדת אירועים בהרצליה (12月 2022).