新しいレシピ

野生のビルベリーはレシピを保存します

野生のビルベリーはレシピを保存します


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

  • レシピ
  • 食器タイプ
  • ジャム
  • 混雑する

ビルベリーの季節は伝統的に8月と9月ですが、この自家製の丸ごとビルベリージャムを作ることができるので、冬の間それらを楽しむことができます。紅茶にジュースを加えるか、スポンジケーキ、コブラー、メレンゲの詰め物としてフルーツを使用します。

18人がこれを作りました

材料作る:6つの200mlの瓶

  • 1kgビルベリー
  • グラニュー糖250g以上お好みに合わせて

方法準備:15分›調理:10分›延長時間:12時間›準備完了:12時間25分

  1. ビルベリーから葉と茎を取り除きます。
  2. すすぎ、ボウルに移し、砂糖で覆います。一晩冷蔵します。
  3. 6つの小さな(200ml)ジャーと蓋を滅菌します。ベリーを瓶に移します。密封して大きな鍋に移します。瓶の3/4の高さに水を加え、沸騰させます。 10分間沸騰させてから、瓶を注意深く取り出し、きれいな布の上に逆さまに置きます。冷ましておきます。
  4. 冷暗所に保管してください。開封後は冷蔵庫で保管してください。

瓶を殺菌する方法

便利なステップバイステップガイドとビデオを使用して、瓶を2つの方法で滅菌する方法を学びます。

最近見た

レビューと評価世界の平均評価:(1)


The Wild Cooks&#039ブログ

ビルベリーパイのこのレシピはシンプルで非常に素早く作ることができ、苦い甘いベリーは素晴らしいパイを作ります!

ペストリーは4つを提供します–4つを提供するのに十分な大きさのパイ缶が必要になります

ビルベリー400g
薄力粉480g
無塩バター240g
キャスターシュガー120g
1つのレモンの皮
1〜2個の卵が割れて混ざり合った。卵の大きさにもよりますが、普段は2個使います。可能であれば、放し飼いを試して使用してください。

小麦粉、レモンの皮、バターを一緒にボウルに入れるだけです。砂のような穀物が形成されるまで、バターをこすり、小麦粉に熱を加えます。次に、卵ミックスとキャスターシュガー20gを加​​え、ボールに混ぜます。

転がす前に、このペストリーを冷蔵庫で30分休ませます。

ビルベリーをよく洗い、不要な茎を取り除きます

生のビルベリー(約400g)を100gのキャスターシュガーと混ぜます(パイを少し甘くしたい場合は、もっと砂糖が必要になるかもしれません)

ペストリーのボールを半分に切り、半分を転がしてパイ皿にペストリーを並べます。パイ皿を少量のバターでこすってくっつかないようにし、小麦粉をまぶしてパイ皿の側面を叩いてから、ペストリーを並べます。ペストリーをパイ皿の側面に押し上げます。

皿を並べたら、ビルベリーをペストリーに入れ、上に少し余分な砂糖をまぶします。甘いパイが好きな場合は、ベリーを追加する前に、パイの根元の周りで卵を洗ってください。最後に、パイの上に薄く伸ばした蓋をかけます。

もう一度パイの上部を卵で洗い、星型のカッターがある場合は、装飾のためにいくつかの星を切り取ります。 180℃のホットオーブンで約25分間焼きます。

パイをオーブンから取り出し、少し冷ましてから、バニラアイスクリームまたはクロテッドクリームを添えます。

すべての野生のベリーと同様に、できれば道路から離れた場所に農薬が散布されている可能性が低いパッチを選択するようにしてください。一部の野生の果物は有毒である可能性があるため、食用であることがわかっているベリーのみを選ぶように注意する必要があります。よくわからない場合は、身分証明書としてガイドブックを持参することをお勧めします。


メイン州のベリーとワイルドブルーベリージャム

数週間前、私は少しおかしなことをしました。金曜日の朝、私は車を荷造りし、食料品の買い物をし、メイン州まで車で8時間かけて、フリンクルポッドファームでクラスを教えました。私は午後10時30分頃にそこに着き、雄大な納屋の石の部屋に押し込まれた居心地の良いベッドに転がり込み、豪華な朝に目覚め、教える準備ができました。

私は7時間かけてセットアップ、指導(このような楽しい学生グループ!)、そして片付け(ありがたいことに、FloraとMaryJoの助けをたくさん受けました)をしてから、車に戻って家に帰りました。とにかく、私は約16時間しかそこにいませんでした。メイン州でもう少し時間を過ごせたらいいのにと思いますが、夏の終わりの狂気のせいで、家から離れて過ごすことができなくなりました。

私の訪問の短さにもかかわらず、私はなんとかメインの少しを私と一緒に家に持ち帰ることができました。非常に風味豊かな野生のメインブルーベリーの3つの完璧なパイント。

今、私たちはここフィラデルフィアでたくさんの栽培されたブルーベリーを手に入れます、しかしこれらの小さな野生のベリーは別の獣です。丈夫でタルト、そして強烈な風味があり、ゴージャスなジャムを作ります。また、茎から分離するのも少し面倒です(そのため、よく見ると、いくつかの茎が表示されます。すべてを削除しようとすると、我慢できなくなりました)。

このバッチでは、果物3部と砂糖1部の比率を使用しました(重量で計算)。つまり、野生のブルーベリーにアクセスでき、私が使用した正確な量がない場合でも、得たものを続行できます。

このおいしいジャムをもっと作るために、来年の夏に再びメインに車で行く必要があるかもしれません。 (上の写真のjarラベルは、サイトスポンサーのCanningCraftsからのものであり、jarはサイトスポンサーのFillmore Containerからのものです)。


ステップ1 オーブンを190C / 375F /ガスマーク5に予熱し、エナメルパイプレートまたは少量のバターを入れたオーブンプルーフプレートにバターを塗ります。
ステップ2 ビルベリーとキャスターシュガーを合わせ、完成したパイの上に少量の砂糖をほこりに戻し、ペストリーを作る間、10〜15分間マセレーションします。
ステップ3 レシピに従ってショートクラストペストリーを作るか、既製の既製のショートクラストペストリーを使用します。
ステップ4 パイを組み立てる準備ができたら、ペストリーを半分に切り、半分をロールアウトしてパイプレートの底に合わせます。張り出したペストリーを切り取ります。
ステップ5 ビルベリーと砂糖の混合物をラインパイケースにスプーンで入れ、麺棒の助けを借りてショートクラストペストリーの残りの半分を広げ、ビルベリーの上にそれを緩め、パイの端の周りを一緒に押して、任意のトリミングします張り出したペストリー。装飾やジャムタルトなどに使用できます。
ステップ6 パイの端を密封して圧着し、パイの中央にスリットを入れて蒸気を逃がし、ペストリーがカリカリで黄金色になるまで予熱したオーブンで45〜50分間焼きます。
ステップ7 オーブンから取り出し、キャスターシュガーを上に振りかけ、少し冷ましてから温かいウェッジにカットします。クロテッドクリーム、ダブルクリーム、シングルクリーム、クレームフレッシュまたはアイスクリームと一緒に出してください。
ステップ8 注意:未焼成で冷凍から焼く場合はステップ6で冷凍でき、冷凍から焼く場合はさらに5分かかります。


野生のビルベリーはレシピを保存します-レシピ

季節の味を保つのが大好きです。ジャム、シロップ、ピクルスは難しいことではありません。

ライムブロッサムシロップ

私はこのシロップを約1週間前に作りました。とても珍しいメロンの風味があります&#8211フルーツサラダのようなものだと思います。それでも良い香りのライムの花を見つけることができるなら、試してみてください。最初にライムの花を乾かす方がはるかに良いです。翼形の苞葉を含む花を選び、トレイに置きます。暖かい部屋で乾かすのに2、3日しかかかりません。

ライムブロッサムシロップ

1本を冷蔵庫で6週間保管します。

小さなレモンと小さなオレンジの熱意

レモン半分の絞り汁

75clボトルを滅菌します。ライムの花と皮を耐熱水差しに入れ、0.5リットル以上の沸騰したお湯を注ぎます。カバーをして、15分間注入します。鍋に濾し、砂糖、クエン酸、レモンジュースを加えます。砂糖が溶けるまで加熱し、ボトルに注ぎます。

コーンミントゼリー

私は今日これを作ったばかりで、それはちょっとした数です!

私たちは森の中にコーンミントを持っていますが、湿った森や湿った畑の端にたくさんあります。ちょうど開花し、葉は今最高です。必要に応じてガーデンミントを使用することもできますが、風味がはるかに強いので、中型の束を選びます。

コーンミントとアップルゼリー&#8211は約500gになります

コーンミントの大きな束1つ(追加する直前に3/4を細かく刻む必要があります)

750gのウィンドフォールクッキングアップル

ジャム温度計または肉温度計は、それが設定されるかどうかを判断するときに役立ちます

リンゴを洗って大まかにみじん切りにします。それらを水とミントの約4分の1を入れた大きな鍋に入れ、本当に柔らかくてパルプ状になるまで煮て、蓋をします。酢を加えて5分茹でます。

ゼリーバッグに通します。 1パイントの液体を測定します。瓶をオーブンに入れて殺菌します。液体をきれいな鍋に入れ、液体のパイントごとに450gの砂糖を追加します。砂糖が溶けるまで加熱し、設定値に達するまで沸騰させます。それほど時間はかからず、温度が104oCに達すると固まりました。コールドプレートでセットをテストします。沸騰したゼリーの上からスカムをすくい取り、刻んだコーンミントを加え、さらに1分間沸騰させてから火を止め、しばらく冷まします。ミックスをかき混ぜてミントを分配し、滅菌した瓶に注ぎます。

ワイルドラズベリージン

ラズベリージン 私はこの9.8.2010をボトルに入れました

うわーこれはいいです。プリンに加えたり、ソーダやレモネードと一緒にロングドリンクとして飲んだりするといいと思います。

2週間前、私は木から野生のラズベリーを選び、このジンのアイデアを思いつきました。暖かくて冬のスロージンとは全然違う、本当に夏らしい飲み物を作りたかったのです。野生のラズベリーは、商業的に栽培されているものよりも甘くて鋭く、はるかに小さいです。

見栄えの悪いものを取り除いて果物を選び、空のボトルにベリーを入れました。彼らは少しどろどろになりました!ボトルにラズベリーを半分まで入れ、大さじ1杯の砂糖を加えました。それから私はそれをジンで一番上まで満たしました。ゴードンズジンを使用しましたが、ラズベリーのフレーバーでジンのフローラルノートを味わいたかったので、とても夏らしいと思います。 &#8211あなたは私が私の花が好きだということを知っています

砂糖を溶かすためにボトルを振って、数日おきにラズベリーの風味を出すためにもう一度振った。ゼリーバッグを通してジンを大きな水差しに入れて滅菌ボトルに注ぐまで、2週間食器棚に置いたままにしました。 Yum&#8230&#8230 ..ジンとオレンジのスライスとレモネードでフルーツポンチを作るのに挑戦するかもしれません&#8230&#8230&#8230 ..私が作ったアルコールラズベリーで作ることができるささいなことは間違いなくあると思います&# 8217veが残った&#8230

チェリープラム

チェリープラムは黄色または赤にすることができます。観賞用の小さな木として植えられることがよくあると思います。これらは、子供の遊び場だけでボローブリッジで成長しています。ピンクの花は春の初めに来て、果物は今熟しています。

果物は小さな梅のように見えますが、大きな桜の大きさです。さくらんぼのように茎にぶら下がっていて、梅のように溝があります。

私は両方の色を選び、それらを半分にして石打ちした後、砂糖とシナモンで約20分間穏やかに煮込みました。彼らは非常にタルトでしたが、良い風味を持っていました。チェリープラム200gとシナモン小さじ1に砂糖100gを入れました。見つけたら普通の梅で作れるものを全部作れます。チャツネのクリスが明日のワイルドフードの週末にハトと一緒に提供しているので、冷たいコンポートは肉と非常によく合うと思います。

ブラックベリーまたはブランブル?

あなたがそれらを何と呼んでも、彼らは素敵です。今年、彼らは私たちの森でこれまで以上に良くなっています。私は新しいレシピ-ブラックベリーウイスキーを試してみました。クリスと私は去年の撮影で、美味しかったです。私はベリーを洗い、ウイスキーと砂糖を入れた大きなボトルに入れました。私はそれを数ヶ月間置いておきます&#8230&#8230&#8230おそらく&#8217クリスマスまでそれから果物を濾してウイスキーを瓶詰めします。 注意これは未熟なレシピなので、恐ろしいかもしれません! &#8230そうなるとは思わないでください&#8217。

私が使用した数量は次のとおりです。-

あなたがたくさん持っているのがブラックベリーであるなら、私は間違いなくブラックベリーとアップルジャムを作ることをお勧めします。ピップのせいでゼリーを作るのが好きな人もいますが、りんごも入れれば最高です。温かいバターを塗ったトーストにぴったりのボリュームたっぷりです!

ブラックベリーとアップルジャム

  • 900gのブラックベリー、洗って摘み取った
  • 350g酸っぱいリンゴの皮をむき、芯を取りました
  • 砂糖1350g
  • 150mlの水

ブラックベリーと水の半分を大きな重い底の鍋に入れ、柔らかくなるまで穏やかに調理します。別の鍋でリンゴを残りの半分の水で調理します。リンゴが柔らかくなったら、スプーンまたはポテトマッシャーでつぶします。リンゴと砂糖をブラックベリーと一緒に大きな鍋に入れ、沸騰させます。設定点に達するまでミックスをかき混ぜ、滅菌したジャーに注ぎます。 &#8211ジャムは約104oCに設定されます。非常に冷たいプレートに少し置いて、指を押したときにしわが寄らないかどうかを確認してください。

ポンタックソース

ポンタックソースは古い伝統的なレシピです。風味が強く、HPソースに少し似ていると思います。味がまろやかになるので使用する前に、理想的には数ヶ月間それを保管してください。ハムや狩猟肉に特によく合いますが、グレービーソースやソースに風味を加えるためにも使用できます。これは私のバージョンです。

  • ニワトコ500g(洗浄、茎を取り除いたもの)
  • 250ml白ワインビネガー
  • 250mlバルサミコ酢
  • 赤玉ねぎのみじん切り1個
  • 生姜15gの傷み
  • 1tspグラウンドAllspice
  • 塩とコショウの味
  • デメララ砂糖170g

砂糖以外のすべての材料を重いベースの鍋に入れ、弱火で2時間調理します。細かいメッシュのふるいを通して混合物をきれいな鍋に濾し、可能な限り押しつぶします。砂糖を加えて沸騰させます。 10分間調理し、滅菌済みのボトルまたはジャーに注ぎます。

ブリムハムロックスでの採餌

週末の間、私たちは自由な午後を過ごし、ヨークシャーのグリットストーンの国に向かいました。ニダーデールのブリムハムロックスは、巨大な岩層が点在する高原地帯です。私たちはロッククライミングではありませんでした&#8230&#8230&#8230それらの日はずっと過ぎました。でもそこにはビルベリーとカウベリーがたくさんあります。

このビルベリーピッカーは仕事を非常に速くします。あなたはそれを植物を通して梳き、ベリーは箱の後ろに落ちます。でも、もしあなたがそれを手に入れたら、茂みにたくさんの果物があるときにそれを使うことをお勧めします。今はかなり遅い時期ですが、後から熟すだけでなく、カウベリーも手に入れました。

フィンランドではカウベリーはリンゲンベリーとして知られており、サーモンまたはトナカイと一緒に出されます。それらの素晴らしいところは、それらの中に天然の防腐剤が含まれており、水で覆われたばかりの瓶に保管できることです。ほとんどの人が食べられることに気づいていないので、ブリムハムにはたくさんありました。

花の繊細な味わいを保つために、実験をすることにし、杢を選びました。私たちはそれらを砂糖で層状にしました、そして味が今週末の野生の食物コースでシロップに作る準備ができている砂糖にあることを願っています。

生け垣ケチャップ

うさぎとりんごのハンバーガーでこのケチャップをお試しください&#8230!手に入れるものがない場合は、卵、チーズ、肉に適しています。

私はこのソースのために主にサンザシのタレを集めましたが、バラエティのためにいくつかのローズヒップ、ブラックベリー、スロー、ニワトコを追加しました。ベリーがいっぱい入ったこの鍋は、実は私が使ったものです。

  • 1kgの混合生け垣ベリー(主にタカ)
  • 500mlのリンゴ酢
  • 100mlモルトビネガー
  • 600mlの水
  • 砂糖300g
  • 塩とコショウ

ベリー、酢、水を鍋に入れ、色が出るまで40分間煮て、ふるいを通してきれいな鍋に押し込み、砂糖を加えます。やさしく沸騰させ、塩こしょうを加えて5分煮る。滅菌済みのボトルまたはジャーに入れてください。

申し訳ありませんが、これは非常に複雑に見えますが、すべてを説明しようとしました。うまくいけば、以前にワインを作ったことがない場合は、うまくいかないでしょう。

このワインは素敵ですが、他の国のワインと同じように、少しの時間とかなりの忍耐が必要です!

1ガロンのマークと蓋が付いたワイン製造バケット、2 x 1ガロンのデミジョン、大きな漏斗、ゼリーバッグまたはモスリンのシート、デミジョンに合う栓とエアロック、サイフォンチューブ、6本のワインが必要です。ボトル–蓋がしっかりしている、またはコルクとコルク装置を購入する。また、ワイン製造業者で入手可能な化学滅菌器も必要になります。

  • 1.5ポンドの混合生け垣の果実(例:タカ、ブラックベリー、スロー、ローズヒップ、ニワトコ)
  • 6オンスレーズン&#8211みじん切り
  • 2.5ポンドの砂糖
  • パケットの指示に従ってペクチン破壊酵素(ペクトラーゼ)
  • 2tspクエン酸
  • キャンプデン錠2錠
  • 1tsp酵母
  • 1tsp酵母栄養素
  • 1tspソルビン酸カリウム
  • 清澄剤(パケットの指示による)

1日目果物を摘み、葉の茎などを取り除きます。刻んだレーズンと砂糖を入れたワインバケツに入れます。 1ガロンのマークのすぐ上までバケツに沸騰したお湯を注ぎます。砂糖が溶けるまでかき混ぜます。ゆるく覆い、ぬるま湯になるまでそのままにしておきます。

ペクチン破壊酵素、クエン酸、砕いたキャンプデン錠を加え、よくかき混ぜ、バケツをしっかりと覆います。 12時間放置

1日目果物を摘み、葉の茎などを取り除きます。刻んだレーズンと砂糖を入れたワインバケツに入れます。 1ガロンのマークのすぐ上までバケツに沸騰したお湯を注ぎます。砂糖が溶けるまでかき混ぜます。ゆるく覆い、ぬるま湯になるまでそのままにしておきます。

ペクチン破壊酵素、クエン酸、砕いたキャンプデン錠を加え、よくかき混ぜ、バケツをしっかりと覆います。 12時間放置

2日目。酵母と酵母の栄養素を加えてかき混ぜます。蓋は常に元に戻しますが、しっかりとはしないでください。

3。4。5。6日目。次の4日間は毎日、滅菌スプーンでワインをかき混ぜる必要があります。前と同じように覆います。ワインを約20oCに保つようにしてください

7日目。使用する場合は、デミジョン、ゼリーバッグ、漏斗、栓、エアロック、スプーンを滅菌します。漏斗を使用して、ゼリーバッグを通してデミジョンにワインを濾します。栓とエアロックを取り付けます。 (沸騰したお湯をエアロックに入れます)再び温度を可能な限り20oCに近づけます。ワインの発酵が止まるまで約15日間放置します。

22日目。他のデミジョン、エアロック、栓、およびサイフォンチューブを滅菌します。沈殿物を残して、きれいなデミジョンにワインを吸い上げます。砕いたキャンプデンタブレット1個とソルビン酸カリウム小さじ1を追加します。 (これは発酵を停止します)

23日目。デミジョンでワインを振り回してガスを取り除きます。

24日目。最初のデミジョンを再度滅菌します。これは、栓とエアロック、およびサイフォンチューブです。沈殿物を残して、きれいなデミジョンにワインを吸い上げます。ワインが落ち着き、ノックされたり動かされたりしない場所にワインを置きます。後で吸い上げるには、ワインにたどり着く必要があります。

42日目。あなたのワインは鐘のように澄んでいるはずです。次に、ボトルとサイフォンチューブを滅菌し、デミジョンの底の沈殿物を乱さずにボトルを注意深く満たします。これは、2人で行うのが最適です。1人はボトルに充填し、もう1人はチューブが沈殿物を拾わないようにします。ボトルをコルクまたはキャップで沸騰したお湯に数分間入れて殺菌します

&#8230すぐに飲むことができますが、保存することで改善されます。できれば、少なくとも3か月または1年は保存します。

ヘッジチャツネ

昨年の秋からの私の最高のレシピは、人気のある需要によって、その年の間に多くの人々がコースに参加していると言いました。

ヘッジチャツネ

これは古いチャツネのレシピを応用したものですが、生け垣の果実を使って酢に風味を付けています。


2ポンドの混合生け垣の果実–サンザシのタカ、ローズヒップ、ニワトコ、ブラックベリー、ナナカマドの果実、スロー、
1ptモルトビネガー
2ポンドの玉ねぎのみじん切り
2ポンドのリンゴを皮をむいてみじん切りにしました(食べる人と調理する人の混合物が良いです)
4オンスのサルタナ
4オンスのレーズン
1ポンドダークブラウンシュガー
小さじ1杯のすりつぶしたクローブ
1ピンチカイエンペッパー
ナツメグ小さじ1

刻んだリンゴと玉ねぎをボウルに入れ、蓋をして一晩放置します。
フルーツビネガーを作るには、ベリーから大きな茎や葉を取り除き、すすぎ、乾燥させて、大きな鍋に入れます。モルトビネガーで覆い、ベリーが色を失うまで30分間加熱して煮ます。
液体を濾し取り、果物を捨てます。ゴージャスなフルーティービネガーが1パイントほどあるはずです。

翌日、すべての材料(酢を含む)を大きな鍋に入れ、頻繁にかき混ぜながら2時間一緒に沸騰させます。
滅菌した瓶に入れて蓋をします。チャツネは、食べる前にまろやかにするために1か月かそこら放置するのが最善です。しかし、それは待つ価値があります!

最も簡単なジャム

ホーアンドクラブアップルゼリー

昨日実験として作ったのですが、とても簡単でした。味はかなりフルーティーですが、タルトでほとんどスモーキーです。ホットバタートーストに最適です。味はチーズやハムによく合うことに同意し、クリスはゲームに合うようにソースに入れることができると言います。

  • 1ポンドのサンザシのタカ、
  • 1ポンドのカニりんごを大まかにみじん切りにした&#8211コアとすべて
  • レモン汁、
  • 1ポンドの砂糖、

鷹から葉と茎を取り出し、カニのリンゴと一緒に大きな鍋に入れます。果物を水で覆い、弱火にし、30分間、または色がタカから液体に変わるまで調理します。細かいメッシュのふるいを通して計量カップに入れます。 1パイントの液体が必要です。 (必要に応じて調整してください)

次に、ジャムの瓶と蓋をトレイに置き、120°Cのオーブンに入れます。レモン果汁と砂糖を入れたきれいな鍋に液体を入れます。ゆっくりとかき混ぜながら沸騰させます。沸騰しているジャムに目を離さないでください、私のものはほんの数分で設定点に達しました。りんごにはペクチンがたくさん含まれているので、100℃に設定しました。冷たい受け皿に少し置いて、数秒後に指を押したときにしわが寄るかどうかを確認して、設定をテストします。設定点に達したら、滅菌したジャーに注ぎます。まだ暖かいうちに蓋をします。

ローズヒップシロップ

ローズヒップが腐り始める前にできるだけ赤いときに10月中旬に作られたローズヒップシロップ。

このレシピは約1.75リットルになります

フードプロセッサーでローズヒップをミンチ、チョップ、またはブリッツします。大きな鍋で800mlの水を沸騰させ、ローズヒップを加えます。沸騰させ、蓋をして火から下ろします。 15分間注入するために残します&#8211カバー。ゼリーバッグまたはモスリンを通して大きな水差しに濾します。 &#8211 1時間ほど滴らせて、果肉を保存します。

濾したジュースを冷蔵庫に入れ、大きな鍋でさらに800mlの水を沸騰させます。ローズヒップの果肉を鍋に入れて沸騰させ、火から下ろして蓋をします。鍋を15分間そのままにしてから、前と同じようにゼリーバッグに通します。今回は、まだ滴り落ちる場合は、一晩中数時間垂らしておきます。

全部で約1リットルのジュースがあります。これを砂糖とクエン酸を入れた大きな鍋に入れます。砂糖を溶かすためにかき混ぜながら沸騰させ、次に2〜3分間沸騰させ、温かい状態で瓶詰めします。

私は通常、霜が降りる前にスローを選び、数日間冷凍庫に入れます。

これらの量は、私の大きなガラス瓶のサイズによって決まります。ただし、正確な測定値についてあまり心配する必要はありません。私たちはスロージンが甘すぎないことを好むので、これが私のレシピです-

  • 1.25kgのスロー(ダーニング針で刺すか、冷凍庫に数日間保管する)
  • 砂糖250g
  • 小さじ半分のアーモンド抽出物(油ではなくアルコールに含まれるタイプ)
  • 1.65ltrジン

すべての材料を大きな瓶に入れ、砂糖が溶けるまで1時間ごとに振ります。次に、瓶を1週間毎日振ってから、ジンの準備ができるまで毎週振ってください。 ..おそらくクリスマスの直前。味わって、フルーツの風味が十分かどうかを確認してください。長く放置しない場合、それが良好な場合は、可能な限り細かいメッシュを通して滅菌ボトルに濾します。ヤム

グーズベリー とニワトコ

ノースヨークシャーの5月とElderflowersが出ています。森の中には野生のグーズベリーもあり、味はそのままにしています。

熟したグーズベリーの下にはペクチンがたっぷり入っていて、ジャムがしっかりと固まるので、ジャムに最適です。私たちは十分なグーズベリーを持っていなかったので、私の親切な隣人は私に彼女の庭からいくつかをくれました。 (彼らは熟した&#8230ハードとグリーン&#8211パーフェクトの下にありました)

グーズベリーとエルダーフラワージャム 1 x 454g(1lb)の瓶になります

これは実験だったので、もっとスケールアップしたい場合は少量しか作りませんでした&#8230次回はもっと作りますエルダーフラワーの香りがよく伝わり、本当に素晴らしくて珍しいです。

  • 熟したグーズベリーの下で250gを洗った
  • エルダーフラワーの3つの頭
  • 砂糖250g
  • 水200ml

グーズベリーのトップとテールを作り、半分に切ります。エルダーフラワーを上にして鍋に入れ、水を加えます。蓋をして、果物が柔らかくなるまで穏やかに調理し、花を取り除き、かき混ぜます。砂糖を加えて沸騰させます。その間、瓶を120oCのオーブンに入れて滅菌します。ジャムが設定値(私のものは102oC)に達するまで沸騰させてから、瓶に注ぎ、十分に冷えたら蓋をします。

グーズベリーとニワトコのウォッカ 約750mlになります

これは再評価です&#8230ジントニックが好きなら、おいしい夏の代替品としてこれを試してみてください。

  • 熟したグーズベリーの下で250gを洗った
  • 5つの大きなニワトコの頭
  • デザートスプーン5個キャスターシュガー
  • ウォッカ1本
  • 砂糖125g
  • 水125ml

グーズベリーのトップとテールを作り、半分に切ります。それらをエルダーフラワーと一緒に大きなボトルまたは瓶に入れ、5デザートスプーンのキャスターシュガーとカバーするのに十分なウォッカを追加します。砂糖を溶かすためによく振って、時々振って暗い食器棚に4日間入れます。この後、ウォッカは良い風味を帯びるようになります。果物や花をこすり落として、あなたが今しなければならないのはそれを甘くすることだけです。残りの砂糖125gと水125mlを鍋に入れ、溶かしてシロップを作り、フレーバーウォッカに加えます。


ワイルドブルーベリープリザーブ

天然成分で作られており、高果糖コーンシロップ、添加物、防腐剤は使用していません。

  • フランス
  • カナダ
  • オーストリア
  • オランダ
  • ベルギー
  • イギリス

私たちはあなたのプライバシーを保護することを約束し、あなたの情報は私たちが広告を表示することを可能にするかもしれません。サインアップボタンを押すと、Bonne Mamanオンライン顧客契約とプライバシーポリシーに同意し、ニュースレターとオファーを電子メールで受け取ることに同意したことになります。


ブルーベリージャムレシピ


ブルーベリージャムのこのレシピで、私たちは&#8220夏を瓶に保存&#8221します。簡単に作れることについて話してください&#8230たった3つの材料で、風味が溢れるこのすばやく簡単なジャムを作る方法について話してください。真剣に、家の缶詰と食品保存はこれよりはるかに簡単にはなりません。

ブルーベリージャムレシピ

これは、家庭の食品保存プロジェクトを開始するために使用するもう1つのすばやく簡単なレシピです。真剣に、あなたが本当に必要とするのはブルーベリーとグラニュー糖だけです。ペクチンは必要ありません。他には何もありません。zip..zap&#8230zadda&#8230.2つの材料だけです。もちろん、材料をもう1つ追加することで、レシピを少し複雑にすることができました。それは私たちの見た目通りです。絞りたてのレモンジュース大さじ1をバッチに追加しました。それはまったく必要ありませんが、他のレシピにレモンの皮を少し加えるようなものです。それはただそれをすべて打ちのめします。

ブルーベリーはあなたの健康にとても良いです。それらはタルトから甘いものまで多くの種類があり、ここ南部では5月下旬から7月下旬または8月上旬まで利用できます。唯一の本当の問題は、それらを選ぶときは通常とても暑いということです。今年は本当に暑い日がいくつかあり、この地域でこれまでで最も暑い日についていくつかの記録を更新しました。痛い。

子供の頃、私たちはしばしばブルーベリーが未舗装の道路の端に沿って、または森の端の外で野生で成長しているのを見つけるでしょう。とても美味しかったので、そこに立って茂みから拾い上げて口に入れ、茂みから新鮮なものを食べました。次に、家に帰ってバケツをつかみ、ママのためにもう少し選びに行きます。あなたはそれらを十分に集めることができれば、彼女がブルーベリーパイまたはブルーベリーコブラーを作ることを知っていました。

おそらく、次の数日間、小さなこぶを引っ掻くつもりだったのは、当時は問題ではありませんでした。どういうわけか、私たちはいつもある夏から次の夏までその小さな部分を忘れているようでした。ツツガムシやツツガムシもブルーベリーを愛する必要があります。野生では、新鮮なブルーベリーを選ぶとき、ほとんどの場合、赤い虫で「食べ尽くす」ことができます。それらは非常に刺激的であり、私たちはそれらを何日も掘り出そうとして、またはそれが私たちの皮膚から何であれ、それらを引っ掻きます。考えているだけでかゆくなります。

しかし、最近では、茂みがきちんと並んでいるブルーベリーファームが数多くあり、ピッキングがはるかに簡単になっています。お奨めはそれが大好きです。私はブルーベリーヒルU-ピックと呼ばれる家からそれほど遠くない場所で私のものを手に入れます。月曜日は日曜日の午後1時から午後8時まで、土曜日は日没から日没まで、日曜日は「教会の後」に営業しています。そうすれば、日が冷え始める夜遅くにそれらを選ぶことができます。

ブルーベリーヒルUピック 9種類のベリーがあり、今年最初の小さなイチゴが収穫されました。また、ブルーベリーについて何でも販売する小さな小売センターが敷地内にあります。ジャムからゼリー、サルサから100%ブルーベリージュースまで、成長期に利用できるようになります。私は先週の金曜日に約2パイントを選び、このブルーベリージャムを作るためにさらに数パイントを購入しました。私はまた、小売店のために作りたてのブルーベリーパンの最初のパンを手に入れました。自家製のブルーベリージャムのいくつかに広がるのが待ちきれませんでした。朝食に良いものについて話し、パンのスライスをトーストしてから、新鮮なブルーベリージャムの厚い層でそれを全体に広げます。あなたはすぐに引っかき始めます&#8230&#8230あなたの頭は&#8230。なぜあなたはあなた自身のブルーベリージャムを作るのにそんなに長い間待っていたのか疑問に思います。試してみる準備はできましたか?料理を始めましょう。


ブルーベリージャムレシピ: これらの材料が必要になります。

このレシピは、Ball Blue Book Guide ToPreservingから採用されています。


まず、缶詰の瓶と瓶のバンドを熱い石鹸水で洗います。缶詰の瓶とトップのバンドは再利用できますが、蓋は再利用できません。ジャーとバンドをシンクに置き、よくこすり洗いして、中に食べ物の粒子が残っていないことを確認します。また、新しいものでも、各瓶にひびや欠けがないか必ず確認してください。瓶の上部を注意深く調べて、どこにも欠けていないことを確認します。洗浄後、ジャーをすすぎ、脇に置きます。


缶詰プロセスのためにストーブをセットアップします。左奥のバーナーから始めます。写真からはわかりにくいですが、左奥の小さなタレ鍋にバンドとフタを置いています。右奥のバーナーにある大きなソースパンは、必要に応じて缶詰ポットに追加するために余分な水を加熱し続ける場所です。左のフロントバーナーは、実際にジャム用のブルーベリーを調理している鍋です。右のフロントバーナーの大きな鍋は、エナメルを塗った缶詰の鍋です。それはすでに瓶を殺菌するために加熱されている水で満たされた方法の約3/4です。


ふたとバンドは小さなソースパンの温水に入れられます。私はこれをストーブトップの最低の熱設定に保ちます。ふたは少し暖める必要があるだけで、非常に熱い水や沸騰したお湯に決して置かないでください。私はいつもこれを最初に設定し、いっぱいになった瓶に置く準備ができるまで水に入れておきます。


缶詰業者で水が熱くなり始めたら、瓶を注意深く水に加えます。 I just lay the jars on their sides as I place them into the water.


The jars must be totally submerged at all times through the sterilization process. Once the jars are under water, let the pot come on up to a boil and boil the jars for at least 15 minutes to sterilize them. Just leave them in the canner until you’re ready to begin filling them with the jam mixture. Keep a check on them throughout the next steps. Add more of the water you’re keeping heated on the back burner as it’s needed.


Prepare the Blueberries:

You’ll need to sort through your Blueberries and remove any bad berries, leaves, little stems or other objects. I’d suggest you stop up your sink, place a bowl and a colander inside and just sort through them a handful at a time. Or, you might place them on a cookie sheet that has a lip all around…otherwise….you’ll be playing pickup as berries roll off your counter top. These little things can be amazing once they get in motion. It may be weeks later before you find that one that got away. Trust me on that one.


Now, you’ll need to lightly wash them. I ran some cold water in the sink and just used my hands to swirl them around a bit. Maybe I just like to play in water….I don’t know. Of course, the fun part is collecting them and placing them back in the colander after you’ve washed them. Not only can they roll across the counter top and across the floor…they can swim AWAY…just as easily. Just have fun with them. They like it too I think.


Once I’d “caught” them all and had them in the colander….I rinsed them again under cool running water.


Transfer the drained berries over to the pot you’re planning to cook them in. Then, I used this potato masher to mash them up a bit. You could run them through a food processor for just a second or two if you wanted. It’s entirely up to you. You just want to break up the berries to let the juice out. A food processor will chop them up a little finer but, we want to retain some texture of the berries for our jam…so…don’t over process them.


Mash them up to the desired consistency.


Next, you’ll want to measure your crushed berries. I scooped them out of the cooking pot into a 2 cup measuring cup and then poured them into another bowl. My 5 one pint baskets of Blueberries yielded 6 cups of crushed berries.


Pour the berries back into the pot you want to cook them in and place it over medium heat on your stove top.


To the 6 cups of crushed berries, I’m going to add 4 cups of sugar. You may need to adjust this a bit based on the final amount of crushed Blueberries you end up with. Jam needs to be made in small batches for best results.


WOW…that’s a lot of sugar in that pot. 4 cups of sugar completely covered my berries when I added it all in. But, just go ahead and add it all at one time. The berries beneath the sugar are already starting to heat up and the sugar has started to dissolve around the back edge as you can see.


While the sugar is starting to melt, squeeze the lemon. I’m adding 2 Tablespoons of fresh squeezed lemon juice to my recipe. While it’s NOT required, I think it just gives a little “punch” to the flavor of the berries.


Add the lemon juice to the sauce pan. Keep a close watch on the mixture and keep stirring down the sugar as it dissolves.


Prepare the area you’ll be using to fill the jars.

You just need a little space on your table or counter top to set everything up. Once the berries have cooked, you’ll want to move as quickly as possible to fill the jars, add the lids and bands and get them ready for the water bath process. The proper tools will also help make the job go a bit smoother. I’ve got my jar lifter on the left, then my funnel, bubble remover and magnetic lid lifter all ready to go. I also have found that placing my empty jar in a plate next to the cooked jam aides in clean up after I’m finished. After canning a few items, you’ll find your own little way of doing things that will work best for you. If you’re like me however, a little more SPACE in the kitchen would be very nice.


Once the sugar is fully dissolved, RAISE the heat on the sauce pan and cook them as quickly as possible. You’ll need to be able to stay with them pretty much all the time at this point. You’ll want to stir them often as they cook to prevent any sticking to the bottom and scorching. They would also boil over the edge if you let them. That’s one MESS you don’t want so, avoid the possibility of that ever happening and just stay with them from here on out.

We’re going to cook the syrup of the juice and sugar down to a “gel” point. The time needed to do this will vary based on the amount of juice that came out of your berries and the temperature at which you’re cooking. While a thermometer isn’t necessary, I clipped one onto the pot just to watch the process. They only got up to about 205º on the candy thermometer.


Here they are at a pretty good rolling boil, one that can’t be stirred down. You may need to adjust the heat back a bit to keep them from boiling over the top of the pan.


There are several ways to test the jam for proper “gel.” I hope to do a more in-depth article on that one day that you can use for reference. Here, I’m using a saucer that I had placed in the freezer of my refrigerator earlier so it could get cold. I’m constantly lifting juice up with my stirring spoon to watch how it drips off the spoon. As it begins to thicken, you can tell the difference and will learn to SEE that difference the more you make jams and jellies. The purpose of the cold saucer is to drip a few drops of the hot liquid onto the cold surface. Watch how it reacts after a few seconds as the jam begins to quickly cool down on the cold saucer. After about 20 seconds or so, pull your finger through the juice. If it leaves a trail and doesn’t quickly run back together….your jam is ready. If it does run back together, you need to continue to let it cook.

I highly suggest that you search out some more information on this process of the making of any jam and jellies for now so that you’ll have a better understanding of what to watch for.


When the jam has reached the “gel point,” remove the pan from the stove and get ready to fill the jars. I didn’t have any foam on my jam at this point. Any foam should be removed though if you see it. It will just make for a better presentation of the finished product. Just use a spoon to scoop it off and discard it.


Just before I removed the jam from the stove, I removed my jars from the boiling water in the canner. I set them on a clean towel and have them easily accessible for the filling process. Here, I’ve placed one jar on a plate next to the pot of jam and, I’ve inserted my funnel. Let’s fill some jars OK?


Stir the jam in the pot one more time. Then, use a ladle or large spoon and begin filling the jar. Careful….it’s HOT.


HEADSPACE: As we’ve mentioned in our other posts about canning, headspace is the amount of space between the top of the product IN the jar and the TOP of the jar. This neat little tool, that hard to see blue thing up there….has sections measured off to check the headspace. For the Blueberry Jam, the recommended amount of headspace is 1/4 of an inch. The headspace needed will vary from one canning project to the next so always check for the proper amount needed. I was a bit short on this one and just took a Tablespoon and added a bit more until I had the proper amount in the jar.


The other end of that notched tool can be used to remove any air bubbles from your jars. I prefer to use these wooden skewers for that task. You can buy them in packs of about 100 for just about a dollar. They make great testers for cakes and I find them also very well suited for removing bubbles from my jars. Just insert the skewer in the jar, run it around the edges and around through the middle a couple of times. Any bubbles at the bottom of the jar, will follow the skewer up to the top and burst. Work out as many bubbles as you can see. It’s one of the things the judges look for at fairs and competitions so I try a little harder to eliminate them than most folks do I’m sure.


You’ll need a damp cloth for this part. Use the cloth to carefully wipe around the top outside edges of the jars and the very top rim itself. Any jam on the outside could affect the proper seal. Any jam on the top rim could cause the rubber part of the lid to not make good contact and could also prevent a proper seal. Make sure it’s good and clean.


Use your magnetic wand to lift one of the lids out of the warm water. Gently shake off the water but, don’t try to wipe the lid clean. Just place the lid on top of the jar and center it into position on the jar rim.


Use the magnetic wand again to retrieve one of the jar bands. Gently lower it over the lid and make sure that it screws on without resistance. Just use a gentle finger tight pressure to secure the band. Don’t force it down tight. Repeat these steps until all the jars are filled.


When the jars are filled, place them in the rack of your canner. The racks are made so their handles will hang onto the top lip of the canner itself. Place it in this position first and fill the rack with your jars. Use the jar lifter to add them to the hot water and to keep them sitting up straight. Try not to let them fall over as you do this but…don’t fret if it does. It happens to me all the time it seems. I think it’s the quality of the rack I’m using. It only has one wire under the jar and they just don’t want to sit up correctly on that rack. I’ve looked for a new one locally but haven’t found it. Guess I’ll be ordering one off the Internet…about the time I’m finished needing one this season. Wait…wasn’t I going to do that LAST year? Yeah…I think I had intended to do so.

WATER BATH: The process we’re using to make our Blueberry Jam is called the Water Bath Method. It’s fine for most jams and jellies. Another process uses a Pressure Canner to can the jars under pressure. For safety reasons, some produce and meats being canned require the Pressure Canner Method. We could go into a lot more detail about it but, I suggest you seek more info from your local Cooperative Extension Service or your local library…or hey…maybe here on the Internet using some reliable sources.


Carefully lift the handles and the rack and lower the jars into the canner. The jars need to be covered by about 2 inches of water at all times. That’s why I keep another pot of water heating on the back burner. It only takes a few seconds to get back up to a rolling boil after adding more hot water. I just keep filling up the smaller pot as I use up the hot water. It boils away kind of quickly so keep a watch on it.


Once the water is back to a rolling boil, place the lid on the canner and start counting the time needed to process the jam.

This time will vary based on the Altitude of where you live. I need 15 minutes for the water bath process and this jam. You’ll need to adjust accordingly based on your location.


After the correct amount of time, remove the lid. Use some oven mitts or tongs and CAREFULLY lift the rack up and hook the handles back onto the top lip of the canner. It’s recommended that you let the jars REST here for about 5 minutes before removing them. You may even hear one or two of them PING at this point as they seal.


Using the jar lifter again, remove the jars from the canner. Set the jars on a towel spread over your counter top and in a location away from drafts. You certainly wouldn’t want to set one of those hot jars on your bare Granite or Marble counter top. The jar might burst open if you did so, make sure you have a towel handy to set them on.

ノート: The jars need to remain undisturbed in this location for 24 hours. Do not pick them up or move them if at all possible during this time. And, DO NOT press down on the top of the jar to see if it has sealed until 24 hours have passed. When the time is up, you can press the middle top portion of the jar to make sure it’s properly sealed. The top should already be down and not make any movement or noise when you press the center of the lid. If it springs back up, the jar didn’t seal. The product inside is still good but the jar will need to be refrigerated and used first.

Properly sealed jars may be wiped clean and moved to a dark cool area for storage of up to 12 months or possibly longer.


After I started my adventure into home food preservation, I quickly realized that any time someone shared a jar of their labors…they must really think a good deal about me. It’s fun and rewarding to make your own products like this…not to mention that you know exactly what goes INSIDE each jar. Still, it does take some time and effort to complete the process so, next time someone hands you a jar from their home pantry….give them a BIG HUG and say Thank You Very Much.

You can “Save Summer In A Jar” by making your own homemade Blueberry Jam. These little jars make great gifts for any time of the year. Decorate them with cloth or paper jar toppers, labels, etc. and show someone just how much you appreciate them.


Bilberry

From early August onwards any of my work in the mountains of England, Wales and Scotland is often accompanied by the action of grazing on these tiny purple blobs as I work my way through the heather and scrub. Bilberries (the most-used common name, but lots of regional variations exist – see above) are easy to find and identify, and can be eaten straight from the bush with no problems and few misidentification worries.

The fruits can be picked easily by hand and turned into a variety of jams, pies and other fruit preserves.

Where do Bilberries grow?

Within the UK you will find Bilberry bushes growing amongst heather and gorse plants on upland acidic soils. I’ve found them on pretty much every UK mountain I have climbed or visited, even if the species was only represented by a few straggly bushes clinging on between some rocks, away from the relentless grazing of sheep or deer.

You may also find them growing in clearings and glades under conifers on uplands – either as a holdfast from the previous cultivation of that piece of land (i.e. they were there before the trees were planted in the last 150yrs or so) or transplanted in some form from neighbouring hillsides.

Not far from our offices is an open hill sticking out above Clocaenog forest, known as Pincyn Llys. The prominent feature is a tall stone obelisk/monument erected by Lord Bagot in 1830 to commemorate the planting of the first trees of what became the commercial plantations of Clocaenog Forest. A later inscription on the side of the monument marks the re-planting and extension of the forest by the Forestry Commission following intensive felling for pit props and trench materials during the First World War.
“Llys” in Welsh means “court” – but there are many who think that the name Pincyn Llys is a modern mistranslation/misnaming of this hilltop. The open clearing on the summit is absolutely COVERED in Bilberry bushes, and there is a lot to suggest that there have been Bilberries growing here for a long time. So given that the Welsh for Bilberry is “Llus” – should the 413m high hill overlooking Bontuchel and Clocaenog actually be called ‘Pincyn Llus’?

Are Bilberries edible?

Bilberries are edible straight from the bush (assuming you’ve made a good and positive identification) and can be safely eaten raw in most cases.

Some care is needed when picking them as they have a tendency to pop easily. Stained fingers and clothing often result from a Bilberry foraging session.

I use a berry comb or Peigne to gather them (see the video below). There are two potential issues with using this device for harvesting berries though – they can strip leaves from the branches if not used carefully, and they are almost TOO efficient at harvesting berries. I managed to harvest about 4kg in less than an hour this month, although that was probably less than 1% of what was in that immediate area. I would recommend that they are only used sparingly in areas where Bilberries are abundant, and your foraging activity has minimal impact.

How to identify Bilberries

Bilberries look like smaller, less substantial blueberries (it’s no coincidence, they’re closely related). The berries are obvious and prominent from August until early October for most of the UK, but can often be found earlier in some places. The stringy, woody stems of Bilberry are quite distinctive too – they’re often the bush on the side of a UK mountain that isn’t heather or gorse.

The flowers are small and pale purple/pink.

The leaves are slightly oval, and have tiny serrations around the edge.

Potential dangers and misidentification

Bilberries are a fairly safe foraging target as they grow in places where few other fruit bushes do (in the UK at least) and the only fruit you are possibly likely to come across in the same area are Blackberries.

If you discount the rest of the plant and look only at the fruit itself then it’s conceivable that you may confuse them with the fruits of White Bryony (Bryonia alba) – but it’s probably quite unlikely.


The Wild Cooks' Blog

We have chosen a selection of our favourite ‘wild’ recipes, full of tasty ingredients from the hedgerows.

Use our month by month guide to cook your way through the seasons and enjoy freshly harvested fruit and vegetables whilst they’re at their very best.

Rate this:

これを共有:

Like this:

This page has the following sub pages.

6 Responses

enjoy the blog Steph keep up the good work.

Many thanks Gordon,
Always good to know you are a reader of the Blog.
How about a blog on the making of a pork pie in your shop?
どう思いますか?
Steph x

Just got back from the Acorn demonstration at Fodder and really enjoyed watching and tasting your recipes. Thank you for an excellent evening.

Dear Ann
Really great to hear from you and many thanks for your kind words.
It was an amazing evening and we managed to raise £2,380 for Acorn which is brillaint such a superb charity.
You ladies and gents did me proud.
Steph x

Hi Steph, I really enjoyed the evening in Settle on Thursday, and your Soda Bread was very good.! Is it possible to give the recipe on your blog as this one wasn’t included in the info pack.I’m looking forward to trying some of the recipes. Thanks to the 3 great chefs for a fab evening.

Hi Christine
It is called Whey Scone and on the web recipes just substitute Whey juicew for whole milk instead.
I hope you enjoy remember the wet tea towel is a great way to keep the bread moist whilst cooking.
Steph


ワイルドブルーベリーマフィンレシピ

It has been such a beautiful day on the Isle of Man today – these are the days that make the dreary days of winter well worth it! So with the sun on my back I headed off to hunt down some of the islands most delicious wild bounty – wild Bilberries. If you’ve never heard of them before, Bilberries are the smaller, and slightly tarter, cousins of blueberries.

You might not find them in the supermarket but if you spot them in the fields and hedgerows in your area, make sure to pick some while they’re still around.それらは島のより高い標高で成長し、私はあまりかがむことなくそれらを選ぶのに最適な場所を見つけました。

Because they’re so small I decided to invest in a purpose-made ベリーピッカー。 An hour picking berries with the Berry Picker results in the equivalent of a full day’s worth of berries if picking by hand. Needless to say, I’m well pleased with the purchase.

それらを家に持ち帰り、それからそれらを洗って分類した後、私はちょうどスカーフされるのを待っている700グラム以上のビルベリーの良さを持っていました。 They’re just too good to use in preserves though and since I’d like to extend them as far as possible, most of them will be frozen for use in future pancakes and other goodies. But for today I’ve made Bilberry Muffins…SOOO much better than the blueberry sort. Don’t get me wrong – I love blueberries too.しかし、甘いマフィンパンとベリージュースのタルトの小さな爆弾の組み合わせはまさに神です!

1.対流式オーブンの場合はオーブンを160°Cに予熱し、通常のオーブンの場合は180°Cに予熱します。

2.マフィン焼き器に紙を敷くか、植物油を少しだけ底に塗ります。

3.ミルク、オイル、バニラ、卵をよく混ざるまで泡立てます

4. Stir in flour, sugar, baking powder and salt all at once and just until the dry ingredients are fully moist – the batter will be lumpy.

5.ベリーをボウルに入れ、小さじ1杯の小麦粉をそれらの上に振りかけます。小麦粉が各ベリーを覆うようによくかき混ぜてから、それらをバッターに折ります。ベリーを小麦粉でコーティングすると、ベーキング中にマフィンの底に落ちないようになります。

6.バッターを12個のマフィンカップに分け、25分間焼きます。押し込む前に冷ましてください。



コメント:

  1. Sparke

    私の意見では、あなたは正しくありません。話し合うことをお勧めします。 PMで私に手紙を書いてください、私たちは話します。

  2. Doukinos

    私の意見では、彼は間違っています。私はそれを証明することができます。 PMで私に書いて、それについて話し合ってください。

  3. Udayle

    絶対に偶然の一致

  4. Shaddock

    頭の上で自分を壊さないでください!

  5. Conny

    私は同意します、これは素晴らしい答えです。



メッセージを書く